(BD)パシフィック・リム

本日のBlu-rayは
パシフィック・リム」(初見)
2013年 2:11 20~26Mb/s(AVC) 2.2~3.2Mbps(DTS-HD Master Audio 5.1ch)

あのギレルモ・デル・トロが製作。
トランスフォーマーとGODZILLAを合わせた様なVFX全開の超大作。
作品自体の評判も好評だったようで、
先行していた北米盤の映像・音響ともに絶賛されていた事もあり、
久っしぶり予約ポチッていた。
でもフラゲどころか発売から3日も遅れるKonozama食らってフラストレーションMAX。
もういっそ届く前にレンタル屋へ走ろうかと思ったほど。
そんな期待感たっぷりでいざ視聴となったわけですが・・・。

内容は太平洋の底から現れた巨大怪獣によって全世界で壊滅的な被害を受ける。
そこで人類は一致団結し人型巨大兵器イェーガーを開発に成功する。
人類最後の希望として怪獣に立ち向かう巨大ロボットアクションムービー。
ストーリーにはツッコミ所満載だろうけど、
胸熱くさせるロボットバトルが観られればそれで構わない。
スケール感たっぷりの映像で繰り広げてくれれば満足するだろう。
そう思っていた。
けど、期待したのとちょっと違ってた。
パシフィック・リム

ロボットの造形もカッコ良くない、むしろダサい。
動きもやたらノロノロでいちいちモタつく。
怪獣とのバトルもパンチや投げ飛ばしばかりプロレスのようだ。
なんか古臭い特撮映画を観ている気分になってくる。
あぁなるほど、世代が違うのか。。。

鉄人28号とかマジンガーZとかジャイアント・ロボとかウルトラマンとか。

往年のロボットアニメや特撮怪獣を、ハリウッドが本格映像化した作品。
遣り過ぎて絵空事にならない程度のギリギリの現実感を保って、
”お決まりごと”を大スケール感で描いているので、
ガンダムやエヴァ世代で、
飛んだ跳ねたするトランスフォーマーを想像すると物足りないかもしれない。
パシフィック・リム

とは言っても、邦画の実写ロボットものチープさなどは一切なく、
重厚感たっぷりの迫力あるロボットバトルで、
巨大ロボットにパイロットが乗り込んで操縦して胸熱なシチュエーション展開など、
観る人によっては堪らないのだろうと思う。
たぶんこれを観て「しびれるねぇ」とか言う人がターゲット層かと。
個人的にはトランスフォーマーの方が10倍楽しめた。

ま、イェーガーのパイロット特性が14歳の少年少女という設定にすれば、
これまた違った印象になっていたと思うけどwww


画質は良好。
最新デジタル撮影だけあって文句無く綺麗。
なのだが、CGは結構甘い。
VFXの合成も良く見ると気になるレベル。
それらを誤魔化す為に如何せん暗いシーンばかり。
暗部の情報量はそれなりにあるものの、
ウチのようなネイティブコントラストの低い環境だと本領発揮出来ないかもしれない。
個人的には色鮮やかでカリカリの映像が好きなので、ちょっと期待ハズレ。
ちなみに映像はビスタサイズなので画面いっぱいいっぱい楽しめるものの、
巨大ロボットや怪獣などのスケールを感じるには120インチくらい欲しいと思いましたw
パシフィック・リム

音響も良好。
とにかく低音が盛大で腹に響く。
バトルシーンでは終始SWが鳴りっ放しで振るえ暴れる。
後で確認したらSWの上に乗せてあったフィギュアが数センチ動いてましたw
音数や密度感は思ったほどじゃないものの、
重厚感溢れる低音は聴き応え十分。

ギレルモ・デル・トロが往年のロボットアニメや特撮怪獣をリスペクトし、
重厚感溢れる大スケールで本格映像化した作品。
ただし世代によって合う・合わないが大きく出てきそう。
人を選ぶ作品というよりは、
往年世代が選んで(好んで)観る作品なのだろう。
この映像クオリティで「進撃の巨人」の実写化だったら、
間違いなく大絶賛していたと思いますw


     



テーマ:洋画 - ジャンル:映画

2013.12.15 | Comments(3) | Trackback(0) | 映画 は

コメント

やっぱり世代がちゃう

私は良かったです。
レンタル組ですけどね。
かなりオマケテンコ盛り。
キタイしていた芦田愛菜ちゃんは
それほど出番もなく、演技も凄いとは言えなかった。
(それほどの出番もでないため)
私は鉄人28号世代なので、ブラックオックスとか
をモチーフにしちゃうね。
それでも気になったのは意外と時間が長く感じたこと。
30分短くてもOK。
あえて言うならBGMが今一歩。
ゴジラと比べるとへぼい。
テーマ曲のところは良いんだけどね。

さて自分のブログにも書くけど
ここが気になった。

jjエイブラムス 監督に超似ている役者さんが
気になった。絶対意識して似せているね。
久々にプロジェクターで見ました。
音も凄かった。(低音と広がり)

2013-12-15 日 15:18:58 | URL | レーザー #1BkSkYno [ 編集]

はじめまして。

私は「映画ログ」という観た映画の管理やレビューを書くサイトの運営をしています。

ブログを拝見したのですが、ぜひ映画ログでもレビューを書いていただけたら、
と思い、コメントさせていただきました。

トップページ
http://www.eiga-log.com/

こちらでメンバー間のやり取りの雰囲気がご覧になれます。
http://www.eiga-log.com/rc/

また、映画をラックに入れていくだけでグラフが作れます。
http://www.eiga-log.com/profile/eigalog/

映画が好きな人同士、映画の話題で盛り上がっています。
よろしければぜひ遊びにきてください。

お待ちしております。

2013-12-16 月 13:53:31 | URL | 映画ログ #1NQngHH2 [ 編集]

>レーザーさん

どもどもです。
正直な所、周りで言うほど凄くは感じませんでした。
画質や音響も良かったですけど、これ以上の新作BDは他にもありますし。

悪くは無かったんですが、
やっぱり期待が高すぎたせいか、イマイチ感が拭いきれません。
2度3度繰り返しみれば愛着が沸くような気もしますが、
だったらトランスフォーマーを見ちゃうかなぁ。

jjエイブラムス監督似の役者さん、言われてみればそうかも。
ギレルモ監督という事でロン・パールマンの方にばかり気が向いてました。

ツィッターでも呟きましたけど、
この時期にまたPJが調子悪くなってしまい、どうしたものかと・・・

2013-12-18 水 22:25:54 | URL | nor #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販