スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- | スポンサー広告

君の名は。

新海誠の最新作、君の名は。を劇場で観てきた。
映画館に足を運んだのいつ振りだろう、「ラブライブ!劇場版」以来か。

男女の心の機微を美しい風景描写で描き、
国内外で注目を集める新海誠監督のオリジナル長編アニメーション。
先週末、全国公開され、
多くの著名人が大絶賛ステマ展開を繰り広げる中、
大ヒットスタートダッシュを決め、
なんと2日間で観客動員約59万人、興行収入約7億7000万円を記録
あの興収1億がやっとの男が興収60億視野に、
細田守(バケモノの子:58.5億)、庵野英明(エヴァQ:52.6億)超え、
ポストジブリを本気で狙いに来たか!?
なおツィッターでも大絶賛の嵐の模様・・・?!


まず最初に断っておきます、
新海誠がほぼ1人で作り上げた「ほしのこえ」からずっと注目していました。
 (古参アピールw)
「雲のむこう、約束の場所」「秒速5センチメートル
星を追う子ども」「言の葉の庭」、すべて観ていますし、DVD/BDも持ってます。
とにかく昔から青臭いけど、どこかおセンチな物語が好みで、
加えて綺麗な背景映像美に惹かれ、ずっとファンでした。

”見知らぬ者同士であった田舎町で生活している少女と東京に住む少年が、
 奇妙な夢を通じて導かれていく姿を追う。”


今回の最新作もあらすじを聞いて、すぐにピンときました。
「あぁ、これ、二人の時間軸がズレてるパターンやな」と。
           (ネタバレ暗転)

だって新海誠と言ったら心情を距離(速度)で表現する事。
ならばただの遠距離恋愛物になるはずが無いのはすぐに分ったし、
考えうるのは距離・速度・”時間”なのだから。

思ったとおりというか、案の定というか、やはりと言うか、まんまでした。
たぶんこれについては驚きとか狙っていた訳でもないだろうし、
あまり気にはしていませんでした(彼らしいと思ったし)
問題は、その魅せ方。
どう整合性を保ったまま、うまくミスリードさせてくれるか。
そこに期待していたのですが、
かなりご都合主義というか、大味というか、SFファンタジーというか。
これがどうにも納得出来なかった。


ただし、それ以外はほぼ完璧なんじゃなかろうか。

男女が夢の中で入れ替わるコミカルさや、
今時の”タイムリープ系”のネタを仕込みつつ、
新海誠らしい「すれ違う男女の恋」を上手くエンタメに乗せ、
なによりハッピーエンドを描けるようになった
うん、こりゃ一皮剥けたんじゃね?

もう今までの背景アニメとは違う!
多少のご都合主義はあるけど、
ちゃんとストーリーを楽しむ作りになっている!

新海誠っぽくない、
けど、やっぱり新海誠臭かった。


そんな印象でした。
ちまたで言われているように「秒速~」は超えてると思う。
けど、「秒速~」の方が好きって人も居そう。


以下↓、クッソ垂れ流し感想(ネタバレ含む)

普通に面白かったんだけど、感動系ではないよね。
 今までのような、胸が締め付けられるような切ない話じゃないし、
 ハッピーエンドで良かったんだけど、
 でも死んでいた方が物語としては正解だったと思う。
 つか、間に合わないだろあれ・・・。
 あとストーリーもどこかで観た事あるような展開の組み合わせっぽかった。
 インターステラーとかバタフライエフェクトあたり。
 あの時間軸のズレもさ、
 毎回スマホに日記付けてるけど、日付を確認したら即終了じゃね?
 主人公(男側)が3年前の大惨事を覚えていないのも無理あり過ぎだし、
 いちいち名前を忘れちゃうのもメンドクサイ。
 最後の方は正直クドいって思った。
 それがテーマだからしょうがないけど。
 忘れないように手に書き留めとく~はメメント思い出したw
  ティアマト彗星の大接近でシャーロットを思い出したw
 お互いが入れ替わっている時にさ、
 バタフライエフェクト並の伏線とか綿密に組み立てられていたら・・・。
 ポストジブリに大きく一歩を踏み出してきた感じはするけど、
 でもやっぱりオタク臭は色濃く残ってるから、
 まだ一般受けは難しいんじゃなかろうか。
 今時のライトなオタク層(ニワカ層・ファッションオタ)には大絶賛されそう。
 特に今回は男性目線より、女性目線で観た方が楽しめるのかも。
 あと入れ替わった時に胸を揉みしだくとか、
 パンチラシーンとか、乳揺れシーンとか、
 新海誠っぽくないシーンが多かったけど、
 これは誰かの入れ知恵なのか?
 で、
 結局面白いの?面白くないの?って聞かれたら、
 やっぱり「普通に面白かった」です。
 その普通という基準が人それぞれなので何とも。
 個人的には秒速~の方が好き。
 ツッコミ所、ご都合主義な所が気になる人も多いだろうけど、
 誰が観てもそれなりには楽しめるし、
 今までの新海誠のイメージや評価もガラリと変わると思う。
 そういう意味でも一見の価値は十二分にあり。
 ぶっちゃけ、
 観終わったあと新海誠っぽくなくて、
 すごく戸惑ってモヤモヤした気分にさせられたw
 でもよくよく思い返してみたら、やっぱり新海誠だった。
 そんな感じでした。



テーマ:アニメ - ジャンル:映画

2016.08.30 | Comments(2) | Trackback(0) | 映画 他

コメント

見たい気分にはなるのですけどね

まず、新海キャラじゃない。
空とかの風景は
新海かな。
やはり大手の映画配給会社が
着くとそれなりに
人が入るのかな。

ところで、細田さんの
時かけのデラックス
Blu-rayが
またボッタクリ価格なんです。
だって10年経ったら
もっと価格をおさえる
ことってできるんじゃない。
要はファンサービスですよ

2016-09-02 金 15:49:27 | URL | レーザー #1BkSkYno [ 編集]

>レーザーさん

どもどもです。

今回は思いっきりジブリの作画スタッフが入ってますからね。
(鈴木Pの介入)
キャラデザよりも、キャラの仕草などが芝居掛かってて新海っぽくない気がします。

「買って満足角川商品」っていう名言があるくらいですからね。
通常、2話収録で5千円くらいのBDが、角川商品だと9千円くらいの強気のプライスが当たり前ですし。

2016-09-06 火 19:32:22 | URL | nor #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。