FC2ブログ

アメリカン・ホーンティング

今日のレンタルDVDはアメリカ史上唯一の実話として記録された
アメリカン・ホーンティング」(初見)
2006年 1:22 5.52Mb/s 384kbps(DD・ST)
サラウンド感:★     音質:★★

リアルオカルト・ホラーと言うとエクソシストエミリー・ローズがあるが、
これはどちらかと言うとファンタジー色が強い気がする。
実話らしいのだがリアリティに欠け、結構???な展開が続く。
また雰囲気満点なのだが、どうも怖さも伝わり難い。
良くも悪くも淡々と進む。
ラストも意外な展開、と言うか投げっ放しジャーマン状態で消化不良。
ちょっと何が言いたいのか良く分らない。
正統派オカルトホラーとしても物足りなさを感じるかも。

音楽は秀逸なのだが、音響が悪く非常に勿体無い。
ホラーらしいBGMでいかにも出そうなシーンが直感的に分るし、
ビックリドッキリ系のコケオドシ音も多用しているが、
イマイチぱっとしない。音が鈍い。
また序盤のポルターガイスト現象など、
サラウンドし放題のようなシーンなのだが、ドルビー2chなので・・・・
ただAVアンプの方でドルビーPLⅡを選んでやると意外なほどサラウンドする。
しっかり後方からの音も聞こえて来るので雰囲気はそれなりに出てくる。
もう少しハッキリした音が入っていれば音だけでビクッとしそうな気もする。

画質はあまり良くない。
とにかく暗いシーンが多いので黒潰れは覚悟が必要。
また暗部のザワツキも気になるシーンもあり、落ち着いてみていられない。
やや明るいシーンにもペグノイズが見受けられる。
ディティールも欠落しているシーンも多く、総じて見辛い。
音質も先述したとおり悪い。
ベールを2,3枚被せた様な抜けの悪い音質なので、
セリフも非常に聞き取りにくい。
音もキレが悪く鈍い。もっさりしている感じ。
ドルビー2chなのでサラウンドはないのだが、
AVアンプ側で擬似サラウンドしてやると、結構まともにサラウンドしてくれる。
リアから声や音が聞こえる事もしばしば。
ただ音の明瞭度が低いので雰囲気程度になりやすい。

実話のオカルト・ポルターガイストとしてはそれなりにオーソドックス。
逃げ惑うとか叫び続けるとか醜い姿を晒すとかそういった要素もなく、
淡々と怪奇現象を繰り返すだけ。
謎明かしだったり真相追求だったりと言った様子も無く、
ただ起こる事を受け答えるだけ。
ポルターガイストなどの怪奇現象はそれなりに見所は多いが、
ストーリーには惹き込ませる様な展開は期待出来ない。
実話系としてはエクソシストやエミリー・ローズの方がよっぽどリアリティあるし、怖い。
どうもファンタジー作品を見ているような感覚に陥ってしまうの。

    
>>ホラー映画のすゝめ



テーマ:今日のレンタルDVD/ビデオ - ジャンル:映画

2009.02.01 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 あ

«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販