2014年冬季開始の新作アニメ

さて、毎クール恒例の記事になりつつありますが、
来年冬季新作アニメのチェック。

の、前に秋季アニメを振り返って見ましょうかw
言わずもがな、夏から続く「<物語>シリーズ セカンドシーズン」が圧倒的な面白さ。
夏~秋季アニメどころか、年間アニメ、
いや歴代のアニメとしても上位に食い込む作品でしょう。
物語1st~偽物語を経て、この2nd。そして傷物語、ファイナルシーズンで完結。
私個人的に最もお勧めしたいアニメです。

文字通り化け物的なクオリティの<物語>2ndは置いておいて、
凪のあすから
安定のP.A.WORKS作画による水彩画のような世界で、
人間の人魚の交流と隔たりを描いたファンタジードラマ。
透明感ある作画だけでなく、
人物像やストーリー展開、演出など凄く丁寧に作られている感がヒシヒシと伝わってきます。
個人的に過去のP.A.WORKS作品の中でも一、二を争う出来かと。
2クールなので今はまだ折り返し点。
今後の展開や結末が凄く気になる所です。

視聴前は殆ど期待していなかった「蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-
これは化けました。
昨今流行りの軍艦群の擬人化アニメですが、
軍艦群vs潜水艦の頭脳戦など海上バトルもしっかり描かれており、
回を重ねるごとに尻上がりに面白さをみせる珍しい作品でした。
しかも全編ほぼフルCGによる作画なので慣れるのに時間はかかりましたが、
日本のアニメもついにここまで違和感なく出来るようになったのかと感心も。

ゆゆ式→きんいろモザイクと続く日常系枠「のんのんびより
田舎を舞台にまったり・ほっこりとした話を淡々と繰り広げるだけなのに、
それが心地良く最終回ともなると、得体の知れない喪失感に襲われる・・・。
日常系アニメの恐ろしい所w
まさに↓これ状態w
1056.jpg

これも期待はしていなかったけど「機巧少女は傷つかない
俺TUEEE系バトル物のラノベ。
夜会と呼ばれるトーナメントデスマッチそっちのけで、
余計な事に首を突っ込んでばかりで一向に話が進まないけど、
夜々かわいいよ夜々で退屈はしなかった。

秋季アニメで面白いと思えたのは以上w
逆に期待ハズレだったもの。
ガリレイドンナ
梅津泰臣が原作・監督ということで期待していたが、
ビックリするほど面白くなかったw
ナディアやラピュタのような世界観や、作画、キャラデザもクオリティが高かったものの、
肝心の物語に求心力がなく空中分解。
どうやら企画の段階では2クールだったようで、
それを無理矢理1クールに切り貼りしてまとめてみました感。
キルラキル KILL la KILL
古きよき時代のセル画作風を全面に出した鳴り物入り。
アクが強く取っ付き難かったものの、
ノリと展開の早さで退屈知らずも中盤以降失速気味。
2クールなのでこのまま保てるかどうか・・・。
境界の彼方
京アニ製作とあって期待していたが、完全に原作に魅力を感じない。
後半はオリジナル展開だったものの、クライマックスの盛り上がりから置いてきぼり感。
COPPELION コッペリオン
東日本大震災や原発問題により製作凍結された不遇のアニメ。
序盤は終末世界の雰囲気が良く出ていたものの、途中からバトルアニメに変わり始めて・・・

可もなく不可もなくの作品4つ。
東京レイヴンズ」「ストライク・ザ・ブラッド
この二つは恐ろしく同系色。
基本異能バトルで主人公はチート覚醒持ち。
どちらも専門用語がやたら多い世界観が特徴的でアニメだけでは理解できず。
バトルは派手だが、ちょろインが可愛いければ問題ないw
WHITE ALBUM2
ヘタレ主人公とメインヒロイン2人を中心にした三角関係恋愛物。
ただしアニメで描かれた部分は、原作ゲームのプロローグだけらしい。
いやもうお腹いっぱいです。
IS2
大した内容でもないのに何故か1期が大ヒットだったIS。
一応メカメカしいバトル物だが、バトル回よりも日常回の方が面白いというw
ヒロインズに囲まれたハーレムブヒアニメです。
1期に比べ作画が安定していなかったのが残念。

他、早々に切ったアニメ。
夜桜四重奏 -ハナノウタ-
作画は良かったものの、前作を見ていないので世界観が良く分からんかった。
アウトブレイク・カンパニー
個人的に異世界ファンタジーは肌に合わず。
ぎんぎつね
悪くは無いんだけど、キャラクターに魅力を感じず。
俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している
これは私モテ以上に酷かった。
こんな酷い作品までアニメ化しなきゃらない原作ラノベの枯渇状況を憂う。

とにかく秋季アニメは期待ハズレが多過ぎた・・・。



さて、冬季アニメも同じく期待作品は豊富。
でも実際に見てみなきゃ分らないのが楽しみでもあり不安でもある。

冬季アニメの見所はズバリ!
「花田先生の中ニ病、ヤマカンのwakiga、新房のニセコイ」


1期、劇場版を経て帰って来た中二病でも恋がしたい!戀(2期)
京都アニメーションによるドタバタラブコメ。
花田十輝シリーズ構成。
終盤に必ずシリアスな急展開を迎えるのが特徴的。
個人的にはそれが好きなのだが、一部のファンからは誰得シリアス展開を嫌う感が。
とにかくキャラが個性的で可愛く、良く動く。
それだけで十分楽しめるのではなかろうか。
ちなみに12月25日には第1期の未放送エピソードが放映される模様。要チェック。


続いて注目すべきはWake Up,Girls!
「ハルヒ」「らきすた」「かんなぎ」などを手掛けた我らがヤマカン(笑)
ヤマカン本人もアイドル好きらしく、
アイマス」「ラブライブ」「AKB0048」「アイカツ」などアニメでもアイドル戦国時代。
アイドルアニメに終止符を打つ!と豪語するヤマカンの本気を見てみようではないか!
内容はともかくとしても、ヌルヌル動く作画にも注目。


そしてジャンプ連載中の人気漫画ニセコイ
いま最もトレンディな新房シャフト。
個人的にジャンプ、マガジン、サンデーの、
人気漫画アニメ化はあまり良い印象がないのだが、
新房シャフト色に染め上げてくれれば・・・。


他にも水島努の「ウィッチクラフトワークス
空戦が見応えありそうな「とある飛空士への恋歌
「ゆゆ式」→「きんいろモザイク」→「のんのんびより」と続く百合アニメ「桜Trick
ゴタゴタがあって秋季から冬季へ変更となった「pupa(ピューパ)
冬季ラノベ枠「のうりん
梅津泰臣汚名返上なるか!?「ウィザード・バリスターズ~弁魔士セシル
麻枝准・虚淵玄に続くエロゲシナリオライター星空めておが、
シリーズ構成を勤める「世界征服〜謀略のズヴィズダー〜
などなど、現段階で19本視聴予定。+継続アニメ4本。

当然1話切り、3話切りでどんどん減らしていくつもり。

なお、その他の冬季アニメはコチラや、コチラで詳しくチェック出来ます。


[追記]
冬季の再放送はコチラからチェック。
リマスター版で再放送されるSAOが気になる。

また見逃した秋季アニメのニコニコ一挙配信も。

同様に冬季の新作アニメもニコニコチャンネルで一週間無料放送があるので安心。

12月31日22:00から放送・配信が行われる
年末特番ソードアート・オンライン Extra Edition




テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

2013.12.23 | Comments(4) | Trackback(0) | .アニメ関連 2013年

柴田 淳 CONCERT TOUR 2013 月夜PARTY vol.4

本日のBlu-rayは
柴田 淳 CONCERT TOUR 2013 月夜PARTY vol.4」(初見)
2013年 2:10 13~23Mb/s(AVC 1080i) 2.30Mbps(リニアPCM 2ch)

毎度しばじゅんライブBD。
ここ最近は熊木杏里とか藤田麻衣子のライブDVDを買って聴いているものの、
改めて柴田淳を聴くとやっぱりしばじゅんが一番だと感じる。
聴いていて心地良いし、何より安心感がある。
スピーカーを変え、アンプを変えて、以前とはだいぶ印象が変わってきたけど、
それでもやっぱりウチの環境での指針はしばじゅんなのだと思う。
柴田 淳 CONCERT TOUR 2013 月夜PARTY vol.4

さて、2013年ツアーオーチャードホール公演を収録した本作。
前回の10周年記念に比べるとシンプルな会場・ライブ内容。
これが本来のスタイルなのだろう、しっくり聴かせるには丁度良い雰囲気。
最新アルバムやレコードショップ大賞を受賞したカバーアルバム「COVER 70's」など総17曲。
派手な舞台演出等もなく文字通りしばじゅんだけにスポットを当てた、
安定のしばじゅんワールド。
バックバンドも裏方に徹すると言えど、
繊細な演奏テクニックで楽曲に深みを与えている気がする。
う~ん、しばじゅんの歌声に惹き込まれる大人の雰囲気です。
70年代の歌謡曲は世代じゃないので思い入れは薄いけど、
それでも一度は聞いた事のある名曲ばかり。
また「紅蓮の月」「月光浴」「雨」など定番曲はいつ聴いても良いですねぇ。
柴田 淳 CONCERT TOUR 2013 月夜PARTY vol.4

さて画質の方だが、
ライブBlu-rayなのにビックリのシネスコサイズ
何でやねん!!
なんか意味あるのか?!
バストアップシーンでも頭が見切れてるんですけど・・・?
まぁそれは置いておいても、
シャドウが強過ぎて人物以外の背後はほぼ真っ暗状態。
照明も薄ボヤかした淡いカラーフィルタ。
白のピークも早く白飛びが目立つ。
これらの影響でせっかくの解像度もノッペリ潰れてしまっており、
お世辞にも画質が良いとは言えず。
柴田 淳 CONCERT TOUR 2013 月夜PARTY vol.4

音質は良好だが、やっぱり96khz/24bitのハイデフ収録して欲しい。
前作に比べメリハリを利かせたバランス。
若干ドンシャリ傾向に振ってあるかも。
音の解像度感はたぶん今までの中で一番高い。
それが幸いしてか、
ホール感はあるものの距離感が近くてCD音源を聴いている感覚に近い。
要はステレオ感がやたら強いのだ。
この辺りは好みの問題もあるだろうけど、
個人的にはちょっと聞き疲れしそうかも。

その他。
何故か映像特典がBlu-rayには収録されておらず、
DVDのみという暴挙。
逆ならまだしも、何のためのBDなのか意味ワカラン。
ケースも今までの様な豪華仕様ではなくBDケースのみ。
 (ラックに並べる分には良いけど)
ブックレット等も無く、ペラ紙一枚セトリが乗った物が挟まっているだけ。
シネスコ仕様といい、特典未収録といい、
かなり手抜きと言うか不満の残るソフト。
もちろんライブ内容やしばじゅんの歌声とは全く関係ない所ではあるが。


     



テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽

2013.12.21 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 他

(BD)パシフィック・リム

本日のBlu-rayは
パシフィック・リム」(初見)
2013年 2:11 20~26Mb/s(AVC) 2.2~3.2Mbps(DTS-HD Master Audio 5.1ch)

あのギレルモ・デル・トロが製作。
トランスフォーマーとGODZILLAを合わせた様なVFX全開の超大作。
作品自体の評判も好評だったようで、
先行していた北米盤の映像・音響ともに絶賛されていた事もあり、
久っしぶり予約ポチッていた。
でもフラゲどころか発売から3日も遅れるKonozama食らってフラストレーションMAX。
もういっそ届く前にレンタル屋へ走ろうかと思ったほど。
そんな期待感たっぷりでいざ視聴となったわけですが・・・。

内容は太平洋の底から現れた巨大怪獣によって全世界で壊滅的な被害を受ける。
そこで人類は一致団結し人型巨大兵器イェーガーを開発に成功する。
人類最後の希望として怪獣に立ち向かう巨大ロボットアクションムービー。
ストーリーにはツッコミ所満載だろうけど、
胸熱くさせるロボットバトルが観られればそれで構わない。
スケール感たっぷりの映像で繰り広げてくれれば満足するだろう。
そう思っていた。
けど、期待したのとちょっと違ってた。
パシフィック・リム

ロボットの造形もカッコ良くない、むしろダサい。
動きもやたらノロノロでいちいちモタつく。
怪獣とのバトルもパンチや投げ飛ばしばかりプロレスのようだ。
なんか古臭い特撮映画を観ている気分になってくる。
あぁなるほど、世代が違うのか。。。

鉄人28号とかマジンガーZとかジャイアント・ロボとかウルトラマンとか。

往年のロボットアニメや特撮怪獣を、ハリウッドが本格映像化した作品。
遣り過ぎて絵空事にならない程度のギリギリの現実感を保って、
”お決まりごと”を大スケール感で描いているので、
ガンダムやエヴァ世代で、
飛んだ跳ねたするトランスフォーマーを想像すると物足りないかもしれない。
パシフィック・リム

とは言っても、邦画の実写ロボットものチープさなどは一切なく、
重厚感たっぷりの迫力あるロボットバトルで、
巨大ロボットにパイロットが乗り込んで操縦して胸熱なシチュエーション展開など、
観る人によっては堪らないのだろうと思う。
たぶんこれを観て「しびれるねぇ」とか言う人がターゲット層かと。
個人的にはトランスフォーマーの方が10倍楽しめた。

ま、イェーガーのパイロット特性が14歳の少年少女という設定にすれば、
これまた違った印象になっていたと思うけどwww


画質は良好。
最新デジタル撮影だけあって文句無く綺麗。
なのだが、CGは結構甘い。
VFXの合成も良く見ると気になるレベル。
それらを誤魔化す為に如何せん暗いシーンばかり。
暗部の情報量はそれなりにあるものの、
ウチのようなネイティブコントラストの低い環境だと本領発揮出来ないかもしれない。
個人的には色鮮やかでカリカリの映像が好きなので、ちょっと期待ハズレ。
ちなみに映像はビスタサイズなので画面いっぱいいっぱい楽しめるものの、
巨大ロボットや怪獣などのスケールを感じるには120インチくらい欲しいと思いましたw
パシフィック・リム

音響も良好。
とにかく低音が盛大で腹に響く。
バトルシーンでは終始SWが鳴りっ放しで振るえ暴れる。
後で確認したらSWの上に乗せてあったフィギュアが数センチ動いてましたw
音数や密度感は思ったほどじゃないものの、
重厚感溢れる低音は聴き応え十分。

ギレルモ・デル・トロが往年のロボットアニメや特撮怪獣をリスペクトし、
重厚感溢れる大スケールで本格映像化した作品。
ただし世代によって合う・合わないが大きく出てきそう。
人を選ぶ作品というよりは、
往年世代が選んで(好んで)観る作品なのだろう。
この映像クオリティで「進撃の巨人」の実写化だったら、
間違いなく大絶賛していたと思いますw


     



テーマ:洋画 - ジャンル:映画

2013.12.15 | Comments(3) | Trackback(0) | 映画 は

第44回 ブログDEロードショー

今月もやってまいりました、
ブログ DE ロードショー

今月の作品は
「オペラ座の怪人:THE PHANTOM OF THE OPERA」
(2004年アメリカ・イギリス製作、ジョエル・シューマカー監督)
オペラ座に暗躍する怪人と可憐な歌姫の愛憎模様が、
豪華絢爛な美術と音楽をバックに展開するミュージカル作品。

日程は2013年 12月13日(金)~12月14日(日)
なお、Dlife(BS258)にて12/14(土)24:00からオンエアがあるようです。
各自の都合の良い日時に鑑賞します。
後日でもおっけーですけど、フライングはご法度です(・_・ゞ
感想・レビューは強制ではありませんので、
観るだけ観てみて、感想はパスしても構いません。
もちろんブログを持っていない方のご参加もOK~。
もし興味がある方がいらっしゃったら、是非とも一緒に参加してみましょう!



テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画

2013.12.06 | Comments(2) | Trackback(0) | ブログdeロードショー

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販