スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- | スポンサー広告

宇宙人王(ワン)さんとの遭遇

今日のレンタルDVDはこれぞ低予算B級映画の鏡!w
宇宙人王(ワン)さんとの遭遇」(初見)
2011年 1:43 5.15Mb/s 192kbps(DD 2.0ch)

高給に釣られ通訳の仕事を引き受けた中国語の翻訳家。
目隠しを強要され連れてこられたとある施設。
しかし、
机の向こう、
通訳の相手はなんと脚を縛られたイカにそっくりの宇宙人だったのだ!
もうコレだけでツボですw
どう転んでも面白くないハズがないw
なんで宇宙人が中国語話すねんっ!w
宇宙人王(ワン)さんとの遭遇

内容は尋問官が「目的は?何を企んでいる! なぜ中国語なんだ! 」と攻め立てるが、
「私の名前は王[ワン]さんです。
 世界で一番多く使われている中国語を勉強してきました。
 たくさんのお友達を作りたいです。」と冷静に語る宇宙人。
シュール過ぎんだろっ!www
翻訳家の女性は次第にワンさんに同情を覚え、人権を尊重すべきだと主張するが・・・。
って、宇宙人に人権だの法律だの適応されるんですかっ!?w
当然劇中内では侵略の危機なのか?!それとも愛すべき隣人(宇宙人)なのか?!
を至ってシリアスに進行するもんだから、
もう色々とシュールな設定が面白過ぎて笑いを堪えるので必死ですw
これまた製作国がイタリアってトコロがまた何とも・・・w
宇宙人王(ワン)さんとの遭遇

奇抜なストーリー設定だけではなく、
SF密室シチュエーションとしても成立しており、
本編の殆どが会話劇なのでやや中だるみはするものの、
そもそもの会話相手が中国語を話す宇宙人とあっちゃ油断出来んw
また他者への信頼や偏見といったテーマも含むだろうし、
なによりも”中国語”を話す宇宙人という設定が、
色々と思わせぶりで深読みすると面白いだろうw
ラストで王ワンさんが放つ言葉は必見ですっ!

画質はブレボケ。
どうみても撮影カメラのフレームレートが足りてない?
解像度やペグノイズうんぬん以前に、
カメラが動くたびに映像がブレボケを起こして見難い。
動きの少ない密室劇なのが唯一の救いだろうか。
宇宙人王(ワン)さんとの遭遇

音質も悪い。
ドルデジ192bpsステレオ。
会話劇主体で音数は極端に少ないものの、
セリフは篭り気味で聞き取り難い。
ただ中国語を話す宇宙人ですしwその辺は愛嬌でしょうw

中国語の通訳仕事で謎の施設に連れてこられたら、
通訳相手は中国語を話す礼儀正しい宇宙人王(ワン)さんだった。
もうこれだけで十分。
低予算ならではの密室シチュエーション会話劇だったり、
色々深読み出来そうなテーマだったり。
まさに”B級映画”好きに是非とも観て欲しい作品。
これを爆笑しながら楽しめなきゃB級映画ファンの名折れ!
まずは予告トレーラーを見て食指が動いたら是非!!

   



テーマ:映画 - ジャンル:映画

2013.07.14 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 あ

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。