なぜ無理っぽい漫画の実写化が続々と作られるのか?

『鋼の錬金術師』なぜ今実写化? 曽利監督「自信があるから踏み切った」
9bf13297_1309947747771s.jpg

曽利文彦監督は“生きていくことの真実”を描いた原作に深い愛情を持ち、

「このすばらしいストーリーを映画化するのが
 自分の悲願でもありますし、
 このために生きていると言っても過言ではない」


「ファンの方たちに十分満足していただけるものをお見せできると思う。
 アルフォンスに自信があるから、映画化に踏み切ったと言える」


「日本人ですと言うような表現は一切ない」と断言し、
漫画の世界観を再現することにこだわる。

「あ、エドの年齢は原作の15歳から

 20歳前後に変更しますね^^」



・・・・えっ!?





「ジョジョの奇妙な冒険」空条承太郎役に山崎賢人で実写化決定?

 “実写映画化説”が浮上しては消えていた『ジョジョの奇妙な冒険』(集英社)だが、
ついに2018年、実現することが決定したようだ。
主演は現在“最もマンガ実写化に適した俳優”と称される山崎賢人が務めるという。
3950558i.jpeg
             
yamazakikento.jpg

・・・えっ!?




【某超映画批評】
2004 デビルマン  2点
2004 CASSHERN 15点
2007 魁!!男塾  20点
2010 宇宙戦艦ヤマト 30点
2013 ガッチャマン  4点
2014 ルパン三世  3点
2015 進撃の巨人 30点
2016 テラフォーマーズ 4点
2017 鋼の錬金術師 New Entry
2018 ジョジョの奇妙な冒険 New Entry



テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

2016.05.29 | Comments(6) | Trackback(0) | 未分類

第70回 ブログDEロードショー

今月もやってまいりました、
ブログ DE ロードショー

今月のお題は「映画に愛をこめて アメリカの夜」
         (1973年フランス・イタリア製作、フランソワ・トリュフォー監督)
問題だらけのスタッフたちを抱えて始まった、映画撮影の風景を描いた作品。


日程は6月3日(金)~5日(日)です。
各自の都合の良い日時に鑑賞します。
後日でもおっけーですけど、フライングはご法度です(・_・ゞ
感想・レビューは強制ではありませんので、
観るだけ観てみて、感想はパスしても構いません。
もちろんブログを持っていない方のご参加もOK~。
もし興味がある方がいらっしゃったら、是非とも一緒に参加してみましょう!



テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

2016.05.29 | Comments(0) | Trackback(0) | ブログdeロードショー

押井守監督の新作映画『ガルム・ウォーズ』

「機動警察パトレイバー」などで知られる
押井守監督の最新作ガルム・ウォーズが20日から公開。
構想約15年という大スケールの作品で、
アニメと実写が融合された幻想的で美しいビジュアルや
外国人俳優を起用したオール北米ロケなども話題を集めている。

日本語版プロデューサーとしてスタジオジブリの鈴木敏夫さんが参加し
「魔法少女まどか☆マギカ」などの虚淵玄(うろぶち・げん)さんが宣伝コピーを担当。
33_20160520212524f4as.jpg

やたらめったら幻想的で抽象的なビジュアル世界だけど、
結局はクローン戦争とかループ世界から抜け出す話っしょ?w
なんかもう色々と押井守って感じでアレですわ・・・

構想15年!
制作3年!
上映2週間!(キリッ


本編2時間!
話題性20分!(ドヤッ


制作費20億円!
興行収入****(察し




テーマ:映画関連ネタ - ジャンル:映画

2016.05.23 | Comments(4) | Trackback(0) | 未分類

2016年春季開始の新作アニメ:中盤折り返し

春アニメもようやく半分。
ここまで来ると大体の内容や出来が掴めてくるから、
既に切った作品以外は最後まで完走するだろう。
言い換えれば6話までに面白くなっていない作品は、
大抵、終盤の爆上げは期待出来ない。
もちろんクライマックスの盛り上がり方や、
結末のオチ次第で評価は変わるかもしれないけど、
そういった作品も半分までくれば大体想像が付く範囲内。
今期で言えば「はいふり」の爆上げはもう無いな。
あ、2クールです!ってなら話は多少変わってくると思うけどw
むしろ心配なのは終盤のトンデモ展開とか投げっ放しで終わる事。
これがあると一気に評価が下がるから困る。
「はいふり」は微妙にコレに入ってるからまだなんとも・・・

6話まで見終えた感想おば。
 (良かった並べ順)

~~~毎週楽しみ~~~
Re:ゼロから始める異世界生活
1291_re-zero_.gif
ヤバい、回を重ねるごとに面白さが増してくる。
毎回引きの上手さがバツグンだし、
むしろラスト3分だけ見ればよくね?なんて。
ループ物の魅力ってやっぱり、
相手が繰り返してきた日常の記憶が残っていないっていう切なさなんだよね。
リゼロも初回でエミリアたんとデートしたのに、
ループでなかった事どころか、今ではデートの約束すら困難な状況に。
それでもめげずに頑張るスバルは健気だなぁと。
うん、主人公がウザいんじゃなく、
作者が透けて見えちゃう回りくどい言い回しがウザいんだわ。
まぁこの辺がラノベらしいっちゃらしいんだろうけど。

キズナイーバー
1291_kiznaiver.jpg
あぁやっぱりこういうの好きだわ。
キッカケひとつで関わりが無かった人達が繋がる青春群像劇。
ココロコネクトとか、ここ叫とか、さくら荘とか。
この手の話はマリー得意分野だし、今後も安心してみていられそう。

甲鉄城のカバネリ
1291_kabaneri.jpg
主人公側と侍側が共闘する王道展開はやっぱ燃える。
年齢不相応なチート無名ちゃんもキャラに血が通い始めたし、
物語を後押しする作画や劇伴も含めた演出も見応え十分。
ようやくエンジンがかかってきた感じ。
唯一の不満はワクワク感が無いって事だけかなぁ・・・
つか、12話で完結出来んのこれ?

ふらいんぐうぃっち
1291_flyingwitch.jpg
微笑ましいばかりの癒しの日常。
悪意が存在しない平和な世界。

ハイスクール・フリート
1291_hai-furi.jpg
世界観から何となく予想はしていたけど、
やっぱり物体X的なSF要素になってきたか。
ただ媒体がネズミで、
晴風にはたまたま猫が乗っていたから難を逃れた~って安易過ぎやしませんか?
あんまり猫との絡み少なかったし・・・っと思ったら、
船員の名前がネコっぽい名前多い件。
(ミケ・タマ・シロ・リン・モカ・ミー・メイ・モモ・ココ)
キャラ日常とシリアス海戦のギャップは面白いけど、
少しテンポが遅い気も。
・・・もしかして2クールって事は無いよね??
あと音響バランスの悪さどうにかならんかね。
セリフとBGMと効果音どれもエフェクトかけ過ぎて聴き難い。
ただでさえ作ったアニメ声で耳がキンキンするってのに・・・


~~~退屈はしない~~~
ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?
1291_netogenoyome.gif
清々しいほどにラノベ展開。
こういうの安心感があって見られる。
ネトゲや2chネタがたまにお、おう・・・ってなるけどw
どうしてこうなったのイメージは葉っぱ隊だと思ったんだけどなぁ。

ジョーカー・ゲーム
1291_jokergame.jpg
謎解きとスパイ活動もそろそろ慣れてきちゃった?
毎回主人公が変わるからキャラには慣れていないんだけど。
単発で楽しめてはいるけど、そろそろ本筋の話も・・・

坂本ですが?
1291_sakamoto.jpg
さすがに出オチの失速感は否めない。
ギャグの当たり外れもあるから何とも言えんが、
相変わらずキャストは豪勢。

くまみこ
1291_kmmk.gif
ちょっとマンネリ化してきちゃった?
まちちゃん可愛いんだけど、毎回泣いてばかりだし、
ちょっとオツムの足りなさ具合もドン引きレベルに・・・

クロムクロ
1291_kuromukuro.jpg
すごく丁寧にやって悪くは無いんだけど、話が全然進んでないんだよねぇ・・・
っと思ってたら2クール作品でしたか、やっぱり。
ロボ物、つーか時代SF物?としては王道展開だから既視感拭えず。
CG作画はすごく頑張ってるけど、ロボデザが壊滅的にダサいw
PA作品はどうも刺激と言うか冒険心が足らない気がする。
どうせやるならブブキぐらいぶっ飛んだ話をやった方が面白い気がするw


~~~時間があれば~~~
ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない
1291_jojo-4.jpg
4部の序盤って面白スタンドばっかりだなw
でも能力の使い方次第ではチートに成りかねないのに、
スタンド使いがバカばっかりで助かったーw
1話完結でオチや流れも無駄なくスムーズ。
3クールの長丁場。

三者三葉
1291_sansyasanyou.jpg
どうもこの三葉、仲が良いように見えないからなのか、
キャラに魅力を感じない・・・
逆に薗部さんや西山さんが絡んでくると面白く感じるんですけどね。
あと味がしない、今時っぽくないのは百合成分が無いからかな。


~~~切るタイミング逃し~~~
ばくおん!!
1291_bakuon.jpg
しょーもない話か露骨にエロに媚びた下品な話しかねーw
なによりキャラが全然魅力的じゃないのがツラい・・・
え?バイクの話?
んー、あんまり興味ないかな。

迷家‐マヨイガ‐
1291_mayoiga.jpg
続きは全く気にならないけど、オチが気になってしょうがないw
もしかしてこれ、ひぐらし系のオカルトオチなんじゃ・・・?
そうなると考察とか無意味なんだよね・・・(何でもアリになっちゃうから)
でもまぁ、こはるんがどう考えても怪し過ぎでしょ。
つか、テンポが悪いな。
ここまでの話を3話でまとめるべき。
各キャラの過去背景なんてダイジェストでサクっと見せれば十分だろ。
毎回引きの為に謎に謎の上塗りするばかりで、一向に話が進んでいない。
それでいてどうでもいい掛け合いのセリフが多くて。
あと主人公が下心丸出しでキモちわるい。
ちなみに9話で大きく話が動くそうです・・・それもう終盤ですやん・・・

ハンドレッド
1291_hundred.jpg
とことんテンプレ、惜しげも無くテンプレ、
テンプレ・オン・ザ・テンプレ。
テンプレを忠実に再現する素晴らしいテンプレアニメ。

学戦都市アスタリスク 2nd Season
1291_asterisk-war.jpg
ヤバい、ハンドレッドと区別付かなくなってきたw
どっちも歌うアイドル能力者が出てきたり、
同じアニメを2度見ている気分。

テラフォーマーズ リベンジ
1291_terraformars.jpg
あぁもうどうしようもないな。
実写劇場版が爆死とか言われているが、
このアニメを見る限り、やっぱ原作からしてクソなんじゃ?と思えてくる。
とりあえず倍速視聴で見てるけど、それすら辛くなってきた。



テーマ:2016年新作アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

2016.05.21 | Comments(4) | Trackback(0) | .アニメ関連 2016年

(BD)心が叫びたがってるんだ。

本日のBlu-rayは
心が叫びたがってるんだ。」(初見)
2015 1:59 21~40Mb/s(AVC) 3.4~4.2Mbps(DTS-HD Master Audio 5.1ch)

監督に長井龍雪、脚本に岡田麿里、
キャラクターデザインに田中将賀と、
『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』のメンバーが集結した青春アニメ。
評判は好き嫌いの激しそうな恋愛物っぽくて、
特に主題歌を務めた乃木坂46と秋元康が台無しにしているようだった。
個人的にAKB48に対しては好意的、
乃木坂46はニュートラルな印象を思っているので、
それほど気にならなかった、と言うか視聴するまで忘れてたw


内容はある出来事が原因で家族がバラバラになり、
自身も話すことができなくなった少女が、
地域交流の一環で上演される舞台での主演を経て、その運命を大きく変えていく。

「あの花」のスタッフが贈る新作アニメーションということで、
爽やかな感動系を期待していたのだが、これが良い意味で裏切られた。
学校生活での閉塞的で同調圧力な人間関係の中で、
ほろ苦い青春恋愛物として描いており、
一言で表すなら、
「あぁ、青春ってこんな感じだったよなぁ~・・・」みたいな。


同じマリー脚本家としてP.A.WORKSの「true tears」に近い物語かもしれないが、
個人的には「秒速5センチメートル」を、
より等身大の高校生として素直に描いた感じに思える。
そういった意味でも、
ピンポイントなターゲット層に向けたアニメなので、
好き嫌いはかなりありそう。

ハッキリ言おう、私は超面白かった、すっげー好み。
個人的には歴代アニメ映画に名を連ねて羞じることの無い、
紛れも無く傑作だわ、これ。
良くぞオリジナルアニメで、
劇場作品単体としてここまでの完成度を高めてくれたな、と。
観終えた率直な感想は、
ジブリの「魔女の宅急便」を初めて観た時と同じ気持ちになった。


画質は良好。
アニメーション制作はA-1 Pictures。
劇場作品だからと言ってリアルに書き込んだ作画ではなく、
どこか懐かしさを覚える記憶色で再現されたスッキリとした風景画。
たぶん解像度的にはHV1280x720あたりであろう、時折ジャギーが目に付く。
動きもそれほど大きくは無いものの、
構図の見せ方やアングルの使い方など、A-1お得意の手法で惹き付ける。
作品の構成上、文字を使った演出が多々あるが、
まぁいまどきめずらしくも無いので問題ないだろう。

音質は良好だが、やや不満も。
DTS-HD MA 5.1chサラウンド。
音量は-8db、シネマDSPはドラマを選択してみた。
サラウンドは期待していたほどではなく、
教室内の喧騒や劇伴などは広がりのある音場になるが、
基本的にはステレオベースのサラウンド。
ただ、本作で最も聴かせ所、クライマックスのシーン。
なぜにこうもサラウンドを活かせていないのか。
多重音源のミュージカルシーンがあるのだが、
その音が混ざり合ってしまって、どちらも上手く聴き取れないのだよ・・・。
ここはサラウンドの強みを活かして、しっかり各chに音声を割り振るべきだった。
もう勿体無さすぎ・・・。
これで感動の1割損しちゃってるよ、いやマジで。

「あの花」のスタッフが贈る、ほろ苦い青春群像劇。
作品としての出来栄えは申し分なく、
ミュージカルを題材にした映像・音楽・演出が非常に上手いので、
人によっては好き嫌いはあれど、
それでも思わず涙してしまうかもしれない。
 (安定の音楽物にハズレ無し)


      



テーマ:アニメ - ジャンル:映画

2016.05.02 | Comments(4) | Trackback(0) | 映画 他

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販