スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- | スポンサー広告

(BD)ジュラシック・ワールド

本日のBlu-rayは
ジュラシック・ワールド(初見)
2015年 2:05 22~30Mb/s(AVC) 5.3~6.9Mbps(DTS-HD MasterAudio 7.1ch)

ようやく観る事が出来ました。
レンタルではなくセル(2D)で。
アニメ以外でBD買うの久しぶり。
3Dと迷ったけど、クロストークがどうしても嫌なので無難に2D版を。

感想は、
言いたい事が山ほどあるけど、
それは置いておいてもやっぱ最高だ!

内容はイスラ・ヌブラル島で起こった「ジュラシック・パーク」の惨劇から22年後、
ジョン・ハモンドが夢見たテーマパークジュラシック・ワールドを実現させ、
今や世界中から毎日二万人の旅行者が訪れる人気の観光施設として成功を収めていた。
その一方で遺伝子操作によって新種のハイブリッド恐竜を誕生させていた……。

シリーズ4作目でありながら、
どうやら2作目3作目を無かった事にして、1作目の続きからリブートした内容らしい。
そりゃ2作目であれほどの大惨事を起こし、3作目で政府の監視下に置かれちゃ、
パーク建設どころの話じゃないわなw
なんならゼロからリブートしても良いくらいだし。


それはさて置き、
1作目に引き続き”生命倫理や生命の進化”がテーマの本作ではなんと、
遺伝子操作によって新種のハイブリッド恐竜が出てくる。
これについては後述するとして、
もう一つ、ヴェロキラプトルの調教だ。
これが意外にも胸熱くさせてくれた。
ラプトルと言えば1作目で獰猛・狡猾さを描き、2作目でハンター、
3作目でコミュニケーション能力まで身につけた、
ある意味ジュラシックパークシリーズの裏主人公な恐竜だ。
今となっては物言わぬ化石動物だからこそ、
知能の発達していたであろうラプトルと人間の関係性が築けていたかもしれない。
ヘビやトカゲ、鳥なども調教出来るんだから、
恐竜を調教出来てもおかしくない、むしろ見て(して)みたかった!
ただのロマン(夢物語)で終わらない一歩先に踏み込んだ願望というか希望?
もう後半の展開は嬉し過ぎて鼻血が出そうになったw


でもって新種のハイブリッド恐竜ですが、
DNA操作しまくりで、
とにかくデッカく、どう猛さも加えて、
カッコいい角や爪を生やして、なんなら翼も付けちゃおうか?
もはやそんなものは恐竜でもなんでもない、ただの怪獣です!
3作目で既に史上最大級の肉食恐竜スピノサウルスを出しちゃってるから、
それ以上の恐竜は存在していないわけで、
シリーズの根幹を揺るがしかねない、
ギリギリのラインを攻めた結果がハイブリッド恐竜。
う~ん、賛否ありそうだが、
これやっちゃうと何でもアリになっちゃうよね。
一歩間違えば「シャークトパス」みたいなトンデモ生物になり兼ねない…
ここまでではないにしろ、
ジュラシックワールドでも最終的に、
恐竜王者決定戦!になっちゃってるw

恐竜の魅せ場は、
最新VFX技術だけあって文句ない迫力・リアルさだ。
ただ物語の方はツッコミ所も多く、物語の前半部(前振りパート)も冗長気味。
前作であれだけの惨事を起こしておきながら危機管理が東電並のザルさ。
まーた一つの人的ミスでパーク全滅の危機とか、
ホイホイと恐竜の檻を開けるわ、
ろくな装備も持たずに恐竜と対峙するわ…。
遺伝子研究やら軍事利用やら散々引っ張った割りに投げっ放し。
 (もしかして5作目をやる為の伏線なのか??)
人気の恐竜による恐竜合戦は良しとしても、
ハイブリッドの方は高性能・高知能設定すっかり忘れてガチンコ対決しちゃってるし。
なんだかいろいろ詰め込んだ割にとっ散らかったまま。


だがしかーし!
お粗末な脚本を差し引いても余りある恐竜の魅力!
これに尽きる。
たぶん1作目をリスペクトしている人は呆れ果てる内容。
むしろ2作目や3作目が好きならきっと楽しめるだろう。
ちなみに私の好みは、2作目>4作目>1作目3作目の順です。

画質はすこぶる良好。
ちょっと気になったのが2:1の特殊なアスペクト比。
 (通常のビスタサイズは1.85:1)
なので上下に僅かに黒帯が入るレターボックス仕様。
IMAX(1.9:1)に近い形で作られたんだとかなんとか。
せっかくなら画面いっぱいいっぱいで楽しみたかったんだけど。
画質の方は文句なしの目も眩むような解像度感。
35mmと65mmの混在フィルム撮影らしく、
バラつきはあるものの、グレインは丁寧に処理され細部までクッキリ。
とにかく発色が豊かで力強さと透明感を併せ持った鮮やかさ。
またコントラスト感も非常に高く、
暗いシーンでも一切の見難さは無く見通しの良い暗部の諧調。


音質も良好。
流行のドルビーアトモスではなくDTS-HD MA 7.1ch。
音量は-7dbでシネマDSPはサイファイを選択。
劇場型の音響ではなく、DTSらしいS/N比の効いたダイナミックな音響。
サラウンド感も良好で、
音場空間も広く辺りに散りばめられた効果音やスピーディな移動音など、
効果的なサラウンドメイクがなされている。
特に後方からの情報量が多いので、サラウンドバックは相当活躍しそうかも。

シリーズ4作目にして1作目からのリブート作品。
お目当ての最新VFXを使った恐竜の映像は文句なく絶品。
ただ脚本は粗も多く、人間ドラマも淡白な印象は拭えない。
何を求めるかによって賛否両論ありそうだが、
やはり太古のロマンである恐竜が大画面で活躍すれば、
それだけで胸熱く心躍るってもんよ。
序盤は色々詰め込み過ぎてモタついており、
シンプルに1時間半くらいに収めておくべきだったかも。
もしくはトランスフォーマーのように2時間ずっと恐竜出ずっぱり。
それならストーリーの文句も忘れて恐竜に魅入っていただろうし。
新種のハイブリッド恐竜だが、これ以上のやり過ぎ禁物。
今回はまぁ14年ぶりに恐竜が帰ってきたことですし、
許して差し上げても良いんじゃないでしょうかw
久しぶりに2回連続で観ちゃったよん♪


      



テーマ:特撮・SF・ファンタジー映画 - ジャンル:映画

2016.02.28 | Comments(4) | Trackback(0) | 映画 さ

コメント

レンタルだったので

私も気に入りました。
おかげで3D版も見たくなりました
いつかは!
ところで、あの博士は
どーするのでしょうか。
何を作ったのか?
あのお小遣い稼ぎで作ったもの

2016-02-28 日 20:04:27 | URL | レーザー #1BkSkYno [ 編集]

>レーザーさん

どもです。

私もレンタルにすればよかったかも。
そうすれば3D版買っていたと思う。
ただ吹き替えが芸能人なので微妙かも。

博士というかアジア顔の科学者のことですよね?
この人、どこかで見た事あるなぁと思ったら1作目にも出てるんですよね。
インドミナスの他にも作って軍(他国)に売るとか、続編がそんな感じになりそう・・・

2016-02-28 日 22:48:11 | URL | nor #- [ 編集]

次も楽しみ

アジア系の科学者ですね。
1に出ていたんだ
見直しみます。

2016-02-29 月 20:49:51 | URL | レーザー #1BkSkYno [ 編集]

>レーザーさん

1作目ではちょい役でしたけど、
たぶん次回作ではメインになっていそう。

2016-03-03 木 18:24:04 | URL | nor #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。