(BD)ヘンゼル&グレーテル 3D

本日のBlu-rayは
ヘンゼル&グレーテル 3D
2013年 1:38 (AVC) (ドルビー TrueHD 5.1ch)

[前置き]
故障したスピーカーが暫く戻って来ないようなので、
少し遅れてしまったけど真冬のファンタジー企画へ参加。
ただサラウンドシステムが本調子ではないので、
音響サラウンドが聴き応えありそうな作品は避けたかった。
そこでまたまたDVDラックに目が留まった未視聴のBDソフト。
しかも3D。
あぁこれは丁度良い。
作品内容ももちろんファンタジーだし、3Dとの相性も良さそう。
なにより3Dだと字幕視聴はキツいんで、いっそ日本語吹き替えで。
今回はあくまで3D映像メインの視聴と割り切れば問題なし。




内容はグリム童話の「ヘンゼルとグレーテル」から15年後。
大人になった兄妹は魔女ハンターとして賞金稼ぎの日々を送っているうちに、
兄妹の出生の秘密を握った魔女と出会い・・・
ヘンゼル&グレーテル

有名な童話だったけど、どんな話だったのか良く覚えていない。
お菓子の家を食べちゃったら、そこが魔女の家だったとか、
道しるべにパン屑を目印にしたとか。
それくらいしか覚えていなかったけど、
どうやら母親に森奥へ捨てられた話らしい。

本作の冒頭でサクッとその辺のお話しが流れ、
そこから大人になった後日談としたオリジナルストーリー展開するもの。
昨今の童話のダークファンタジーアレンジの流行を受けて作られたのだろうけど、
グリム童話とかほとんど関係ないし、
もうヘンゼルとグレーテルじゃなくてもいいよね?

ヘンゼル&グレーテル

中世ヨーロッパの雰囲気漂う世界観。
魔女の恐怖に怯える街の人々。
そこへ流れ者としてやってきた魔女ハンター、兄ヘンゼルと妹グレーテル。
レトロな銃火器やボウガンを駆使して魔女退治。
うーん、もの凄く既視感。
ヴァンパイアを魔女に変えただけの、
まんまヴァン・ヘルシング(2004年)

主人公のやや傲慢な態度やちょいドジっ子なキャラ付けとか、
過去の記憶・出生の秘密を知る敵ラスボスとか、
敵側のモンスターが仲間になるあたりとか、
魔女も人間姿から本性姿に変幻したりとか、
飛び回る魔女に食らい付くも、引き摺りまわされ落下するシーンとか、
永遠の命を得る儀式とか、それに必要なハンター側のある物とか、
最終決戦でそこに乗り込んでいく展開とか、
もうストーリー的にも、映像的にも酷似しすぎ。

個人的にヴァン・ヘルシングは好きな作品なので、
焼き回しの内容でも良かったのだが、
それでも約10年もの歳月が流れ、
さぞVFXの進化しているのかと思いきや、
そうでもなかったw
3Dに特化した映像ではあるものの、
リアル感や見栄え的な物はむしろ劣化してるんじゃないか?
ヘンゼル&グレーテル

それもそのはず。
日本未公開作品の低予算映画だったらしい。

肝心の3D映像だが、
やはりクロストークが著しいのはプロジェクターのせいか。
全体を通して暗いシーンが多く、際立って立体感のある映像ではないが、
飛び道具や魔法エフェクト、
または血飛沫といったCGシーンは良く飛び出してくる。
そう、映像の奥行き感ではなく、
ギミック的な飛び出し3D作品なのだ。
アクションファンタジー作品なので、
飛び出す3Dとの相性も良く見飽きない。
ただ目が疲れる・・・(^^;
ヘンゼル&グレーテル

音響は日本語吹き替えに視聴なのでどうでもいいが、
3Dの飛び出し感に合わせた前後の移動感など、
映像と音響の一体感は楽しめた。

グリム童話のヘンゼルとグレーテルから15年後。
成長し、魔女狩り賞金稼ぎとなったヘンゼルとグレーテル兄妹を描いた物語。
後日談と言えば聞こえは良いが、
中身はグリム童話とはほとんど関係無く、
完全なオリジナルのアクションファンタジー作品となっている。
大部分でヴァン・ヘルシングを彷彿とさせる内容・展開・映像。
小気味良いアクションシーンが多いものの、
やたらと血飛沫や肉片が飛び散るなど、
グロシーンが多く、あまり一般にも勧められない作品。
日本未公開作品の低予算映画なら納得だろうか。


    



テーマ:洋画 - ジャンル:映画

2017.02.07 | Comments(2) | Trackback(0) | 映画 は

コメント

ヴァン・ヘルシングと

そこまで類似点が多いとは(笑)
何のために「ヘンゼルとグレーテル」なんでしょう…。流行りに乗っかった作品ではよくあることなのかな。
でも、3Dはそれなりに見ごたえあったようで良かったです。
今回もご参加ありがとうございました。

2017-02-08 水 07:45:28 | URL | 宵乃 #K4YeSyNc [ 編集]

>宵乃さん

どもども、遅れてすいません。

脚本も殆ど練り込まれていないですし、
予算もあまりかけられていない点からも、
量産型の企画商品って感じなのでしょうね。
それでも当時なら3Dをウリに出来たのでしょうか。
日本では未公開でしたけど。

2017-02-08 水 23:22:52 | URL | nor #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販