スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- | スポンサー広告

(BD)ダイ・ハード/ラスト・デイ

本日のレンタルBlu-rayは
ダイ・ハード/ラスト・デイ」(初見)
2012年 1:42 16~30Mb/s(AVC) 5.1~6.9Mbps(DTS-HD Master Audio 7.1ch)

人気シリーズだけに新作続編の酷評が付いてまわるのは世の常。
サスケさんのブログで何だか良さそうな言葉も出ていることだしw
シリーズとしては期待出来ないまでも、
単品映画としてそこそこ楽しめれば御の字と思いレンタルしてみた。

内容は大事件に巻き込まれる不運でタフな刑事ジョン・マクレーン。
モスクワで警察のお世話になってしまった息子を引き取りに向かったが、
ロシアの命運を左右する陰謀に巻き込まれてしまう・・・。
シリーズ定番のインテリぶった悪役の大それた計画の目的がやっぱり金で、
マクレーンはなし崩し的に巻き込まれ型のジェットコースターアクションムービー。
ダイ・ハード/ラスト・デイ

ダイハードと言われればダイハードだし、
ダイハードじゃないと言われればダイハードじゃないのかも。
ぽつりぽつりとシリーズを踏襲した部分はあるものの、
どこかツギハギ合わせを目まぐるしく展開させただけの印象。
ストーリーは二転三転するも、
加速も失速もせず割りとズルズル展開で口当たりが全て一緒。
やはり主軸は親子の絆的なものなので、
悪役との対峙~うんぬんを期待するとかなり肩透かしかも。
ダイ・ハード/ラスト・デイ

見所である派手なアクションシークエンスは、
冒頭の実撮影したカーチェイスと、後半のVFXを駆使したヘリコプター。
物凄く贅沢で派手さも十分感じられるのだが、
恐ろしく一辺倒で見応え感が薄い。

緊張感・危機感が感じられないシーンばかりというのも理由の一つだが、
マクレーンがあまりに無防備に飛び込んでばかりなので、
その不死身さだけがより際立って見えてしまうのが問題。
最終的にはこのシリーズはそれで良いのだが、
「もっと死に掛けろよ!」と。

画質は良好。
昨今では珍しくなりつつある粒子感たっぷりのグレインが残ったフィルムライクな映像。
粗さと彫りの深さのギリギリのラインで、ザックリ高画質といった印象。
また驚いた事にシリーズ初?のビスタ・サイズ。
最初こそ違和感を感じたものの、画面いっぱい使われる事はむしろ歓迎すべき。
内容はイマイチでも映像だけはガッツリ楽しめるかもしれない。
ダイ・ハード/ラスト・デイ

音質はすこぶる良好。
特に冒頭の一連の襲撃→カーチェーイスはヤヴァイ。
このヤヴァさはライジングに勝るとも劣らない凶暴さと包囲感がある。
もう導入部のクレジットシーンから劇場を髣髴とさせる空間に支配される。
正直な所、スピーカーなどを入れ替えたせいで、
まだサラウンドは良くないハズなのだが、それでも十二分に音響の良さを感じる事が出来る。
見終えたエンドクレジットでふっと見慣れない文字を発見。
DOLBY ATMOS(ドルビーアトモス)
なるほど、そういうことかw
残念ながらウチの環境では頭上から音は感じませんでしたが、
フロントハイ 7.1chの環境ならもっとすごいかもしれませんね。
それともう一つ見慣れない文字が。
DATASAT
あー、こっちは買収されただけかw

シリーズ通算5作目となる「ダイハード/ラスト・デイ」
何でもかんでも邦画のように”ラスト”を付けたファイナル詐欺はいかがな物かとw
それはさておき、あまり評判ヨロシクナイ本作。
確かに「ダイ・ハード」である意味は薄いし、
シリーズ通して一番盛り上がりに欠ける出来だろう。
ただ個人的にはそれでも良いのかなぁと。
ド派手なアクションの連続と、ほんのちょっぴり親子の絆を描いた、
ジェットコースタームービーとして観れば、それなりに楽しめるのは間違いないのだから。
「ダイ・ハード」と冠してる事はあまり気にせず、
今時の映像・音響を楽しむ分には不満ナシ。

   



テーマ:洋画 - ジャンル:映画

2013.07.09 | Comments(2) | Trackback(0) | 映画 た

コメント

よくできましたw

2013-07-09 火 23:45:30 | URL | 『サスケ』 #- [ 編集]

>サスケさん

あ、ありがとうございます?
よくわかりませんけどw

どうでも良いですが、
原発事故跡地でドンパチするのは如何なものかと思いますが、
そんな中で無意味に上半身裸の敵がアレ過ぎて・・w

2013-07-10 水 19:45:59 | URL | nor #- [ 編集]

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。