スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- | スポンサー広告

(BD)アウトロー

本日のレンタルBlu-rayは
アウトロー」(初見)
2012 2:10 23~30Mb/s(AVC) 3.1~6.4Mbps(DTS-HD Master Audio 7.1ch)

そのうち見ようと思っていたら既に旧作落ちになっていたでござる。
トム・クルーズ主演のアクションサスペンス。

内容はピッツバーグ近郊で起きた銃乱射事件で元米軍スナイパーのジェームズ・バーが逮捕される。
そこへ突如現れた元米陸軍憲兵隊少佐ジャック・リーチャー(トム・クルーズ)
証拠など信用しない自己流の正義で真相解明に乗り出すが、
やがてこの“完全犯罪"に潜む巨大な闇に気づく……


トム目当てのアクション映画を想像していたら、かなり地味だった。
謎解きストーリー展開や軽快なアクションなど、
しっかり魅せる手堅い面白さはあるものの、
期待していた今どきの派手さは無く、
どことなく古臭い雰囲気や演出もあって、
いまいち盛り上がりきらない淡白な出来。

またトム自身によるノンスタントアクションが売りの一つだが、
「ミッション・インポッシブル」のイーサン・ハントとは良い意味で差別化されているも、
”昔ながら”感は否めず、トムじゃなければ見ていなかっただろう作品。
どうやらシリーズ化を視野に入れているようだが、
次はそれこそMi:2のようなぶっ飛んだアクション映画にしないとついて来てくれないかも。


画質はそれなり。
しっとりとグレインが残ったフィルムライクな映像。
やや柔らかめの質感ながら解像度感はそれなり。
発色も濃い目で色数も多い。
暗部は多少潰れ気味。
コントラストは高いものの暗部情報に物足りなさを感じてしまうかも。


音質は良好。
如何にもなDTS-HD MA 7.1chの音。
レンジ幅を活かし、メリハリの付いた音響。
サラウンド感も良好で、
前後移動は激しく、環境音も豊富にサラウンドされている。
特に終盤の銃撃戦に対する音響の臨場感はハンパ無い。

トム・クルーズ主演の自己流正義で真相解明アウトロー。
謎解きクライムサスペンスと、
ノンスタントアクションが売りだが、
いまどきの派手さは無く地味で堅実といった印象。
決して悪くは無いのだが、イマイチ煮え切らない。
そもそもアクションどころか、
サスペンス要素までトムが全て説明してしまうのはちょっと・・・


     



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

2014.12.05 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 あ

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。