(BD)ホワイトハウス・ダウン

本日のレンタルBlu-rayは
ホワイトハウス・ダウン(初見)
2013年 2:12 23~29Mb/s(AVC) 2.1~2.9Mbps(DTS-HD Master Audio 5.1ch)

今時テロリストによるホワイトハウスが占拠でアメリカ存亡の危機とかw
ほぼ同時期に公開されていた「エンド・オブ・ホワイトハウス」に引き続き視聴。
うん、こっちはハズレでした。
2本合わせて1本分と思ったけど、2本のうち1本アタリで1本ハズレ。

内容はシークレットサービス試験に落ちた警察官が、
娘とホワイトハウス観光ツアーに参加するが、
テロリストの襲撃を受け離れ離れになってしまう。
娘を捜しつつ、なし崩し的に大統領とのバディムービーアクションもの。
先に見たエンド・オブ・ホワイトハウス」と比べ、
全てにおいて格段落ちる。

向こうもツッコミ所が多かったが、その分インパクトがあった。
例えば、
序盤に何処かから飛んで来たのか分らないガンシップで大虐殺をはじめるテロリスト。
こちらは、
襲撃シーンを子供に撮られYouTubeにアップロードされ面が割れるテロリスト。
ツッコミたくなるのは前者だが、観ていて楽しいのも前者だろう。
ホワイトハウス・ダウン

そもそも全体的なノリが軽く、
バディムービー風な事もあり、”笑い”が盛り込まれている。
それが良くも悪くも緊迫感を薄くさせ、
何も考えずに楽しめるお気軽エンタメに仕上がっている。
それを好しとするかどうかで印象が変わってくるかも。
ただ、
やはり「エンド・オブ・ホワイトハウス」を先に観てしまったら、
こちらはハッキリ言って観る必要は無い
だろう。
ホワイトハウス・ダウン

画質はすこぶる良好。
誰が見ても高画質だと思えるレベル。
解像度感・精細度感が非常に高く、シャープで奥行き感抜群。
色数も多く鮮やか。
またコントラストも高く、暗部の表現も抜群。
エンド・オブ・ホワイトハウス」より相当ハイレベルな画質と言える。
ホワイトハウス・ダウン

音質も良好。
重低音の支配力が強いピラミッド型のバランス音響。
音に厚みがあり、量感・質感ともに十二分味わえる。
「エンド・オブ・ホワイトハウス」と比べると、
バランスが違うので好みの問題と言えそうだが、
こちらは音の密度が詰まったような音響なのに対し、
向こうは音を空間に上手く配置したような音響といった印象。
音量に比例してガッツリ楽しめるのはこちらで、
小音量でもサラウンドが楽しめるのは向こうかな。

ホワイトハウス観光中にテロリスト襲撃で、
”なし崩し的な大統領とバディムービーアクション”
笑いを含む軽めの一般大衆娯楽アクション映画。
観ていて疲れはしないものの、
ご都合主義の塊みたいなもので白ける人も多そう。
ローランド・エメリッヒ監督作だが、
肝心の派手さですら「エンド・オブ・ホワイトハウス」に負ける。
どうせ観るならあちらをどうぞ。


     



テーマ:洋画 - ジャンル:映画

2014.05.04 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 は

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販