スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- | スポンサー広告

呪怨 -終わりの始まり-

今日のレンタルDVDは
呪怨 -終わりの始まり-」(初見)
2014年 1:31 5.88Mb/s 448Kbps(ドルビーデジタル 5.1ch)

やはりホラーと言ったらJホラーも外せません、きもだめし大会、4本目。
日本国民が選ぶ、
「最も怖いホラー映画」堂々の1位とされる呪怨シリーズ。

リングの貞子と区別付き難い髪ボサの伽椰子と、パンダ目小僧の俊雄くん

内容は不登校の生徒の家を訪問した小学校教師が、
大勢が不審死を遂げているその家の過去を追体験してしまう恐怖を描く。
「呪怨」シリーズの劇場版第3弾らしいが、
元々もビデオ作品から始まり、番外編だのハリウッドリメイクだの色々あり過ぎて、
どこれが本流なのかサッパリわからん呪怨シリーズ。
以前観た「呪怨 黒い少女」「呪怨 白い老女」との関連性も無く、
たぶんシリーズのどれも繋がりがないパラレル展開なのだろう。


複数の登場人物を並行して展開させ最後に集約する、
相変わらずの面倒くさい構成。
呪怨シリーズは真相究明的なミステリー要素が無く、
ただ家に関わった者全てに死を招くだけなので、
どうしても物語としての推進力が弱い。
もはや各登場人物の死に用意されたオチがコントか何か。
もういっそ舞台ステージが回転する形式でも問題ないんじゃね?

そういった理由もあり恐怖描写が”お約束事”かなにか。
押入れやタンスから出てくるのは分るが、
まさか冷蔵庫からも出てくるとはwww
シュール過ぎてもう草生やすしかないだろwww
髪ボサの女やパンダ目小僧が白目をむいて迫ってくれば怖いだろ?
みたいな風潮。


演出もマンネリ化で、背後から~、布団の中から~、襖の奥から~、鏡越しに~、
天井に張り付く、階段這いずり上がる、宙に浮く、首が一回転。
もう散々どこかで見て来た既視感通り越して”お約束事”
大袈裟なコケオドシのBGMすら、
伽椰子とパンダ目小僧のテーマソングにすら聞こえてくる始末。
もうダメだ、寒過ぎる。
怖いんじゃなく、ドン引きレベルで寒い演出に停止ボタンを押したくなる。
こんなんでキャーキャー騒ぐの女子高生くらいだろ。
しかも”怖がってる私、か弱くて可愛いでしょ”的な感じで。


画質はそれなり。
邦画特有の白ボケしたソフトフォーカスな画調。
それでもHDカメラ撮影による解像度感は昔に比べ観易くなった。
その分、メイクや特殊効果の粗も目立ち易く・・・
またシーンによって画角が僅かに変わるけど、視聴中に気になる事は無い。


音質は良好。
ユニバーサルが制作に加わっている事もあり、
ハリウッド映画並のサラウンド音響でビックリ。
全体的にドンシャリバランスながら、
大袈裟なコケオドシ音などパンチが効いており、重低音も十分感じられる。
またサラウンドが秀逸で、屋内の空間が手に取るように再現されており、
どこから現れるのか、どこへ逃げ惑っているのか、
前後左右の定位や移動音が非常にスムーズに繋がる。
それ以外にも飛び回るハエやグルグル回るBGMなど、
サラウンド効果を余す事無く再現出来ている音響だろう。

最も怖いホラー映画()とされる呪怨。
1作目がヒットしたからと言って、
2作、3作、4作・・・と出たらそりゃ飽きる。
リングの貞子と同様に、
髪ボサの伽椰子とパンダ目小僧の俊雄くんは、
もはや”マスコットキャラ”
ギャグかコントのような登場の仕方とオチ(殺され方)と、
まるでテーマソングか何かと勘違いしそうな煩いコケオドシ音楽。
マンネリを通り越して”お約束事”にまで達してしまった。
これでさぁ怖がれ!と言われても、ただただ寒いだけ。
でもまぁ、
奇を衒い過ぎてコミカルなモンスターホラーになってしまった貞子シリーズと比べると、
既出な演出ばかりを並べたこちらの方が幾分マシだろうか。
それとは別の話だが、
ヒロイン役の佐々木希はなかなかの好演技と存在感を出していた一方、
トリンドル玲奈は女子高生役に凄く違和感があったり、
驚き顔を見せた途端にブサイク顔になっており残念仕様だ。


   



テーマ:邦画 - ジャンル:映画

2015.08.29 | Comments(2) | Trackback(0) | 映画 さ

コメント

寒かったですか~

じゃあ、この企画の目的は達せられましたね!(何か違う)

呪怨は一作目しか観てないと思うけど、いつの間にやら量産されてましたか…。そんなに面白かったかなぁ?
何気にサラウンドはよかったようで、なんだかアンバランスな作品かも。

>もういっそ舞台ステージが回転する形式でも問題ないんじゃね?

なにそれ面白そうw
斬新すぎます!

4本目もありがとうございました♪

2015-08-30 日 10:40:35 | URL | 宵乃 #K4YeSyNc [ 編集]

>宵乃さん

どもどもお疲れ様です。


> じゃあ、この企画の目的は達せられましたね!(何か違う)

だいたい合ってます(笑)
フローズンもそうでしたけど、なんか別の意味で寒くなる事に成功しました。


> 呪怨は一作目しか観てないと思うけど、いつの間にやら量産されてましたか…。そんなに面白かったかなぁ?
> 何気にサラウンドはよかったようで、なんだかアンバランスな作品かも。

思い出補正とかメディアに扇動されて名前だけが一人歩きしているように思えます。
あれですね、劇場出口のインタビュー風CM。
実際に観ると大して怖くない、それどころか失笑レベルでした。


> なにそれ面白そうw
> 斬新すぎます!

これを観て確信しました。Jホラーは過去の威光。
貞子にしろ、呪怨にしろ、クロユリ団地にしろ、
昔ほど全然怖くないんですよね。
なんかどれも「世にも奇妙な物語」の延長上にあるような感じ。
定番の恐怖演出やオチばかり。
時代劇とかドリフみたいなベタなコントと同じ感覚。

2015-08-31 月 00:14:18 | URL | nor #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。