(BD)もののけ姫

本日のレンタルBlu-rayは
もののけ姫
1997年 2:15 19~34Mb/s(AVC) 2.1~2.5Mbps(DTS-HD Master Audio 5.1ch)

真冬のファンタジー企画という事で真っ先に浮かんだのがこれ。
ナウシカラピュタと旧ジブリ作品のBlu-rayを見てきましたが、
やはり時代相応というか、
当時のセル画の状態に左右されて思ったほどの高画質を期待出来なかった。
逆にアリエッティ、ぽにょ、ハウルなど、
最近のデジタル製作になった作品は当然目が覚めるような綺麗さ。
丁度このもののけ姫がジブリ最後のセル画作品でありながら、
一部は3DCGを使ったアナログとデジタルの境界に当たる作品。
よって本作以降のBDは綺麗で当たり前、
それ以前の中で最も綺麗な作画であろう本作。
作品内容うんぬんよりも、
ジブリBlu-ray作品として、とりあえず観ておきたかった。

内容は言わずもがなだろう。
これまでのジブリ作品とは一線を画す物量を投じて描いた、
エンターテイメント溢れる壮大なファンタジー。
ストーリーからキャラクター、世界観、テーマ性など、
非常に濃厚で大人でも見応え十分。
個人的にジブリ作品で最も完成度の高い作品が「もののけ姫」だと思ってます。
もののけ姫
  (オンマウス:DVD アウトマウス:blu-ray
もののけ姫
  (オンマウス:DVD アウトマウス:blu-ray

さて一応ファンタジー企画で視聴するも、
やっぱり画質と音質に目が行くわけですが、
第一印象は意外とアナログライク
最近はずっとデジタル製作されクッキリ・ハッキリしたアニメばかり見ていたせいもあり、
見た瞬間「あ、こんなものか」と。
最後のセル画作品というより、3DCGを取り入れた作品というイメージもあったので、
もっとクッキリとした映像を想像していたんだけど、
思いのほかセル画の質感が良く分かる画質。

グレインはかなり綺麗に取り除かれていますが、
近接視聴するとチラチラ見えるシーンも。
解像度はセル画としては非常に高く、
ナウシカやラピュタのような滲み感は一切無い。
かと言って輪郭線がシャープに出過ぎる事無く滑らかでアナログタッチ。
それでもごく一部だが、粗いシーンやセル影が目立つ事も。

ナウシカ
ラピュタのような甘さやブレはほぼ無く、
全体を通して安定した画質を保っているように思えるが、
後半に進むにしたがって画質も尻上がりに良くなってくるように見える。
もののけ姫
  (オンマウス:DVD アウトマウス:blu-ray
もののけ姫
  (オンマウス:DVD アウトマウス:blu-ray

一番の驚きは発色だろう。
とことんジブリ作品には色合いに悩まされ続けてきた。
千と千尋の赤病から始まり、ナウシカでも赤病の再発。
劇場、LD、DVD、テレビ放送、BD、海外盤と、
その都度その都度、色合いが違うのが困ったものだった。
が、この「もののけ姫」は最もバランスの取れた正確な色再現ではなかろうか。
とにかく中間色の豊富な諧調表現は見応え十分で、
今まで感じられなかった色彩の深みやタッチ感が鮮明に。
特に緑の色数はDVDとは比べ物にならないほど増えており、
解像度以上に色数で高画質に見える作品ではなかろうか。

またコントラスト感も格段に増しており、
画像ではDVDの方が明るく見えるが実際はその逆で、
DVDではコントラストが浅く薄暗い映像に見える。
Blu-rayでは黒がしっかり沈み、白にも色が混ざる事がなく、
全体のコントラストが高まった事により中間色も映えてくるので、
実際の映像を見るとBlu-rayの方がずっと明るい映像に見える。
もののけ姫
  (オンマウス:DVD アウトマウス:blu-ray
もののけ姫
  (オンマウス:DVD アウトマウス:blu-ray

次に音質だが、
私の記憶が正しければジブリ初のサラウンド作品がもののけだった気がする。
当時はLDで発売されるもサラウンド環境になかったものの、
後にDVDになりサラウンド環境が整った状態で視聴したインパクトは非常に大きく、
壮大なスケール感を後押しするダイナミックな音響だった。
サラウンドにハマったのもこの頃からだ。

で、時は流れ媒体はBlu-rayのDTS-HD Master Audio 5.1ch。
まず違いを感じるのは音場の広さ。
DVDのドルデジは良い意味で箱庭的なダイナミックさがあり、
部屋の壁までの音場空間でめいいっぱい鳴っていた印象だが、
ロスレスになり、完全に部屋の壁は取っ払われた。
明らかに音の出所に距離感が加わり、
それでいて明瞭な音像に変わった事により、奥行きや立体感を感じさせる。
それが低音の重く深い音だったり、弓矢の鋭く耳を突くような音だったり、
ダイナミックレンジの広さに後押しされた、
妙なリアルさを感じさせる音に変わっている。

DVDはかなりドンシャリバランスだったので、
パッと聴きでは派手に聞こえるも、
Blu-rayのワイドレンジな音を聴くと音数や情報量などが増えた印象。
特にBGMの楽器の質感がかなり違って聞こえてくる。

低音もDVDの方が量感あるように感じるが、
Blu-rayではどこまでも深く沈む低音に、
ボリュームを上げ過ぎていると恐怖を感じるかもしれない。
もののけ姫
  (オンマウス:DVD アウトマウス:blu-ray
もののけ姫
  (オンマウス:DVD アウトマウス:blu-ray

ジブリBlu-ray作品としてはそれ相応。
画質は意外とアナログライク。
一部で粗さやセル影があるものの、
安定した画質を保っており、ナウシカやラピュタのような不満は出ないだろう。
特に発色の良さには驚くものがあり、
こんなにも豊かな中間色に溢れているのかと不思議な新鮮味を感じるほど。
もはやDVDとは別物の作品と言っても良いだろう。
画角も僅かに広がっておりDVDよりも映像が増えてる。
昨今のデジタル製作タイトルと比べると良くも悪くもアナログ的な画質。

音質はロスレスならでは。
ダイナミックレンジ・ワイドレンジの幅が広がった事により、
空間が一気に広がり、音の粒立ちや解像度感が増した印象。
音響自体は効果音も含めて年代相応なので、
こちらも新作タイトルのような鮮烈さは無いかも。

個人的に有りか無しかで言ったら、無しかもしれない。
やっぱり昨今のデジタル製作されたアニメに見慣れてしまうと、
このアナログさでは目が醒めない。
かと言ってDVDとは別物に仕上がっているので好きならば価値あり。
でもまぁ、
もののけ以降のデジタル製作された作品はDVDでも十分綺麗なので、
DVD→Blu-ray化されたタイトルで、
一番画質の変化度合いが大きいのは「もののけ姫」だと思う。


     



テーマ:スタジオジブリ - ジャンル:映画

2014.02.17 | Comments(4) | Trackback(0) | 映画 他

コメント

DVDとBDでだいぶ違いますね~。
わたしはDVDのセル画の色調も見慣れているし、目も色彩感覚も微妙なので(笑)どちらもそれぞれ味があっていいと思いますが、たぶん制作者の意図に近いのはBD版なんでしょうね?

「もののけ姫」は二度ほど観ましたが、ぜんぜん印象に残ってません。
大まかなストーリーはわかるんだけど、いまいちアシタカの印象が薄くて…。

今回もご参加ありがとうございました♪

2014-02-18 火 11:13:39 | URL | 宵乃 #K4YeSyNc [ 編集]

私はレンタル

音が良かったのが印象でした
国内DVDが待てずに
輸入しました
それで満足してBDは買いませんでした
内容がーーーー
私がベスト3は
宮崎監督として
ナウシカ、ラピュタ、トトロ
次点にカリ城
でもカリ城のBDマスターが気に入らない

2014-02-22 土 20:42:19 | URL | レーザー #1BkSkYno [ 編集]

>宵乃さん

ども、返信が遅れて申し訳ないです。

そもそも手塗りのセルアニメならば、
本来のセル画の色(絵の具)があるはずなんですよね。
それを何故かジブリ作品は否定したがるという・・・
例えば白色の絵の具で塗った文字の筈が、映像化されると赤いとか…。

2014-02-23 日 23:28:20 | URL | nor #- [ 編集]

>レーザーさん

どもどもです。

国内のジブリBD作品は高過ぎますね。
北米盤やイギリス盤がリーズナブルですけど、
そう頻繁に視聴する機会もないですし、レンタルで十分でしょう。
(どこにでも置いてあるだろうし)

私も以前はナウシカ→ラピュタ→トトロの順でしたが、
最近はナウシカ→千と千尋→もののけに変わりました。
アニメの見方が変わったのでしょうね。
あと個人的にジブリ作品では紅の豚と千と千尋の劇伴が凄く好きです。

2014-02-24 月 00:07:38 | URL | nor #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販