FC2ブログ

(BD) Suara LIVE TOUR 2007~惜春想歌~

本日のBlu-rayは初めて買ってみた音楽BDタイトルww
Suara LIVE TOUR 2007 ~惜春想歌~
2007年 2:05 28~32Mb/s(MPEG-2)1080i リニアPCM
サラウンド感:-   音質:★★★★(リニアPCM 96khz/24bit stereo) 画質:4

特にSuaraファンではない。
知っている曲も「星座」「夢想歌」「キミガタメ」の3曲しかない。
そう、Pure-AQUAPLUSしか持っていないし、聞いたこと無いw
つい勢いで買ってみた。
後悔はしてない。多分ww

いや、だってさ、もともとライブもののDVDとか好きだった訳よ。
だから最近Blu-rayばかり買っているのに未だライブBDは持っていなかった。
どんなもんだか知りたいってのもあったし。
ただね、ライブものBDで欲しいアーティストが全くいないのが痛い。
サザンとか平井堅とか聞かねーし、大塚愛とか嫌いだし(偏見ですw)
かといってしょこたんやAKB48なんてもっての外。
水樹奈々、、、とか思ったりもしたんだけど曲全く知らねーしww
で、たまたまスアラもBlu-rayで出してるの知って、つい勢い。
いやライブ見て好きになるってパターンにハマればな~とか思って。
(過去、しばじゅん、Perfumeが良い例ですし)
う~ん、スアラってアニソンガーだったのね。。。。
いや、アニソン歌ってるのは知っていたんだけど、、、、
なんつーか、割合?
アニソンも歌うけど本来は違う系とか思ってた。
Liaみたいな位置づけかな?と。
ふたを開けてみたらアニソンストライクゾーンばっちり入ってるじゃん。。。
いや、後悔はしてないよ。全然。
ただファンじゃない限り、ライブだけでは好きになれないかな。
むしろファンだったら絶対見とけ!って感じなんだろうけど、
知らない人にもお勧め出来る!って訳では決して無いね。
曲(アニソン)があってのスアラ?
まず曲がありきって思った。
作曲は出来ないみたいなので、完全にシンガーとしての活動か。
Pure-AQUAPLUSを聴いてた時の声はどちらかと言うと好みだったんだけど。

さて、初の音楽BDと言うことでどんなもんなのか。
結構期待していた部分があったんですが、糞画質。
アプコン?と思わせる低画質。
カットによってはそこそこな映像にもなるけど、それでも息を呑むほどじゃないね。
でもって、とてつもない問題がこのディスクにはある。
それはスアラのアップになると9割方、ソフトネス処理されてしまいます。
これは意図的で、同じカメラの引きからアップの一連のカメラワーク内で変化するので
間違いありません。
ライブ会場のスモーク等が原因ではない。
なぜそのような処理がなされているのか分らないが、
ソフトネスをかけ、ややハイライト気味にしたボケボケの映像は眠気を誘うw
つーか、わざわざそんなことするならDVDでも十分だった気がする。
またそれ以外にも黒が浮き気味でザワついてしまってる。
どうも全体的に締りの無い映像。
引きのシーンになると一気に情報量が減ってノイズが発生する。
もちろん全部が全部ではなく綺麗な画質になる事もあるので、
シーンによって極端過ぎる。
だからなお更、悪い画質が目に付く。
特に糞ボケソフトネスはイライラしてくる。

音質はさすがに良好。
ただ光デジタル出力だと96khz/24bitってどう処理されてんだ?
PS3の本体にもそれらしい項目ないし。
96khz/24bitで出力されてないだろ?多分これ。
そもそもリニアPCMってどう出力されるんだ?
SACDやDVD-Audioはデジタル禁止のアナログのみだから、やっぱアナログだけなのか?
もしくはHDMIのみで、対応AVアンプ必須?
音だけを聴く限り間違いなく96khz/24bitではない、48khz/16bitの音だよ。
なので正直、Blu-rayならではの音質は堪能出来ず。
SACDだったPureとは比べ物にならず。もっと言えばDVDのしばじゅんの方が高音質。
いや、しばじゅんが神音質なだけだろうからw
でもまぁさすがに音楽ライブものなので高音質なのは間違いないと思う。
音質的には中音域が非常に濃い。
低音域は少なめで、若干軽さを感じる。
高音域も抜けがやや悪くナロー気味に感じるかも。
その反面、中音域の押し出し感が凄くあり、
正直クドく感じた(自分はこう言った音が好みじゃないんだね)
ホール感は若干感じられるものの、狭さを凄く感じる。
音がステージの中央に集まり過ぎて定位感も団子気味。
また音場に違和感を感じた。
こういったライブものでは会場の拍手などは身近に感じるか、遠くに感じるかあるが、
拍手がボーカルの後ろから聞こえるように感じる。
まるで観客がステージに座って拍手しているような。
こればっかりはどうしても違和感を感じてしまう。
またトーク中と演奏中の音の落差も激しすぎ。
期待し過ぎていたので結構辛めの評価しか出来ませんが、
もし96khz/24bitだったりリニアPCM5.1chのキチンとした環境で聴けば変貌するのかも?!

Blu-rayとしての画質は悪いとしか言いようがない。
まさしく”DVDよりはマシ”程度。
音質も環境が整っていなければ良さは伝わり難い。
またSuaraはアニソンガーであり”抜群の歌唱力”と言っても業界内での話だろう。
この程度(失礼w)の歌手なら正直、他に幾らでもゴロゴロしてるw
ファンや声優好きならば魅力的な歌声と歌唱力なのでお勧めだろう。
収録曲数も19曲とボリューム満点なのもファンには嬉しい限り。
ただ知らない一般的な人には勧めにくい。

     











テーマ:アニソン - ジャンル:音楽

2009.01.26 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 他

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販