FC2ブログ

ジェイン・オースティンの読書会

今日のレンタルDVDは
ジェイン・オースティンの読書会」(初見)
2007年 1:45 4.79Mb/s 448kbps(DD)
サラウンド感:★★    音質:★★★

話題作だった訳でもなければ、有名な俳優が出ている訳でもない。
ましてやタイトルに惹かれるような映画でも無い。
でもあまり知られていないのが勿体無いと思える隠れた良作映画。
全く本を読まないので、出てくる本のタイトルはもとより
ジェイン・オースティンなんて初めて聞いたし、
本編も読書会の話だからついていけるのか不安だったのだが杞憂に終わった。
そんなに堅苦しい話ではなく、むしろ読書会はキッカケに過ぎず、
それぞれの人間関係を描いた作品。
ジェイン・オースティンがどんな人物だったのかも、この映画を観れば何となく理解出来るし、
別段、本を読んでいなくとも楽しめる作りだった。
どちらかと言うと、この映画を観て読書をしてみてもいいかな、と思わせるくらい。

また描かれる人間関係も奥が深く、しかも丁寧。
登場人物がやや多く、冒頭から顔を揃えるので序盤は混乱気味。
ただそれもすぐに理解出来、むしろ一人一人の描写が丁寧すぎるくらい。
互いの繋がりがシッカリしているようでも脆いと言うか、
どこと無く危うさすら感じる絶妙な関係が劇中へとどんどん引き込んでくれる。
何というか表面的な人間関係ではなく、裏も表も合わせて一つなんだと思わせてくれる、
思ったよりもずっと深い。けど、堅苦しさを一切感じさせない。
巧いなぁ、と。
下手な恋愛物よりもよっぽど深みのある映画でした。

画質はすこぶる良好。
フィルムグレインが控え目だけど効果的で奥行き感もバッチリある。
やや解像度が弱いせいで輪郭やディティールが潰れ気味だが、
とてもレートからは想像がつかないくらい、むしろ綺麗な方だと思えるくらい。
動きの少ない映画なので特に目立つノイズもそれほどなく、
視聴の妨げになるような要素は皆無。
明らかに元のソースからの良さが起因しているので、
BDだったら遺憾なく綺麗さを発揮出来るだろうなんて思いながら観ていたが、
Blu-ray版でも出ていたのね。失敗した。BDで観れば良かったと普通に後悔。
ただ内容が内容だから何度も観るような作品じゃないしね。
わざわざ買うのも・・・・。う~む、残念だ。
音質も良好。
屋内シーンが多いけど狭さは感じられず、むしろ広さを感じられる。
それぞれの位置関係などが分かり易く伝わってくる。
LFEは殆ど無い。
BGMは主張せずに読書会で流れるBGMのように雰囲気をうまく作っているので好印象。
サラウンドも意外としっかり入っており、広がり感に一役かっている印象。
また屋外では積極的に環境音などが入っており包囲感を感じられる。
屋内・外とのメリハリ感のあるサウンドメイクながらも自然な広がりもあり、
サウンド面についてもクオリティは高い。

休日の昼下がり、のんびりと過ごす一時の傍らに、是非この映画を。
話題作だったり有名俳優が出ている訳ではない。
決して好き好んで選ぶようなタイトルではないのかもしれないけど、
2~3本借りたDVDの内の1本にお勧め。

    



テーマ:今日のレンタルDVD/ビデオ - ジャンル:映画

2009.01.13 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 さ

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販