FC2ブログ

魁!!男塾

今日のレンタルDVDは
魁!!男塾」(初見)
2007年 1:50 4.92Mb/s 448kbps(DD)
サラウンド感:★★★   音質:★★★

少年漫画を映画化するという事は、それなりに覚悟が必要。
どう考えてもダメなのは分かりきった上であえて観る覚悟w
それが出来れば、ある意味成功と呼べるのではないだろうか。
結構ツボを得た部分も多く、
原作を知ってる世代ならば思わずにんまりしてしまう事も。
キャストも絶妙過ぎるw(照英が富樫)
またリアルヒッティング(マジ当てスタント)をウリにしており、
やや迫力には欠けるものの、
特にハイキックには寸止めには無い緊張感(リアリティ?)がある。
とはいえ、原作ファン以外には何ら面白みの無い映画だろう。

ただそれでももう一歩が踏み出せずにいるように思う。
漫画として今ひとつ割り切れていないと言うか、中途半端に勢いを殺してしまっている。
どうせやるならとことんやってほしかった。
真面目に観るのが馬鹿らしくなるくらいの中に、
リアルヒッティングなどやっている方は大真面目。
その方が面白さ倍増だと思うんだがw
またせっかくのリアルヒッティングなのだが、やっている事は確かに痛そうにも見えるが、
正直、見せ方が悪いのか、妙にショボイ。
効果音が派手すぎるのも逆効果。
画と音がまるで合っていない。
本末転倒だがこれならばむしろ寸止めにしろワイヤーにしろ、
もっと派手さで魅せたアクションの方が効果的なのではなかろうか?

映像については厳しい。
レートが低い事にあわせて、邦画特有の抜けの悪いくすんだ画。
見ていて汚いと感じてしまう事がしばしば。
ノイズはもとよりディティールすら飛んでしまっているシーンも。
たまにマトモなシーンになったりもするので、余計に汚さが目に付く。
音質は雑ではないが大味。
とにかく派手に色付けされた音。
LFEも盛大に入っており、うるさく感じるシーンも多々。
ただ質感とかリアリティとはかけ離れた作られた音を感じてしまう。
また大事な所で音が弱くなってしまったりとアバウト過ぎる部分も。
サラウンドは派手な音響そのもののように、強調された印象。
環境音、移動音など積極的に使われているものの、わざとらしさに違和感を感じる。
これはこれで楽しめるのかもしれないが。

明らかに原作ファンを意識・対象にした作りになっており、
原作を知らない人や一見さんには酷な映画になっている。
また作りが安っぽいのでVシネマやインディーズ映画を彷彿とさせる。
それらを笑い飛ばせる度胸が必要になるかも。
とは言ってもVERSUS程の勢いも無く、結構普通過ぎて面白みに欠ける。

    



テーマ:今日のレンタルDVD/ビデオ - ジャンル:映画

2009.01.21 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 さ

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販