第57回 ブログDEロードショー

今月もやってまいりました、
ブログ DE ロードショー

今月のお題は「リトル・ランナー:SAINT RALPH」
(2004年カナダ、マイケル・マッゴーワン監督)
待つのではなく自分で奇蹟を起こそうと奮闘し、成長していく少年のお話。
このタイトルや一般的に紹介されているあらすじでは観ない人がいるんじゃないかと思い、
宵乃さん自らこの企画でみなさんと一緒に観たいと思い選ばれました。

日程は2月27日(金)~3月1日(日)です。
各自の都合の良い日時に鑑賞します。
後日でもおっけーですけど、フライングはご法度です(・_・ゞ
感想・レビューは強制ではありませんので、
観るだけ観てみて、感想はパスしても構いません。
もちろんブログを持っていない方のご参加もOK~。
もし興味がある方がいらっしゃったら、是非とも一緒に参加してみましょう!



テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

2015.02.23 | Comments(2) | Trackback(0) | ブログdeロードショー

2015年冬季開始の新作アニメ:中盤折り返し

今季も5~6話過ぎ折り返し。
艦これ」と「モバマス」の二強状態で、
残りはてんでダメダメと思っていましたが、
う、う~ん、艦これ・モバマスもダメかもしれんね・・・
継続秋アニメの「白箱」「君嘘」がメチャクソ面白くて、
次いで再放送中の「ライブライブ1期」。
ぶっちゃけ、この3つで今季もっているようなものw

まぁそこそこ楽しめてるのはあるけど、めっちゃ面白いってのが一つも無いかな。
半分経過でこれだと終盤盛り返しも厳しそうだなー。

んじゃ、
秋からの継続アニメも含めて、
中盤5~6話視聴で視聴継続、または切った作品の感想。
(良かった並べ順)

~~~かなり面白い~~~
四月は君の嘘」(全22話)
君嘘
もう王道青春もの、青春オブ青春。
友情・恋愛・将来・家族、色んな要素を詰め込んだ、
思春期の甘く切ない青春物語。
心情に合わせた演出が秀逸で、音楽にも後押しされて、結構ぐっとくる。
ひっさしぶりにすげー楽しめる作品に出会った。
こういうの大好き。

SHIROBAKO」(全24話)
白箱
もう言わずもがな。
アニメの製作現場と登場人物の人間模様を上手く融合させつつ、
アニメーションとして、物語として楽しめる絶妙な作品。
個人的に完璧なアニメ。言う事なし。

~~~面白い~~~
アルドノア・ゼロ 第2クール」(分割2クール・2期目12話)
アルドノア
もう完全に話題のネタとして楽しんでますw
毎回登場するビックリドッキリメカ・火星カタフラクト()も、
舐めプしか出来ない軌道騎士()も、
ヘイトゲージ溜まりまくりで死亡フラグしか見えないスレインきゅんも、
都合よくあしらわれるキャラたちも、
何もかもが話のネタ作り。
どこかで見た事ある内容ばかりだけど、
展開が早いので観ている分には楽しめてるかな~。

冴えない彼女の育てかた」(0話+12話)
冴えカノ
もうね、何も考えずにヒロインを可愛い可愛い出来る貴重な枠。
ノイタミナでハーレムラノベを!?とか思ったけど、
作画のクオリティも高いし、王道ラブコメなので、普通に楽しい。

艦隊これくしょん-艦これ-」(全12話)
艦これ
キャラが多くて、しかも中の人が同じで更に混乱。
1画面内に5~6人のキャラ全部声が一緒とか、マジ勘弁してくれw
あやねる劇場なのも飽きてきた・・・。
キャラは個性的なんですが、声がどれも同じで今一歩ノリ切れない。
内容?
戦闘だろうと日常だろうと、別に大した違いないだろうし、何でもいいですw

純潔のマリア」(全12話)
マリア
何だかんだいって純情なマリアが可愛いっすw
登場人物たちの横の繋がりも多くていろんな角度で楽しめるかな。
世界観も丁寧に描かれているし、味わい深いアニメかも。

~~~まぁまぁ面白い~~~
ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース エジプト編」(4クール・3期目24話)
ジョジョ
あまり原作読済みアニメは好きじゃないから1部・2部はスルーしてたけど、
3部は面白いエピソードが多いから意外と楽しめてる。
特にイギーが合流してからのエジプト編は見所多し。

寄生獣 セイの格率」(全24話)
寄生獣
ようやく物語りも佳境に差し掛かり、先が気になる展開。
ちゃんと完結まで描かれるってのが良いですね。
ま、普通にそこそこ楽しめてるかな。
相変わらずのダサさは付き纏うも、さすがに慣れたしw

夜のヤッターマン」(全12話)
夜のヤッターマン
非常に惜しい作品。
ドロンジョちゃん可愛いし、世界観や雰囲気も良好。
なのに、たまに顔を出す昭和的な悪ノリは寒いだけ。
セルフパロディも良いけど、もう少し全体の流れを良くして欲しいかも。

アイドルマスター シンデレラガールズ」(全26話?)
モバマス
もう辛い・・・アイマスと同じノリで面白くなくなってきた・・・
キャラが多くて視点はブレブレだし、色モノキャラばかり。
別にこれ他のキャラに差し替えても構わないんじゃね?ってくらい記号化キャラ。
もう少しキャラを絞って軸をしっかり見せて欲しいんだけど・・・渋りんの。

~~~うーん、イマイチ盛り上がりに欠ける~~~
ローリング☆ガールズ」(全12話)
ロリガー
もう何がやりたいんだよぉぉぉこのアニメー!
ノリがgdgdでギャグにキレもない。
スタッフ身内が面白いと思って好きやってるこの感じ。
誰かが絶妙な例えてたけど、「炭酸の抜けたコーラ」
まさにそんな感じですw

東京喰種√A」(分割2クール・2期目12話)
グール
1期があれだけ丁寧だったのに、
2期で一気に安っぽい展開・作画に成り下り。
やっぱ原作者が口を挟むとろくな事に・・・・

デス・パレード」(全12話)
デスパレ
てっきり腐アニメかと思って0話切りしてたけど、
最近流行の理不尽デスゲームの1話完結型だった。
まぁ雰囲気は悪くないんだけど、デスゲーム自体の緊張感が無いのがちょっと。
空いた時間に流し見程度で。

~~~もう切った~~~
幸腹グラフィティ」(全12話)
他人の食事シーンを見て何が楽しいのか、キモいだけ。
飯作画も妙にツルテカで美味しそうに見えないし、
カメラ目線のあざといシャフト演出が逆効果。

ISUCA-イスカ-」(全10話)
テンプレはテンプレなんだけど、
10年くらい前のテンプレアニメだったひゃんw

ユリ熊嵐」(全12話)
この分るようでわからないこの感じが幾原アニメなんだろうか。
暗示的・抽象的過ぎだし、楽しくは無いよねー。



というか、
今季クールは「アルドノア」「モバマス」「君嘘」「冴えカノ」のA-1 Pictures無双状態w
 (他に「七つの大罪」「まじっく快斗」も放送中だし)



テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

2015.02.18 | Comments(6) | Trackback(0) | .アニメ関連 2015年

魔女っこ姉妹のヨヨとネネ

今日のオンエアチェックは
魔女っこ姉妹のヨヨとネネ(初見)
2013年 1:40 HV・AAC

第3回 真冬のファンタジー企画、ラスト。
もちろん最終日に視聴(感想記事は後からなので過ぎてますけど)
いつぞや録画はしていたけど、視聴はついつい後回しに。
今回のお題にピッタリの作品なので締め括りに選びました!

ひらりん原作のコミック「のろい屋しまい」を、
空の境界』シリーズなどのufotableが制作。
魔法や呪いが日常にある国のある時代を舞台にした本格派魔法ファンタジーアニメ。
内容はのろい屋を営む姉妹の姉ヨヨがひょんなことから異世界に迷い込み、
不思議な冒険に巻き込まれるひと夏の物語。


まず最初に、
いかにも可愛らしい魔法少女キャラを装い、
希望が絶望を生み出す叛逆の物語などでは一切なくw
夢と希望に溢れた正当派の元気な魔女っ子ワンダーファンタジーです。
前者は現代のヴィジュアルイメージを最新の技法で描いているのに対し、
後者(本作)は歴代の魔女っ子ものから定番イメージを最新の技術で描いている。
作風は違えど、どちらも2013年の「魔法少女もの」というのはある意味興味深いw

ストーリーの方は魔女っ子が別世界からやってきて、
男の子と出会い、冒険を通して成長し、そして最後には元の世界に帰っていく・・・
という定番の流れになっているものの、
終盤はどことなくサマーウォーズみたいなノリ。


ちょっと色々詰め込み過ぎて、どこか持て余している感はあるものの、
劇場アニメらしい勢いやパワー感があり、見応えは十分、大人でも楽しめるだろう。
物語自体は単純だが、
細かな舞台設定の説明は殆どされていないので、
ヨヨが小さい理由やカエルの正体など、
原作コミックなり公式HPなり、劇場パンフレットなりで解説されているようだが、
そういった理屈や理由を求めたがるのは大人だから・・・?
どちらかと言うと理屈抜きで楽しめる子供向けなのかもしれない。

画質はまずまず。
絵本のような色鮮やかなトーンと、やわらかな描線。
それでいて明るく高コントラストのくっきり画質。
かなり細かい線で情報量が多く、精細感のある映像。
流石に放送波ではペグノイズは避けられませんが、
Blu-rayで観たらより綺麗だったと思う。
ただ何故か画面がシネスコサイズw
単に上下を削った(トリミングした)だけのシネスコではなく、
元よりシネスコサイズで製作したっぽい。
んー、悪くはないけど、出来れば16:9のサイズで作って欲しかったかも。


音質もまずまず。
こちらも放送波ではAAC・ステレオ音声なので決して良くはないものの、
疑似サラウンドさせれば、それなりに広がりある音場で鳴ってくれる。
低音も意外としっかり入っており、SWの役割も多め。
ただみかこし(小松未可子)が歌う主題歌「虹の約束」が流れた瞬間、
あぁ、やっぱAACだわ・・・と。

ufotable制作の正当派元気な魔女っ子ワンダーファンタジー。
ある程度説明に時間を割く事が多い劇場アニメにおいて、
とりあえずキャラを活躍させてどんどん物語を動かす、
勢いとスケール感溢れる、これぞ劇場アニメ。
老若男女楽しめる作りではあるものの、
色々詰め込み過ぎ感があり、
そこに理屈や理由を求めたがる人には向かないかも。
定番の魔女っ子ものを素直かつストレートに描いた、
夢と希望に溢れるファミリー向けアニメ。
正直、ufotableを期待し過ぎた私的にはぬるま湯でしたw


     



テーマ:アニメ - ジャンル:映画

2015.02.02 | Comments(2) | Trackback(0) | 映画 他

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販