愛は静けさの中に

今日のレンタルDVDは
愛は静けさの中に(初見)
1986年 1:59 8.35Mb/s 192kbps(DD 2.0ch)

ブログ DE ロードショー」にお誘い頂いた作品になります。

内容は小さな港町の聾唖学校に赴任した熱血教師と、
そこで働く聾唖の女性との出会いと恋を描いたヒューマン・ドラマ。

正直、この手の真面目な作品のレビューって苦手(^^;
どうしても日記的な感想文になってしまうし、
ヘタなツッコミも野暮ってもんでしょう。
(例えば結局最後まで声を出さなかった学生は放置?とか、
 復縁のキッカケもなく、何となくよりを戻してしまう二人とか)
どこか曖昧に含みを持たせて描く事によって、
観る側の想像や感性に任せる・・・みたいな。
決して投げっ放しではないのだろうけど、
私個人的にはスッキリしないかも。
愛は静けさの中に

それはそれとして、
音が聞こえないってどういうことだろう?って思って、
視聴中に何度か自分の耳を塞いでみたりしてました。
終盤で主人公も同じ事をして「あ、やっぱり(笑)」って思ったり。
それでもやっぱり字幕にばかり意識がいってしまうし(本来なら手話ってことかな)
微かに聞こえてくる音を必死に捉えようとしていたりもするから、
やっぱり完全に静寂を理解するのは無理。
歩み寄ろうとする事は出来ても、完全に同じ世界に住む事は出来ない。
別に耳が聞こえる・聞こえないだけの話ではなく、
完全に他人を理解する事は出来ないけど、
それでも深く理解したいって事なんでしょうかね。
よくわからんけどw
愛は静けさの中に

画質は年代相応。
粗くザラついたフィルムグレイン。
解像度やペグノイズは仕方ないとしても、
暗部の潰れによる観辛さは気になるかも。
あと久しぶりDVDという事もあり、
字幕のガタ付きがどうしようもなく気になった。
今までこんな字幕を読んでたのか...と。
愛は静けさの中に

音質は悪い。
ドルデジ192kbpsの2chだが、
明らかにモノラル。
音もベタ潰れで、伸びきらず篭りっぱなし。
これならば地上波音声の方がマシと思えるレベル。
音響がどうこうって作風ではないが、
こうまで聞き苦しいと、どうしても気になってしまう性質。

聾唖な恋愛映画。
障害という大きな溝に悩まされながらも、
お互い歩み寄り求め合うという、割と有り触れたストーリー。
主演のマーリー・マトリンは実際に聾唖者らしく、
手話の応酬は見ていて凄いとは思ったけど、それだけ。
作品的にも特別なにかを感じる事も無く、割りと冷静に観てしまった。
たぶん公開当時とかに観ていれば、また違った印象になったのだろうけど...


     



テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

2014.04.30 | Comments(6) | Trackback(0) | 映画 あ

コメント

こんばんは☆

>(例えば結局最後まで声を出さなかった学生は放置?とか、

11年生と言っていたので、まだ卒業ではないので、
また新学期から先生は頑張るように思いました☆

> 復縁のキッカケもなく、何となくよりを戻してしまう二人とか)

なんとなく・・・でしょうか?
お互いにずっと求めあっていたのではないでしょうか?
(私も初見時は唐突な感じがしたのですが、今回はすんなり受け入れられました)

>どこか曖昧に含みを持たせて描く事によって、
>観る側の想像や感性に任せる・・・みたいな。
>決して投げっ放しではないのだろうけど、
>私個人的にはスッキリしないかも。

お好きなタイプの作品ではない、ということなのでしょうね~きっと☆

>やっぱり完全に静寂を理解するのは無理。
>歩み寄ろうとする事は出来ても、完全に同じ世界に住む事は出来ない。
>別に耳が聞こえる・聞こえないだけの話ではなく、
>完全に他人を理解する事は出来ないけど、
>それでも深く理解したいって事なんでしょうかね。
>よくわからんけどw

norさんはお若いので・・・
結構年齢いっているので、それでも深く理解したいって事だと思いました。
ただ、年齢が行き過ぎて、今はもうどうでも良いですけど(大笑い)。

>画質は年代相応。
>字幕のガタ付きがどうしようもなく気になった。
>音質は悪い。

あ、そうなんですね~!
やっぱこだわる方には、そんな風に見えてしまうのかな?

>お互い歩み寄り求め合うという、割と有り触れたストーリー。

あ、結局はそういう、ありふれたラブストーリーだと思いますよ~♪
ただ、さっきも書きましたが年齢がいっているので
この物語の中の誰かに(主演とは限らない)
自分や自分の愛する人などを見てしまうと、
心底はまる・・・そんな作品のように思いました☆


.

2014-04-30 水 19:27:58 | URL | miri #jSBoJ0Ww [ 編集]

苦手なタイプの作品だったようで、残念でしたね。
でも、norさんらしい視点のレビュー面白いです。色んな映画があって、色んな感性の人がいるから映画って面白いんでしょうね。

>視聴中に何度か自分の耳を塞いでみたりしてました。
終盤で主人公も同じ事をして「あ、やっぱり(笑)」って思ったり。

なんでも自分で試してみるところがさすがです!
わたしはやっぱり音に鈍感らしくて、そこまで思い至らなかったです。
せめて音質がよかったらnorさんも楽しめたんですけどね~。

>お互い歩み寄り求め合うという、割と有り触れたストーリー。

ありふれたストーリーでも感動させるところが名作かも。
まあ名作でも万人向けはそうそうないですよね。
今回もご参加ありがとうございました♪

2014-05-01 木 13:35:21 | URL | 宵乃 #K4YeSyNc [ 編集]

>miriさん

どもどもです。

> 11年生と言っていたので、まだ卒業ではないので、
> また新学期から先生は頑張るように思いました☆

そういった観るものに任せる~的な部分がスッキリしません。
何度も喋るよう強要され登校拒否している可能性だって考えられますし。
そもそも最後まで描かないのなら、あんなクローズアップさせなくとも良いのでは...と。


> なんとなく・・・でしょうか?
> お互いにずっと求めあっていたのではないでしょうか?
> (私も初見時は唐突な感じがしたのですが、今回はすんなり受け入れられました)

なんとなくです。
観る者がどう受け止めたのかではなく、
脚本の流れとして、あの復縁の流れは唐突に感じざるを得ません。
たとえば何かキッカケとなるシーンを入れるべき。


> お好きなタイプの作品ではない、ということなのでしょうね~きっと☆

すいません、好き嫌いの問題ではなく、
抽象的な表現を良しとする自己満足系の作品はどうもスッキリしないと言うだけです。


> norさんはお若いので・・・
> 結構年齢いっているので、それでも深く理解したいって事だと思いました。
> ただ、年齢が行き過ぎて、今はもうどうでも良いですけど(大笑い)。

や、年齢とか持ち出されると何とも言えなくなってしまいますけどね。


> あ、そうなんですね~!
> やっぱこだわる方には、そんな風に見えてしまうのかな?

拘りとか関係なく、ガタついた字幕が読み難かっただけです。
逆にスマホ画面で見ても、字幕が小さくて読み難いと感じるのと同じ意味。


> あ、結局はそういう、ありふれたラブストーリーだと思いますよ~♪
> ただ、さっきも書きましたが年齢がいっているので
> この物語の中の誰かに(主演とは限らない)
> 自分や自分の愛する人などを見てしまうと、
> 心底はまる・・・そんな作品のように思いました☆

感想文になってしまうので記事にはしませんでしたが、
サラが聾唖の弁護士?に憧れ、そういう生き方をしたいと飛び出し、
母親の元で自立しようと頑張ったけど、
結局、独りは寂しい、ジェームズに会いたいと出戻りで終える展開。
これって”愛”に甘え逃げてるだけのような気がして、
まったく共感出来ませんでした。
喋る事も諦めたままですし。
最初はサラに対して清掃係で満足なのか?と言ってるくせに、好きになった途端...
どうもジェームズが自分の考えを周りに強要してばかりいる自己中心的な人間に見えて仕方ありません。

2014-05-02 金 19:58:48 | URL | nor #- [ 編集]

>宵乃さん

ども、お疲れ様でした。


> 苦手なタイプの作品だったようで、残念でしたね。
> でも、norさんらしい視点のレビュー面白いです。色んな映画があって、色んな感性の人がいるから映画って面白いんでしょうね。

すいません、苦手なタイプの作品ではなく、
この手の真面目な?作品に対してのレビューが苦手なだけです。
含みを持たせた曖昧な部分に「自分は~○○こう感じた」とか「○○だと思いました」とか、
どうしても感想文になってしまうので。


> なんでも自分で試してみるところがさすがです!
> わたしはやっぱり音に鈍感らしくて、そこまで思い至らなかったです。
> せめて音質がよかったらnorさんも楽しめたんですけどね~。

聾唖がメインの作品ですからね。
耳を塞いでみるジェームズの気持ちはすごく分ります。
それを映画ならではの演出でやってたら、もっと良かったかな~とか。
いっそサイレント映画にしてしまうとか(笑)


> ありふれたストーリーでも感動させるところが名作かも。
> まあ名作でも万人向けはそうそうないですよね。
> 今回もご参加ありがとうございました♪

90年代あたりに似たような作品があった気がします。
それらを観てしまっているからなのか、パッとしなかったです。
たぶん公開当時に観ていたりすれば、また違った印象になっていたとは思うんですけど。

2014-05-02 金 20:12:38 | URL | nor #- [ 編集]

同感でした

忙しくなりそうだったので早めに鑑賞したのですが、皆さんのレビューがあまりに好意的で私の見方が思い違いをしているのかしらと今回は感想を差し控えようと思っても、宵乃さんのブログを時々はチェックしていたら、やっと私に近いnorさんの感想に出会えました。

〉歩み寄ろうとする事は出来ても、完全に同じ世界に住む事は出来ない。
別に耳が聞こえる・聞こえないだけの話ではなく、
完全に他人を理解する事は出来ないけど、それでも深く理解したいって事なんでしょうかね。

と、私も受け取りました。
でも、年を重ねるごとに、所詮他人を(たとえ親子であっても)理解しようなんて無理な話ではなかろうかと~。できるなんて思い上がりも甚だしい・・・。ジェームズが教師として聾唖学校の生徒たちに熱心に接する姿は理解できるけれど、サラに対しても似たような愛し方を望むのはおかしくないと疑問を持ちました。美人だからかな?サラに惹かれた理由も分からずじまいです。男が女を愛するというより、教育者の立場から彼女を健常者並みに自立させたい欲望の方が強く感じられました。それって上から目線でしょう?ジェームズも見え隠れする本心に気づいているようでもあったけれど・・・。その辺の葛藤が描かれていたら私の感想はもっと違っていたと思います。

>サラが聾唖の弁護士?に憧れ、そういう生き方をしたいと飛び出し、 母親の元で自立しようと頑張ったけど、 結局、独りは寂しい、ジェームズに会いたいと出戻りで終える展開。
これって”愛”に甘え逃げてるだけのような気がして、 まったく共感出来ませんでした。

確かにサラがもう一度やり直したくなる気持ちの変化は説明不足で、”愛”に甘え逃げてるだけのように私にも見えました。
あれだけ強く生きているサラだったら、2人がそれぞれの道を歩んで行くエンドの方が、私的にはすっきりして共感できた・・・。

norさんへコメントを書いたおかげで、つかえていたもやもやを発散できました。
ありがとうございました!

2014-05-05 月 16:41:51 | URL | しずく #6LV7VrnU [ 編集]

>しずくさん

ども、コメントありがとうございます。


> 忙しくなりそうだったので早めに鑑賞したのですが、
> 皆さんのレビューがあまりに好意的で私の見方が思い違いをしているのかしらと今回は感想を差し控えようと思っても、
> 宵乃さんのブログを時々はチェックしていたら、やっと私に近いnorさんの感想に出会えました。

そうでしたか。
映画の感想なんて十人十色だと思うし、
私はあまり周りを気にせずハッキリ書いちゃう性格なので、反論意見の方が多そうな気もしますが(^^;
しずくさんも同じような感想で少しホッとしました♪


> と、私も受け取りました。
> でも、年を重ねるごとに、所詮他人を(たとえ親子であっても)理解しようなんて無理な話ではなかろうかと~。
> できるなんて思い上がりも甚だしい・・・。

理解しようとする気持ちが大事って事なんでしょうけど、
作品自体はシリアスなのに、そこだけどうしても綺麗事に思えて違和感を覚えました。


> ジェームズが教師として聾唖学校の生徒たちに熱心に接する姿は理解できるけれど、
> サラに対しても似たような愛し方を望むのはおかしくないと疑問を持ちました。
> 美人だからかな?サラに惹かれた理由も分からずじまいです。男が女を愛するというより、
> 教育者の立場から彼女を健常者並みに自立させたい欲望の方が強く感じられました。
> それって上から目線でしょう?ジェームズも見え隠れする本心に気づいているようでもあったけれど・・・。
> その辺の葛藤が描かれていたら私の感想はもっと違っていたと思います。

まさにそこですよね。
発声を最後まで拒んだ生徒が対比的な何かで絡んでくるのかと思ったけど、結局投げっ放しでしたし。
サラへの愛情と生徒達の教育、どこがどう違うのか?
同情が愛情に変わるという流れなら分りますが、そういった描写・葛藤があった訳でもないですしね。
終始ジェームズの心情的な変化が分かり難かった気がします。


> 確かにサラがもう一度やり直したくなる気持ちの変化は説明不足で、”愛”に甘え逃げてるだけのように私にも見えました。
> あれだけ強く生きているサラだったら、2人がそれぞれの道を歩んで行くエンドの方が、私的にはすっきりして共感できた・・・。

そうですね、お互いを理解し尊重しあえるエンドは別々の道へ進んでいく...ってのがベターだったかもしれませんね。


> norさんへコメントを書いたおかげで、つかえていたもやもやを発散できました。
> ありがとうございました!

いえいえこちらこそです♪
反論も含めて色々な感想や意見があるから面白いと思うし、
その交流の場を作ってくれるブログdeロードショーが大好きです。
もちろん同じ感想は単純に嬉しいですし、
真っ向から反論されてもそれまた楽しいと思えます。
こうしてしずくさんからコメント頂けて私としても嬉しい限りです♪

2014-05-06 火 19:28:10 | URL | nor #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販