スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- | スポンサー広告

(BD)楽園追放 -Expelled from Paradise-

本日のBlu-rayは
楽園追放 -Expelled from Paradise-(初見)
2014年 1:41 21~40Mb/s(AVC) 3.4~5.8Mbps(DTS-HD Master Audio 5.1ch)

第3回 真冬のファンタジー企画の大本命!
これが観たいが為に企画に参加したようなもの!
いや、この企画の為にずっと温存しておいたと言うべきか。

鋼の錬金術師』シリーズの水島精二監督、
魔法少女まどか☆マギカ』シリーズの虚淵玄脚本によるフル3DCGアニメ。
内容は人類が知能のみの電脳世界において生きる未来を舞台に、
戦闘スーツを着用し地上世界に来た捜査官の姿を描くサイバーSF。


完全に管理された理想社会や、荒廃した地球、
自我を確立したAIといった80年代を彷彿させるSF要素を上手く盛り込み、
虚淵だから!といって決して奇をてらう事もなく、
また難解な設定や世界観、ゴチャゴチャした人間関係も無く、
広げた分だけの風呂敷内にしっかり収めた、
非常にシンプルで観やすい王道SFとなっている。

分っかりやすく言えば、
80年代アニメの美少女(ケツ丸出し)とメカ(板野サーカス)とSF(王道)を、
現代の3DCGアニメで作った感じだろうかw



近年、日本のアニメーションも、
シドニアアルペジオ、そして本作などフルCG化への動きが話題を呼んでいる。
既にピクサーを始めとする諸外国では当たり前の流れになっているが、
それらデフォルメされた3DCGキャラクターではなく、
従来の手描きセル画風の”セルルックCG”と呼ばれる手法を用いて、
違和感の少ない3DCGアニメが確立されつつあるようだ。
ちなみにシドニア、アルペジオの両作とも、
TVシリーズを経て、劇場版公開が決まっている。

でもって本作の3DCGだが、なかなか良く出来ていると思う。
序盤はやや違和感で馴染めずにいたけど、
尻上がりにクオリティも向上し(単にCGに慣れただけかも?!)
シーンによっては↓「おっおっ!?」と思わせるカットも。
楽園追放 -Expelled from Paradise-
まだ動きがぎこちなさは残るものの、
それを補って余りある可能性を感じました。
日本の3DCGアニメの今後を占う意味でもアニメ好きなら観ておいて損はない、
いやむしろアニヲタこそ観ておくべき作品かもw

画質はあまり良くない。
フルCG作品とあって高画質を期待していたのですが、
まずフルHD製作ではない。
なので線間隔の狭く細かい描写や髪のような細い線に、
いかにもCGっぽいガタガタのジャギーが目立つ。
またビットレートは多めに割り振られているにも関わらず、
ブロックノイズがちょくちょく散見出来てしまう。


音質はまずまず。
重低音から高音域までフラットに伸びている印象。
音質はかなりクリアだが、若干メタルちっくな響きが乗っているかもだけど、
意外と作風とマッチしている。
サラウンド感は劇場作品らしい移動音や環境音などもしっかりしており、
広がりは十分に感じさせてくれる。

水島精二監督&虚淵玄脚本によるフル3DCGアニメ。
ストーリーは割りとシンプルな王道SF。
斬新なアイディアなどは無いものの、
どこか懐かしさを感じさせる80年代テイスト。
シンプルな王道SFだからこそ、ライト層でも楽しめる内容。
またラストに余韻を残すあの感じを好む人も多そう。
惜しむらくは、中盤ややセリフまかせの単調なシーンになること。
ここら辺でアーハン(ロボット)以外のアクションシーンを挟んであると、
よりエンタメとして完成度が増していたのではなかろうかと思う。
 (映像特典の監督インタビューで「尺の問題で断念した」とあったけど)
ま、これは不満というより要望だったりするので、
その分、冒頭、そして終盤のアクションシーンは文句ない出来栄え。
フル3DCGアニメーションは多少、違和感は残るものの、
以前のような無機質感やカクカク・またはヌルヌル動き過ぎな印象は全く無い。
シーンによっては「これホントに3Dなの?!」と思わせる。

往年のSFテイストを最新のアニメで楽しむも良し、
人を殺さない虚淵玄シナリオを楽しむも良し、
今後の日本アニメを担う3DCGを楽しむも良し、
くぎゅぅのプリケツを楽しむも良し、
個人的にイチオシ作品です!


↑予告編から受ける印象ほどコテコテしたSF(ロボット)感は無いので安心?して欲しいw
   



テーマ:アニメ - ジャンル:映画

2015.01.31 | Comments(4) | Trackback(0) | 映画 他

コメント

水島精二&虚淵玄のフル3DCGアニメですか~。
確かに、あまり3DCGという感じがしません。セルルックCGも進化してますね。
3DCGでは遅れをとっていた日本ですが、これから巻き返していくのかな。

今回も企画を大いに楽しんで下さってありがとうございました♪

2015-02-01 日 10:39:27 | URL | 宵乃 #Jluqsbno [ 編集]

3DCGって

アップルシードは完全レンタリングで
モーションキャプチャー。
超キモいです。
お人形さんにしか見えない。
今回のは
アルペジオや艦これ系みたいな3DCGですね。
最初は違和感ありと思って
いましたが
慣れます
でも手書きがいいなぁ。

ところでnorさん、リンク貼っていいですか

2015-02-01 日 21:40:48 | URL | レーザー #1BkSkYno [ 編集]

>宵乃さん

どもどもお疲れさまです!

日本人にとって手描きのセル2D画に慣れ親しんだせいもあり、
どうしても3DCGは受け入れ難い土壌でしたけど、
技術の進歩によりトゥーンレンダリングにしろ、ロトスコープにしろ、
様々な手法・技術が出てきました。
その中でもやっぱセルルックCGは今後受け入れられるのではないかと。

2015-02-02 月 03:51:03 | URL | nor #- [ 編集]

>レーザーさん

まさにそこなんですよねー。
3DCGは動き過ぎる所に違和感を感じてしまう。
2Dなら止め画で済むところ、息遣いに合わせて微妙に上下揺れてみたり。
そういった部分を徹底的にコマ抜きして、
2Dセルルックっぽく見せているようです。

手描きも良いですが、3Dじゃないと出来ない事も沢山ありますし、
そもそも現在のアニメで3Dを使っていない作品なんて皆無でしょう。
結局のところは使い方次第。

リンクおkですよ~

2015-02-02 月 04:00:04 | URL | nor #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。