(BD)A.I.

本日のBlu-rayは
A.I.
2001年 2:26 20~30Mb/s(VC-1) 3.6~5.1Mbps(DTS-HD Master Audio 5.1ch)

ブログ DE ロードショー」にお誘い頂いた作品になります。
なお、過去のBlu-ray視聴感想は>>コチラ
もっと古いDVD時代の視聴感想は>>コチラ
ちょっと週末は色々あってバタバタしててまともな視聴が出来ずにいましたが、
一段落付いたので少し遅れたブログdeロードショーとなります。
ま、ぶっちゃけプロジェクターを買ったんですがw
その設置に時間をとられていたと。
1136.jpg
ホームシアターを始めて足掛け9年7ヶ月。
HC3800から一気ににジャンプアップでDLA-X70Rへ。 
ようやく本格的な?(定価ベースで約5倍)機種を導入してみた。
まぁ導入期的な話はまた後日。
今回は新PJを手に入れて最初の視聴が「A.I.」
 (その前の調整時に色々チラ見はしましたけど)
なので画質をメインにした感想なるかと。

まず久しぶりに観た感想。
改めて良く出来てるなぁと。
21世紀版「ピノキオ」として分り易いテーマと設定で、
エンタメドラマ作品としての完成度が高い。
よって何度見ても飽きずに楽しめるのだw

-訂正-
以前の感想でも書いたのだけれど、
賛否ありそうなラストの展開なのだが、少し違和感を感じていた。
というのも、
元々はスタンリー・キューブリックが企画したものを、
スピルバーグ監督が引き継ぐ形で完成された作品。
結果論ありきの想像で物を書くが、
たぶん前半の流れがキューブリックが描きたかったもので、
オリジナルのピノキオ同様、
階級差別的なテーマを含む悲痛な内容だったのではなかろうか。
ただ現代の時代背景を考え、
スピルバーグが後半を大幅に変更した結果があれだったのかもしれない。
 (スピルバーグ本人は否定しているようだけれど・・・)
丁度、2000年問題あたりで製作していたことで、
アナログ時代からデジタル時代へ変革の時を向かえ、
では今から2000年後の世界はどうなっているのだろうかと考えた結果、
「アナログはいつか滅び、デジタルが生き残る。なぜならデジタルは劣化しない」
ラストのアレは宇宙人ではなく、進化したA.I.ロボット。
人類は絶滅した世界でも、
A.I.だけは進化し自我を得て2000年も生き残り続けた世界。
スピルバーグが描きたかったのはそんな、
”ディビット(ロボット)が人間の子供に憧れる”物語であって、
”人工知能A.I.が自我を得る事が出来るのか”のサイエンスフィクション映画。

ここで前半の流れ(キューブリックの世界観)と、
後半の流れ(スピルバーグの世界観)との食い違いが生まれ、
そこに違和感を感じていた。
だって本来はディビットが置かれた環境も、
後半の流れを見るとただの舞台装置でしかないように思える。
ディビットの旅立ち後は一切家族について触れていない。
それどころか終盤一気に2000年後の世界へと飛んでしまう。
どう見ても取って付けたラストなのだが、
そこはスピルバーグ御方。
SF版ピノキオとしてうまくSFエンタメに仕立て上げているようにも思える。
-ここまで-

それと当時、天才子役と称されたハーレイ・ジョエル・オスメント。
今現在では激太りでこんなお姿に・・・
マコーレー・カルキンもそうでしたが、早くに人気が出てしまうとアレなんでしょうかね・・・
気になる【洋画子役たちはいま・・・


さて、ここからが本題(?)
DLA-X70Rの画質について、HC3800との比較を交えてレビューをば。
まずX70Rの特徴の一つとして、
キセノンランプをKODAK製フィルムに透過させて得られる色空間をシミュレートしたモードと、
キセノンランプをFUJIFILM製フィルムに透過させて得られる色空間をシミュレートしたモードというものがあり、
本作ではKODAKフィルム製作なので、そちらのモードを選択して視聴した。
これが世に言う「製作者の意図した映像」なのだろうかw

比較用の画像を撮るにあたり、
HC3800のランプは既に3000時間を越えておりかなり輝度が落ちているので、
X70RはレンズアパーチャーでHC3800と同等になるまで明るさを落としています。

 (オンマウス:HC3800 アウトマウス:DLA-X70R)
さて、どんなもんでしょ。
X70Rはまさにフィルムライクな質感・色合いとなっています。
HC3800は現代的な色合いでBlu-rayらしいキリっとした画質に。


 (オンマウス:HC3800 アウトマウス:DLA-X70R)
う~ん、カメラをHC3800に合わせて固定したからでしょうか、
X70Rの方はやや白飛びを起こしちゃってますが、実際には起きてません。
しかしランプの時間差もあり、X70Rはかなり明るく眩しさすら感じるかも。
HC3800はDLPらしい濃厚でクリアな発色。
ずっとDLPだった事もあり、個人的に慣れ親しんだHC3800の方が好みの画質に見えちゃう。


 (オンマウス:HC3800 アウトマウス:DLA-X70R)
これがコントラストの差。
一見HC3800の方が見え易いも全体のコントラストが浅い。
対してX70Rの方が黒がしっかり黒く、白が眩い明るさに。
カメラの限界もあるでしょうけど、コントラストの幅がそのまま色の濃淡の幅にも繋がる。


 (オンマウス:HC3800 アウトマウス:DLA-X70R)
写真で見るとX70RのKODAKカラーのクセが強く出ちゃってますが、
実際にはここまで極端な変色シフトはしてません。
が、自分で言うのも何ですがHC3800の色合いバランス良いっすねw
フォーカス感はHC3800の方が良好。
全体的にキリっとシャープな輪郭でグレインの質感も硬質。
対してX70Rは解像度感で優れており、
大袈裟ではなく文字通りのHC3800では見えなかったディティールの再現性には驚く。


 (オンマウス:HC3800 アウトマウス:DLA-X70R)
元々A.I.の画調の癖が強いので、なんとも画質比較には向かないソースかも。
ただこういったシーンだとHC3800は濃厚で発色良く見え、
それに比べX70Rはやや淡白な印象を受けるかもだけど、
色階調が豊かで色数が増えたように見え、実際には結構濃厚な画だったりする。


ざっと見比べてみましたが、
凄く変な話なのだけどX70Rで見た映像だと、
まるで劇場で観ているかと錯覚するような画質。
実際に映画館で見た訳でもないのにだ。
シャープさや発色のバランスの良さなど見易さの上ではHC3800の方が良く思える。
が、元々ソースの癖やBlu-ray画質的な面を考慮すると、
正直、HC3800では薄ボンヤリとした甘い画調が気になったり、
Blu-rayの高解像度が故のデジタル処理の違和感が目に付いたりするけど、
X70Rだと一切それらを意識させない。
言葉良く表現すると、
凄く雰囲気のある映像として魅せてくれるので、まったく違和感無く見られてしまう。
もちろん好みの問題もあるだろうけど、
やや古めのフィルム作品などを見るならX70Rの雰囲気ある映像はちょっと次元が違うかも。
これまでBlu-rayの画質うんぬん語ってきたけど、
なるべく癖の無いソースに忠実な(この場合BDソフトの意味で)
そう言った調整をしてきたつもり。
だから一つの画質設定でフィルム映画も観れば、デジタル映画も観るし、
そのままアニメや地上波TVも観る事が出来るリファレンス的な映像出しをしてきたけど、
X70Rではソースに応じた画作りなので、
モードによって印象がガラリと変わってしまう。
基準となる画質が無く、その都度モードを合わせなければならず戸惑うばかりだけど、
でも一度ハマればその表現能力は素晴らしいもの。なのかもしれないw

     



テーマ:デジタル家電・AV機器 - ジャンル:趣味・実用

2014.09.16 | Comments(17) | Trackback(0) | 映画 あ

コメント

>これは寓話ピノキオのSF版であって、母親の愛情とか舞台装置に過ぎません。

まあそれはそうなんでしょうけど、全部込みで一つの作品ですからね~。
評論家ではないので、個人的に受け付けないところがあって楽しめない事があるのは仕方がないと思います。

あと、これは決まりごとというわけじゃないんですが、基本的に作品を観終わってから記事を(書かれるつもりなら)書いてから、皆さんの記事を読むような流れでお願いします。
遅れて見るのは一向に構わないんですが、最初の方に記事を書く人は他の人の反応とかまったくわからない状態でドキドキしながらアップしてると思うので…。
それにコメントで交流を持ったほうが企画が盛り上がりますしね。

>天才子役と称されたハーレイ・ジョエル・オスメント。
今現在では激太りでこんなお姿に・・・

こ、これは面影が見当たらない…!
期待されすぎてストレスで過食とかでしょうか。
やはり子供には辛いお仕事なのかな…。

今回もご参加ありがとうございました♪

2014-09-17 水 07:23:29 | URL | 宵乃 #K4YeSyNc [ 編集]

とうとう…

PJ購入おめでとうございます
コレで一気に3D、4K環境にグレードアップですね
視聴巾が増えて益々レビューが楽しみです
ただし、3Dはハッキリ言って直ぐに飽きますw
セルの高さとの葛藤に突入しますし、レンタルを
当てにしても、ほとんどナッシングです
3Dはブッチャケ当たり外れも多かったりするので注意w

2014-09-17 水 11:31:20 | URL | サスケ #- [ 編集]

>宵乃さん

すいません、少し記事を変更しました。


> あと、これは決まりごとというわけじゃないんですが、基本的に作品を観終わってから記事を(書かれるつもりなら)書いてから、皆さんの記事を読むような流れでお願いします。
> 遅れて見るのは一向に構わないんですが、最初の方に記事を書く人は他の人の反応とかまったくわからない状態でドキドキしながらアップしてると思うので…。
> それにコメントで交流を持ったほうが企画が盛り上がりますしね。

配慮が足りずにすいませんでした。
再々見だった事や過去にも記事を書いていた事もあり、
今回は皆さんの記事に反応する形をとってしまいました。

おおかみこどもの時もそうでしたけど、
どうもコメントでのやり取りは苦手です。
他の方のブログへ否定的なコメントをするのに気が引けてしまうので、
自分のブログなら反応しても良いのかなと思っていました。
(自分の記事に対する批判や指摘なら一向に構わない)
あの時もそんな感じだったから、つい今回も・・・

今後は気を付けたいと思います。
今回もお誘い頂きありがとうございました。

2014-09-17 水 17:56:25 | URL | nor #- [ 編集]

>サスケさん

ども、ありがとうございます。
まぁ最高の2DフルHD画質を・・・と考えた上での機種選びでしたので、
3Dと4Kは付加価値だと思ってます。

3Dに関しても興味程度なので、
わざわざエミッタとメガネを買うかどうかも迷ってます。
そもそもこの機種のエミッタは既に販売終了してる模様...
友人Bさんも3D環境にあるのでソフトは共有でも良いかなと。

あとはディーガのMGVCによる高諧調をどう再現するのかなどなど、
暫くはプロジェクターネタに事欠かないかもw

これであと4年は持たせる!

2014-09-17 水 18:12:25 | URL | nor #- [ 編集]

こんばんは!!

>それと当時、天才子役と称されたハーレイ・ジョエル・オスメント。
今現在では激太りでこんなお姿に・・・

なんとまぁ~、ショックでした(笑)
今はどんな映画に出てるのかな、、なんて思ってたので、、(^▽^;)

X70Rの導入、おめでとうございます!!
いいんでしょうね~!!

HC3800との比較映像を見ると、HC3800もいいですね!(^.^)

最近、映画を見てると作品によっては
ビクターのPJで見てみたくなります。
A・Iとかも良さそうですよね、、、

RUSHとかマシンの色など凄く良さそうな気がしますが・・
また詳しいレビューを楽しみにしてます!!(^^♪

2014-09-17 水 21:22:07 | URL | take51 #- [ 編集]

>take51さん

どもどもです。
DLPからまさかのX70R!(^^)

HC3800は届いたその日にベストな状態だったので、
X70Rの調整に戸惑ってますが、潜在能力の高さは実感しております。


> 最近、映画を見てると作品によっては
> ビクターのPJで見てみたくなります。

ですよね~、私もそれがキッカケの一つでした。
ゼログラとか見てて凄くそう思いました。
RUSHはこの間チラ見をした時にやや黄緑が強かった印象でしたけど、
本来の色(Kodak Vision)だと、どのように表現されるのか・・・

HC3800との比較を交えて色々レビューしていく予定です♪

2014-09-18 木 01:10:48 | URL | nor #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014-09-18 木 07:04:11 | | # [ 編集]

>どうもコメントでのやり取りは苦手です。
>自分のブログなら反応しても良いのかなと思っていました。

気を使いますよね。感想書いた後に他の方の感想を読んで、追記として記事に付け足すのは大丈夫です。
細かくて済みません(汗)

>オリジナルのピノキオ
>階級差別的なテーマを含む悲痛な内容だったのではなかろうか。

キューブリックはこの作品をピノッキオと呼んでいたそうですね。
でもわたし、このオリジナルのピノキオをよく知らないんですよ。かなり残酷な話らしいという事は聞いてますが…。
よく聞く現在の童話のピノキオでは、利己的になればなるほど酷い目に遭うお話で、いい子にしてないと悪い人に騙されるぞという教訓があったり、
旅に出たピノキオを探しに行ったおじいさんが色々あって倒れてしまい、ピノキオが人間になりたいと思っていた頃には気付かなかったおじいさんへの家族愛にめざめて、一生懸命看病したので、妖精が人間にしてくれるという話だった気がします。
デイヴィッドは…まあママクローンに気遣いを見せなかった事もないかな。

わたしも前半と後半の違和感は感じていて、キューブリックとスピルバーグの感性の違いなのかなぁと思います。キューブリックが亡くなる前に脚本が完成してたなら、どんな終わり方だったのか知りたいですね~。

>宇宙人ではなく、進化したA.I.ロボット

そうだったんですか!
宇宙人なのかなんなのかよくわからなくて。
色々考えてたら、ラストのクローンをどうのという話を持ちかけたのも、DNAサンプル欲しさに言ったように思えてきました…。

2014-09-18 木 07:46:54 | URL | 宵乃 #K4YeSyNc [ 編集]

>宵乃さん

ご面倒お掛けしてすいませんでした。
これから気を付けたいと思います。


> キューブリックはこの作品をピノッキオと呼んでいたそうですね。
> でもわたし、このオリジナルのピノキオをよく知らないんですよ。かなり残酷な話らしいという事は聞いてますが…。

私もあらすじを見聞きした程度ですけど、
当時の不安定な社会へ対する風刺を込めた童話原作って割りと多いみたいですね。
それが現代では大分マイルド(笑)になって広がったけど、オリジナルは悲惨なものが多いとか。

> わたしも前半と後半の違和感は感じていて、キューブリックとスピルバーグの感性の違いなのかなぁと思います。
> キューブリックが亡くなる前に脚本が完成してたなら、どんな終わり方だったのか知りたいですね~。

嘘か本当か分かりませんが、ディビットが飛び降りてそのまま海へ沈んでお終いだったみたいです。

> 宇宙人なのかなんなのかよくわからなくて。
> 色々考えてたら、ラストのクローンをどうのという話を持ちかけたのも、DNAサンプル欲しさに言ったように思えてきました…。

まぁ深読みすればとてつもなく怖い事をさも感動の対面みないに描かれてますよね。
ただこのシーンのお陰で日本では大ヒットだったらしいのですけど。

2014-09-20 土 23:05:45 | URL | nor #- [ 編集]

やっぱり

先日行った時に
3800の調子が悪く
こりゃそうそうに買うなと
思ってました。
でも、ソニーじゃないの?
アニメならソニーって言ってたのに。
私もビクターですが
重いデカイHD100
まだ設置できていない。

来年遊びに行ったら3Dと4K
見せてね

2014-09-24 水 20:56:46 | URL | レーザー #1BkSkYno [ 編集]

>レーザーさん

どもです。

HW50ESは友人Bさんが買いました。
殆どアニメしか見ていないけど、やっぱり映画も・・・となる私はJVCでした。
素直にソニーしておけば・・・と微妙に後悔も。
そして改めてHC3800の良さも実感。

HD100いくなら値段差もない次世代のHD350とか550あたりにするべきだったのでは・・・?

2014-09-25 木 01:47:12 | URL | nor #- [ 編集]

確かに

まぁ、そうかもしれないが
買ったもんはしょうがない。
ただいま悪戦苦闘。
天吊対応です。

2014-09-25 木 23:51:32 | URL | レーザー #1BkSkYno [ 編集]

>レーザーさん

ウチは普通のメタルラックに乗せてます。
流石に15kgオーバーの物を天井に吊る勇気はありません(苦笑)

レンズシフトがこんなに便利だったとは・・・

2014-09-26 金 22:01:21 | URL | nor #- [ 編集]

norさん、ごめんなさい!!
遅ればせながら、70R導入おめでとうございます!!

確かに50ESのほうが、ポン置きできそうですよね。

レーザーさんに、HD100を勧めたの私でして、HD350にするよりは、HD100の方が良いと思います。

5年使ってやっと、なんとか使えるって感じで、ただ、動きボケは酷いです。HD100は、うちの家でも、そこらも含めて良好だったもので。

ビクターはいろいろとやってあげないと駄目なのが好き嫌い分かれそうです。

ソニーだったら、リファレンスでも、結構見れちゃいますから(笑)

2014-10-06 月 12:57:42 | URL | ajisai #JalddpaA [ 編集]

>ajisaiさん

どもども、つい買っちゃいました(笑)

HD100、HD350どちらも視聴したことないですけど、
最近の主流はBDソフトも含めてハイコントラスト志向だと思うので、
その点でHD100の600lmは暗過ぎるかなと思っただけです。
ハイミロンの完全暗室なら問題ないのだろうけど・・・


> ビクターはいろいろとやってあげないと駄目なのが好き嫌い分かれそうです

これってどうなんでしょうね。
プリセットで綺麗に見えないのってメーカーの驕りなんじゃ?
いまどき拘った映像作りをするコアなユーザーがどれくらい居るのか・・・

HW50ESは凄く良かったです。
オールマイティーにほぼ完璧の使い勝手。
正直X70Rは良い点もあるけど不満点もあるのに対し、
なんら不満点の見当たらないHW50ESが羨ましく思えてしまいました(苦笑)

2014-10-06 月 23:03:17 | URL | nor #- [ 編集]

70R、エライ症状出てますね。
ビクターって、結構、ノイズ出るので、そこも、難しいですよね。
普通の放送の映像が75Rでも、しんどかったですから。
きっと、何か弄れば、綺麗に見えるのかもしれませんが。

ボケもやっぱり、しんどいですか。
これも、気になりますよね。

私も目に引っかかりますから。

>HW50ESは凄く良かったです。
やっぱり、そうですか。
放送波も、1000ESでも、不満なく見れました。

2014-10-06 月 23:28:06 | URL | ajisai #- [ 編集]

>ajisaiさん

どもどもです。
70Rクラスになると見えないものまで見えてしまうってのがあるのかも。
特に暗部のカラーバンディングはHC3800やHW50ESだと等高線に見えるだけですけど、
70Rは等高線に色が付いてるから更に目に付くんですよ。
要は暗部の諧調が優れているからこそ、暗い部分にまでしっかり色の諧調が残って見えてしまうのかなと。

あと余計な事はあまりしない感じでしょうか。
ノイズ処理や輪郭補正など機能上(e-shift)の最低限の処理しかしていないので、
ソースの素性に左右され易いのかも。
そういった意味でもソニーは上手くノイズ処理などして綺麗に見せてくれる技術が羨ましく思えます。

ボケ・ブレ感はあくまでクリアモーションドライブの使用感です。
パンニングするようなシーンで輪郭線が振動しっぱなしだったり、
アニメなどでは補間エラーの頻発、疑似輪郭どころかクロストークっぽく見えちゃってます。
通常24pの映画ならDLPと遜色ない動画性能だと思いました。

2014-10-08 水 00:48:07 | URL | nor #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販