FC2ブログ

2019年冬季開始の新作アニメ:途中経過(3話視聴)

平成最後のクール!

それにしても冬アニメは、
安心して切れるのが多すぎて助かるなぁー()
不作不作言われているけど、
内容云々以前に、序盤で既に作画が怪しかったり。
それでなくとも今期はCGアニメばかり見てる気がしているのに。


~視聴継続~
盾の勇者の成り上がり
そうか、これって王道展開だったのか。
なろうの俺TUEEEがテンプレになり過ぎて、
逆に弱くて成長していく物語って邪道だと勘違いしちゃってた。
製作がしっかりしてるから安心して見ていられる。
つか、ラフタリアちゃん成長するんかい!

revisions リヴィジョンズ
既視感とか謎とかツッコミ所とか諸々あるけど、
それらも含めて今のところ成功してるんじゃなかろうか。
割りとわくわくしてみてる。
5人で3機体に乗るってのも新しいな。
ちと大袈裟な動きがCG臭くてキモい。

どろろ
うん、普通に観れて面白いぞ。
徐々に五体を取りていく過程で、
百鬼丸がどのように変化していくのか。
それに合わせてどろろとの活躍も期待。

荒野のコトブキ飛行隊
なんか色々と惜しいんだよなぁ。
世界観ちゃんとしてそうなのに、
早口過ぎて会話が全く頭に入ってこないし、
力の入った空戦も、
誰がどこに乗っているのか、敵味方すら見分けつき難くい。
拘った音響も低音スッカスカで、
破裂音が「パッカーン」が糞過ぎてテンション下がる。
もっとキャラ個性を会話説明じゃなく、
行動で魅せてくれたら良くなりそうなにに。

ケムリクサ
キャラやCGが前時代的すぎて逆に、逆にアリ?みたいな。
世界観や謎は期待できそうだし、
量産型アニメ観るならこっち観た方が良い。

賭ケグルイ××
こういうテーブルゲームでの頭脳戦は、
低カロリー作画で助かる。
顔芸と演出がしっかりしてればそれっぽく楽しめるし。

かぐや様は告らせたい
五等分の2話から既にだらしない作画と、
元京アニの渾身のダンス作画。
五十歩百歩なラブコメでも、
どちらを見るべきか、差は明らか。
慣れては来たものの、やっぱナレーション無い方が楽しめる。

約束のネバーランド
1話観たとき面白そうに思えたんだけど、
やっぱジャンプ漫画だった。
完全に1話出オチ。
そして世界観や設定も割りとガバガバ。

けものフレンズ2
なにこれなにこれー!、すっごーい!、たーのしー!
サーバルbotかよ。
途中下車ぶらり旅で山下清よろしく旅先で絵の置き土産。

BanG Dream! 2nd season
各バンド紹介PVなので、
びっくりするぐらい中身が無い。
流し見にはちょうどよい。


~もう切った~
ブギーポップは笑わない
したり顔で思わせ振りな言動が、
あまりに厨ニ臭くて痛い。
1話2話1時間放送の次は、2時間4話放送?
全18話構成とやたら贅沢な枠取りしてるけど、
肝心のアニメの出来が悪くちゃ・・・。

五等分の花嫁
キャラ萌えアニメのくせに、
もう2話から作画が酷すぎる。
今期のいもいも枠かよ!
内容云々以前にアニメーションとして達していない。



テーマ:2019年新作アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

2019.01.30 | Comments(2) | Trackback(0) | .アニメ関連 2019年

ザ・プレデター

「ザ・プレデター」2018年/アメリカ

前作「プレデターズ」でリブートしたものの、
なかなか続編が出なかったのは、
本シリーズの方向性を決めかねていたからではなかろうか。
そして私は思う。
長考した末の方向転換はきっと間違いではないと。
ただの惰性や気まぐれで続くシリーズ続編ではなく、
きっと 20世紀フォックスの主軸になるであろう、
そう、
ユニバーサルスタジオの”ダーク・ユニバース
マーベルの”アベンジャーズ
DCコミックスの”ジャスティス・リーグ
レジェンダリーの”モンスターバース
そして20thFOXの”プレデターズ(狩(仮)”

果たして今後、プレデターキラー(ネタバレ)を使い、
本作とクロスオーバーしてくるタイトルはあるのだろうか?!
やはり本命は2度目のエイリアン(プロメテウス)か?
X-メンは・・・デッドプールとやりそうだし。
異星人つながりでID4もありだな。
猿の惑星かぁ、プレデターが猿の進化に関与?ないなー。
SWはありえないない。

そんな妄想をさせてくれるような方向性。
前作で登場した通常サイズよりも巨大なプレデターは、
異種交配によって進化を遂げたアルティメット・プレデターだった。
うん、わざわざ地球くんだりまできて、
ちっぽけな地球人と交配するより、
やっぱり宇宙最強生物エイリアンと交配した方が、
よぉ~っぽど最強生物になるだろうに・・・、
ってそれプレデリアンじゃんっ!!

さて、冗談はこの辺でさておき、
通算6作目となる本シリーズ。
過去作とのリンクも忘れず色々盛り込んでおり、
よりエンタメを追求したアクションテイストとなっている。
子供を中心に、卑猥なジョークを連発するならず者達の一致団結、
敵のテクノロジーを駆使し、時に敵(の犬)が味方となりつつ、
豪快なアクションとグロシーンを両立させ、
かつコメディさも満載で、勢いに乗ったプレデターがここに。
前作で悪かった部分を全て払拭する出来栄え。
それがプレデターらしいかどうかは別問題。

【DST-HD MA 7.1ch】
 SFアクション映画らしい派手なサラウンド。
 ダイナミックレンジの広さを活かしたやや耳に突く効果音なので、
 突然の大音量には注意が必要かも。
 空間も広めで後方からの音数も多い。

どうやら興収はあまり振るわず、
続編製作も危ういようだが、
個人的にシリーズの中でも上位に来る面白さだった。
特にラストのアレが最高過ぎて拍手したくなったくらいだ。
もういっそのこと、
アベンジャーズに出させてもらって、
アイアンマンと共闘でプレデター狩りしたらどうだろうか?(提案


  



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

2019.01.26 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 まとめ

2019年冬季開始の新作アニメ:1話視聴(ファーストインプレ)

最近は1話じゃ決め切れないアニメが増えた。
エンジンかかるの遅い作品もあるし、
後半に化けるなんて事も無きにしも非ず?
ま、合う・合わないは0話で判断つくようになったし、
3話切りとは言わず、挫折した時点で切れば良いだけの話。

さて、今期はやっぱり不作やねぇ~。
1話の時点で「面白い!」「続きが気になる」「これ好きかも」ってのが無い。
期待感が薄いというか、
今のところ今後化けそうな作品も無い...かも。
なのでそこそこ楽しめればそれでよし。
秋からの継続も結構あるしね。
あと、CGアニメ増えたな~。
リヴィジョン、けもフレ、ケムリクサ、
バンドリ2nd、コトブキ飛行隊、
バーチャルさん(アニメと言っていいのかわからんけど)


~~~期待通り~~~
なし・・・

~~~まぁこんなものか~~~
けものフレンズ2
良くも悪くも普通。
1期よりだいぶ見やすくなってるけど、
そのぶん雰囲気もだいぶ丸くなってる。

ケムリクサ
タツキってだけで面白そう?って思える不思議。
逆に言えばタツキじゃなかったら見てなかったとは思う。

盾の勇者の成り上がり
俺TUEEEEEの逆張り変化球で逆境なろう系。
テンプレから外れて新鮮に感じるけど、
面白いか?って聞かれたら・・・

どろろ
なるほど、鬼神の魔物を倒すたびに五体を取り戻す感じか。
作画は気合はいってる。

荒野のコトブキ飛行隊
水島努、空のガルパン。
キャラは良さそうな雰囲気、CGもあり。
ただリアルさ?を追求するあまりに、音響が壊滅的に酷い。
全体的に音小さい、軽い、スカスカ。
どっからサンプル持ってきたのか知らないけど、
聞き慣れないSEが不自然に浮いて聞こえる。

revisions リヴィジョンズ
漂流教室+ロボ。
既視感ばかりの内容で新鮮味ないけど、展開次第で。

BanG Dream! 2nd season
ガルパの宣伝アニメ。
1話はとりあえずキャラの顔見せライブ。

賭ケグルイ××
相変わらずの顔芸。
新たな四天王的な敵の出現。
もうギャンブルでネタ切れか?


~~~3話まで我慢~~~
五等分の花嫁
う~ん、典型的なハーレムラブコメ。
五つ子なのに髪色違うし...アニメ的な色分け?
まぁ声だけで聞き分けられるけどw
こっちは恋愛要素強め?

かぐや様は告らせたい
ナレーションがちょいうざい。
この手の茶番劇ラブコメ(ギャグコメ)は何度目だろうか。
こっちはギャグ要素多め。

ブギーポップは笑わない
厨ニ臭い、キャラデザが見分けがつき難い。
時系列がバラバラで分かり難い。
カットがコロコロ変わって見難い。
とりあえず解決まで待って切る予定。

~~~切った~~~
魔法少女特殊戦あすか
魔法少女+シリアス+グロ。
何番煎じだろうか。



テーマ:2019年新作アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

2019.01.18 | Comments(2) | Trackback(0) | .アニメ関連 2019年

MEG ザ・モンスター

MEG ザ・モンスター2018年/アメリカ

昔から巨大生物や太古の生物、
未知の生命体といった物に興味を持っていた。
とりわけサメは、映画好きになったキッカケでもあり、
子供の頃からジョーズを見て育ったと言っても過言ではない(言い過ぎ)

私事ながら、元旦にちょうどアクアワールド大洗へ行って来たばかり。
なんでもここは日本でも有数のサメ(現在54種)を、
数多く展示している水族館で、それを楽しみにしていた。
しかし、サメの餌やりタイムを目にしてガッカリ。
ジョーズや人食い鮫のイメージを持っていたけど、
実は鮫の捕食はかな~り地味で、
それほど多く餌を摂らない事が分かった。
水底に落ちた魚の死骸をすっと吸う様に食べるだけ。
凶暴で荒々しい鮫の印象とのギャップで、
鮫の印象をだいぶ改めざるを得なかった。

閑話休題。
そんなサメ好きな私なので、
本作もかなり楽しみにしていました。
太古から蘇った巨大サメ、メガロドン。
ただ主演のジェイソン・ステイサムが一抹の不安でもあった。
もしかして、
サメとガチバトルを繰り広げる、
トンデモ海洋モンスターアクション映画なんじゃ・・・


その予想は当たらずも遠からず。
昨今の「シャークネード」を始めとする、
トンデモB級サメ映画が定番となって久しいが、
そのお陰か、本作のメガロドンは割りとまともに見える不思議。
サイズこそ大きく誇張しているものの、
過去累々のモンスターパニック映画と並べられて問題ない。
むしろ荒唐無稽なのはジェイソン・ステイサム人間の方じゃ・・・
まぁそこは推して知るべしなので割愛。

ざっくりとした感想になるが、
中国市場を意識した要素がこれでもか!
キャストはもちろん、美術背景やエキストラ、劇伴などなど、
至る所からチャイニーズな不自然さを感じてしまう。
これは気になる人はとことん気になるだろう。
展開は有り勝ちな物で、先読みのし易さやツッコミ所も多い。

むしろ一般受けを狙ってだろうか、
ショッキングなシーンは殆ど見せず、
その為にメガロドンの恐怖がいまいち伝わり難い。
ただデカいだけ。
肝心のメガロドンのVFXも微妙。
全体像が掴み難く、姿を現しても一瞬で翻ってしまったりと、
魅せ方が下手過ぎて、メガロドンを堪能しきれず終わってしまった。

【ドルビーAtomos】
 舞台が海中と海上とあってか、
 あまり期待したほどのサラウンドではなかった。
 どうしても水中だとバプルがブクブクするだけだし、
 メガロドンも図体だけデカくてスクリーンを縦横無尽とはいかず。
 重低音は割りとしっかり入っているので、
 迫力と言う意味では不満無く。

あのジョーズを越えて、
サメ映画史上ナンバーワン興収となった本作だが、
中国市場、ジェイソン・ステイサム、大味ストーリー、
巨額予算大作、過激描写カットと、
まぁ一般大衆に向けたモンスターパニック映画として観れば、
大ヒットも頷けるだろうか。
観終えた後の感じが「ジオストーム」と被る・・・。

MEG.jpeg
どこかの映画評論家が言っていた事だが、
本作のヒット要因の一番は、
ポスタービジュアルの出来の良さに尽きるとかなんとか。
本編に同じシーンは全く無いのだが、
この一枚からメガロドンもろもろの想像が出来き、
かつ多くの興味を惹く素晴らしいビジュアルだ。


 
  



テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

2019.01.12 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 まとめ

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願いしますm( _ _ )m

2019年度 謹賀新年

不定期更新ですが、
アニメと映画をほそぼそと。
あと今月末に「BIOHAZARD RE:2」が発売。
暇を見てプレイする予定ー。



テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

2019.01.11 | Comments(0) | Trackback(0) | 未分類

«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販