スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- | スポンサー広告

きみに読む物語

今日のレンタルDVDは
きみに読む物語」(初見)
2004年 2:03 7.40Mb/s 754Kbps(DTS 5.1ch)

第1回 春の感涙祭、2本目。
最近すっかり映画レビューが疎かだったので、
遅筆なうえに何を書いたらよいかで記事アップするのに時間がかかる・・・(言い訳

内容は老人ホームで暮らす年老いた女性に、ある男が物語を読み聞かせる。
それは裕福な家の少女と、肉体労働に従事する青年の立場を超えた初恋の物語。


劇中のほとんどは老人が読み聞かせる劇中劇。
それ自体はどこにでもありそうなロミジュリ系のベタラブストーリーなのだが、
”読み聞かせる”ことに意味があり、
そのままネタバレに繋がるので割愛w
って他に書くことねー!w

物語自体はいかにもな恋愛小説の世界なので、
どちらかと言うと女性好みなのではなかろうか。
ロマンチックな純愛と受け取るか、予定調和の絵空恋と捉えるか。
う~ん、嫌いじゃないけど、共感は出来ませんでした><
や、晩年のシーンは理解出来るし、ジーンと来るんですけどね。
そこへ至るまでの構成が平凡過ぎてイマイチというか、
もうちょっとお涙頂戴劇に割り振っても良かったのかも。


画質はほどほど。
40年代アメリカを意識した淡い色調でやや薄ボケた映像。
今回もX70Rのフィルムモードで見ましたが(比較画像は面倒なので割愛)
これまた結構良い雰囲気に。
「ビューティフル・マインド」はKodakフィルムでしたが、
こちらはFujiフィルム。
このフィルムモードでは赤色がかなり朱色にシフトしてしまうのだが、
年代を考えればこちらの方が合っているのかも。
(シネマモードだと赤が鮮やか過ぎてかえって不自然か)


音質はやや篭り気味。
DTSサウンドらしいシャープさやダイナミックさはあまり感じず。
セリフは割りと明瞭だが、音場がやや狭く中央に音が集まり勝ち。
サラウンド感はちょっとした環境音や移動音で使われる程度。

ある老人が”読み聞かせる”ロミジュリ系の純愛ストーリーの劇中劇。
読み聞かせの意味はネタバレなので、あまり多くは語れませんが、
静かな語りかけの中に現実を知る、ちょっぴりメルヘンな純愛ドラマ。
泣き所はイマイチ分かり難いものの、
読み聞かせる心情を思うとジーンとくるかも。
ただやっぱり世の男性はあまり共感出来ないんじゃなかろうか・・・。


      



スポンサーサイト

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

2015.04.30 | Comments(6) | Trackback(0) | 映画 か

ビューティフル・マインド

今日のレンタルDVDは
ビューティフル・マインド」(初見)
2001年 2:14 6.55Mb/s 384Kbps(ドルビーデジタル 5.1ch)

[前置き]
個人的なストレス発散法というか、心を豊かに?する方法というか、
”感情の振れ幅”を意識しています。
特に”泣く””恐怖”についてはそうそう普段の生活ではあまり無いので、
映画やアニメ・ゲームなどに求めていたりします。
ホラー映画好きなのもそれが理由だったり。
ただ”感動”する映画は数多くあっても、
”泣く”ことが出来る映画ってのはあまり知らない。
それにたま~に無性に泣きたくなる時ってあるじゃない?
別に辛い事があった訳でもないけど気分をリフレッシュさせる意味で。
そういう時に「泣ける映画」があったらな~と。
まぁそんな感じ。



第1回 春の感涙祭、1本目。
観た事のある作品・極端に古い作品は除外したら、選ぶ余地が無かったw
うち2本がロン・ハワードxラッセル・クロウという偏りっぷりw
まだもう1本は観ていないのですが、先に断言しておきます。
ラッセル・クロウでは絶対泣けませんw
まさに映画人って感じの俳優ですけど、
一癖も二癖もある役柄が多く、感情が読みきれず、
どこか気を抜けない印象が強くあり、
とてもじゃないけど感情移入なんて出来ませんw
むしろラッセル・クロウが出てると、
”映画を観ている”感を強く感じてしまう。(もちろん良い意味で)
あえて言うなら映画的な人間味溢れる演技というか。


内容は時代は冷戦下のアメリカ。
研究に打ち込むあまり、自分の魂のありかさえわからなくなっていく1人の天才数学者。
精神が極限状態に追い込まれ、壊れそうになる自分と闘いながらいつも探していた・・・。
実在した天才数学者ジョン・ナッシュの、
絶望と奇跡の半生を描いた感動のヒューマンドラマ。

他人とは違う。
周囲から理解されないのは、自分が特別だからだ。
授業に出て教科書を丸暗記することに何の意味がある。
自分だけにしか出来ない仕事がきっとあるはずだ。
このなんら変哲もない雑誌の文字の中に暗号が隠されている!
それを解けるのは世界中で自分だけ。
これは国家の機密に関する事だから誰にも言ってはならない。
トップシークレットや。
普段は大学で教鞭に立ち、裏では政府(ビッグブラザー)のスパイ活動。
家族が心配している、いつか言える時がきたら話そう。
ヤヴァい!ソ連の諜報員にバレた!
自分は国家の重要人物だ、命を狙われる!
ここまで追っ手がやってきた!
何・・・だと・・・? 信じて・・・いたのに・・・
・・・・・・親友だと思っていたのに、この裏切りものがぁあああああ!

って、これ中二病をこじらせた痛いヤツやんっ!



”天才”と”変人”は紙一重。
凡人とは物事の捉え方が違う。
そのため周囲と軋轢が生じたり、他人から理解されなかったり。
ただ生まれながらの天才など存在する筈もなく、
後天的な生活・環境の中での変化によって
”結果的に独創的な何かを生み出す事に成功した者”
の事を人は大よそ天才と呼ぶ。
・では何も成功しなかった者は変人?!
・再び生活・環境の変化によって凡人になる事もあるのだろうか?!
まぁ凡人の私がどう解釈しようとも、
天才の考えを理解する事は不可能なんですけどねw
要するに”天才”と”中二病”は紙一重?
いやいや全然違いますけどw
そう思ってしまったからには感動どころじゃありませんでした。


画質は年代相応のDVD画質。
程よいグレインのあるフィルムライクな映像。
色温度や彩度の低い、ややくすんだ印象だが、
こういった如何にもフィルム撮影された作品にこそX70Rの良さが活きる。
Kodakフィルムの特性を再現させるフィルムモード。
更にフィルムライクな色再現を実現するXenonモード。
いつも観ている最新作はDCI準拠のシネマモードや、
THXモードの方が相性良いので、殆どフィルムモードを使っていなかった。
まぁそこそこの雰囲気が出せてるんじゃないかなぁと。

 ↑マウスアウト:DLA-X70R フィルムモード / オンマウス:HC3800
  ↓マウスアウト:DLA-X70R シネマモード / オンマウス:DLA-X70R フィルムモード


フィルムモードだと若干ハイキー気味だけど、それが映画館っぽい?
HC3800は原色が良く出ているけど、その反面、中間色がやや苦手?


 ↑マウスアウト:DLA-X70R フィルムモード / オンマウス:HC3800
  ↓マウスアウト:DLA-X70R シネマモード / オンマウス:DLA-X70R フィルムモード


HC3800はピンクっぽい色かぶりが激しいが、
元々のホワイトバランスがそうなっているのでより強く出てしまっている。
X70Rのフィルムモードは劇場フィルムのようなCMY減法混色を再現しているので、
ホワイトバランスがキチンと適正に見える。

音質はあまりよろしくない。
とにかく音圧がかなり低くいので、それなりに音量を上げてやる必要がある。
フロント主体の音場なのでサラウンドは控えめ。
ノイズ感は少ないが、音量を上げているせいか頭打ち感に聞こえた。


ゲーム理論の発明者としてノーベル経済学賞に輝いた天才数学者才ジョン・ナッシュ。
その裏で統合失調症に苦しむ彼の半生を通じて、
病気に対する理解を求めた伝記ヒューマンドラマ。
ただし中二病をこじらせた痛いヤツに見えてしまうかもw


    



テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

2015.04.28 | Comments(4) | Trackback(0) | 映画 は

2015年春季開始の新作アニメ:途中経過

今季は突出した面白さも無ければ、ツマラナクも無い、
なんとも微妙な作品ばかりで切る切れない春アニメ。
3話見てもやっぱり”毒にも薬にもならなさそうなアニメ”
早めに切っておくべきか・・・

とりあえず3話まで視聴の感想をサクっと。
 (良かった並べ順)

~~~視聴継続~~~
Fate/stay night Unlimited Blade Works (第2期)
Fate/stay night Unlimited Blade Works
やっぱり主人公が出ていない方が盛り上がるw
4次に比べ緊張感がまるで足りていないけど、
5次のサーヴァントはチートクラスばかり。
展開も早いので何だかんだいって楽しめてます。

俺物語!!
俺物語!
3話まではメッチャ面白かったw
もうこれで終わりで良くないか?w
少年漫画は付き合うまでが長いけど、少女漫画は付き合ってからが長い。
ここからどう盛り上げていくのだろうか。
ただ主人公の濃いキャラにもいい加減飽きてきそう(一発屋芸人みたいに)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続」
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続
腹の探り合い・人間関係上手くいかないもどかしさ。
このギスギスした感じ、嫌いじゃないです。
つか、周りがあまりに温いアニメばかりなので際立って面白く感じてしまうw

響け♪ユーフォニアム
響け♪ユーフォニアム
こちらも仲良し部活動から一転、ギクシャクした人間関係に・・・
決裂→和解→一致団結で全国目指そう!って王道ストーリーになるのか?
もう少し何かアクセントが欲しい所だけど。

プラスティック・メモリーズ
プラスティック・メモリーズ
う~ん、未だギフティアの説明などされず1話と変わらず展開。
ラブコメがメインの作品らしいのだが、
仲良くなってお別れって安直な内容とも思えない(思いたくない)んだけど、
このままダラダラ同じ展開繰り返されると流石に飽きてくるぞ。

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
ヘスティアちゃん可愛い!
もうそれだけで十分観る価値がありますw
内容は普通過ぎて展開がご都合主義過ぎるけど、ヘスティアちゃんが居れば問題ない!
え!?今後はヘスティアちゃんの出番が減る!?
まじかよ・・・orz

グリザイアの楽園
グリザイアの楽園
1期の各ヒロインルートよりも主人公過去編の方が面白いってどゆこと!?w
完全に1期がプロローグだよね?!w
もう展開が激動過ぎて波乱万丈ってレベルじゃねぇえええw


~~~今後の展開次第~~~
ハロー!!きんいろモザイク
ハロー!!きんいろモザイク
毒にも薬にもならないアニメ代表格。
コケシの鬼畜さは成りを潜め、
可愛い可愛いなかにナチュラルな狂気を感じさせるw
1期の頃に比べ見易さは増したものの、その分個性も薄まった印象。

血界戦線
血界戦線
相変わらず説明不足感がついてまわる。
何となく面白そうなんだけど、意味が良く分からないからスッキリしないんだよなぁ。
あえて言うなら初めて観る2期って感じかもw


~~~未だ切るかどうか未だ悩み中~~~
パンチライン
パンチライン
今のところ良い意味でも悪い意味でも糞アニメ。
オサレ系を狙った超展開のロリガーって印象なんだけど、
3話見ても面白さが見えてこない・・・
今は伏線ばら撒き回で、5~6話から本番らしいのだが、
そこまで見たいと思わせる面白さが既に無いという・・・

長門有希ちゃんの消失
長門有希ちゃんの消失
ハルヒが出てきてちょっと面白く感じたけど、
それってスピンオフの存在意味なくないか?w
長門のコレジャナイ感が消えない。

ミカグラ学園組曲
ミカグラ学園組曲
こちらもイミフ展開。
なんら脈絡ないけど結構派手に動いて作画は良さげ。
たぶん頭で考えちゃダメなアニメだと思うw

ガンスリンガー ストラトス
ガンスリンガー ストラトス
3話でキッチリ殺してくるあたり、さすが虚淵原案のゲーム原作w
たぶん今後もどんどん死人が出てくるデスゲームになるんだろうけど、
キャラに魅力が無いのが致命的。


~~~もう切った~~~
放課後のプレアデス
放課後のプレアデス
まどマギ、幻影、結城友奈と続いた魔法少女の鬱シナリオ。
この作品でもそれっぽい展開を期待してたけど、どうやらそれは無さそう。
悪くは無いんだけど、普通に眠くなるよ。。。

SHOW BY ROCK!!
SHOW BY ROCK!!
相変わらずCG作画のクオリティは高いんだけど、
やってる事は朝方アニメと何ら変わらない。
そもそもケモナー属性ないからなぁ・・・

魔法少女リリカルなのはViVid
魔法少女リリカルなのはViVid
楽しもうと歩み寄ろうにも完全に初見さんお断りのアニメ。
なんかよくわからん設定や用語がポンポン飛び出し、ぽかーん。



テーマ:アニメ・感想 - ジャンル:アニメ・コミック

2015.04.25 | Comments(2) | Trackback(0) | .アニメ関連 2015年

2015年春季開始の新作アニメ:1話視聴(ファーストインプレ)

さて、春アニメも1話放送を一通り視聴し終えました。
1話視聴の感想としては、まだワカラン!
全体的に揃って1話インパクトが弱いかも。
何か”毒にも薬にもならなさそうなアニメ”が多いというかw
まぁまだ1話目なので判断するには早いですけど。

とりあえず1話視聴の感想をサクっと。
 (良かった並べ順)

~~~期待以上~~~
プラスティック・メモリーズ
プラスティック・メモリーズ
プラスティック・メモリーズ 完・全・一・致
1話目から涙を誘う展開に今後も期待出来そうなオリジナルアニメ。
ポンコツ可愛いアイラちゃんの寿命が短いのはバレバレだけど、
果たしてどんな別れが待っているのか・・・
世界観やギフティアの設定にも関わってくるのかな?

~~~期待通り~~~
響け♪ユーフォニアム
響け♪ユーフォニアム
安定・安心の京アニクオリティ。
これに尽きる。
楽器モノという事でけいおん!を想像していたけど、
どちらかと言うと氷菓とたまこを足して二で割ったような雰囲気。
いちおう部活モノの体も成しているし、王道ストーリーでいくのだろうか。

Fate/stay night Unlimited Blade Works (第2期)
Fate/stay night Unlimited Blade Works
こちらも安定・安心のufoクオリティ。
相変わらず主人公がイラナイけどw
後半は聖杯戦争も激化し、外野(慢心王)の横槍もありつつ、
見所の多いシーン目白押しかと。
Zero以上のバトル展開が早く見たぁ~い。

~~~まぁこんなものか~~~
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続」
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続
1期からそのまま続編。
制作やキャラデザ変更に伴う違和感よりも、キャストの演技に違和感。
まぁその辺も続けてみれば慣れてくるだろう。
ややシリアス路線のラノベラブコメなので、
一筋縄?にはいかないやり取りがもどかしくも面白い。

俺物語!!
俺物語!
ステレオタイプの漫画展開って感じ。
いや漫画原作なんですけどねw
ラノベ乱発アニメより、少女漫画アニメの当たり率の高さw
ま、ちょっと特有の文字演出が気になるけど・・・
原作が人気漫画ってのは伊達じゃないな。
(ちなみに男子の部1位だったゴキフォーマーは・・・)

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
想像に違わぬ異世界MMOファンタジー系。
 (SAOの二匹目のドジョウをねらった系)
多分この主人公もTUEEEEE展開があるんだろうな~・・・
でもヘスティアちゃん可愛い。この可愛さは今季トップクラス。

~~~3話まで保留~~~
血界戦線
血界戦線
なんかどっかで見たことあるような世界観とバトル展開。
展開早い割には説明不足でイマイチ何やっているのか分かり難い。
ノリは嫌いじゃないし、作画も良いし、もう少し様子見。

ハロー!!きんいろモザイク
ハロー!!きんいろモザイク
うん、1期から何も変わってねぇえええw
なんだろ、この邪念や毒気を抜かれるような気分は・・・w
もう何も言えねぇw

パンチライン
パンチライン
パンチラっていうか、パンモロですけどねっ!
色々とブッ飛んでいて呆れ笑いw
良いバカアニメ(褒め言葉)
そもそも何故ノイタミナでこれをやろうと思ったんだ?!

~~~3話まで我慢~~~
長門有希ちゃんの消失
長門有希ちゃんの消失
キャラ崩壊と言うか、そういう世界観だと分っていても色々キツい。
”これじゃない感”がハンパ無い。
やっぱり京アニの長門が好きだったという事か。
今更ハルヒのスピンオフでこれやる意義を見出せない。
つか、単純に面白く感じない。

ガンスリンガー ストラトス
ガンスリンガー ストラトス
有り勝ちな中二バトルもの。
バトルアクション物でこの演出・作画はダメだ・・・

ミカグラ学園組曲
ミカグラ学園組曲
ミカグラっていうより、ミヤモリ学園ですけどねっ!
ノリ切れないし、ちょっとどこに向かっているのか分らない。

放課後のプレアデス
放課後のプレアデス
なんかスポンサー(スバル)に配慮した半端感が・・・
毒にも薬にもならない内容。
朝方やっても問題ないレベル。

~~~もう切りそう・・・~~~
魔法少女リリカルなのはViVid
魔法少女リリカルなのはViVid
キャラデザ?1話目から作画大丈夫か?
これとガンスト、両方とも初っ端から作画不安定過ぎるぞ。
A-1 Picturesは前期クールで燃え尽きた?
それともうたプリにリソース割き過ぎ?!
内容はう~ん、、、やっぱり魔法少女はプリヤの方が好きですw

SHOW BY ROCK!!
SHOW BY ROCK!!
やっぱりサンリオ原作だけあって、どうみても朝方アニメです。
CGパート多過ぎて辛い。凄いけど。

~~~切りました~~~
レーカン!
レーカン!
話がもうちょっと面白かったら我慢できるんだが、もう無理です。
これで”ごちうさやけいおん層を狙った”とか無能にも程があるだろw
さすが木戸ちゃん最高の糞アニメ伝説継続中やでw
で、なんで今時こんなボケボケ画質なん?



冬からの継続はジョジョのみ。
いつも思うんだけど、新作アニメの初回視聴って何故か疲れる・・・・
予め知ってる内容なら良いんだけど、
何も知らないと見る前にちょっとした気分的な勢いが必要。
で、クソアニメだった時のガッカリ感・・・
一番やっかいなのが、面白くもツマラナくもないやつ。
いつ切れば良いか分からずダラダラ見続けちゃうパターン。
なるべく早く見切ろうとは思うんだけど・・・・

今季は不作って訳じゃないけど、全体的にやや物足りないかも。



テーマ:アニメ・感想 - ジャンル:アニメ・コミック

2015.04.16 | Comments(6) | Trackback(0) | .アニメ関連 2015年

ブログDEロードショー 第1回 春の感涙祭

今月もやってまいりましたブログDEロードショー、
第1回 春の感涙祭

今回は春のファミリー企画はお休みで、感涙祭が新たに加わりました。
みんなで「泣ける映画」を出し合って、涙で心の洗濯をしましょう♪

お題となる作品は皆さんのオススメ泣ける映画を匿名で挙げてもらい、
その中から気になったものを好きなだけ鑑賞するというスタイルです。

”あくまで泣ける作品を共有する”事が目的ですので、
自分が観る予定の作品でも、誰かに観てもらいたい作品でもいいので、
じゃんじゃん追加していって下さい♪

空欄に作品名を記入し、投票ボタンをクリックすれば追加できます。

開催期間は4月24日(金)~4月末頃まで
複数作品の鑑賞も大歓迎。

是非ともご参加くださいナ♪



テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

2015.04.13 | Comments(2) | Trackback(0) | ブログdeロードショー

2015年冬季開始の新作アニメ:総括

既に春季アニメが始まりましたが、
まだ冬アニメの最終回を迎えきっていない地方組(BS組)です、どもどもw
とりあえずはサクッと冬季アニメと秋から続いた2クールも一緒にを総括。

~~~大満足~~~
まぁ何と言っても君嘘でしょう!
四月は君の嘘
大体の予想は付いていましたけど、やっぱり最終回で号泣><。
もうマジで涙が止まらない・・・
たぶん間違いなく今まで見てきたアニメで一番泣いたかもw
原作と一緒に最終回を迎えたとの事ですが、
アニメならではの音楽や演出・映像など、一部では原作を超えたアニメとも。
久しぶりにサントラを聴いたりでまた涙w
最終回視聴後、しばらくは君嘘症候群で何もアニメを見られない状態に陥りましたw
いやぁ~ホントに感動しましたわw

続いて白箱
白箱
アニメ制作現場で働く人たちの群像劇。
アニメ制作の裏側として見ても当然面白かったんだけど、
それをキッチリ物語としてまとめられていたから更に凄い。
こういうのを”名作”って言うんだろうな~。
ま、PA作品は名作しかないけどw

~~~満足~~~
上記2作品が圧倒的に面白く、
冬季なのに秋季アニメで支えられていた感ですが、
一応冬季アニメもそこそこ楽しめたのが冴えカノ
冴えない彼女の育てかた
ヒロイン全員が可愛いくって、最後まで作画も良くって言う事なし。
改めて0話を視聴すると最終回の続きとしてちゃんと伏線?張られていたんだな~とか。
ま、それを最初に持ってくる意味は未だに分らなかったけどw

次にマリア
純潔のマリア
中世ヨーロッパの世界観や雰囲気も良かったけど、
何だかんだでファンタジーらしい大団円のハッピーエンド。
原作とは違う結末らしいが、ほどよく余韻を残す感じは好きかな。
こういうのを”良作”って言うのかな。

~~~まぁまぁ満足~~~
寄生獣
寄生獣
良くも悪くも原作どおりか。
”当時”は重いテーマだったんだろうな、という最終回。
やはり時代を感じさせる古臭さ・説教臭さはあったものの、
良い原作を良いアニメ化だったと思う。
原作準拠だからあのセンスなのか・・・w
そういえばいつの間にか平野ミギーに愛着が沸いていた事に驚いたw

アルドノア
アルドノア
うーんこの・・・・。
前半1クールであれだけ盛り上げて?いたのに、
後半2クールめで失速、尻すぼみのラスト。
で、結局何がしたかったんだろうか・・・。
ブッチー脚本の1期3話がピークでした。

~~~やや不満~~~
デスパレ
デス・パレード
ある意味、これが今季のダークホースだった気がするw
やや古臭いテーマだったり、消化不良感も残ったりで、
色々惜しい作品ではあったものの、尻上がりに面白さを感じた。
こういうのが1クールに1本あると良いんだけどなー。

艦これ」。
艦これ
・・・・・・・・。
艦娘総力戦もイマイチ盛り上がらず、続編決定!に驚き。
もっと日常回をやれば~と言う意見もあるようだけど、
やはり戦闘がシリアスになり切れていないのが失敗の理由かと。
敵との戦力差も良く分からないから、なんでボコられてるのか理解出来ず、
ピンチ→助っ人登場!、ピンチ→助っ人登場の永延繰り返し。
攻撃もほぼ単発どまりで「当たってぇええええ」で一発ドカン。
行動原理も「夢でみた」「気がする」「急にバケツが」の曖昧なものばかり。
「ストパン」「ガルパン」だって戦闘が盛り上がるからそこそ、
そのギャップの日常シーン。
艦これは色々とチグハグな結果がこれ。
ディオメディア。覚えておこう。

東京喰種
東京喰種
テラフォと違って面白くなりそうな素材はいっぱいあったんだけど、
結局は何がしたかったんんだろうか???と。
”分かる人には分かる~”的な作りが終始鼻に付いた。

ロリガ
ローリング・ガール
こまけぇことはいいんだよ!的なノリが癖になるアニメだったけど、
説明不足の置いてけぼり感、細かい設定を回収しきれていない不完全燃焼感。
まぁそれでもキャラは可愛かったw
こういう独創的で魅力があるオリジナルアニメも悪くは無い気もしないでもないかも。

~~~不満~~~
夜のヤッターマン
夜のヤッターマン
1・2話と11・最終話だけで成立した物語。
中盤がgdgd過ぎてイラナイ回が多過ぎたw
劇場版総集編()みたいな感じにすれば面白かったのかもw



冬季クールはホント不作。
それに引き換え秋アニメの2クール、
君嘘と白箱は文句の付け所も無いくらい本当に良く出来ていたし、凄く面白かった。
全体的に見ると最終回の作画クオリティが落ち込んだ作品が多かった気もする。
まぁそれだけどこも制作カツカツなんだろうなぁ。
やっぱりA-1 Pictures無双。これに尽きるかと。



テーマ:アニメ・感想 - ジャンル:アニメ・コミック

2015.04.04 | Comments(8) | Trackback(0) | .アニメ関連 2015年

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。