2015年度:映画関連

いつもお越しいただきまして、ありがとうござーいますヾ(^。^)ノ
年末に時間が無く更新出来なかったけど、
毎年恒例の回顧録のようなもの。
今年も[映画]・[アニメ]・[オーディオ]の3本柱でお送り致します♪

2016年はもう少し更新頻度を上げて、
駄文にならない程度の小ネタをちょこちょこと上げられたらなぁと思い増す。
本年もどうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m




2015年は、新・旧作問わず初見に限って数えると41作品観ました。
年々減ってますね・・・(^^;
今年もブログdeロードショーへのお誘いも沢山頂きました。
真冬のファンタジー春の感涙祭夏恒例のきもだめし大会秋の夜長のミステリー
ブログdeロードショーへの参加が無かったらもっと少なくなっていた事でしょう。。。
新年1回目は不参加でしたけど、今年もまたお誘い下さい♪

今年はAVアンプを新調し、
DLA-X70Rと共にほぼホームシアターの完成形になった気がします。
で、改めて思いました。
映画って観る環境が凄く大事!

作品ごとに制作者の伝えたい物があり、
それを正しく受け取る事によって作品本来の意味を知る事が出来るつーか。
内容(物語)だけなら原作でも読めば良いのであって、
そこに映像表現や音響表現が加わってこその映画!
”どんな作品を観るか”より、”どんな環境で観るか”

大画面の没入感と、サラウンドの臨場感。
これらが合わさって本来の映画を楽しめるのだなぁと。
まぁ映画の楽しみ方は人それぞれだと思うし、
映画に何を求め、どこに比重を置くのかも違ってくるだろうけど、
個人的な黄金比は、
内容4:映像3:音響:3
ですが、
好みも踏まえると、
内容3:映像3:音響4が最も楽しめる比率かも~w

ようやくシアター環境も完成形に近付き、
腰をじっくりと据えて映画鑑賞といきたい所なのですが、
まぁ色々ありまして落ち着けるのはもう少し先になるのかも?

あまり本数を観てないですけど印象的だった作品群を紹介。
内容・映像・音響共に文句の付けよう無く、
個人的な2015年度ナンバー1映画が「ローン・サバイバー
  1257a.jpg
男なら一度は絶対に観ておきたい
シンデレラマン」と「ラッシュ/プライドと友情
1257b.jpg1257c.jpg

高画質で印象的だったのは、
 ・ローン・サバイバー     ・REC/レック4 ワールドエンド
 ・ミュータント・タートルズ   ・猿の惑星:新世紀(ライジング)
特にローンサバイバーは4K撮影の高精細な画質だった。

音響で印象的だったのは、
 ・ローン・サバイバー(ドルビーTrueHD・アドバンスド96k)
 ・ミュータント・タートルズ(Dolby Atmos)
 ・猿の惑星:新世紀(ライジング)」(DTS-HD MA 7.1ch)
 ・アメリカン・スナイパー(Dolby Atmos)
 ・イントゥ・ザ・ストーム(DTS-HD MA 5.1ch)
こちらもローンサバイバーがズバ抜けて良かった。
ドルビーアトモス2作は劇場型の音圧を感じさせる音響。
ライジングは7.1chらしい移動感が素晴らしかった。


というわけで、
2015年度に観た41作品(初見)の紹介です。
個人的主観の元にそれぞれ区分けしてあるので、参考程度になればおkです。
(順不同)

【傑作:とりあえず見とくべき。間違いなく面白。】
ローン・サバイバー 極限の戦場疑似体験ムービー
シンデレラマン どん底から栄光へのシンデレラストーリー
ラッシュ/プライドと友情 互いの存在、価値観や生き様、虚勢とプライド。

【良作:見とけ。結構良いと思う。】
楽園追放 -Expelled from Paradise- ついに日本の3DCGアニメもここまで来たかっ!?
たまこラブストーリー 青春恋愛アニメのお手本のような作り
プリズナーズ 感情と脳を揺さぶる極上ミステリーサスペンス
ゴーン・ガール 真相と共にまったく別のサスペンスが生まれるサイコロジカル・サスペンス
きっと、うまくいく うまくいき過ぎぃいいいいい!

【普通:見ても損はない。それなりに楽しめる。】
ラブライブ! The School Idol Movie リアルなファンに対するアンサームービー
塔の上のラプンツェル いかにもディズニーらしい物語
神さまの言うとおり 「だ~る~ま~さ~ん~が~ころんだっ! 」
アメリカン・スナイパー シールズ史上最高・伝説の狙撃手
大誘拐 RAINBOW KIDS お婆ちゃんがそう言うならしょうがないよね~
リトル・ランナー ボストンマラソン優勝に挑む性・俊(青春)物語
2ガンズ 大金を巡る四つ巴のB級争奪戦

【佳作:見ても見なくても。やや物足りない。】
ミュータント・タートルズ オートボットがタートルズに置き換わっただけ
猿の惑星:新世紀(ライジング) ”猿の王国”における戦争や紛争の原理
ゼロ・ダーク・サーティ 暗殺の是非・真偽も含めプロパガンダ真っ黒
きみに読む物語 ”読み聞かせる”ロミジュリ系の純愛ストーリー
AURA~魔竜院光牙最後の闘い~ 「中二病~」のシリアス版
劇場版 PSYCHO-PASS サイコパス いつもの攻殻的なProduction I.G
魔女っこ姉妹のヨヨとネネ 正当派元気な魔女っ子ワンダーファンタジー
ももへの手紙 ジブリと細田作品を足して2で割った感じ
キャプテン・フィリップス ソマリア海賊実録サスペンス風
紙の月 大人びた宮沢りえの演技に注目
REC/レック4 ワールドエンド すっかりハリウッドナイズされたREC最終章
GODZILLA ゴジラ 人類そっちのけ、大怪獣映画
エンドレス・フィアー おススメです ぜひ最後まで観て下さい!

【迷作:見るか否かは好みの問題。いや、悪くはないと思うんだが・・・】
ヒア アフター 死生観をテーマにスピリチュアルで語る
スケルトン・キー 呪術や魔術を信じる者にとってはそれが現実となる
るろうに剣心 京都大火編 1作目の良さを引き継げず→
るろうに剣心 伝説の最期編  →原作端折った豪勢なスペシャルドラマ風
ビューティフル・マインド ”天才”と”中二病”は紙一重
フローズン 日常的なシチュエーションスリラー
イントゥ・ザ・ストーム ディザスターを疑似体験
ポンペイ 劣化グラディエーター + ディザスター on 3D
フライト・ゲーム よくある量産型サスペンスアクション
96時間/レクイエム シリーズの魅力を潰してゆくスタイル
LUCY/ルーシー 劣化版ミラ・ジョヴォヴィッチ
青鬼 低予算のビデオ作品程度のレベル

【駄作:やめとめ。時間・金の無駄。】
呪怨 -終わりの始まり- パンダ目小僧の俊雄くん



テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画

2016.01.13 | Comments(7) | Trackback(0) | 映画 2015年度

コメント

こんにちは☆

norさん、遅くなりましたが
今年もどうぞ宜しくお願い致します。(ペコリ)

>映画って観る環境が凄く大事!
>そこに映像表現や音響表現が加わってこその映画!
>”どんな作品を観るか”より、”どんな環境で観るか”
>個人的な黄金比は、内容4:映像3:音響:3ですが、
>好みも踏まえると、内容3:映像3:音響4が最も楽しめる比率かも~w

norさんの映画観賞への姿勢と言うのかな~?
ハッキリとスッキリとご自身で分かっていらして良いですネ♪
私もちょっと考えてみます。
(と言っても、環境は当分の間、あまり良くならないとは思いますが・笑)

>個人的な2015年度ナンバー1映画が「ローン・サバイバー」

良い作品でしたよね~!
私も昨年の初見洋画のベスト11位でした☆

記事にお邪魔しなかったみたいで、失礼いたしました。
この後、じっくりと読ませて頂きますね~!

>男なら一度は絶対に観ておきたい
>「シンデレラマン」と「ラッシュ/プライドと友情」

これらは昨年ではないけど、見ています。
それぞれ良かったです♪
女でも見ておきたい☆

>プリズナーズ 感情と脳を揺さぶる極上ミステリーサスペンス

先日オンエアを録画したので、今月か来月には見たいです☆

・・・他、色々と、同じように思った作品や 反対のような感想の作品など
楽しく読ませて頂きました♪

・・・今年は「お写真」も、アップしてくださると嬉しいと思いま~す☆
では、また~!


.

2016-01-14 木 10:19:33 | URL | miri #jSBoJ0Ww [ 編集]

>41作品観ました。年々減ってますね・・・(^^;

そりゃあ、アニメを50本以上観てたら映画を見る時間も減りますよね(笑)
でも、たくさんの趣味を自分のペースでそれぞれ楽しんでるならいいと思いますよ。
映像、サラウンド、物語のすべてをじっくり味わっているんだから、本数なんて関係ない!
ブログDEロードショーもnorさんの映画ライフのお役に立てて嬉しいです♪
オススメの「ローン・サバイバー」や「ラッシュ/プライドと友情」は、いつか必ず観ますね~。

2016-01-14 木 13:22:48 | URL | 宵乃 #Jluqsbno [ 編集]

>miriさん

こちらこそ、今年も宜しくお願い致しますです!


> norさんの映画観賞への姿勢と言うのかな~?
> ハッキリとスッキリとご自身で分かっていらして良いですネ♪
> 私もちょっと考えてみます。
> (と言っても、環境は当分の間、あまり良くならないとは思いますが・笑)

好きな物にはトコトン拘りたい性質なので♪
たまに本末転倒・手段が目的になっちゃう事もありますけど、
それも含めて楽しいってのが一番なのかなぁと。

今は場所を取らずに大画面やサラウンドを楽しめる機器もあると思います。
まずは自分がどういった楽しみ方をしたいのか、
それに合った機器はどういったものか、それを考えてみるだけでもきっと楽しいと思いますよ。


> これらは昨年ではないけど、見ています。
> それぞれ良かったです♪
> 女でも見ておきたい☆

確かに女性から見てもカッコいい男って感じかもしれませんね。
あぁいう男の生き様みたいなものは、いつの時代も憧れるのでしょう。


> ・・・他、色々と、同じように思った作品や 反対のような感想の作品など
> 楽しく読ませて頂きました♪

ありがとうございます。
人によってそれぞれ感想が違ってきますからね。
だから普段は決して作品に点数とか付けていないんですけど、
1年間の総決算として最後に区分け程度に順番を付けています。


> ・・・今年は「お写真」も、アップしてくださると嬉しいと思いま~す☆

ホント申し訳ないです!
撮ろう撮ろうとは思っていても、なかなか機会が無くて・・・
今年はもう少し写真もアップ出来れば良いですね。がんばります!

2016-01-17 日 22:06:38 | URL | nor #- [ 編集]

>宵乃さん

どもども、こちらにもコメントありがとうございます。


> そりゃあ、アニメを50本以上観てたら映画を見る時間も減りますよね(笑)

ですよねー(苦笑)
25分12話で約5時間、映画2~3本分。
1クールに10数本見ちゃうと、映画何本分だよって計算に・・・


> でも、たくさんの趣味を自分のペースでそれぞれ楽しんでるならいいと思いますよ。
> 映像、サラウンド、物語のすべてをじっくり味わっているんだから、本数なんて関係ない!

そう言ってもらえると幸いです。
映画は映画の、アニメはアニメの良さがそれぞれありますからね。
どちらも無くてはならない趣味ですし、これからも十二分に楽しんでいきたいと思ってます♪


> ブログDEロードショーもnorさんの映画ライフのお役に立てて嬉しいです♪

いやホントその通りなんですよ!
お題の作品はもちろんですけど、
そのついでにと他の作品も一緒に借りて来る事も多くなりましたし。

2016-01-17 日 22:17:06 | URL | nor #- [ 編集]

こんばんは☆

>今は場所を取らずに大画面やサラウンドを楽しめる機器もあると思います。
>まずは自分がどういった楽しみ方をしたいのか、
>それに合った機器はどういったものか、それを考えてみるだけでもきっと楽しいと思いますよ。

考えてみたのですが、やはり今の私は映画を楽しむまでいっていないのかも?と思いました。
いえ、楽しんではいるのですよ・・・うまく書けないけど、
norさん風に書くと、今の私は

自分に関係のある内容6:普通の意味での内容2:美術や音楽2
で、見ていると分かりました。

どうしてもこだわってしまう内容に囚われ、純粋に映画を楽しめた(と思う)
中高生の気持ちには今はなれない・・・と思いました☆

色々と考えさせて下さり、有難うございました!


*****************************


最近、3作品を見たのでひと言ずつ・・・
(それぞれの記事もキチンと読ませて頂きました☆)

>プリズナーズ 感情と脳を揺さぶる極上ミステリーサスペンス

たしかにそうなのでしょうけど、真犯人に対する偏見が酷いと思いました。

>ゼロ・ダーク・サーティ 暗殺の是非・真偽も含めプロパガンダ真っ黒

この作品を見た日に、同じ国での大学のテロのニュースが入り、
あの男を殺したって同じでしょう?とか思いました。
アメリカとしては作りたかった・見たかった作品かもしれないけど、
こういうのを作れば作るほど、新しいテロを生むような気がしました。
はい、真っ黒でした☆

もう一本は「プロメテウス」で、
>蓋を開けてみたら”中身は空っぽ”だった。
>そんな印象を拭えないプロメテウス。
>超A級大作の皮を被ったB級怪物ホラー。
>それでも何となく面白く感じてしまうのだから困ったもんですw

仰る通りで、特に悪くもなかったですけど、こんなもんでしょ?という感じでした(笑)。
私的にはキレイごと並べ立てる映画よりはずっと好感を持ちましたが、
こういう未来にはしない、という作品だと思いました☆

長々失礼いたしました。
ものすごく寒いので、どうぞお気を付け下さいね~!


.

2016-01-25 月 19:15:18 | URL | miri #jSBoJ0Ww [ 編集]

>miriさん

ども、コメントありがとうございます。


> 考えてみたのですが、やはり今の私は映画を楽しむまでいっていないのかも?と思いました。
> いえ、楽しんではいるのですよ・・・うまく書けないけど、
> norさん風に書くと、今の私は
> 自分に関係のある内容6:普通の意味での内容2:美術や音楽2
> で、見ていると分かりました。

私もうまく言葉には説明出来ないかもしれませんが、
映画って人それぞれの楽しみ方、捉え方があると思います。
単純に物語を楽しんだりは勿論ですが、
話題や流行、時間つぶしで観るって人も多いでしょう。
スタッフや制作現場目線で観ている人も居るかもしれません。
たぶんそれぞれ自分なりの楽しみを見出しているのだと思います。

私的には映画は娯楽作品であると考えているので、
内容だけでなく、
その場の雰囲気とか、いかにその作品を120%楽しめるのかを考えています。
映画好きなら大抵の人が思っているだろう、
映画館で観たい、映画館の雰囲気が好き、映画館で観た方が一番楽しめる。
まさにそれで、自分の部屋が映画館。
それが私なりの映画への拘りだったりします。
ただ実際の映画館は他の人が居たり(一人じゃないと集中出来ないので)
自分のペースで観られない(上映時間が限られている・休憩出来ない)
そう言った理由もあって、ホームシアターが一番理想的な映画の観た方だったりします。

たぶんモチベーションなのでしょうね。
好きな作品でも嫌いな作品でも全力で楽しむ。
例えツマラナイ映画だとしても映画館(ホームシアター)で観れば、
ちょっとは面白く感じる事もあるかもしれませんし、
面白い作品ならより面白く感じるかもしれません。


あと単純に取りこぼしが嫌だというのもあるかもしれません。
例えば画面に映っていない所での音が聴こえるとか、
画面が暗すぎて何が映っているのか見え辛いとか、
普通に観たら気付かない・分らない部分を知らないままで居たくない。
よく言われる製作者の意図した映像・音響をキチンと受け取りたい。
極端に言えば本来なら白色の物が環境によってピンクに見えたり、青色に見えたりする事も。
それはやっぱり白色として認識して観たい。
または突然目の前に現れた人。
でも実際には後方から徐々に近付いていたのだとしたら、意味合いが全く変わってくると思います。
(サラウンドで後ろから足音が聞こえたりもしますので)

作品を評価するにしても批判するにしても、
それが本来制作者の意図した表現をキチンと認識した上での評価じゃないと意味が無いんじゃないかなぁと。



> どうしてもこだわってしまう内容に囚われ、純粋に映画を楽しめた(と思う)
> 中高生の気持ちには今はなれない・・・と思いました☆

この辺は観た作品の数に比例して感じ方や捉え方が変わってくると思います。
当時は凄く良く思えた作品も今観るとチープに感じたり、
逆に当時はサッパリ理解出来なかった作品が今になって奥深く感じるようになったり。
内容は一切変わっていないのにそう感じるのも、
やっぱり環境の変化だったり、モチベーションの変化なのでしょう。



> *****************************


> >プリズナーズ 感情と脳を揺さぶる極上ミステリーサスペンス
> たしかにそうなのでしょうけど、真犯人に対する偏見が酷いと思いました。

真犯人に対する偏見なんてありましたっけ??
あれ?何か見落としたかなぁ。
真犯人は情状の余地なし、
むしろ射殺せずに無期懲役で一生牢獄で本当のプリズナーってオチの方が締りが良かったのになぁと思ったくらいなのですけど。


> >ゼロ・ダーク・サーティ 暗殺の是非・真偽も含めプロパガンダ真っ黒
> この作品を見た日に、同じ国での大学のテロのニュースが入り、
> あの男を殺したって同じでしょう?とか思いました。
> アメリカとしては作りたかった・見たかった作品かもしれないけど、
> こういうのを作れば作るほど、新しいテロを生むような気がしました。
> はい、真っ黒でした☆

「事実は小説より奇なり」ってことでしょう。
映画に政治的・宗教的思想が織り交ぜられる事は良くある事ですし、
そこから何を感じ、何を考えるのか。

この作品でもありましたけど、
10年前のテロ主犯の殺害よりも目の前のテロを防ぐべきだろうと。
それでもやっぱりあんな大惨事を起こしたテロリストを許す感情は無いし、
たとえそれを達成しても何も変わらなくとも・・・

私は無知・無関心が一番の罪なのかなと。
海の向こうのテロだったり戦争だったり。
ニュースも一時だけで気付かない、気にも留めない。
こういった映画を観る事で、事実とは異なるかもしれないけど、
多少なりと知る事が出来るだけでも十分意味があるのではないのかなぁと。


> 仰る通りで、特に悪くもなかったですけど、こんなもんでしょ?という感じでした(笑)。
> 私的にはキレイごと並べ立てる映画よりはずっと好感を持ちましたが、
> こういう未来にはしない、という作品だと思いました☆

一応近未来SFって事ですけど、
どちらかというとファンタジーや宗教色の強い作品ですね。
タイトルが神話の神ですし。
そうと割り切って観れば楽しめるんでしょうけど、
いちおうこれでもエイリアンシリーズの前日譚ですから、期待していたのとはちょっと違っていました。

2016-01-25 月 23:44:35 | URL | nor #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016-01-26 火 19:09:27 | | # [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販