スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- | スポンサー広告

(BD)オール・ユー・ニード・イズ・キル

本日のBlu-rayは
オール・ユー・ニード・イズ・キル」(初見)
2014年 1:53 (AVC) (DTS-HD Master Audio 7.1ch)

久しぶりに公開時にコレは観たい!!と思った作品。
日本のラノベ原作をハリウッドが映画化した超大作。
ちまたでの評判もかなり良好っぽいので、
今回は「パシフィック・リム」以来のセルBDをポチりました。
えぇ、もちろん3D版を!

内容は謎の生物“ギタイ"から侵略を受け、滅亡寸前まで追い込まれた世界。
戦闘スキルゼロのケイジ(トム・クルーズ)は最前線に送り込まれ、開戦5分で命を落とす。
だが次の瞬間、彼は出撃前日に戻っていた。
その日から戦闘と死を幾度と無く繰り返し戦闘スキルを向上させ、反撃の機を探るのだが・・・

 (マウスアウトで2D版 オンマウスで3D版)

要はマリオで言う所の最初はクリボーで死んで、
次は穴に落ちて死んで、ノコノコで死んで・・・とリセットでやり直しの効くゲーム脳。
どんなに絶望的な状況でも、どんなに初見プレイ殺しのステージでも、
何度も繰り返せば敵の出現パターンを記憶し、タイミングを掴み、
少しずつ上達してクリアしていくアレだ。

死ねばリセットというシンプルなアイディアを活かし、
まさに無駄なく計算しつくされた展開はゲームのプレイ動画を見ている気分。
そう、ゲームのようなのだ。
それも他人のプレイを見せられるだけの。
主人公の目的は完全に他人任せだし、物語も何も解決していない。
ただただ何度も殺され、次で上手く殺るだけ。
またアクションも既視感たっぷりで新鮮味に欠ける。
ハイテンポなループの魅せ方は上手いのだが、イマイチ感情移入出来ず。
たぶんアレだな、
ゲームプレイって言っても人それぞれの癖があるし、
自分ならああする、こうするって思っちゃうタイプだから、
他人のプレイじゃ満足できないんだわw

 (マウスアウトで2D版 オンマウスで3D版)

画質はマイシアター初の3Dで視聴。
・・・うん、予想以上に酷いわ、クロストーク!!
最初これが気になり、色々調整に四苦八苦したものの、
手前に視差調整すれば奥のズレが酷くなり、奥を調整すれば手前が酷くなり、
結局なにも変わらず、なにも出来ず。
特に白っぽく明るいシーンにおける直線が目立つ(窓枠とか人影とか建物とか)
え?なに、こんなに酷いもんなの?
画質が悪いとかそういうレベルじゃないよね?
完全に欠陥品じゃん!3Dって!!
こんなクソを今までメーカーやショップはゴリ押ししていたの?
そりゃ早々に廃れるわな、未完成の技術なんだから・・・。
オール・ユー・ニード・イズ・キル
↑分るだろうか、背景が明るくなっている所だけ人物の輪郭が二重になって見えてしまう
 これがクロストークというヤツだ
 下半身は背景が地面(暗い)のでクロストークが起きていない

ま、それはさて置き、
一向に慣れないクロストークを自分の中で誤魔化しつつ視聴続けた訳ですがはぁ・・・
なかなか立体感あったんじゃなかろうか、良く知らんけどw
戦場での飛び交う銃弾や金属片など、こちらに向かって飛んで来るし、
ギタイはもちろん、特にアルファの立体感は2Dよりもずっとリアルで、
最初に襲われるシーンではつい仰け反ってしまったほど。
通常シーンでもそれなりに立体感を感じるも、別にあってもなくても良いレベルかな。
解像度感はやはり2Dの方が精細に感じられるが、
3Dはその凸凹感が妙にリアルで気持ち悪さがあるかも。
色合いや明るさは3Dメガネの影響で若干黄味がかっているが、
気になるほどの色味の変化ではないかも。
ただね、
どうも3Dの映像って液晶の光沢パネルっぽく見えて好きくないんだよね。
見慣れていないってのもあると思うけど。
まぁ3Dならではの飛び出し感(戦闘シーンのみ)は楽しめたけど、
別にこの程度なら2Dでもいっかな。
(たぶん2Dで観たら見たで、3Dで観てみたい!とか思うんだろうなw)

 (マウスアウトで2D版 オンマウスで3D版)

音質はすこぶる良好。
調べてないから知らんけど、たぶん間違いなくドルビーアトモス上映作w
ガッツリ派手でかなり重厚な劇場型の音響。
戦場での包囲感や移動感は3Dと相成ってヤヴァいレベルw
とにかく空間にみっちり配置された縦横無尽の音。
超低音も豊富で、ある意味部屋が戦場だわw

日本のラノベ原作をハリウッドが映画化した超大作。
とは言っても死ねばリセットという原作のアイディアだけで、
あとは殆ど映画オリジナル。
その辺りの比較は賛否あるかもしれないが、映画なりに良くまとめられた印象。
ゲーム感覚でハイテンポにループを繰り返しサクサク進むも、
他人のゲームプレイに熱中は出来ず。
また何らペナルティ無しに、
リセット出来てしまう戦場に緊張感は無く(一週目だけ面白いかも)
ひたすら次のステージ(シーン)、次のステージ(シーン)を待ち望んでいるだけになる。
流石に飽きは来ないものの、エンディングも期待ほどの爽快感は無いかも。
身も蓋も無いが、
トム・クルーズじゃなかったら安っぽいループSFモノだったと思うし、
3D見たさじゃなかったらレンタルで十分。


      



テーマ:洋画 - ジャンル:映画

2014.11.20 | Comments(2) | Trackback(0) | 映画 あ

コメント

うんレンタル

いやーー途中でスキップしたくなったです。
だって、編集しても見れるよ。
たぶん、1/3ほどの時間になっても内容は分かると思う。

それとなんとなく敵が今一歩不明。
たぶん、ギダイって
なんとなく引っかかる名前。
これだけでも買ってあげたかったけどね。

2014-11-25 火 21:10:57 | URL | レーザー #1BkSkYno [ 編集]

>レーザーさん

ネタ元がネタ元だけに、
このような作りも致し方ないのかな。

ストーリーを気にせず映像だけ楽しむ分には悪くは無いと思うんですが、
如何せん期待し過ぎました。

個人的にはオブリビオンの方が好きです。

2014-11-26 水 02:04:43 | URL | nor #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。