スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- | スポンサー広告

脳男

今日のレンタルDVDは
脳男」(初見)
2013年 2:05 7.32Mb/s 384kbps(DD 5.1ch)

ジャケットを見たときからずっと気になっていたタイトル。
いつになってもレンタルが新作落ちせず待っていたw
ようやく準新作(笑)になったのでレンタルしてみた。

内容は無差別連続爆破事件の容疑者として確保された青年(生田斗真)
常軌を逸した挙動に精神鑑定を受けることになるが、そこから意外な事実が明らかに・・・。

”悪と正義”をテーマにした猟奇殺人(サイコキラー)ものだが、
なかなか本格的な映像(特に多数ある爆破シーン)を見せてくれる。
「悪の教典」「藁の楯」同様に、
残酷な描写や容赦なく人が死ぬシーンが多いので人を選ぶ感は強いものの、
この手の作風が好きならば楽しめるだろう。
脳男

感情のない脳男を主軸としたミステリアスな展開なのだが、
無能な警察サイドがウザったくやや興醒め。
それでも主演の生田斗真を始めとする、
二階堂ふみ、染谷将太の「ヒミズ」コンビなど、
若手の意外性あふれる演技に惹き込まれるものがあった。
脳男

画質はまずまず。
DVDとしてはペグノイズも許容範囲で解像度感も悪くは無い。
邦画に有り勝ちな彩度が低く、
カラーフィルターを使い過ぎたボンヤリ画調ではあるものの、
見辛さはそれほど感じなかった。
脳男

音質もまずまず。
久しぶりの圧縮音源だったが、
意外としっかりとした音響に耳を疑ったw
爆発シーンも沈み込みこそ浅いものの、LFEも量感たっぷり。
音場の広さも明らかにステレオベースではなく、
最初からサラウンドを意識した音配置になっており満足感は十分あるかも。

猟奇殺人犯を通した懲悪バイオレンスミステリー。
本格的な映像と若手の意外性ある演技は見応えあるものの、
節々でリアリティの無い設定が足を引っ張り、
洋画のサイコキラーものと比べ、まだまだ物足りない。
正直ツッコミ所は多々あるものの、
そこらの安っぽい()邦画を観るくらいなら、これを勧めたいかも。
ま、そもそもグロの無いゾンビ映画に不満の述べたり、
容赦ない猟奇殺人を描いた邦画を好き好んで観ちゃう、
そんな俺のサイコパスは高いんでしょうかねw


    



テーマ:邦画 - ジャンル:映画

2014.03.21 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 な

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。