スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- | スポンサー広告

(BD)悪魔のいけにえ レザーフェイス一家の逆襲

本日のレンタルBlu-rayは
悪魔のいけにえ レザーフェイス一家の逆襲」(初見)
2013年 1:34 28~37Mb/s(AVC) 3.7~5.1Mbps(DTS-HD Master Audio 5.1ch)

昨今の往年ホラー映画のリメイクの波に乗って、
ホラー映画の金字塔トビー・フーパー監督の「悪魔のいけにえ」が登場。
ただリメイクなんだけど、正統派(?)続編というややこしい関係なので少し整理を。
まずオリジナル「悪魔のいけにえ」(74年)に大ヒットし、
その後80年~90年にかけていくつも続編が作られた。
暫く経てからマイケル・ベイがリメイクブームを作ったのが2000年に入ってから。
その流れでマイケル・ベイ版悪魔のいけにえ「テキサス・チェーンソー」が作られ、
ビギニングにあたる続編も作られた。
では、本作。
1作目の直後から始まる新規続編だ。
当時の続編シリーズのリメイクでも無ければ、マイケル・ベイ版とも関係が無い。
変な言い方をするならば、
リメイク元が無いリメイク作。
もしくは1作目の無い続編みたいな感じだろうか。

個人的に往年ホラーのリメイクは大歓迎だ。
「テキサス・チェーンソー」「13日の金曜」「エルム街の悪夢」「ハロウィン」「死霊のはらわた
他にもこまごまとしたリメイクは沢山あるが、
有名所はこの辺りだろう。
以前も話したように、
現在に合わせたテーマや映像技術によってリメイクされた作品の方が圧倒的に見やすい。
また旧作はギャグやユーモア含む”遊び心”のような部分が多々あり、
怖いというより若い男女が残酷な殺され方をするシーンを滑稽なものとして見ている感がある。
映像がチープであればあるほどそう見えるし、あえて取り入れている部分もあるだろう。
ただ昨今のリメイクホラーはとことんガチンコ恐怖を追及しており、
映像技術の進歩でグロはリアルになり、その過程にも容赦が無く徹底している。
ハッキリ言って、シャレになっていないw
それがまた怖くて怖くて大好きなんですがw
悪魔のいけにえ レザーフェイス一家の逆襲

内容は大量殺戮の惨劇から20年後。
猟奇殺人一家の最後の末裔となったヒロインと、
ひそかに生き延びていたレザーフェイスが感動の再会をする血祭り。

本作「悪魔のいけにえ」は残念ながらガチンコ路線ではない。
どちらかと言うと、
往年ホラーのシリーズ続編が量産されていた時代の流れを組みつつ、
現代の映像技術(3D)を取り入れた作品。
惨殺シーンはR18指定のガチンコ寄りだが、
やっている事は「ジェイソンvsフレディ」みたいなノリに近いw
ネタバレになってしまうが、
前半は割りとガチンコホラーなのだが、
後半は一家を抹殺されたレザーフェイスと、
その従兄妹ヒロインで家族愛という名の復讐に挑む善悪逆転劇。
よって前半さんざん人を殺してきたレザーフェイスを、
後半は応援する事になる。

前半の恐怖感から一転、思わず笑ってしまうノリに。
これを許せるかどうか。
悪魔のいけにえ レザーフェイス一家の逆襲

ただし全体的にも他のリメイクホラーより一段落ちる出来かも。
恐怖演出はビックリ音に頼り勝ちだし、
3Dを意識した違和感のある構図やカメラワーク。
鬼気迫り来るモノが薄く(平気で人ごみの中を走り回るし、チェーンソー投げて逃げ出す始末)
ツッコミ所も多くて気になってしまうし、
なんとなく襲う・襲われるシーンをただ見せられている気分。
そもそもヒロインが可愛くないw

画質はそこそこ。
グレインの無いデジタルHD画質だが、ややノイズ感が目立つ。
デジタル撮影なのでフォーカス感や解像度感は高いものの、
精細感度はあまり良くなく全体的に平面的。
暗部の情報量も少なくノッペリとした感じ。
3D上映された作品のようだが、
2D映像を見る限りあまり芳しくなかったのではなかろうか。
時折ショボイCGの血ノリが飛び散っている程度。
悪魔のいけにえ レザーフェイス一家の逆襲

音質もそこそこ。
分かり易く派手でドンシャリ鳴らすタイプの音響。
空間表現はあまり無く、後方からの音数も殆ど無いが、
やたらビックリ音や煽り劇伴を派手に鳴らす。
あまり耳と心臓とご近所にはヨロシクナイ音響ですなw

ホラー映画の金字塔トビー・フーパー監督「悪魔のいけにえ」のリメイク続編。
というか、1作目の直後から始まる新規続編。
昨今のシャレになってないガチンコ恐怖ホラーは前半まで。
後半は往年のシリーズ駄作が量産された作風のノリ。
見境無く殺戮しまくったレザーフェイスが、
ダークヒーロー顔負けの勧善懲悪?いや勧悪懲善の熱い展開が幕を開けるw
これを笑って楽しめるかどうか。
また作品自体の質も低めでツッコミ所はかなり多い。
往年のホラーファンはもちろん、
昨今のガチンコホラーファンにもお勧めは出来ない。
どちらかと言うとホラー中級者向けだろうか。
ま、どちらにせよ、
「飛び出す 悪魔のいけにえ」ではなく、
「飛び出せ! レザーフェイス逆襲の森」にした方が良さそうだw


     



テーマ:ホラー - ジャンル:映画

2013.11.13 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 あ

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。