スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- | スポンサー広告

(BD)ゾディアック

本日のレンタルBlu-rayは
ゾディアック
2006年 2:43 10~18Mb/s(VC-1) 640kbps(ドルビーデジタル 5.1ch)

秋の日はつるべ落とし。
静かな月夜の晩にのんびりミステリー映画。
ってなわけで、ミステリー企画の2本目。

内容は全米犯罪史上に残る、
劇場型殺人事件“ゾディアック・キラー”を題材にしたクライムサスペンス。
実話の未解決事件。
未だに解けない暗号怪文書。
不謹慎ながらもこれだけでワクワクしてしまう。


実話ならではの緊迫感はあるものの、
事件が未解決に終わった以上、最後まで犯人が捕まる事はありません。
いちおうの最有力犯人候補は告げられているものの、
やはり消化不良感は残ってしまう。
むしろミステリーの結末よりも、
刑事や新聞社員が事件に翻弄されつつも、
真実を追究する姿を描いた作品なのだろう。


謎解き物としてみると、
終盤に名前や地名の情報が一気に来るので、初見では整理しきれないかも。
かく言う私もそうだったので、久しぶりに再見しましたが、見事轟沈・・・
リッチーだかリックだかリーだか。
終盤は状況証拠ばかり追い求めるものだから、
少々こじ付け感が気になったかも。

画質は微妙。
デジタル撮影らしくサッパリとした画質。
全体的にやや黄身色が強い傾向のクセのある色合い。
解像度感はまずまずだが細部はやや甘く平坦に見えるシーンも。
特に暗がりのシーンは非常に厳しいかも。


音質も微妙。
まさかのドルデジのみ。
BD草創期のVC-1+ロッシー音源という最悪の組み合わせだ。
再販版も仕様は変わらず、米国盤のAVC+Dolby TrueHDが気になる所。
肝心の音質だが、
音数は多いのだが音が伸びきらず、
空間がひと回り狭くなったように感じてしまう。
後方からの音圧もそこそこあり、サラウンドがぐるぐる回りだすシーンが聞き所。
元々の音響の良さから不満というレベルではないが、
逆にロスレスで聴いてみたかったと思ってしまう音響かも。

全米犯罪史上に残る“ゾディアック・キラー”
未解決事件の為、真相が明らかになる事はないものの、
人生を狂わされた男たちと共に事件の足跡を追うというもの。
かなりの長尺でおまけに犯人は分らず終いながら、
心地良い疲れと、ほんの僅かなわだかまりを残す。
”事実は映画よりも奇なり”
本作の劇中劇でもあったように、
「ラストは必ず犯人逮捕で事件解決」なんてものは映画の中だけで、
現実にはどれだけ捜査しても迷宮入りなんて事はザラなのだろう・・・。


      



スポンサーサイト

テーマ:サスペンス・ミステリー - ジャンル:映画

2015.10.31 | Comments(4) | Trackback(0) | 映画 さ

(BD)プリズナーズ

本日のレンタルBlu-rayは
プリズナーズ」(初見)
2013年 2:33 26~40Mb/s(AVC) 2.1~2.6Mbps(DTS-HD MasterAudio 5.1ch)

朝晩はめっきり冷え込み木々が色づき本格的な秋の到来を感じるこの季節。
秋の夜長にミステリー映画を堪能する。
なんとも乙な趣味ですこと、オホホホw
ってなわけで、ミステリー企画の1本目。

内容は家族と過ごす感謝祭の日、平穏な田舎町で幼い少女が失踪する。
手掛かりは微々たるもので、警察の捜査は難航。
そんな中、父親(ヒュー・ジャックマン)は、
証拠不十分で釈放された容疑者が犯人だと確信し、
自らの手で口を割らせようとする。
最愛の娘を取り戻す為、法とモラルの一線を踏み越えていくクライムサスペンス。
"果たしてこれがあなただったらどうするだろうか?"


なかなかヘビーで見応えのあるサスペンスでした。
2時間半以上もの長丁場にも関わらず、一瞬の気の緩む隙はない。
全編を通して色彩感の乏しいクール色な映像、
降りしきる雨や不安を掻き立てる劇伴などダークな雰囲気抜群。
テーマも復讐劇ではなく我が子を救いたいが為に、
警察はシロと断定した容疑者と思わしき人物に対し、
どこまで信念と覚悟を貫けるのか。
父親として、人として、自分はどこまで出来るだろうか。
と、考えさせられるものなので、
子を持つ親だったら更に没頭出来るのではなかろうか。


さて、肝心のミステリー要素だが、
上手く点在させたヒントを少しづつ手繰り寄せ、
一見無縁に思えた要素も上手く伏線として繋がり、
二転三転しつつ真相に近づいて行く盤石な作り。
やっぱりミステリーって、この点と点が線になった瞬間の、
パズルのピースが綺麗にハマっていく感覚、
"ひらめきアハ体験"を味わう為に見るようなものなんだよねー。
ただミステリー要素よりもサスペンスやスリラーの方が色濃いかも。
特にキリスト関連のアイテムや登場人物など、
そういった方面での深読みが出来る作りかも。
(知らなくても問題ないけど、知っているとより楽しめる?)

画質は良好。
グレーな色調の中でも色味はしっかり残っており、
色ノリのよいスッキリとした画調。
暗がりのシーンが多いのだが、
黒がしっかり引き締まっているので見難さは感じず。


音質も良好。
ドラマメインの作品なので派手な音は無いものの、
重要な場面で降る雨に息苦しさを感じさせたり、
細かい環境音も立体的に配置されている。
音数はむしろ少ない部類だが、
無音と効果音・劇伴の抑揚がより緊迫感を高める。

失踪した我が子の為に一体何が出来るだろうか。
気の緩む隙もない緊張感と、
人として、父としての葛藤と覚悟。
綿密に練られた筋運びと、心地良い伏線回収。
感情と脳を揺さぶる極上ミステリーサスペンス。
決して大きな驚きがある訳ではないが、
重く圧し掛かる問い掛けに考えずにはいられない。
一度観ても損は無いだろう。


      



テーマ:サスペンス・ミステリー - ジャンル:映画

2015.10.30 | Comments(2) | Trackback(0) | 映画 は

2015年秋季開始の新作アニメ:途中経過

今季クールは終物語を除いて、ほぼ横一線の第1話でした。
突出して面白い作品が見当たらなかった、
裏を返せばクソ面白くない作品もなかったと言う事。(1つ除いて)
どれを観ても程々に楽しめる、どれを切っても切らなくても問題ない。
特に今季は作画やキャラデザが良い作品が多いので、
切る要素を探すのが大変。
え?
そうまでして見る必要があるのかって?
例えば好きなラーメン屋を語るのに、
他のラーメン屋の味も知ってなきゃ語れないでしょ?
そういうことだよw

とりあえず3話視聴までの感想。
 (良かった並べ順)

~~~視聴継続~~~
終物語
1240_monogatari.jpg
う~ん、いつもの物語シリーズと言ったらそうなんだけど、
今回は殆ど動きが無く説明セリフばかりで頭疲れる。
あとやっぱり忍野扇がメンドくさいw
そもそも忍野扇のポジションって阿良々木と被りまくりなんだよねぇ。
ボケ役が居なくて、ツッコミが二人。みたいな感じで更に疲れる。

うたわれるもの 偽りの仮面(2クール)
1240_utaware.jpg
安定して面白いな。
魅力的な世界観・魅力的なキャラクター。
今季ちょっと他とは一線を画してる気がする。
まだ序盤だから日常パートばかりだけど、
本格的なバトルやシリアス展開は後半までお預けかな。

櫻子さんの足下には死体が埋まっている
1240_sakurako.jpg
あれ?なんか面白いぞ。
1話完結型のドラマ風ちょっと良い話的なミステリー、割と好きかも。
分り易いし、見易いし、ちゃんと見た感じがする。
作画や演出も頑張ってるし、ただちょっとキャラが弱いかなぁ。

ゆるゆり さん☆ハイ!
1240_yuruyurii.jpg
3期になって百合成分マシマシキマシ?w
なんかニヤニヤしながら見ている自分がキモいわw
3話になってちょっと作画が怪しくなったのが気になるし、
動画工房に比べ動きが極端に抑えられてるのもちょっとなぁ~。

ヘヴィーオブジェクト(2クール)
1240_object.jpg
超化学兵器を相手に知恵で対抗するって構図は、
アルドノアっぽい感じ。
ただイナホ無双だったアルドノアだけど、
こっちは3人の仲間が協力し合って乗り切ってく感じ?
人間味があって好感持てるんだけど、
オブジェクトにちょっと穴あり過ぎな気もする・・・
進撃の巨人みたくオブジェクトに圧倒的な強さ・恐怖感があったら、
スッゲー面白そうだったんだけど。


~~~今後の展開次第~~~
ワンパンマン
1240_onepan.jpg
出オチ感半端無かったハズなんだけど、
よくもまぁそのオチだけで話をここまで転がせるものだと感心。
作画クオリティも無駄に高いし、
使い捨て敵キャラも無駄に豪勢。
内容はさて置いても制作スタッフが分かってて作ってるから安心感があるかも。
なんと言うか有り勝ちな”ノリ”のゴリ押しじゃなく、
押しと引きのバランスが上手いから、つい魅入っちゃう。
あとは途中でgdらなければ・・・

すべてがFになる THE PERFECT INSIDER
1240_f.jpg
暗い雰囲気は好きなんだけど、展開が遅い。
これ12話かけて解決していくの??
120分の劇場版とかでサクっとやったら面白いだろうに。
ずいぶん前の作品だし、去年ドラマもやってたみたいだから、
視界の端っこにチラチラとネタバレが・・・うぅっ・・・・

鉄血のオルフェンズ
1240_tekketsu.jpg
ガンダムファンからすれば現代っぽい作りになってるらしいけど、
俺から言わせて貰えば全てが昭和臭いw
世界観や勢力図、言動すべてに古さを感じる。
ただ死に対して容赦ないっぽい雰囲気なのは個人的に○。
これ途中でどんどん仲間が死んでくパターンでしょ。
ラストもバッドエンド確定くさいし。
つか、これもアルドノアっぽい勢力図だなw

ご注文はうさぎですか??
1236_gochiusa_.gif
完全に2期になって狙い打ちにきてるだろ、これwww
もう変な脳汁が耳から垂れてきそうなんですけどw
これ見てるとなんかバカになってきそう(褒め言葉)


~~~未だ切るかどうか未だ悩み中~~~
コメット・ルシファー
1240_comet.jpg
別に駄目って訳でもないんだけど、どことなく惜しいというか。
素材は凄く良いのに、それを料理し切れていないというか。
ぶっちゃけ、ガリドンっぽい。
あとちょくちょく場面転機に違和感を感じる。
演出(コンテ?)が下手くそ?

緋弾のアリアAA
1240_aria.jpg
スピンオフ作品で、一人前の何とかになる為に日々同級生と百合百合しつつ、
事件に巻き込まれていくこの感じ。
ソウルイーターノットくさいなw
とりあえずキープ。

対魔導学園35試験小隊
1240_35madou.jpg
展開早くてキャラもブヒれて問題ないんだけど、
主人公が生身の刀で戦うんじゃなく、フルアーマーに変身して戦う超バトルにガッカリ。
しかも変身姿が超絶カッコ悪いwww
想像してたのとなんか違うぅっ・・・


~~~もう切った~~~
学戦都市アスタリスク(2クール)
1240_asuta.jpg
完全に落第騎士と被りまくってるけど、
こちらの方が作画・キャラ・主題歌等で勝ってる気がする。
どことなくISっぽい気もしないでもない。
見るもの少なければ観ても良かったんだけど、今季は数が多過ぎて断念。

コンクリート・レボルティオ
1240_revolu.jpg
昭和臭漂うキャラ設定に前衛的なデザインと演出、
時系列をバラして最後に全てが氷解する作り・・・を目指しているんだろう、
ぶっちゃけ、めんどくさい。
こういうのは数年に一本あれば重宝されるかもだけど、
既にロリガーパンチラでお腹壊しちゃってるので。

おそ松さん
1240_osomatsu.jpg
完全に腐狙ってるのに自分たち(制作スタッフ)はそうじゃないと言い張るタイプ。
このキャラデザなのにセリフばかりでアニメーションしていないし、
パロディも下ネタもセンスなく下品なだけ。
正直キツいわー。。。。

落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)
1240_rakudai.jpg
アスタリスクと被りまくりで、
こっちは更に見ているこっちが恥かしいくらいの既存テンプレ展開(エロ増し?)
観てるとバカになるんじゃなく、バカが観るアニメだわw

ランス・アンド・マスクス
1240_lance.jpg
あぁもう色々とそのレベルに達していない。
時代遅れというか今のご時世には厳し過ぎる。



テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

2015.10.28 | Comments(4) | Trackback(0) | .アニメ関連 2015年

ヤマハ AVENTAGE RX-A2040 導入記:オーディオ編

さっそく新たに手に入れたAVアンプをセッティングしてみた。
 (それやらないと何も出来ないし)

ウチのスピーカーシステムはオーソドックスな5.1ch。
ただしフロントL・Rのみ外部パワーアンプ使用。
過去にサラウンドバックを加えた7.1chも試したりはしたものの、
視聴位置の関係で上手くまとまらず諦めた経緯も。
今はプロジェクターを置いてしまっているので背後スペースは皆無。
元々部屋が狭い事もあり、
7本も9本もましてや11本もスピーカーの数だけ増やした所で音場が濁るだけ。
基本のスピーカー5本を綺麗に鳴らせればそう不満はないと思っている。

で、まずは付属マイクを使った自動音場修正測定。
これがものの5分程度で終わった。
パイオニアのLX83の時と比べ測定項目が少ないってのもあるが、
そもそも測定音の発音が圧倒的に短い。
LX83は「ダ・ダ・ダ・ダ、ダ・ダ・ダ・ダ、ダ・ダ・ダ・ダ」を各スピーカー繰り返すのに対し、
A2040は「ダダダッ、ダダダッ」と1回、1回が短いのだ。
たぶん測定の精度と処理演算能力が増したから成せるのだろう。
1238a.jpg


で、拍子抜けなくらい呆気なくセッティングが終了。
あとはテキトーに音出し確認をしてみると・・・・
「あっ、これだ・・・」
一聴して理解した。
「これが好みの音だ、この綺麗な高音。」
マランツに近いものを感じる。
上質な響きの乗った綺麗な高音。
まさにピュアオーディオのそれだ。
そして同時に気付かされた。
如何にLX83がピュアオーディオに不向きだったのかと。
もうこの時点で買い替えで大正解!と興奮気味でしたw

とりあえず手当たり次第に音楽を聴いてみたが、
かなりピュアオーディオ的な鳴り方をする。
高音がすぅーとスッキリ伸びて、豊かな中音域の響きが空間を広く感じさせる。
ボーカル音のサ行もガサ付かず滑らかで艶も乗っている。
低音はやや大らかと言うかゆったりとした印象。
過不足なく高音とのバランスも上手く取れている。

で、次に”あらゆる使用環境で豊かな臨場感と迫力を再現する”とされる
ヤマハのシネマDSPを使ってCDを聴いてみる・・・
が、
「あんぐり・・・・・」
開いた口が塞がらない。
なんだこれは?!!
え?
DSPってデジタルサウンドプロセッサーの略称で、
収録されていない音を補って、疑似サラウンドでリアルな音場を再現する技術だよね?
あくまで”疑似的”であって、そこに本物()はないハズ・・・・
無いハズなのに、
「このリアル感すげぇーーー」
2chステレオにはないマルチチャンネルらしい立体的な音場空間。
楽器それぞれの配置が3Dのように立体的に構成されて、
ステージの奥行きがぐぅーっと増し、ボーカルはしっかり中央に定位する。
え?なにこれ、このCDってマルチチャンネル収録だっけ?
そんな風にさえ思ってしまう程に凄い臨場感だ。
1238b.jpg

正直今までは、
DSPを使った疑似サラウンドは”なんちゃって感”があって、
多少音質や音場に不満があっても、
ステレオよりサラウンドの包囲感を味わいたい。
そういうものだと割り切った使い方をしていた。
しかし、
ヤマハのDSPで聴いた疑似サラウンドは”なんちゃって感”なんて微塵も感じさせない。
立体的な音場空間もそうだが、
何よりも音色が一切変わらない!

これは疑似サラウンドをやったことある人なら誰でも経験あるだろう、
ステレオ音声からサラウンド音声を作り出す過程で、
エフェクトが効き過ぎたりして不自然な音になったり、
音像がボヤけて定位がフラついたり。
極端な話、元の音とは別物の音に感じられたりと”作られた音”に感じてしまう。
しかし、
このヤマハのDSPで聴く限り、それらが一切感じられないのだ。
特にボーカルがステレオで聴いた時と、疑似サラウンドで聴いた時の差が分からない。
それくらい音色が変わっていない。
軽いカルチャーショックを受けましたよ・・・
そりゃ音声合成技術で歌声を作り出しちゃうような会社だもんw
逆に声を変えずに疑似サラウンドさせる技術もあって然るべきかと。


とにかくヤマハのDSPの想像以上のクオリティで、
Dolby Pro LogicIIやDTS Neo:6のような不明瞭さが一切なく、
驚くほど明瞭で中高域の細やかさが際立つ。
確かに複数あるDSPプリセットプログラムの中には、
ややエフェクト(エコー)が強過ぎるもののもあるが、
ソースとの相性やエフェクトが細かく調整出来たりするので、
この辺は使い慣れていくうちにどうにかなるだろう。
むしろ今まで2chステレオで聴いていた音楽CDを漁って色々聴き返したくなる、
そう思わせる魅力的なDSPでした。
LX83では殆ど音楽CD聴いていなかったなぁ。

次は使い勝手のあれこれをインプレ。



テーマ:デジタル家電・AV機器 - ジャンル:趣味・実用

2015.10.25 | Comments(2) | Trackback(0) | AV機器関連 検証

ヤマハ AVENTAGE RX-A2040

先日、約4年使い続けたSC-LX83が故障してしまった。
ロスレス時代にありがとう、そしてさようなら
まさにロスレス時代を共に歩んできた訳だが、
既に型遅れ機種。
今やハイレゾだ、Dolby Atmosだと更に進化した時代。
これを機に新しい機種に乗り換えてみるのも悪くない。


まずは今の機種がどんなになっているのか、
どんな機能があるのか、どのメーカー・機種が人気なのか調べてみたが、
やはり圧倒的一番人気、パイオニア ”LXシリーズ”
ド安定・ド安心の安パイ機種ですなw
他のメーカーの追随を許さぬ、独自の自動音場修正 MCACC フルバンドフェイズコントロール。
ウチの後継機でもあるわけで、買って後悔は無いだろう。
ただ今回はパイオニアは候補から除外しようと最初から決めてました。
しかし他のメーカー機種の比較する上での基準として考えていましたけど。

なぜパイオニアLXシリーズじゃなダメなのか。
理由は”音に飽きた”
導入当初は自動音場修正MCACCだのフルバンドフェイズコントロールだの、
目新しい機能でシームレスなサラウンドが構築出来ていた。
ロスレスサラウンドで観る映画の迫力は凄かった。
でも不満が無かった訳でも無く、
サラウンドの定位感は優れているものの、広がりがあまり感じられなかった。
音の出所がハッキリ分るけど、分り過ぎて音場が狭く感じてしまうというか、
出る所は出て、引っ込む所は引っ込む立体的な音場ではなく、
出るばかり出てくる自己主張の強い感がある。
アクション映画なら楽しめるんだけど、
オーケストラのような奥行きを伴った広がりとか、
劇伴に自然と溶け込むセリフや効果音といった繊細さに欠ける印象。
臨場感や存在感は凄くあるんだけど、
派手な音響の作品とそうでない作品の落差が激しすぎて、
そうでない作品を観ると物足りなさを感じてしまったり、
音楽物もあまり好みの音じゃなかった。
まぁ今まで散々使っていて何を今更かもしれないけどw

これらを踏まえつつ、
機能的な面で必要なポイント。
・DLNA・UBSメモリ等でロスレス(192/24)再生が可能
 最近ちょっとロスレスに興味がありまして、
 またnasuneサーバもあり、DLNAの使い勝手を知ってしまうと・・・
・Dolby Atmos対応
 今のところ別に導入するつもりはないんだけど、
 いつか導入してみたくなるかもしれない(以前の7.1ch化のように)
 あって損は無いかなと。
・スマホアプリを使ったワイヤレス操作が出来る事。
 これもDLNAと同様、使うと便利この上ない。
 まぁiPhone6sやiPad Airを普段使いしているので尚更。
他にも最低9.1ch以上のミドルクラスで、現行機もしくはひとつ前のモデル。

パイオニア以外なら、
デノンを買うならマランツを買う。
オンキョーはよくわからん。
ソニーは論外。
マランツかヤマハだろうか。
ただマランツは最近AVアンプに力を入れていないっぽい。
じゃぁやっぱりヤマハかと。

ヤマハ独自のロッシー時代から続くDSP技術の進歩も気になってましたし、
評判を聞く限り好みとも合いそうだ。

まぁあとは価格とタイミングの折り合いをつけて、、、
ハイレゾ・アトモス時代ようこそ、これからよろしく
ヤマハ AVENTAGE RX-A2040
ハイレゾ・Atmos対応。
ワイヤレス・スマホ操作可能。
2014年度の前年モデル。
AVENTAGEシリーズのミドルクラス。
9.1chでES9006を2基搭載。
そして何より、メーカー5年保証!!
これが決め手でした。
今のAV技術の進歩から4~5年が買い替えのサイクル。
LX83が約4年でポシャった。
そもそもメーカーが5年も保証する絶対の自信。
うん、買って損は無いんじゃなかろうか。



テーマ:デジタル家電・AV機器 - ジャンル:趣味・実用

2015.10.20 | Comments(2) | Trackback(0) | AV機器関連 検証

2015年秋季開始の新作アニメ:1話視聴(ファーストインプレ)

なぜか最近時間が足りない、足りない。
秋アニメもようやく1話を観終えたものの、2話以降は溜まりっぱなし。
おまけにAVアンプの故障ときたから、落ち着いてアニメを観ている暇すらない。

まぁサクッと1話視聴のインプレをば。
 (良かった並べ順)

~~~期待通り~~~
終物語
1236_monogatari.jpg
期待以上ではなかったものの、
まぁ物語らしい言葉遊びに終始。
ただ忍野扇が登場するようになってから物語シリーズが微妙になり始めたような。
忍野扇が出るとシリアス一辺倒なので、
ギャグが挟まれないと疲れるつーか。
忍野扇の正体も含めて今後の展開には期待したい。

ヘヴィーオブジェクト
1236_object.jpg
かまちーラノベなんだけど、個人的にこういう世界観は割りと好きかも。
超科学過ぎない程度のSFも好感触。
生身の人間がオブジェクトを壊していくらしいのだけど、
超展開にならない立ち回りを期待。

ゆるゆり さん☆ハイ!
1236_yuruyuri.jpg
安定のゆる~い百合さ加減。
制作が変わって、動きが少なくテンポがゆったりになった気もするけど、
逆に落ち着いた雰囲気でキャラ魅せに終始しているから見易さも。
もしかして終盤は卒業を匂わせるようなシットリ路線に変わるのか?!

うたわれるもの 偽りの仮面
1236_utaware.jpg
2クール作品の壮大な?物語なので、1話目はこんなものか。
かなり1作目を踏襲しつつ、雰囲気はこっちの方が今風かも。
ただね、これ2クールやっても完結しないっぽいんだよね・・・
(原作が未完成)

~~~まぁこんなものか~~~
櫻子さんの足下には死体が埋まっている
1236_sakurako.jpg
あまり期待していなかったものの、雰囲気は良い感じ。
というか、氷菓っぽい。
ただ推理が淡々としてるし、作画と演出も物足りないかな。

すべてがFになる THE PERFECT INSIDER
1236_f.jpg
こちらもミステリー物。(終物語もそうだし、今季多くないか?)
如何にもノイタミナが好きそうな質アニメ臭。
すべてがFになるらしいから、Fになったら盛り上がるのかな?w

対魔導学園35試験小隊
1236_35madou.jpg
学園バトルファンタジーラノベ勢の中では割りと観られるレベル。
展開がやたら早いし、キャラも割りと好み。
というか、
開始3分でヒロインの裸が無かったので好印象w
(後ほど説明)

コメット・ルシファー
1236_comet.jpg
ラピュタ + ロボットアニメかな?
どこかしら既視感を感じざるを得ないけど、
今後どう展開していくのか気になるところではある。

緋弾のアリアAA
1236_aria.jpg
あれ?アリアってこんなに優秀だったか?w
1期から大分時間が開いて内容覚えていないけど、
スピンオフ(1期の前日譚)だし、これはこれとして楽しめそう。

ご注文はうさぎですか??
1236_gochiusa.gif
もうなんだろ、あざと可愛いだけのアニメだよね。
正直、内容は壊滅的につまらないんだけど、
キャラが可愛いから何でも許せちゃうというか。
今回はEDがヤバイ脳汁出そうw

~~~3話まで保留~~~
ワンパンマン
1236_onepan.jpg
たぶん今季1話で最も作画枚数が気合入ってるんじゃなかろうか。
1話目は良かったけど、やっぱ出オチ感ハンパ無い気がする。
今後どう展開していくんだ?
主人公空気化でサブキャラが個性的?

鉄血のオルフェンズ
1236_tekketsu.jpg
あぁ、やっぱりガンダム系のSFロボット物ってこうだよね。。。
1話目からろくに世界観の説明すらせず、
三人称(多視点)で展開し始めるこの感じ。
分かる人にだけ分かるみたいな・・・。
もう少し主人公に軸を定めてブレずに展開してもらいたい。

~~~3話まで我慢~~~
コンクリート・レボルティオ
1236_revolu.jpg
香ばしく漂う昭和パロ臭。
突き抜けて個性的なオリジナルアニメなので、
今後次第なんだけど、
ロリガーパンチラの二の舞なんじゃ・・・・
というか、
制作スタッフがツィッター等で
「○○話まで見て!」とか「○○話から動き出す」
これ爆死フラグですぜ??

おそ松さん
1236_osomatsu.jpg
完全に1話は悪ノリしすぎ。
パロディにしても前フリ長すぎだし、遣りたい放題すぎ。
内容よりもキャストに救われてるというか、キャストありき。
2話でようやく本来の1話っぽいので、様子見。

~~~もう切りそう・・・~~~
落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)
1236_rakudai.jpg
学戦都市アスタリスク

1236_asuta.jpg
・学園バトルファンタジーラノベ枠。
・大規模な魔法バトル大会があり、
 主人公が新学期初日(もしくは転入初日)にヒロイン-の着替えに出くわす。
・その代償として主人公とヒロインがルールに則った魔法バトルをする。
・主人公は剣士で、
 ヒロインは炎使いで赤髪で学園屈指の強キャラでお姫様でツンデレ。
・でも主人公は実はもっと強い設定。
~ここまでがテンプレ~
えぇ、落第騎士・アスタリスク、両方がこれですw
もう糞ラノベ臭しかしないんですけどw
開始3分でヒロインの裸を出さなきゃいけない決まりごとでもあるんです?
主人公が最強を評価されない事情でもあるんです?
ファフニール、アブソ、ワルブレ、空戦に引き続き糞アニメ枠でしょう。

ランス・アンド・マスクス
1236_lance.jpg
こちらも糞ラノベ臭でポル産枠。
しかも作画に不安アリ。

~~~もう切った~~~
俺がお嬢様学校に「庶民サンプル」として拉致られた件
1236_gets.jpg
どっからどうみても脳コメがをられ枠。
俗に言う頭悪い系の糞ラノベ。
観る価値すらない。



今季は被りが若干多め?
ミステリー3作、学園バトルファンタジーラノベ4作、
SFロボットもの3作、日常系2作。
こうも内容が被被ってくるとキャラが混乱してくるw
まだ1話しか見てないけど、
飛び抜けて面白そうなのはなさげで、どれも横並びといった印象。
とりあえず3話までに何を切るか決めなきゃ。



テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

2015.10.17 | Comments(2) | Trackback(0) | .アニメ関連 2015年

AVアンプ(SC-LX83)が壊れた

なんの前触れも無く音楽を聴いていたら電源が勝手に落ちてしまった。
何事かと思い電源を入れなおすも数秒でまた強制シャットダウン。
シャットダウン後のサインを確認すると、
iPod/iPhoneのインジケーターが点滅している。
SC-LX83

ウチの環境ではLX83にほぼ全て依存しているから(デジタル全て)
Blu-rayはおろか、HDMI経由なのでレコーダーやプロジェクターすら使えない状態。
唯一CDプレイヤーのみプリアンプ直結なので、辛うじて音楽CDは聴けるくらい。
こりゃ洒落にならんぞ。

ケーブルの抜き差し等をしても変わらず。
調べてみると、
どうやら同じ故障例が幾つかネット上でも挙がっているようで、
原因不明(アンプ回路の故障?)らしく、修理は2万円くらいかかるそうな。

う、うーん・・・・。
3年10ヶ月
まぁもった方なのか。。。

ただ自分なりに色々試してみた結果、
どうやらパワーアンプ部の故障みたい。
プリアンプモードでPM8004/Studioを使って聴く分には問題が起きない。
当然これだとサラウンドは機能しないので映画が観れなくなってしまう。
修理に出すべきか、
それとも新しいAVアンプを買うべきか。
もしくはプリが生きているので、パワーアンプを追加すべきか。

選択肢は幾つかあるのだけれど、
今のところ買い替えを検討中。

ちょっとYAMAHAのAVアンプに興味アリ。



テーマ:デジタル家電・AV機器 - ジャンル:趣味・実用

2015.10.12 | Comments(2) | Trackback(0) | AV機器関連 検証

第二回 秋の夜長のミステリー企画

今月もやってまいりましたブログDEロードショー、
秋の夜長のミステリー企画

秋の夜長にぴったりの、謎に満ちたミステリアスな作品を一緒に観ましょう!

企画概要は、
各自見たいミステリー作品を期間内に観るというもの。
探偵モノや法廷モノ、原作者が有名なミステリー作家の作品など、
大まかにミステリーに属すると思われる作品なら何でもOK。
開催期間は10月23日(金)~10月末
是非ともご参加くださいナ♪



テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

2015.10.11 | Comments(2) | Trackback(0) | ブログdeロードショー

2015年夏季開始の新作アニメ:総括

既に秋アニメが始まってしまいましたが、
ひとまず夏アニメの総括を。

~~~大満足~~~
いやぁ~乱世乱世!
文句なしのプリズンスクール
1233_prison.jpg
くっだらないギャグとエロをどこまでも本気でやった作品。
もう毎回爆笑させてもらいました。
単なるギャグコメディの枠を超えた、演出・脚本・作画。
もうどこを取っても一切のケチが付けられない完璧な出来栄え。
個人的に2015年暫定トップがこれです。
2期は・・・今もっとも忙しい監督さんなので・・・

~~~満足~~~
こころ洗われるノスタルジーのんのん
1233_nonnon.jpg
やはり他の4コマ日常とは異なる癒しのベクトル。
2期になり、より一層演出に磨きがかかった、いや泣かせにかかった。
田舎ノスタルジー全開の風景の間が印象強かった。
こういう雰囲気を大事にした日常作品なら幾らでも飽きが来ないので、
是非3期を!え?原作ストック無い?!
じゃぁオリジナルでもいいから3期はよ!来年夏によろ!

最後まで俺TUEEEE王道異世界ファンタジーを貫いたGATE
1233_GATE.jpg
ストレスフリーな俺TUEEEE(SUGEEE)とハーレム展開。
魅力的なキャラによるドタバタ劇、無双を味わえるバトルシーン。
もう普通に面白かった。
残念ながらA-1の体力上、分割2クールで続きは来年冬へ持ち越し。
もちろん見所は炎竜戦!期待が膨らみます。

春からの継続だった俺物語
1233_oremonogatari.jpg
良くも悪くも定番の少女漫画ラブコメ。
嫌味なヤツが存在しない優しい世界なので予定調和過ぎたけど、
まぁ見ていて気分は悪くないよねーw

これぞプリヤ、やっぱりプリヤ。
1233_2weiHerz.jpg
もうド安定・ド定番・ド直球のプリヤがありました。
可愛いは正義の名のもと、
キャッキャウフフしつつ、魅せる所でしっかり動き(作画)を見せる。
もうそれで満足。言う事ありません。
そして4期決定!
はい、既定路線ですね、知ってましたw

まだ最終回迎えてませんけどwデレマス
1233_deremasu.jpg
本来2クール作品だったハズが度重なる総集編でも間に合わず、分割2クールへ変更。
1クール空けて回復したかに思えた2クール目も3度特番お休みで最終回も伸び伸び。
もう無理するなよA-1。
でもまぁそれだけ時間をかけた甲斐あって納得のクオリティ。
最初はイロモノキャラの集まりとしか思えなかったデレマスも、
デレステをプレイする事でキャラや音楽を補完出来、
アニメ本編が10倍増しに面白く見えたから驚きですw

異色の日常系ながらがっこうぐらし
1233_gakkougurashi.jpg
ゾンビ物と日常系の組み合わせながら、
色々仕掛けがあったり、終盤のホラー展開だったりと、意外と楽しめた。
中盤のダレ気味とマジキチヒロインはちょっと辛かったけど、
それでもやっぱり卒業式があるアニメは名作!w
太郎丸との別れのシーンはちょっとウルっときちゃいました。
2期フラグ?いやあれは投げっ放しエンドですよ?きっと。

~~~まぁまぁ満足~~~
どうしてこうなった\(^o^)/
どうしてこうなった\(^o^)/
どうしてこうなった\(^o^)/
シャーロット\(^o^)/
1233_Charlotte2.jpg
夏季アニメで最も期待していた、そして期待に応えてくれると信じていた。
でももう無理。
さすがの鍵信者かつ麻枝信者の私でも擁護し切れません。
7話までは良かった。
いや7話がピークだった。
あの友利の能力やオムライスの伏線はお見事。
多少強引さはあるものの、それに見合うだけの展開だったと思う。
ただそれ以降、
具体的には”タイムリープ”の能力が出てきた辺りから雲行きが怪しくなり、
あれよこれよと超能力のバーゲンセール。
シャーロット彗星?なんのことやら。
しまいにゃ唐突な当たり前の謎の中華組織。
これは流石に擁護のしようがありません。
なんら脈絡無く現れ、風の如く去ってゆき、その後なんらフォローすらなし。
いくらなんでも酷すぎます。
で、約束を挟んで最終回。
まぁこれ単品で見ればそれっぽくまとめられていて、
熊木杏里の歌声も合わさり感動っぽい雰囲気に感じられましたけど、
いやいやいやいや感動したらダメでしょ。
7・8.・9話の話まるまる無かった事になってるんですよ?
この手のタイムリープ物で涙腺に触れるのは、
何度も繰り返した過程があればこそ。
別の世界線ではあった事が無かった事になってしまう辛さ。
そういった主人公にしかない切ない感情があればこそ感動に繋がるのに、
最終回で記憶喪失ってどないやねんっ!!
もう友利が乙坂を、乙坂が友利に惹かれた経緯や理由がバッサリ無くなっているのに、
それであのハッピーエンドは納得出来んわ。
せめてどっちかの記憶や感情が残っていれば理解出来たものの。
ぶっちゃけ、
AB!の反省活かすどころか、殺してますがな・・・麻枝は劣化しすぎ。

↑ただし作詞・作曲クオリティは衰え知らず!w
 すっげーいい曲で歌詞だけで泣けるw

7人目、知ってました!六花
1233_rokka.jpg
ファンタジーの皮を被ったクローズドサークル。
ただし伏線らしい伏線もなく後出し設定での犯人バレ。
中盤ダレ気味なのも気になったけど、
仲間内で疑心暗鬼+ファンタジーならではのバトルは面白かった。
曲者揃いのキャラも覚えやすかったし。
最近の魔王だの勇者だのが倒錯したり、オタクが現代と異世界を行き来したり、
ネタありきのファンタジーが多い中、
めずらしくなった正統派?ファンタジーが好みかも。(チャイカとかアカメとか)
かなり原作を丁寧になぞった展開だったらしいが、2期は希望薄。

9話打ち切り!ゴッドイーター
1233_GodEater.jpg
こちらも初回から度重なる特番お休み。
そりゃあの作画を維持するのが土台無理な話。
ufoだからこそのクオリティなのでしょうがないと諦めているが。
ゲーム原作ながらアニメ内での世界観もまずまず。
特別面白い訳ではないが、普通に荒廃SFファンタジーしてたんじゃないかな。
ただ戦闘シーンのテンポの悪さが気になったけど・・・
とりあえず第10話~第13話の完成待ってます!w

UMR!UMR!UMAじゃないよ、うまるだよ!
1233_UMR.jpg
個人的な夏季アニメの伏兵がこれ。
だって最初のチェックからすら漏れていたんですからw
たまたま1話を見たら思いの他おもしろくて、そのまま最後まで見てしまった。
うまるの可愛さと程度なゆるさが見易さに繋がったのかな。

本当に王族設定と超能力設定は必要だったのか?ダンデライオン
1233_dannde.jpg
絶対途中で切ると思っていたのに最後まで見てしまった。
1話ショートエピソード3本立てがテンポ良く見られたのかも。
ブヒキャラと空気キャラの落差が激しかったけどw

なぜか切るに切れなかった青春
1233_aoharu.jpg
サバゲーもそこそこ力はいっていたし、
まぁ男装バレまで見たかったけど、
みかこし(小松未可子)じゃなかったらまず見なかった。

キャラハーレムものTo LOVEる
1233__ToLove.jpg
既に4期目だし内容が内容だし、特に言う事ないんだけどw
こちらも13話・14話(最終回)の1ヶ月放送延期。
夏季このパターン多くないか?

~~~やや不満~~~
出オチ感ハンパ無い失速下セカ
1233_sox.jpg
序盤あれだけ息巻いた下ネタだったけど、
ヒロインが実はうぶな処女で実物見るのは怖いんですーとかふざけんなw
大した理由も無く悪ノリした痛々しいパターン。
終盤もよくわからん組織との対立とか誰得バトル展開。
もっと敏感ちゃん(cv小倉唯)の出番増やせよクソヤロウ。

没後50年とはなんだったのか乱歩奇譚
1233_rannpo.jpg
序盤は良かった。
影男や芋虫まで。
それ以降はミステリとも関係ない、
世界の混沌だ何だと厨ニこじらせ意識高いオサレ系アニメを狙ったのか。
一言で茶番。



夏は毎年不作が多かったけど、今夏季は個人的に豊作だった。
飛び抜けて面白かった「プリズン」を筆頭に、
それなりに楽しめた作品が多くて、今年最も本数を観たクールだった。
また前評判が皆無だった「うまる」や「オバロ」が評価を得た一方、
「シャーロット」や「クラクラ」のような評判倒れになったりと、
何がヒットし、何が爆死するか読み難くなってきた気がする。
流石にこれだけ本数やってればしょうがないのかも。
もう一つ。
1クール内に放送延期や特番を挟んだ作品が3本も。
これはちょっと異常事態なんじゃないかな。
アニメの濫発が原因なんだろうけど、
スケジュール管理もままならず体力尽きる制作会社が増え、
終いにゃ倒産・・・・と。



テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

2015.10.04 | Comments(10) | Trackback(0) | .アニメ関連 2015年

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。