スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- | スポンサー広告

(BD)フューリー

本日のレンタルBlu-rayは
フューリー」(初見)
2014 2:15 21~28Mb/s(AVC) 2.1~2.8Mbps(DTS-HD Master Audio 5.1ch)

ガルパンに味をしめ、本場ハリウッドの戦車道ならぬ戦争映画を見たくなったw
なんでも「歴史的に最も重要な戦車」と言われる本物のティガー戦車を、
博物館から借りて撮影するなど、そのへんはさすがであるw

内容は第2次世界大戦末期、
歴戦の猛者が集まる戦車チームに配置された新兵ノーマン。
危険な前線任務を命じられ戦場の凄惨な現実を目の当たりにしていく。
たった一輌の戦車でドイツの大軍と戦った5人の男たちの姿を描く感動の戦争ドラマ。


新兵ノーマンが過酷な戦場を経験し成長するという分り易い物語で、
おおよそ「プライベート・ライアン」の戦車版といったところだろうか。
リーダー役のブラッド・ピットの推進力もあり、
ややヒロイック的なストーリー運び。
またチラチラと聖書の暗喩が見え隠れしており、
その辺も含めて、戦争映画としてどう捉えるか好みが分かれるところ。

肝心の戦車の戦闘シーンだが、
ガルパンを観た直後だと「あ、こんなもんか・・・」
さすがに戦車がドリフトかますガルパンに比べたら、
リアルに描けばそりゃ地味にもなるだろうw
バカスカ撃てば良いってものでもなく、
跳弾や貫通弾など一発一発に恐怖感を伴う。
一対一の背後の取り合いも思う様に車体が回らずもどかしいくらい。
ただ、やたらと赤や緑の鮮やかな曳光弾が飛び交うものだから、
ちょっとしたSF映画っぽく見えてしまったのは内緒の話w


画質は良好。
僅かにグレインの乗ったフィルムライクな画調。
解像度も高く、細部までしっかり描写されている。
彩度は低めでややブルーやグレイの支配色が強い。


音質も良好。
爆音ガルパンから比較すると、だいぶ大人しく感じるw
ただそれでも空間表現の広さ・深さともに、そこはハリウッド。
現実感を伴うような緊張感や空気感が音響からヒシヒシと感じられる。
砲撃や跳弾で巻き起こる空気の揺れ。
プリセットSEの使い回しだったガルパンとはまるで別物。
その辺は富士総合火力演習の動画を見れば察するでしょうw

本物のティガー戦車を使用した戦争映画。
殆ど戦車の事は詳しくないが、
戦闘機や戦艦と比べると、
マニアックだし、だいぶ地味な印象を拭えない。
そもそも素人考えでは弱点が多過ぎる兵器な気がする。
まぁガルパン並の機動力が戦車にあれば違ってくるだろうけどw
それは置いておいて、
本格的な戦車ムービーとしてはまずまず。
砲撃の凄みや、戦車乗りの役割分担など、
(ガルパン以外では)あまり見る事のない戦闘シーンが描かれており、
見応えは十分感じさせてくれるだろう。
ただ戦争映画としてみると及第点といったところ。

ちなみにガルパンの渕上舞が吹き替えで出演していますw
それと本編前の予告・作品紹介にガルパンが流れてワロタw


      



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

2016.06.05 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 は

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。