(BD)ジャージー・ボーイズ

本日のレンタルBlu-rayは
ジャージー・ボーイズ
2014年 2:14 20~30Mb/s(AVC) 3.3~4.7Mbps(DTS-HD MasterAudio 5.1ch)

音楽祭の2本目。
音楽モノに外れなし。
クリント・イーストウッド監督に外れなし。
こりゃ勝ったな!ガハハ!

内容はニュージャージーで最も貧しい地区に生まれ、
歌声とハーモニーを武器にスターダムに駆け上がった4人の若者の栄光と挫折。
1960年代にザ・ビートルズと並ぶほどの人気を誇ったアメリカのポップスグループ、
ザ・フォー・シーズンズの光と影を数々の名曲と共に映し出す。
ブロードウェイの大ヒットミュージカルを映画化。


まずザ・フォー・シーズンズを全く知らなかったし、
元々がミュージカル作品で、その映画化という事も知らなかった。
いきなりカメラに向って話しはじめだして、
「うわぁ、こりゃ外れか!?」と思ったが、
ミュージカル舞台の演出をなぞったものならそれも納得。
かと言って脈絡もなく歌い始めるようなミュージカル映画ではなく、
イーストウッドらしい雰囲気を随所に感じた、
人間模様をややドライに、時にウェットに紡いだ伝記物。

殆ど洋楽を聴いて来なかったせいもあり、
ましてやオールドミュージックになんて興味も無い私でしたが、
いやぁ~、素晴らしかった。
ザ・フォー・シーズンズのメインボーカル、フランキー・ヴァリ。
天から与えられた奇跡の歌声だとか何とか言われていたけど(劇中で)
ナヨッとした腰高裏声で、
「えっ!?こんな変な裏声が!????」という印象だった。
しかし話が進むにつれ、次第に彼の歌声に魅了されてしまっていた。
そして最大の見せ場となるシーン。
CMや多くのアーティストによるカバーによって、誰でも一度は耳にした事があるであろう、
君の瞳に恋してる(can't take my eyes off you)
この楽曲の背景が描かれる物語的にも、
そして多くの人が聴き馴染みの音楽的にも最高潮で魅せる歌声。
いやぁ~参った、すごく感動しちゃった。


これまた後々になって知ったことだが、
ボーカルのフランキー・ヴァリの歌声。
本人はまだ生きていますが、とうぜん代役となるわけで、
この特徴的な歌声をどう演出したのか。
被せやアテレコは一切使わず、役者本人の歌声だそうで。
元々のミュージカルで演じていた本人をそのままキャスティングしたらしく、
もうこれ以上ないほどの説得力がそこにありました。

画質はまずまず。
色数を減らした落ち着いた色彩・画調。
解像度感はそこそそ感じられるが、精細感度は割りと甘め。
物足りなさというほどじゃないが、
もう少しキリッとした画質が欲しい気もする。


音質は良好。
先日のDTS-HD 96kHzアップサンプリングを聴いた後でも確実に言える。
こっちの方が音が良い!
聴き始めからしてF/Dレンジ幅が違うのが分る。
決して厚みのある音響では無いのだが、
細かい音まできちんと描きわけられたクリアな音響。
線はやや細身ながらも、空間が寂しく感じる事が無いのは、
左右前後に正確に音は定位するからだろう。
あえて言うなら、
マエストロではホールの残響音も含めた空間表現なのに対し、
こちらは音一つ一つの音像定位によって作り上げる音場表現だろうか。
またマエストロや邦画全般に比べ大きく違うのは、やはり低音だろう。
決して本作が低音豊かではないにも拘らず、
バスドラの倍音まで聞き分けられるくらい、歪みなくしっかりとした低音がある。

ミュージカル舞台の映画化であって、
音楽伝記物でもあって、
そしてなによりイーストウッド映画である。
役者本人たちによる歌声・ハーモニーは素晴らしく、
フォー・シーズンズやフランキー・ヴァリを知らずとも、
物語にぐっと惹き込まれてしまうだろうし、
イーストウッド監督らしい緊張感を持たせつつ淡々と紡ぎ上げてく物語は、
舞台と映画、音楽と人生観の距離感?バランス感?が程よくあり、
クライマックスにはそれなりの高揚感を与えてくれる。
イーストウッド監督ファンは勿論、
フォー・シーズンズのファンには間違いなくお勧め出来るであろうし、
ミュージカルが苦手、フォーシーズンズを知らなくても、
十分に楽しめる映画になっていると思う。


      



テーマ:映画音楽 - ジャンル:映画

2016.11.12 | Comments(2) | Trackback(0) | 映画 さ

コメント

勝ったね!ガハハ!

2本目も楽しめたようで良かったです。
音楽関係の伝記物は、音楽で魅せられるからファンじゃなくても結構楽しめますよね。イーストウッド監督なら安心感ありますし。
PVの歌声で、ああこの歌の人か~となりました。確かに変な裏声かも(笑)
舞台で鍛えた歌声で説得力ありまくりのようですし、いつか観てみたいです!
2作品目もありがとうございました♪

2016-11-13 日 11:23:41 | URL | 宵乃 #K4YeSyNc [ 編集]

>宵乃さん

どもども、お疲れ様でした!

> 音楽関係の伝記物は、音楽で魅せられるからファンじゃなくても結構楽しめますよね。イーストウッド監督なら安心感ありますし。

そうですね、この手の伝記物は割りとその音楽に疎くても楽しめたりします。
イーストウッド監督はどこか見易さもあるのかな。
相性良いみたいです。


> PVの歌声で、ああこの歌の人か~となりました。確かに変な裏声かも(笑)
> 舞台で鍛えた歌声で説得力ありまくりのようですし、いつか観てみたいです!

むしろ最初みたときは変な裏声過ぎてアフレコか?!と思ったくらいです(笑)
演奏も含めて役者本人がやるっていうのは、それだけで感情移入出来ちゃいます。
(ラブライブのμ’sとかも(笑)

2016-11-16 水 02:18:33 | URL | nor #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販