スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- | スポンサー広告

(BD)MAMA

本日のレンタルBlu-rayは
MAMA(初見)
2013年 1:40 25~36Mb/s(AVC) 3.4~4.8Mbps(DTS-HD Master Audio 5.1ch)

スタートが遅れましたが、ようやく第3回きもだめし大会参戦。
よくレンタルコーナーで目に留まった面白そうなホラー作品は、
この日の為にと取っておいたつもりだったのだが、
時間が経つとコーナーからもすっかり姿が消えており、
あの日見たホラーの名前を僕達は知らない。
要約すると「あれぇ?チェックしてたホラー何だっけ?」
探そうにもその時どうしてそれが目に留まったのか覚えていないので、
もはやそんな作品があったのかすら危うい始末。
うん、歳ってとりたくないものですな(すっとぼけ

さて、とりあえず新作ホラーコーナーから1本。
私のギレルモ・デル・トロ印(製作総指揮)の新感覚ホラー。
MAMA

内容はトラブルを抱え、妻を殺害し幼い二人の子供を連れて行方不明になった男。
それから5年後、二人の子供たちだけが発見され、叔父と生活する事になる。
野生児のような二人が人間らしくなってきた頃、家の中で怪現象がおこり始める。
子供たちが話す「MAMA」とは妄想なのか、それとも・・・・。

ギレルモの影響が色濃く反映されており、
物悲しい結末と物語の根底にある”愛”を感じさせ、
まさに「永遠のこどもたち」を髣髴とさせる。
前半は野生児と化した幼い子供、
特に下の妹のケモノっぷりと、見えない存在と無邪気に遊ぶ姿が、
なんとも得体の知れない恐怖感を煽る
(光の加減で黒目だけに見えるので尚更)
MAMA

ホラー要素としては「仄暗い水の底から」や「リング」「呪怨」といった、
ジャパニーズホラーの要素をどこかに感じさせるかも。
ただダークファンタジーなだけあって、後半に進むにつれ化物的CG臭がやや鼻に付く。
この辺りが日本人との怖さの捉え方の違いなんだろうか。

終盤はやや過剰演出(CGの多用)のせいでボヤケ気味だけど、
ケモノっぷりの姉妹とそれに付き添う黒い影など、
不安感・不気味さを煽る演出っぷりが秀逸で、
サラウンド環境の後押しもあり、
幾度と無くギョッとさせられ、気付いたらガチで鳥肌がたってました。
ラストも賛否ありそうだけど、母性愛を感じさせる流れに自然と受け入れている自分がいました。
この作品を一言でまとめれば、
「恐怖に震え、感動に震える」
そんな感じでしょうかw

画質は良好。
彩度が低めの暖色系と寒色系を使い分けた雰囲気ある画作り。
解像度感はそこそこありコントラストも高いので、
薄暗いながらも立体感をキープしている。
ただその反面CG処理が浮き気味で怖さを半減させてしまっているのも事実。
それにしても構図の撮り方が巧いなぁと。
怖くて後ろを振り返れないじゃないかーw
クリック注意
                    ※クリック注意
音質も良好。
LFEも少なめでそれほど派手さは無いものの、
家の何処かで聞こえる子供たちの遊び声と奇怪な物音といった具合に、
サラウンド効果は抜群で音だけでも十分恐怖を感じさせる。
露骨ではないものの、一部ドッキリ音あり。
どちらかというと閉鎖空間での音像定位が優れるタイプ。

ギレルモ・デル・トロ印の不気味で切ないダークファンタジーホラー。
それとなくジャパニーズホラー要素を組み込んだ、
ゾッとするような不安・恐怖感と、
それを煽る巧みな演出は一級品かも。
物悲しい結末や愛情をテーマにした作りは「永遠のこどもたち」を彷彿とさせるも、
物語展開がやや荒削りで、いくつか引っかかりを感じるかも。
それでも怖さはこちらの方が上。
シアター環境で1人じっくり観れば、
大げさでなく体温を2~3℃下げてくれる事受け合い。


     



テーマ:ホラー映画 - ジャンル:映画

2014.08.06 | Comments(2) | Trackback(0) | 映画 ま

コメント

この作品、ギレルモ・デル・トロ印ってことでちょっと気になってたんですよね。
なかなか良作のようで、わたしも来年あたり観ようかな。
とか言いつつ、何を観ようと思ってたのか忘れそうですが(笑)
ホント、どうしてこうさらっと忘れちゃうんでしょう。

>「恐怖に震え、感動に震える」

ぐっと来るキャッチフレーズです。
そこらのコピーライターより才能ありますよ!

今回もご参加ありがとうございます♪

2014-08-07 木 07:29:00 | URL | 宵乃 #K4YeSyNc [ 編集]

>宵乃さん

あ、どもどもです。


> この作品、ギレルモ・デル・トロ印ってことでちょっと気になってたんですよね。
> なかなか良作のようで、わたしも来年あたり観ようかな。

これはギレルモの作風が好きならば合うかもしれません。
幽霊?が完全に姿を現すまでは、結構怖いと思います。
ラストがちょっと・・・かも。


> とか言いつつ、何を観ようと思ってたのか忘れそうですが(笑)
> ホント、どうしてこうさらっと忘れちゃうんでしょう。

たぶんそこまで観たい!てのが無いのと、
予備知識が無い方が楽しめるだろうと思って、なるべく情報を遠ざけちゃう=記憶に残り難い
って感じなのではないでしょうか。


> ぐっと来るキャッチフレーズです。
> そこらのコピーライターより才能ありますよ!

それちょっと言い過ぎぃー!><
でもそう言ってもらえて素直に嬉しいです♪

2014-08-07 木 23:57:59 | URL | nor #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。