FC2ブログ

2018年秋季開始の新作アニメ:途中経過(3話視聴)

この時期は0話切りも含めて、
取り敢えず1~3話くらいまで様子見で、
数こなさなきゃなので大変。
しかも今期は豊作ざっくざくなので、
視聴継続のラインを上げなきゃ見きれなさそうな嬉しい悲鳴?

今期はほぼほぼ前評判通りの出来ながらも、
期待を上回ってきた作品もちらほら。
SAO3期、ゴブスレ、グリッドマンあたりは鉄板。
青ブタ、やがて君になるが期待以上だった。
ゾンビ、色あすは今のところ面白いけど、今後の展開次第かな~。
禁書、ジョジョ、ゴールデンカムイはキープするとして、
リリスパ、転スラがやや期待を下回る出来。
ジュリエット、となり吸血鬼は見ても見なくてもって感じなので。

どうでもいいけど、
ゴブスレ、転スラ、SAOの今期ゴブリン推し!


~視聴継続~
ソードアート・オンライン アリシゼーション
1年クールの壮大な章だから、
序盤はどうしても世界観説明に徹して話が進まない。
まぁ長いスパンで楽しめるので良しとしよう。
つか、本作からフルHD制作に変わった??(劇場版からか)
ちなみにフルHD制作、今期で言えばSAOとツルネだけ。

ゴブリンスレイヤー
噂どおりの作品。
1話のバズり具合は凄かったけど、
以降は過激シーンはそんなにない?
作りは丁寧だし、異世界ファンタジーしてるし、結構面白い。

SSSS.GRIDMAN
ダリフラでやらかしちゃって、
正直トリガー期待してなかったんだけど、
(しかも昔の特撮のアニメリメイク)
いやいやどうして面白いじゃないですか!
展開も抑揚があってテンポも良い。
キャラもすごく立ってるし、劇伴も◎。
作画もかなり力入ってる。
あとは謎とか伏線も結構ありそうで今後も楽しめそう。

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない
化物語+俺ガイル? ココロコネクト+俺ガイル? ハルヒ+俺ガイル?
思春期症候群。
不可思議な現象で描くセカイ系+青春群像。
こういうネタけっこう好きです。
いや大好物です。

やがて君になる
百合アニメと高を括っていたけど、
百合どうこう前に恋愛ものとしてしっかり作られていて、
それが百合ってだけ。
これが普通に男女の恋愛ものだったら見てなかったし、
百合百合してても見てなかった。
こういうのも悪くないね。


~今後の展開次第~
ゾンビランドサガ
色々とツッコミ処はありながらも、
ノリと勢いのカオスなギャグアニメってのは予想が付いてた。
それが肌に合うのか、面白く笑えるか。
今のところは十分楽しめてる。
ちょっと宮野ゴリ押しな部分もあるけど・・・。
今後はどう展開していくんだろうか。
やっぱアイドル路線で突き進むのか?

色づく世界の明日から
今のところ当たりの方のPAかな。
ちょっとトンデモ設定雰囲気なグラスリップも有り得そうだけど…。
色盲ヒロインが色を取り戻す~みたいな感じで、
カラフルな絵画が飛び出すシーンはすげぇ~魅入っちゃった。
あとは今後タイムリープ要素をどう絡めてくるのか。
ただの青春恋愛ファンタジーものじゃないことを祈ろう。

ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風
大人気と噂の5部。
この辺りからスタンド能力が大雑把というか面倒くさくなった印象。
原作知らないんで、いちおう最後まで見てみるつもり。

とある魔術の禁書目録III
前作から8年?
もうすっかり忘れている部分も多いし、
めんどくさい厨ニ設定の説明も右から左。
たぶんそれでも何となく楽しめると言うか、禁書ってそんなもんでしょ。
今後、超電磁砲3期の繋がりも含めて見ておくだけでも。

ゴールデンカムイ 第2期
やっと話が進んできて面白くなった?
つか、アイヌネタとアシリパの顔芸無い方が面白いんじゃ?

からくりサーカス
キャラデザとキャストのせいか、
かなり古臭い時代臭がするのがちと辛い…。
今の所はわりと丁寧に作られてる?


~未だ切るかどうか未だ悩み中~
RELEASE THE SPYCE
どうしてもプリプリと比べてしまう。
こちらも悪くは無いけど、見劣り感は否めず。
スパイスが足らないというか、タカヒロ要素が薄い。
メインキャラの裏切り?いや死ぬまであるでしょ、1人と言わず半数くらいw

転生したらスライムだった件
鳴り物入りアニメ化だった割りにイマイチぱっとしない。
2クールゆえの余裕なのか、テンポ悪い。
1話ドラゴンとのおしゃべりだけって・・・。
いちいちスキルの説明とか、主人公のしゃべりもウザったい。
今後は人型になってチートしまくるスライム要素ゼロってのも・・・。
全体的にヌルいというか、ユルい?
キッズ向けっぽい雰囲気。
ゴブスレに比べどう差が付いたのか。
原作力というより、制作スタジオの地力の差かな。
ナイツマかリゼロの差。


~もう切った~
寄宿学校のジュリエット
ニセコイっぽい秘密()のドタバタラブコメか。
かやのん可愛いし、ぜんぜん見れるけど、
今期は見るもの多いからあえて見なくても。

となりの吸血鬼さん
ガヴリール + きんモザ
毒にも薬にもならない日常系か。
夏なら見てたな。
秋は見るもの多・・(ry

DOUBLE DECKER! ダグ&キリル
ギャグ寄りのバディ刑事もの。
タイバニの二番煎じ。
シリアス路線なら見ても良かったんだけどなぁ。

走り続けてよかったって。
うーん、ハニーワークスの恋愛ものって感じ。

ツルネ ―風舞高校弓道部―
あぁもう1話観ただけで分るわ、女性向けアニメって。
キャラがね・・・ちょっとね・・・
もし女キャラで作り直したら全力で観てたんだろうなって。

INGRESS THE ANIMATION
なんかそれっぽい雰囲気と凝った世界観。
フル3DCGの作画も悪くは無い。
けどゲーム原作なので期待出来なさそう。
ちなみに原作はナイアンティック制作の位置情報AR陣取りゲーム。
ポケモンGOみたいなもん。

RErideD-刻越えのデリダ
物語としては最近良く見る、時空を越えたタイムループもの?
ただ色々と雑過ぎて1話から視聴すら辛い。

CONCEPTION
なんだこれ(´・ω・`)

メルクストーリア
キュキュキューじゃもなのですー。
日本語でおk。
そういうのは深夜じゃなく夕方にやれ。

ソラとウミのアイダ
無茶苦茶展開、棒演技、ソシャゲ要素がイミフ。
視聴した中で今期ワーストがこれ。



テーマ:アニメ・感想 - ジャンル:アニメ・コミック

2018.10.24 | Comments(4) | Trackback(0) | .アニメ関連 2018年

一言映画感想 22年目の告白-私が殺人犯です- キング・アーサー ゴースト・イン・ザ・シェル

22年目の告白-私が殺人犯です-2017年/日本

韓国映画の邦画リメイク版。
時効を迎えた連続殺人事件の犯人が22年後に名乗り出る。
殺人犯、警察、マスコミを巻き込んでの三つ巴で頭脳戦?
軽快なテンポと息を呑む展開に序盤は釘付け。
終盤はやや荒っぽいが、割りと満足度は高い。
藁の楯」と「悪の教典」を足して2で割った感じか?
ただ設定が設定だけにツッコミ所は多し。

個人的に特に気になった2点。
まず事件から22年の歳月。
連続殺人犯なので当時推定年齢30歳前後が妥当だろう、
そこへ22年の歳月を足すと”52歳”くらいが現犯人年齢になるはず。
藤原竜也(36):どうみても年が合いません。
伊藤英明(42):むしろ当時20歳(22年前)の新米刑事に違和感。
仲村トオル”(52):←ネタバレの為伏せますが、年齢ピッタリですねー。

もう一つは、殺人犯という証拠が手記のみで決定力・説得力不足。
年齢の事もあり、最初からモヤモヤしたものが付き纏う。
ま、この手のサスペンス映画なんて、
「私が殺人犯です!」なんて、どうみても嘘バレバレなんですけどね。

【DST-HD MA 5.1ch】
 ドラマベースなのでサラウンドは大人しめだが、
 要所で劇伴をケレンミたっぷりにサラウンドさせる感じ。
 邦画に有り勝ちな篭り感もなく、クリアな音質。





キング・アーサー2017年/アメリカ

ガイ・リッチー監督による、
アーサー王をめぐる伝説をベースにした爽快無双アクション・ファンタジー。
血湧き肉躍る壮大な歴史スペクタクル大作(リドリー・スコットっぽい)ではなく、
聖剣と魔術と異界の魔物のファンタジー世界
ガイ・リッチーお得意のハイスピード撮影のオンパレード。
3D映画の為のCG感たっぷりの舞台。
なんでも6部作の長編物にしたかったらしいが、
ハリウッドで最も大赤字を出した映画とされ、たぶん次はもう無いだろう。

【ドルビーAtomos】
 かなり音圧の低いサウンド。
 正直、アトモスと言われても分らない。
 それもそのはず、エンドロールにアトモスの文字は無い似非アトモス。





ゴースト・イン・ザ・シェル2017年/アメリカ

言わずと知れた原作・士郎正宗、監督・押井守による、
『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』の完全実写化。
日本の漫画・アニメの実写映画化は否定的な意見が大多数。
中でもキャスティングが問題視される事も多く、
特に人種変更は世界観すら改変してしまうので尚更。

本作も草薙素子役にスカーレット・ヨハンソンをキャスティングし批判された。
でもまぁあまり原作に興味の無い私からすれば別にどっちでもいいかな。
内容も同様に、
原作ファンからすれば相違点が気になるだろう事も理解出来るし、
映画なりのの原作愛を持ってキチンと作られているのも見て取れる。
だからこそ言わせて欲しい。
もともと実写向きじゃないんじゃね・・・

と言うか、
この世界観はやっぱりアニメならではの表現であって、
これではハリウッド映画で良くある近未来SFとそう大差ない。
出来は悪くは無いし、映像もそこそも見応えあったけど、
わざわざGITSを実写化した意味を考えると・・・微妙なところ。

【ドルビーAtomos】
 なかなか聴き応えのあるサラウンド音響。
 近未来のごちゃっとした街の喧騒やメタリックな?雰囲気とか、
 如何にもサラウンド栄えしそうな空間が広がる。
 重低音もなかなかで、後半はやや盛大ななりっぷり。




     



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

2018.10.13 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 まとめ

一言映画感想 10 クローバーフィールド レーン 13時間 ベンガジの秘密の兵士 キングコング: 髑髏島の巨神

10 クローバーフィールド レーン 2016年/アメリカ

あのお騒がせ映画、クローバーフィールド/HAKAISHAの続編だとかなんとか。
それ自体が伏線(ミスリード)になったネタバレ厳禁な内容。

ほぼ全編通して地下シェルター内での密室スリラー。
疑心暗鬼と散りばめられたヒントで二転三転、トンデモ展開へと。
前作?と繋がりがあるのか無いのかも含めて前作ありき
ただしPOV撮影ではなく、通常のカメラ撮影。

【ドルビーAtomos】
 これには度肝を抜いた。冒頭ものっ凄い音。
 中盤ちょくちょく天井付近からのサラウンド。
 そして終盤の激しく唸る重低音。
 内容的なのも相成って、トムクルーズの宇宙戦争を彷彿。




13時間 ベンガジの秘密の兵士2016年/アメリカ

あのマイケル・ベイ監督作品なのに、
なぜ日本では劇場公開されずビデオスルー??

確かに実際に起きたアメリカ在外公館襲撃事件を題材とした内容で、
マイケル・ベイお得意の大味ドラマを封印し、
真面目に描いた戦争映画なので受けはあまり良くないとは思うけど、
下手なアクション映画よりもよっぽど凄い戦争映画が観られるかも?
CGに頼らなくとも、圧倒的な物量で見せる映像演出は流石。
にしても、邦題のサブタイトルのセンスの無さは異常だろ・・

【ドルビーAtomos】
 戦争映画らしく縦横無尽に飛び交う銃弾、
 距離感を伴う広い空間表現。
 目を閉じればそこは戦場の真っ只中。




キングコング: 髑髏島の巨神2017年/アメリカ

観終えてから知ったのだが、
怪獣映画を同一世界観のクロスオーバー作品として扱う、
”モンスターバース”シリーズの第2作目。
1作目は渡辺謙主演のリブート「GODZILLA ゴジラ
3作目「Godzilla: King of Monsters」(2019年)
4作目「Godzilla vs. Kong」(2020年)が製作中?
更には「パシフィック・リム」ともクロスオーバーさせる案もあるとかないとか。
なるほど、マーベルのアベンジャーズみたいな怪獣版と思えば良いのかw

さて感想だが、
なんだろう今時の映画なのだろうか。
映像ありき、素材ありきのチープな脚本で、物語の掘り下げが足らない感じ。
よくポップコーンムービーと言われるが、
それでも観終えた後の満足感はあったはず。
なのに本作にはそれが薄く、時間が経てば忘れてしまいそうな気がする。
コングを出し惜しみせず、迫力ある映像をガッツリ見せてくれているのだが、
ただそれだけ。
ワクワク・ドキドキ感がないんだよねー。
恐竜や巨大生物は大好物な私ですが、これは食指が動かず。

あとサミュエル・L・ジャクソンがいると、
B級感が増し増しなのは気のせいじゃないはず!w
個人的にはピータージャクソン版の「キング・コング」の方が好きです。

【ドルビーAtomos】
 こちらにも期待していたのだが、思ったほどじゃなかった。
 序盤は全方位型のサラウンドに胸が躍ったけど、
 レンジ幅が狭いというか、コンプで潰されたような音。
 もしかするとアトモスだけど48khz/16bit収録なのか?
 サラウンド音響としては悪くないが、アトモス音響としては物足りないかも。



     



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

2018.10.06 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 まとめ

2018年夏季開始の新作アニメ:総括

夏アニメの総括。
放送開始から、日に日に録画予約が減っていくのが実感出来た。
序盤から駄目さを感じるアニメって、
終盤に巻き返すことはまずあり得ない。
むしろそういった作品は途中から作画崩れが起こり易い。
だから夏アニメも躊躇無くバサバサ切り落していってスッキリ。


 (満足度順)
~~~完走~~~
ハイスコア
 著作権問題で5年も延びて旬も過ぎたと思ってたけど、
 ニンテンドークラシックとか、ネオジオミニとか、PSクラシックとか、
 復刻ブームとタイミングとんぴしゃ。
 ゲーム世代的にも、ラブコメ的にも合ってて良かった。
 続きはOVAとNetflix配信。 なんと卑怯なっ・・・
 そこは「ハイスコアガール’」とか「ハイスコアガール TURBO」で、
 どうどうと2期にすべきだろうが!

あそあそ
 夏アニメで一番の収穫。
 何処かの誰かが言ってた、”汚いゆゆ式”
 まさにその通りで、もう毎回腹抱えて笑ってましたw
 何回か腹がよじれるくらい笑ったのほんと久しぶり。
 ヒナまつりといい、最近ギャグアニメきてるのか?

進撃
 秋も継続だけど、
 まぁ言われていた通りの後付け感、ご都合主義間。
 人類の記憶を改変って・・・
 こんな究極のご都合設定、俺は他に知らないぞ...
 ぽっと出のキャラ(ケニー)も別にいらなかった。
 後半の巨人バトルにご期待。

シュタゲ0
 春からの継続。
 23話(無印)から分岐し、無事に23話へと繋ぐ物語。
 後付けながらも、何度かおっ!と思える逆伏線があったりで、
 熱く盛り上がったシーンも。
 ただやっぱり蛇足だよね、
 結局はBTTF2のネタをやりたいが為に作ったような話。

異世界魔王
 ありふれ異世界テンプレかと思ったけど(いや実際そうなんだが)
 割りと好感持てる主人公(これ大事)と、
 バランス良い展開に序盤は面白かった。
 が、中盤以降がやはりダレダレ気味。

スタァライト
 ウテナとか生存戦略とか暗喩表現の幾原邦彦っぽいのを、
 今風にアイドル(舞台)にしてやりたかっただけ?
 キャラと作画は良かったけど、内容が微妙だった。

ヤマノススメ
 元祖ゆるふわアウトドアアニメ。
 終盤ちょっとギクシャクしちゃってたけど、
 15分で観易くてよかった。
 ED曲がすごく好き。

ゴクドルズ
 まさか最後まで完走出来るとは思ってもみなかったw
 低予算紙芝居の顔芸&キャスト熱演のゴリ押し。
 まぁそこそこ面白かったですまる。


~~~途中断念~~~
はたらく細胞(6話くらいまで)
 ちまたの盛り上がりと裏腹に・・・
 ネタは良いんだが、毎回ワンパな展開と、オーバーアクション。
 ちょっと視聴ターゲット層からズレてました。

七星のスバル(4話まで)
 あの花オンライン。
 キャラは悪くなかったんだけど、
 回りくどくてご都合主義なありがち展開。
 色々ツッコミたくなる設定も、たぶん原作からして糞なんだろうな・・・。

ぐらんぶる(4話くらい)
 もうホモだし、暑苦しいし、
 切るつもりで4話くらいまでずるずる観ちゃった。
 笑えはしなかったけど、ギャグのノリは嫌いじゃなかったかも。

ゴネランド(3話まで)
 シュタゲというよりわれめて。
 これみよがしの伏線()、謎()
 別段おどろきは無いし、期待も持てず。

はねバド(3話まで)
 言うなれば、
 居心地の悪いスポ根。
 スカッとしないスポ根。
 なんかモヤモヤするスポ根。

バナナ(2話まで)
 あからさまなホモがキツかったのと、
 やっぱり原作の古さを感じる。

殺戮(2話まで)
 なんだろう、製作サイドのオナニー。
 どにしかして面白くしようという気概が全く感じられなかった。

はるかな(2話まで)
 キャラブヒとスポ根が合わない。
 毒にも薬にも感じられなかった。

すのはら荘(2話まで)
 何番煎じかもう分らんポルポル日常アニメ。
 どうも色彩が薄く白っぽい画面のアニメは観難くて好きになれない。

音楽少女(2話まで)
 音楽がメインのアイドルアニメで少しは期待してたんだけど、
 まるで内容が入ってこなかった。
 キャラも数いるくせに薄いし、表面的な展開とか、もう飽き飽き。

トネガワ(1話切り)
 くうううっ いいんです!
 ナレーションのせいで台無し。
 いやそこまで内容あるわけでもないけど。

ハピシュガ(1話切り)
 今更な安っぽいヤンデレ+残酷描写。
 こういうのに初めて触れる人向けなのかな。



テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

2018.10.01 | Comments(2) | Trackback(0) | .アニメ関連 2018年

«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販