スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- | スポンサー広告

(BD)ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q YOU CAN (NOT) REDO.

本日のBlu-rayはどこかQ造品を感じてしまう・・・
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q YOU CAN (NOT) REDO.」(初見)
2012年 1:45 39~40Mb/s(AVC) 4.6Mbps(リニアPCM 5.1ch)

ある種のトラウマのようなものを植え付けられた旧劇場版が公開されてから14年。
新たに作り直された新劇場版では前作:破より14年の時間が経過していた。
破壊と創生を繰り返してきたエヴァ。
期待と裏切りを繰り返してきた庵野監督は、
「誰もが楽しめるエンターテイメント映像を目指します。」と所信表明し、
序、破と着実にエンタメ志向で盛り上げて、
Qで再び奈落の底へと叩き落す!

や、分かっていましたけどね。
庵野監督の手癖の悪さと言いますか、
ファンもそれを望まずも期待している節もある訳で、
トンデモ展開を見せられても何となくそれっぽい解釈を勝手にして、
「うん、やっぱヱヴァってすげぇー」的な?
ここまで何をやっても許される監督ってのも珍しいのではないでしょうかw
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

内容は前作:破のラストから14年後。
前2作はリメイクに近かったが、本作は全く新たな物語でスタートする。
14年の歳月で風貌や性格が豹変してしまったお馴染みの登場キャラはもちろん、
あんた誰?の新キャラも続々と登場。
そして主人公、碇シンジに突きつけられた言葉は、
「もうエヴァには乗らんといてください」
すっかり世界から取り残され混乱し、突きつけられる理不尽な現実。
またか、またなのかっ?!
旧劇場版で味わった、あの何とも言えない意表感。
いったい庵野監督は何がしたいんだ・・・。

アクションシークエンスはスピード感溢れ見応えあるものの、
前作のような派手な演出は抑え気味。
これは物語的にあえてそうしている事もあるだろうし、
舞台がら全体的に殺風景に見えてしまっている事もあるだろう。
またアスペクト比の変更も大きな要因だろう。
 (ビスタサイズ→シネスコサイズへ変更)
画面上では現時点で最も素晴らしい作画クオリティで描かれているハズが、
どうしても気分は盛り上がらない。
ドン底気分の本作で唯一見所となるのはたぶん、
渚カヲルとの連弾シーンであり、そこが本作のピーク。
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

奈落の底へと叩き落すトンデモ展開が待ち受けていますが、
あえてどんな内容なのかを言うならば、
(前作ラストで)綾波レイを助けたぁ? 」
「そんなことよりフォースインパクトしよーぜ!」

みたいな感じでしょうかw

画質はそれなり。
とビスタサイズだったエヴァですが、
なぜか本作からシネスコへ変更。
高画質に変わりありませんが、
戦闘シーン以外は殺風景なもので見所は薄いかも。
またアス比が違うと物足りなさも少なからずある。
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q

音質もこれまたそれなり。
序、破とダブルロスレス収録から、
なぜか本作から非圧縮のリニアPCMへ変更。
たぶん受ける印象は音声仕様そのままで、
自室がまるで劇場にでもなったかのような臨場感が味わえた前2作だが、
本作はクッキリとした音像定位と底抜けに広がる音場空間に尽きる。
壁を取っ払ったかのような音離れの良さと、
細かい音まで明瞭に聞こえてくる空気感。
ただしボリュームレベルを相当上げてあげないと迫力はなかなか出てきてくれないかも。
ドンパチが見所の作品だと考えると、
やはりここは非圧縮よりもDTS-HDのロスレスで収録して欲しかった。

徹底してエンタメ志向に振った前作:破前々作:序
カタルシスと感動をもたらしてくれた前作のラストからQ転、
一見さんはもちろん、新劇場版から入ったライトユーザーすら振り切って、
理不尽な展開へと叩き落される。
落とすだけ落としておいて、結末は次回までお預けです。
やっぱりこれが「エヴァらしい」のか・・・。
ぶっちゃけ、
Qより旧劇場版の方が面白い

10年以上の歳月を経てリビルドされた序と破の完成度に比べ、
このQは全体を通して粗雑で、
どこか急造品(Qだけに?)を感じざるを得ない。
次のラストでスッキリ終わらせて欲しい所だが、本作を観る限りそれも厳しいのかも。
あまり期待せずに最後まで見届けようと思う。

ちなみにエヴァ本編の前に「巨神兵東京に現わる」が10分ほど流れる。
特撮技術とデジタル合成のみで製作されているらしいが、
別段面白くもなんとも無い、自己満足的なモノだろう。
よってエヴァQの本編は正味95分とかなり短い。

   



スポンサーサイト

テーマ:アニメ - ジャンル:映画

2013.04.26 | Comments(4) | Trackback(0) | 映画 他

(BD)白雪姫と鏡の女王

本日のレンタルBlu-rayはオードリー・ヘップバーンの再来?!
白雪姫と鏡の女王」(初見)
2012年 1:46 25~35Mb/s(AVC) 2.1~2.6Mbps(DTS-HD Master Audio 5.1ch)

何度か足を運ぶもレンタル中で期間内に借りる事が出来ませんでしたが、
さすがに平日ならば・・と覗いてみると普通にありましたーw
ということで遅ればせながら「ブログ DE ロードショー

グリム童話の「白雪姫」の実写化。
スノーホワイト」を観たいと思ってはや数ヶ月・・すっかり忘れていたw
あちらは”戦う白雪姫”がキャッチコピーらしいが、
こちらはさしずめ”奮闘する白雪姫”といったところだろうか。
誰でも知ってるグリム童話だけれど、
お恥かしい話、
これを観るまで白雪姫って、
赤いずきんを羽織って舞踏会へ行って毒リンゴを食べて寝込みを狼に襲われる話だっけ?と、
結構本気でごっちゃになっていました。
白雪姫と鏡の女王

思ったほど大胆なアレンジはされておらず、
割りと原作に沿って現代風にコメディタッチで軽くあしらった感じだろうか。
突き抜けた面白さもなければ、笑いも微笑ましいレベルどまり。
そもそも、
ヒロインの白雪姫の眉毛が濃い事といったらw
もう話そっちのけで、そればっかり気になってしょうがなかった。

しかし、
次第にそれがキュートに見えてくる不思議w

うーむ、感想がそれしか出てこないからこれまた困ったもんだ・・。
白雪姫と鏡の女王

画質は最新作らしい安定した標準的な高画質。
豪華ながらどこか遊び心のある衣装を細部までしっかり見渡せつつ、
CGはどこかパペット人形を思わせる質感など、
絵本のような雰囲気がそのまま表現されている。
発色はやや色数を減らしてドスを効かせたような印象。
白雪姫と鏡の女王

音質は普通。
サラウンドがややケレンミに作られているも、
基本的にはセリフ中心で奥まった所で静かにBGMが鳴っている印象。
僅かだが、どこかドルデジを思わせる抜け切らなさを感じた。
また一部だが割りと盛大にLFEが鳴るシーンも。

グリム童話「白雪姫」をベースに、
現代風にコメディタッチで描いたファンタジー作品。
意外と残酷な童話をリアルに描いた作品が多い中、
割りとポップな感じでハッピーエンドに描いた劣化ディズニー風?
内容的には可もなく不可もなくだったような気がするけど、
ヒロインの白雪姫の眉毛が全部もっていっちゃって殆ど記憶なしw

   



テーマ:Blu-ray - ジャンル:映画

2013.04.10 | Comments(6) | Trackback(0) | 映画 さ

(BD)グレイヴ・エンカウンターズ

本日のレンタルBlu-rayは
グレイヴ・エンカウンターズ」(初見)
2011年 1:33 12~25Mb/s(AVC) 1.5~1.8Mbps(DTS-HD Master Audio 5.1ch)

[前置き2]
土・日とレンタルショップに通うも、やっぱり「白雪姫と鏡の女王」はレンタル中。
そうこうしているうちにスカイフォールもレンタル中に・・・。
すっかり世間にもBlu-ray再生環境が浸透したのでしょうか。
本数は少ないとは言え、DVDが余ってBDはいつでもレンタル中って事もしばしば。
以前は私が初めてレンタルしたのだろう、まっさらな状態のBDが多かったのに。
で、仕方なく気になっていたホラーを手に取るあたり、私らしいですよねw



2匹目のドジョウ狙いのパラノーマル系。
架空の出来事をあたかも事実のように捏造し、
ドキュメンタリーとして構成する”モキュメンタリー映画”
ヤラセ心霊番組内で廃虚となった精神病院に潜入し、
それっぽい映像撮って怖がらせようとしたら、
ほんとに超常現象が記録されちゃいましたーをモキュメントした映画。
「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」と、
「パラノーマル・アクティビティ」を足したような感じだろうか。
Jホラーで言うところの「ノロイ」に近い。
グレイヴ・エンカウンターズ

モキュメンタリーを強調する割りに、
オバケは平気で姿を見せるし、血は吐くわ、出口が消えて迷路化するわで、
どこもかしこも胡散臭さが付いてまわり、
超常現象というよりオバケ屋敷のそれと何ら変わりない作りモノ感で興醒め。

ぶっちゃけ、
過去にこの手のPOV手法のホラーを幾つも見てきたが、
本作が最もツマらなくて、最も怖くない。
予告トレーラーの作りが上手いだけであって、
実際観ると大した事無かったです・・。
グレイヴ・エンカウンターズ

画質は良く分からん。
暗いし、ブレるし、乱れるし。
本編の半分は暗視映像か暗がりばかり。
画面の見辛さよりもツギハギ編集の方が気になったかも。
グレイヴ・エンカウンターズ

音質はそこそこ。
パラノーマルシリーズと違い、
フルで5.1chのサラウンド仕様(笑)
廃墟に響き渡る残響音や物音など、
閉鎖空間なりの広がりを感じさせる。
サラウンド感もたっぷり。
終盤になると、
アチコチから聞こえる物音が建物に反響し、
リバー風呂状態でワンワン鳴って煩いくらい。
精神病棟の廃墟ビルの雰囲気はそこそこ伝わって不気味なものの、
本編が胡散臭さたっぷりなので、
本格的なサラウンドされると逆に作り物感が出てしまうかも。
メリハリというか、押しと引きが大事なのかな~と。

ヤラセ心霊番組の恐怖体験。
モキュメンタリーらしく作るも胡散臭さたっぷり。
こちとら「もしかしたらいるのかも?」の、
半信半疑の状況が楽しい(怖い)んであって、
もっともらしく「本当にいましたよ!」と言われると逆に興醒め。

この作品にも続編があるようだが、もはや興味なし。

   



テーマ:ホラー映画 - ジャンル:映画

2013.04.08 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 か

(BD)パラノーマル・アクティビティ4

本日のレンタルBlu-rayは
パラノーマル・アクティビティ4」(初見)
2012年 1:37 28~34Mb/s(AVC) 2.8~3.0Mbps(DTS-HD Master Audio 5.1ch)

[前置]
ブログdeロードショーのため、
久しぶりにレンタルショップへ足を運んだら、ちょっとした浦島気分を味わったw
新作コーナーはおろか、準新作すら未見のタイトルばかり・・・
ほんの3ヶ月ばかり映画を観ていないとこんなんですわw
でもってお目当ての「白雪姫と鏡の女王」はレンタル中。
手ブラで帰るのも何なんで「スカイフォール」を横目に、
パラノーマル4を手に取るあたり、私らしいっちゃ私らしいのではないでしょうかw




お馴染みPOV超常現象シリーズ第4弾。
固定カメラによる映像を凝視して何が起こるかドキドキ体験から一変、
前作で悪魔憑きのオカルトになってしまい、
物音や毛布がめくれる生易しいものではなく、オカルト的な存在によって”人が殺される”
目に見えない何かに恐怖させていたのに、
恐怖させる為に悪魔憑きという物を見せてしまっては本末転倒だ。

パラノーマル・アクティビティ4

いちおう続編ということで、
2作目で行方不明になったケイティと赤ん坊のその後の話。
なのだが、
本作ではそのお隣さんも被害を受けていましたよー、と。
これまでの家系をさかのぼった超常現象どころか、
無関係のお隣さんまで飛び火しちゃ、もう何だってありですね。
既に5作目の製作も決定しているようですが、
もうお腹いっぱいです。
パラノーマル・アクティビティ4

本作でも単調になり勝ちな固定カメラに、
Webカメラやキネクトの赤外線センサーといった、
いまどきのデジタル機器をアイディアに持ってくるも付け焼き刃。
ホラー演出は突然のビックリ音と、
「志村ーっ、後ろ!後ろ!」といった昔ながらの手法に留まっており、
シリーズで最も”手抜き感”が拭えない。
また劇場公開版と完全版の2種類収録されているが、
投げっ放しの結末は変わらず、
編集カットされた何でもないシーンを10分ほど加えただけなので、
時間が勿体無いと感じたら短い方(劇場版)を観るのが吉かと思う。

画質は至って普通。
デジタルカメラによるHD撮影なので、グレインの無いビデオ画質。
Webカメラや暗視映像、赤外線センサーなどをつなぎ合わせただけの、
ブツ切れカットなので映像が安定しない=集中が切れてしまう。
ぶっちゃけ、
高校生カップルのイチャラブWebチャットを見せられても反応に困るw
パラノーマル・アクティビティ4

音質は大した事無い。
相変わらず何か起こりそうなになると、
地鳴りのような低周波音が鳴るものの、それ以外はパッとせず。
相変わらずビックリ音には驚かされるものの、
前作ほどの派手な音作りはされていない。
サラウンドも一部に申し訳ない程度止まり。

2作目から5年後のお隣さんの話。
シリーズを通した謎は前作のPA3で一通り明かされており、
今後は生き残った人物でどこまで引っ張るのか。
はたまた本作のように隣人にまで手を伸ばすのか。
昨今のホラー映画の延命シリーズ化だが、
本作のようなPOV撮影はどうしても単調な映像が足枷となり、
それだけ続編への飽きも早いだろう。
5作目も製作決定しているようだが・・・

   



テーマ:ホラー映画 - ジャンル:映画

2013.04.05 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 は

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。