(BD)メイズ・ランナー

本日のレンタルBlu-rayは
メイズ・ランナー(初見)
2014年 1:53 23~28Mb/s(AVC) 5.5~6.8Mbps(DTS-HD Master Audio 7.1ch)

ディストピアを舞台にしたティーン向けサバイバルゲーム。
ハンガーゲーム」、「ダイバージェント」に続く三匹目のドジョウ狙い。
高い壁に囲まれているあたり「進撃の巨人」とも似ている。

内容はそびえ立つ壁や毎晩変化する構造を持つ謎の巨大迷路。
月に1度、自分の名前以外何も覚えていないランナーが送り込まれてくる。
やがて団結し始めた彼らは迷路の仕組みを調査し脱出法を見いだそうとするが、
迷路の扉が閉まる夜までに帰還しないと命の保証はない。
生き残りを懸け巨大迷路に隠された謎を解き明かそうとするランナーたちの運命は……。


ハンガーゲーム」、「ダイバージェント」と同系統の世界観だが、
両作と違う点は、
富裕層と貧困層の対立構図ではなく、
男ばかりのゲーム的な謎解き要素が加わった程度。
やっている事は三者そう大差ない。
テンプレラノベじゃないが、
向こうもディーンディストピアテンプレでもあるのではかろうか?w


そして「ハンガーゲーム」「ダイバージェント」同様、
本作も三部作構成らしいw
そういや「ハンガーゲーム」は3作目がファイナルなのにファイナルじゃない件。
「ダイバージェント」の方は続編公開されたんだっけ?
もうこの手の三部作構成は思わせぶりな終わり方するし、
続編までの間隔が長くて前作までの内容忘れがち。
下手すりゃ企画が立ち消えになってしまうパターンすらありうるから嫌なんだよなぁ。
 「続編あるけど、そいつはこれから作ります!」

ちなみに邦画界で最近良くある前後編ってのは、
ただの分割方式
1本撮って、それを前後編に別けて編集するので、
制作費は1本分だけど、興行収入は2回分という商売上手なやり方だw

画質は良好。
4Kマスターらしく、さぞ高画質なのだろうと思いきや、
意外と甘さの気になる画質。
人物アップは非常に高精細なのだが、
こと背景に関してはいまいちパッとしない。
もしかするとCGのレンダリング解像度が足りていないのでは?
またコントラストは高いものの、
黒の引き込みが早いので暗部の観辛さが残る。


音質はすこぶる良好。
ドルビーアトモス上映作品だけあって、
DTS-HD MA 7.1chでも申し分なく楽しめる。
音量は-9db、シネマDSPはアドベンチャーを選択。
冒頭からサラウンドをフル活用した音響に呑み込まれる。
情報量や音数も豊富で、
後方からの音圧も非常に高く、
前後左右まんべんなく味わえる包囲感。
また上方を意識して配置された音もチラホラあり、
チャンネル間の繋がりが非常に重要なサラウンド音場。

ハンガーゲーム」、
ダイバージェント」に続く三匹目のドジョウ狙いの、
ディストピアを舞台にしたティーン向けサバイバルゲーム。
男ばかりのゲーム的な謎解き要素が加わったものの、
先の2作が楽しめたならば、本作も問題なく楽しめるだろう。
そして当然のように続編ありきの3部作構成
完結するまで待つも良し、
前作のおさらいをしながら毎回楽しむも良し、
どちらにせよ忍耐強さを必要とし、
大抵の人は1作目、もしくは2作目までで飽きてしまいそう。
ならば、
ハンガーゲーム」、「ダイバージェント」、「メイズ・ランナー」、
それぞれ1作ずつ楽しむべきか、
どれかに絞って3部作を観るべきか、
大変迷うところだ…。

      



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

2016.03.04 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 ま

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販