スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- | スポンサー広告

(BD)ゼロ・グラビティ

本日のレンタルBlu-rayは
ゼロ・グラビティ(初見)
2013年 1:31 28~35Mb/s(AVC) 2.1~2.9Mbps(DTS-HD Master Audio 5.1ch)

アカデミー賞最多7部門受賞、
無重力宇宙を舞台にした究極の3D体験など、
宣伝で囃し立て、やや鳴り物入りの大作ハリウッド映画は警戒してしまう。
アポロ13やアルマゲドンなど宇宙映画は割りと好きだけど、
評判も賛否両論っぽいし、あまり期待せずに視聴してみたが・・・。
うん、絶品でした!

内容は船外でミッション遂行中に宇宙ゴミの衝突でスペースシャトルが大破。
一本のロープでつながれたまま漆黒の無重力空間へと放り出されてしまう...
死と隣り合わせどころの話ではない。
目の前の現実として死を突きつけられる恐怖。
有無を言わさぬ孤独と絶望。

一つ一つの行動が全て生死に直結する。
これ以上ないほど分り易り易いかたちで存在を意識させてくれる
”酸素”と”重力”
ゼロ・グラビティ

物語は宇宙空間で突発的な事故に巻き込まれ、
そこから地球へ帰るために奮闘するという、
非常にシンプルなワンシチュエーションもの
登場人物もほぼ二人のみ。(なんとエド・ハリスは管制官の声のみ出演w)
ただそれだけなのに、
何が起こるか分からない宇宙だからこその緊迫した状況の連続。
これ以上無いであろう文字通り極限状態の中で見つめる生と死。
長回し撮影を多用した緊張を強いるスリラー系の映画なので、
ドラマ要素を期待していると肩透かしかも?
ゼロ・グラビティ

映像と音響から伝わる緊迫感からか、
気付いたら足を踏ん張り、息が詰まってしまっている自分に気が付いた。
「面白い」「感動した」と感情をあらわに出来る映画は沢山あるが、
こうして実際に自分が(動悸・息切れなどで)どうこうなってしまう映画は久しぶり。
初めて「ハイテンション」を観たとき以来かもしれない。
まさに恐怖の疑似体験!
こういった体験が味わえるからホームシアターはやめられませんw

画質は良好。
漆黒の宇宙空間だからクリアでカリカリな映像を想像していたが、
意外とフィルムライクな柔らかめの画調。
解像度感は十分高いが、思ったほどじゃないかも。
ただ本作の見所は何と言ってもどこまでも沈む黒の表現だろう。
ウチの環境で黒浮きが久しぶりに気になってしまった...
ネイティブコントラストの高い環境で観たらもっと凄かったんだろうなと。
2D視聴では如何にも浮遊物など3Dで飛び出して見えるだろうシーンが散見出来たが、
それでも斬新な映像美に浮遊体験を味わえました。
ゼロ・グラビティ

音響は素晴らしい。
映像こそ2D視聴だったものの、
サラウンドはDTS-HD 5.1chの立体音響。
劇場公開時はドルビーATMOSで話題になったらしいが、
5.1chでも十二分に無重力空間を体感出来る。
自在に動くカメラワークに正確無比に追従する音像定位に脳を揺さぶられ、
部屋の酸素量や気圧までも変化させる包囲感(そんな気にさせるだけですがw)
なにより緊迫感を最大限に活かす徹底した”無音空間での音響表現”
凄いというより、今まで味わった事の無い音響サラウンドでした。
また相当量の重低音が入っているので、ボリューム調整は要注意かも。

突発的な事故に巻き込まれ宇宙空間へ放り出されてしまう疑似体験。
非常にシンプルなワンシチュエーションものながら、
映像と音響から伝わる圧倒的な緊迫感に、つい体を強張らせてしまう。
これ以上ないシチュエーションの中で、
閉鎖された極限状態から抜け出し、生と死を見つめ、
”酸素”と”重力”の有り難味を実感する。
映画ならではの”映像体感”だろう。
宇宙ってとんでもなく怖い所なんですね。

ちなみにちょっと他の評価を見てみたら、
リアリティに欠けるとの感想がやたら目に付いた。
うん、
ちょっとネットや雑誌などで聞きかじった程度の知識で、
科学的考察の是非について語っちゃう?
もしかして宇宙飛行士かNASAの職員ですか?w
そんなんだから、
アポロ11号の月面着陸写真映像の真偽に踊らされるんですよw



     



テーマ:洋画 - ジャンル:映画

2014.06.02 | Comments(2) | Trackback(0) | 映画 さ

コメント

どうもお久しぶりです。リヴェンジマンです。

いやぁ~、私も観ましたよ! ゼロ・グラビティ!

ありそうでなかったリアル宇宙映画。そんな響きがとても似合う感じの作品でした。

登場人物はごくわずかで1時間半の映画。これを聞くとスピルバーグの出世作「激突!」を思い起こしますね。(残念ながら「激突!」は現在でもBlu-ray化ならず・・・)

私も2Dのみの視聴で3Dはまだなんですが、プロジェクターの購入を検討してしまうほどの作品でした。

やはりこの手の体感映画は大画面で観なければあまり意味がない感じがしますね。

しかし、邦題の「ゼロ・グラビティ」というのは、邦題をつけた人はあまりセンスのない人だと思いました。

「ゼロ」を付けてしまうと、宇宙を舞台にした単なるアトラクション映画になってしまいます。

普通に「グラビティ」でも良かったような気はします。

ちなみに、「スタートレック イントゥ ダークネス」のBlu-rayですが、海外では1&2のセットのBDが今秋に発売予定らしいです。

ですが、「イントゥ ダークネス」の内容だけ、IMAXエディションとなっております。もちろん、IMAXシーンだけビスタビジョンになってるらしいです。

日本はパラマウント配給なので、日本でのIMAXエディションの発売は無さそうですね、、、。

2014-07-17 木 11:27:04 | URL | リヴェンジマン #- [ 編集]

> リヴェンジマンさん

どもども、お久しぶりです。


> いやぁ~、私も観ましたよ! ゼロ・グラビティ!
> ありそうでなかったリアル宇宙映画。そんな響きがとても似合う感じの作品でした。
> 登場人物はごくわずかで1時間半の映画。これを聞くとスピルバーグの出世作「激突!」を思い起こしますね。(残念ながら「激突!」は現在でもBlu-ray化ならず・・・)

ですよね~、緊張感を疑似体験出来る作品ってなかなか無いですし、
まさに映画冥利に尽きる感じでした。


> 私も2Dのみの視聴で3Dはまだなんですが、プロジェクターの購入を検討してしまうほどの作品でした。
> やはりこの手の体感映画は大画面で観なければあまり意味がない感じがしますね。

映像も音響も一級品でしたからね。
久しぶりにウチのプロジェクターの黒浮きが気になってしまいました。
そろそろプロジェクターの買い替えも視野に・・・

> しかし、邦題の「ゼロ・グラビティ」というのは、邦題をつけた人はあまりセンスのない人だと思いました。
> 「ゼロ」を付けてしまうと、宇宙を舞台にした単なるアトラクション映画になってしまいます。
> 普通に「グラビティ」でも良かったような気はします。

これは他のサイトでのレビュー等にも散々挙がっていましたけど、
個人的には「ゼロ・グラビティ」で正解だと思ってます。
確かにラストで原題の「Gravity」がどどーんと出て、おぉ~~!と思いましたが、
それは結末ありきのタイトルなんですよね。
日本人の場合、予告やタイトルだけである程度作品内容を判断するので、
もしグラビティ(重力)というタイトルにしてしまうと、結末を予想してしまえる気がしました。
 (最後は地球へ還って重力の有り難味を感じるんだろう?とか)

かくいう私もゼロ・グラビティ(無重力)だから宇宙空間だけでの話だと思っていました。
だからこそ生還できるかどうか分らない緊張感や恐怖感が味わえたのです。
っというか、ヒロインも死ぬと思ってました(^^;
良い意味でタイトルに裏切られたからこそ、ラストのタイトルコール(原題)を知り、より深い感動を覚えました。
これが最初からグラビティ(重力)だったら生還を前提に見ていたと思います。


> ちなみに、「スタートレック イントゥ ダークネス」のBlu-rayですが、海外では1&2のセットのBDが今秋に発売予定らしいです。
> ですが、「イントゥ ダークネス」の内容だけ、IMAXエディションとなっております。もちろん、IMAXシーンだけビスタビジョンになってるらしいです。

そういえば「イントゥ ダークネス」はまだ観ていませんでした(^^;
どうもスターウォーズしかり、スタートレックしかり、
この手の宇宙を舞台にしたSF映画って好きになれないんですよね。
 (アニメでもそうですけど)

映像は凄そうなんですけどねぇ。
独自の世界観ありきの物語は楽しめそうにありません。

2014-07-18 金 00:21:47 | URL | nor #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。