FC2ブログ

一言映画感想 白鯨との闘い CAVE ケイブ ザ・ウォール

白鯨との闘い2015年/アメリカ

名著「白鯨」の元ネタになった海難事故の実話ベース。
海洋冒険やサバイバルアクションかと思ったら、
壮絶な漂流記もの。
「白鯨との闘い」なんて紛らわしいタイトルに釣られて勘違いしてしまう。
クジラと人間との壮絶な闘いを期待すると肩透かし。

前半はタイトルに違わないワクワク感があるものの、
後半の過酷な漂流記としては「ライフ・オブ・パイ」を思い起こさせる。

エセックス号の悲劇という実話をベースに描かれた本編と、
著「白鯨」は、そのエセックス号の悲劇をフィクション化した小説。
ひとつの海難事故を、フィクション・ノンフィクションの双方で、
何が描かれ、何が描かれなかったのか。
文字通りの”事実は小説よりも奇なり”

【ドルビーAtomos】
 なかなかの轟音で、嵐のシーンでは部屋中引っ掻き回される。
 後半は大人しくなりますが、
 サラウンドが寂しさを感じる事は無く、音響の素性の良さを感じさせる。




CAVE ケイブ2016年/ノルウェー

GEOアプリで”あなたへのおすすめ度72%”だったので、
果たしてどんなものか試しに。
タイトル通りのケイブものだし、
そうそうハズレは無いだろうと高を括っていたが・・・

元軍人だか何だかの男2女1の3人が未踏洞窟探検へ。
78分とかなり短い作品だが、
洞窟到着まで20分も消費し、
肝心の洞窟探検も大したスリルも無く、
洞窟にナニかやダレかが居る事も無く、ごく普通の男女関係のもつれオチ。
当然ビデオスルー作品(ノルウェー)
こんなB級クソ映画薦めてくるなよ!>GEO

【DD 5.1ch】
 ビデオスルー作品にも拘らずDD 5.1chサラウンドだったことに驚き。
 サラウンド感は薄いものの、無いよりはずっとマシ。




ザ・ウォール2017年/アメリカ

実在した37人のアメリカ兵を殺害したイラク最恐のスナイパー、
壁の向こうは生存確率0%
というキャッチコピーの予告を観て気になった作品。
ダグ・リーマン監督、製作はアマゾン・スタジオズ。

スナイパー映画と言えば名作も多い。
「アメリカンスナイパー」「スターリングラード」
「山猫は眠らない」「ザ・シューター/極大射程」

本作もシチュエーションはなかなか良さそうなのだが、
ヒシヒシと伝わる低予算感。
クールなスナイパーにあるまじき主人公のバカさ加減。
アクション要素も薄く、戦争映画として観ると肩透かし。
登場人物は実質1人のシチュエーションスリラーと捉えるべきか。

悪くは無いが、面白味に欠けるし、
暇潰しに配信映画に手を出すくらいならアリか。
わざわざレンタルする程ではない。

【DST-HD MA 5.1ch】
 終始吹き荒ぶ砂風、着弾から遅れてくる銃声音、
 あとは無線から聞こえる敵の声との応酬のみ。




     



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

2018.11.24 | Comments(4) | Trackback(0) | 映画 まとめ

一言映画感想 イット・フォローズ メッセージ ライフ

イット・フォローズ2014年/アメリカ

なんでもかなり怖いと評判の?新感覚ホラー。
予告PVを観る限り、結構面白そう(怖そう)だったので、
期待してみて観たのだが・・・

前半は割りと期待通りの内容だったのだが、
後半になるにつれ斜め上の展開に・・・
アレ?これってそういう話だったの?的な。
これともの凄く良く似た感覚の映画があったなぁ、
IT/イット
もうあとは察しろ、、、レベル。

ちなみに、”ソレ”についての言及は無いのだが、
誰がどう考えても”エイズ(HIV感染症)”の比喩。
ただし製作サイドではこれを否定。
いや、エイズだよ、どう考えても。

【DD 5.1ch】
 広がりに乏しく、ドンシャリ気味のロッシーDDな音響サラウンド。




メッセージ2016年/アメリカ

ばかうけ型宇宙船に乗ってエイリアン襲来!?
個人的には柿の種に見えたんだけど?

この手の未知との遭遇的なSFモノは割りと好物。
侵略系ならVFX映像凄ければ割りと見られる。
コンタクト系は雰囲気重視なので、
結構な確率でトンデモ映画があったり警戒が必要。

でもって本作。
雰囲気抜群の劇伴に乗せた未知なる遭遇との意思疎通とか、
かなりゾクゾクさせられるし、
鶏が先か卵が先か、みたいな哲学的な要素とか、
未来の運命が分った上での選択とか。
観終えた後に色々考えてしまう系。
また2度観すると印象が変わるタイプ。
エイリアンとのアプローチの仕方にあのリアリティあるのか、
そもそもエイリアンの回りくどいやり方に少々疑問が浮かぶのも事実。

【DST-HD MA 5.1ch】
 アカデミー音響賞を受賞しただけあってサウンドデザインは秀逸。
 冒頭から飛び交うヘリや戦闘機などかなり鬼気迫る音響。
 また前衛的な劇伴で不気味さを煽ったりと、
 サラウンドでの盛り上げが半端ない。
 ただソニピクお決まりの低ビットレート音声(2Mbps前後)がネック。
 レンジ幅がやや狭いというか、寸での部分で頭打ち感。




ライフ2017年/アメリカ

「エイリアン」+「ゼロ・グラビティ」÷2か??
いやなんかもっと似たようなSF映画があったような…。
「アビス」とか「スプライス」とか「サンシャイン2057」とかそんな感じの…。

とにかく既視感の強い未知の生命体系SF映画
それが良くも悪くも。
新鮮味無いと捉えるか、安心感あると捉えるか。
宇宙船の浮遊感や豪華キャスト陣など、
B級の皮を被ったA級映画か?!
ただしオチが最もチープ。

【DST-HD MA 7.1ch】
 宇宙空間における浮遊感や閉鎖感など、
 サラウンドとしての役割は大きく、聞いているだけで楽しい。




     



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

2018.11.17 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 まとめ

一言映画感想 ザ・マミー/呪われた砂漠の王女 ロスト・バケーション ゾンビ・サファリパーク

ザ・マミー/呪われた砂漠の王女2017年/アメリカ

ユニバーサルスタジオの古典モンスターをリブートさせた、
ダーク・ユニバースシリーズ。
ディズニー、マーベルの”アベンジャーズ
ワーナー、DCコミックスの”ジャスティス・リーグ
そしてゴジラとキングコングの”モンスターバース”
なるほどゲームでいうところの、
ファミコンジャンプ(最近ならJスターズ ビクトリーVS)みたいな感じか?
コナミワイワイワールドとか、ザ・キング・オブ・ファイターズとか。

さて、本作の内容だが、
せっかくトム・クルーズ主演にも関わらず魅力が薄い。
そもそもマミー(ミイラ)なのに、
舞台がイングランドってどういうセンスしてるんだぁ?
これならハムナプトラの方がよっぽどマミーマミーしてるし、全然面白いぞ。
正直、トムが主演じゃなかったら見向きもされてなかったと思う...

【ドルビーAtomos】
 序盤の墜落シーンなど主に前半に聴き所が多く、
 後半になるにしたがって大人しくなる印象。
 もう少しサラウンドさせても良かったのでは。




ロスト・バケーション2016年/アメリカ

ちまたで話題になった?モンスターパニック定番の「サメ」映画。
もちろん”○○シャーク”とか言って、
頭が二つあったり、空を飛んだり、メガだかギガだかメグだか、
超巨大化したり、ロボ化したり、はたまた宇宙にまで飛び出したり...
といった奇想天外・超B級映画っぷりでは決して無く、
ジョーズ」や「オープン・ウォーター」のような普通にリアルなサメ映画。

とてつもなく綺麗なプライベートビーチを独り占めでサーフィン中に、
サメに襲われてしまい、そこからカモメと一緒にサバイバル劇。
どうやらこのカモメはCGではなく本物らしい。
カモメ、すげー演技!
サメよりも殆ど岩礁の上でのサバイバル劇なのだが、
寸での所で試行錯誤するので飽きずに楽しめる。

【DST-HD MA 5.1ch】
 画質の超絶綺麗さに比べ、音響サラウンドは平凡か。




ゾンビ・サファリパーク2015年/イギリス・スペイン

ゾンビ+ジュラシックパークみたいなC級映画かとスルーしそうなタイトルだが、
あちこちで割りと高評価のご様子。
確かに内容はまんまゾンビ版ジュラシックパークなのだが、
意外としっかり作り込まれた良作ゾンビ映画?

前半はやたら意識高い系の情感たっぷりBGMに乗せた風景カットなど、
かなり退屈なシーンが続く。
中盤になってようやくゾンビ開放から、
1人...また1人...と犠牲者が出るテンプレを外さないお決まりの流れ。

意外性も無ければ、せっかくのサファリ設定も活かせてないし、
ツッコミ所も多いのだが、
映像や演出、特殊メイクといった面での出来が良いので、
ゾンビものが好きなら興醒めする事無く楽しめるだろう。

【DD 5.1ch】
 それなりに予算を掛けられている映画なので、
 サラウンドもしっかり感じられる出来。




     



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

2018.11.10 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 まとめ

一言映画感想 エイリアン: コヴェナント 君の膵臓をたべたい この世界の片隅に

エイリアン: コヴェナント2017年/アメリカ

リドリー・スコット監督御大による、
エイリアン前日譚の続編、1作目。
は?前日譚の続編なのに1作目?
どうやらコヴェナントがエイリアン前日譚3部作の1作目という位置付けになったようで?
それって4部作って言うんじゃ・・・w

兎にも角にも前作のプロメテウスは必見であり、
ほぼほぼ続きの10年後の話。
エンジニア(創造主)を掘り下げてくるのかと思いきや、
エンジニアの作りし人間、その人間の作りしアンドロイドが主軸。
この辺りのテーマは割りと好みでしっくり来る部分もあるが、
コヴェナント号の乗組員のお粗末さにやきもき。
素人集団か何かと勘違いしそうなアホっぷり。
これじゃ全滅させられても仕方ないよね。

【DST-HD MA 7.1ch】
 前作が派手で凄い音響だったので身構えて視聴したけど、
 そこまで派手じゃないかも。
 後方からの情報量は豊富で一切の不満無い。
 エンドロールにドルビーアトモスの文字・・・





君の膵臓をたべたい2017年/日本

アニメで大人気の「リゼロ」や「このすば」といった、
同じ”なろう系”発の「キミスイ」
当然アニメも放送予定されている。

正直、この手の”不幸からのお涙頂戴感動モノ”は食傷気味で、
案の定、「セカチュー」だの「恋空」だのによく似ている。
 (ジャンルは違うが「君嘘」にも似てる)
別に嫌ってる訳でもないし、結局泣かされてしまったのも事実。
むしろ好きな方だと思う。
ただ目新しさや、斬新なアイディアとかがある訳でもないので、
どうしても過去の類似作品の焼き増し感。
テンプレありきで登場人物や舞台が違うだけ。
まるで異世界転生(召喚・転移)のようだ・・・
そういった類似作の初見だったり、
もしくはそういったモノと割り切って観れば十分楽しめるんじゃなかろうか。

あの突然の死は別にあれじゃなくて、普通に事故死とかで良かったんじゃ?
なんとなく不快感が残るし、あれじゃ報われなさ過ぎてつらみ。
ちなみに、ヒロインの浜辺美波
可愛いな、可愛いな、と思ってたら、
実写ドラマ版「あの花」のめんま役だった。

【ドルビー TrueHD 5.1ch】
 ごくごく普通。
 セリフ中心のドラマ音響。





この世界の片隅に2016年/日本

クラウドファンディングで資金調達し製作されたアニメ映画。
著名人による絶賛の嵐、SNSで徐々に話題になり館を拡大。
2016年度、空前の大ヒットとなった「君の名は」を差し置いて、
邦画界の各映画賞を総なめにした本作。
この年は他に「聲の形」もあったりでアニメ映画当たり年で凄かった。
 (庵野秀明の「シン・ゴジラ」も話題になったし)

戦時下の日常をユーモアを交えて、
ちょっとトロい主人公すずの視点で描かれる。
一つ一つ丁寧に描かれる当時の生活感、
時折、アニメーションらしい演出表現で描かれ、
「君の名は」とはまた違ったリアルさがある。

戦争映画だからと言って力んだりとか、
押し付けがましさも無く、
割りと淡々と?ひょうひょうと?描かれているので、
不思議と内容に引き込まれ、
自然と感情移入出来るような作り。

一部の大絶賛評価や、反戦がどうのなど関係なく、
身構えず多くの人に観て貰うべき作品かも。

【ドルビーTrueHD 5.1ch】
 サラウンドの広がりはそこそこ。
 派手さは無いが、セリフや効果音一つ一つが自然で聞き易い。
 また劇伴もクリアで聞き応えある。




     



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

2018.11.03 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 まとめ

«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販