FC2ブログ

ブルーレイお試しパックのその後・・・

あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
(AA略


前回買ったブルーレイお試しパックです。


!?
エイリアンVS.プレデターが増えた?
頭がどうにかなりそうだった…


!!!?
エイリアンVS.プレデターが1匹、2匹、3匹、4匹、5匹、6匹・・・?
鏡写しとか、コピペだとか
そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ


っ!!!!!!??
エイリアンVS.プレデターがうわわ・・・
恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…



っと冗談はさておきw
どんだけAVP好きやねんっ!www


さて、ここからが本題です。
前回、お分かりの様にお試しパックを買ったら、DVDトールケースだった訳です。
それがどうしても気に食わない。
かといってBlu-rayケースだけ買ってもジャケ絵がないと寂しい。
ならば!という事で、AVP2[Blu-ray]を買ってきちゃいました。
 (2はあんまり好きじゃないんだけど・・・)
で、そこへもうひとつ取り出したるは、
安売りされていたラブ・アクチュアリー(DVD&ブルーレイセット)


中身を覗くとこんな感じです。


さぁ、勘の良い人ならそろそろお気づきかと思いますがw
これらをチョチョイのちょいと中身を入れ替えてあげれば、、、
こんな感じになりましたw


で、仕上げにラブ・アクチュアリーとAVP2のジャケ絵を差し替えれば、
あ~らっ不思議!
ゴミ(AVP[DVD] + ラブ・アクチュアリー[DVD])2枚組み、
AVP[Blu-ray] + AVP2[Blu-ray] 2枚組み、
ラブ・アクチュアリー[Blu-ray] 1枚、
の出来上がり~~~。


これならば棚に並べても綺麗スッキリです!

 (オンマウス:以前  アウトマウス:今)


さて、最後に余談ですが・・・
余った残骸。。。
ブルーレイお試しパック仕様のDVDトールケースに、
中身はエイリアンVS.プレデター[DVD]ラブ・アクチュアリー[DVD]
こんな変な組み合わせのゴミですが、
欲しい人います?w

どちらも本編が収録されたDVDですので、
観られれば何でもOKという人がいれば、、、
先着1名様にお譲り致しますw
希望の方は非公開コメントでメールアドレスをお知らせ下さい。
追って連絡致しますので。

ま、ホントに欲しい人なんて居るのか分かりませんがwww
私からの少し早いクリスマスプレゼントだと思って、
誰か貰ってあげて下さいm( _ _ )m



テーマ:Blu-ray - ジャンル:映画

2010.12.07 | Comments(1) | Trackback(0) | 売りネタ

(HV)パラノーマル・エンティティ

今日のWOWOWは間違って借りる人なんていねーだろw
パラノーマル・エンティティ」(初見)
2009年 1:29 HV・AAC 5.1ch(WOWOW)

WOWOWの「模倣映画特集」。
大ヒット人気映画のタイトルをもじったパクリB級映画のアレです。
本家と間違って借りちゃうような人は、
よっぽどのおっちょこちょいさんですよ?w

内容はあの低予算で大ヒットを飛ばした「パラノーマル・アクティビティ」の模倣。
基本的にパクリ映画ですが、
ほんのちょっぴり頑張ったらしく、
部屋のあっちこっちに複数のカメラを設置したマルチアングル風。
実際にはそれが巧く活かし切れていないのが残念w
でもまぁ、これ、基本ルールさえ守れば、
誰でも簡単にパクれ(作れ)ちゃうだろwww
パラノーマル・エンティティ

本家同様、チープなビデオ撮影でドキュメントタッチな映像なので、
それなりに雰囲気あり、本家とそう大差無く観られる。
超常現象もこちらの方が僅かに派手(大げさ)だし、
一部、ドキッとさせるシーンも。
ただし中途半端な超常現象をただ羅列しただけで、
恐怖感は長続きしない。
一言で、超常現象の投げっ放し。
残りのシーンはカメラの前での独白ばかり。
本家よりもだいぶ流れ・テンポが悪い。
パラノーマル・エンティティ

画質は良くない。
ハンディカム撮影なので、デジタルカメラ特有のISOノイズが乱雑し、
ピントもちょくちょくズレるし、ブレも大きい。
画質うんぬんと言うより、元々そういった映像仕様なのでしょうがない。
一応HDカメラっぽいのでw、解像度感はそこそこ。
パラノーマル・エンティティ

音質はどうしようもない。
AAC5.1chのハズだが、音声はモノラルの1ch。
LFEも無い。
もちろんサラウンド感は皆無。

「パラノーマル・アクティビティ」の模倣B級映画。
本家も元々低予算B級映画なので、
チープなビデオ撮影といった雰囲気は大差ないものの、
中途半端な超常現象を並べただけで、
微妙に恐怖演出を履き違えているようだ。
もちろんドアも閉まりっぱなしだしw
肝心のシーンも映さず、
最後には強烈な投げっ放しを食うだろう。
ぶっちゃけ、
本家とどっちもどっちだがw
話の流れや編集などのテンポ感の良さで、
観るなら本家をお勧めする。

    
                      ↑注意:かなりネタバレしちゃってますw
>>ホラー映画のすゝめ



テーマ:洋画 - ジャンル:映画

2010.12.06 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 は

(BD)ザ・ロード

本日のBlu-rayは直視出来ない(したくない)ほどの絶望感
ザ・ロード」(初見)
2009年 1:52 35~40Mb/s(AVC) 1.8~2.6Mbps(TrueHD 5.1ch)

深く静かにただ淡々と絶望した世界に残された父子。
先日観た「ザ・ウォーカー」と同じような終末世界だが、
あまりにも描かれる温度差が違い過ぎる。
重苦しく、直視出来ない(したくない)ほどの絶望感。
鬱ゲーならぬ、鬱映画。

内容は文明が崩壊し、草木は枯れ果て、陽の光さえ射し込まない滅びかけの世界。
人肉を食して生き延びている無法と殺戮の世界。
そんな人間性の失われた世界でも、父は子に“善き者”であり続ける事を説く。
絶望しかない世界で、生き続ける意味を深く静かに語る。
もう救いが無さ過ぎw
2発だけ残された拳銃はもちろん自害用。
追い詰められる度に銃口を息子に押し当てたり、
人間の肉を食料としてしかとらえられない猟奇的な光景だとか、
あまりに辛すぎる。
直接描写は殆ど無いにしろ、
結構精神的なグロさ・キツさも多く、苦手な人は遠慮した方が良いかもしれない。
ザ・ロード

基本的にはロードムービー的な体裁で、
本編の殆どが父子の会話で淡々と進み、時折サスペンスホラー調の展開にも。
ザ・ウォーカー」は割りとアクションもあり、それなりに爽快感を味わえたが、
こちらは何せ普通の父親と子供。
逃げるか、自害するかの二択しか無いのだから、そりゃ息も詰まる。
ただこちらもテーマがイマイチ理解し難く、
絶望ばかりが印象に残り、希望とは何だったのか良くワカラン状態に。
特に結末はどちらも十分納得出来るとは言い難い。
要はスッキリしないのだ。
ザ・ロード

画質はかなり微妙。
とにかく暗い。
彩度が低く、全編ほぼ灰色一色の世界。
うっすら残るフィルムグレインだが、
エッジまで削ってしまったのか、解像度感もあまり高くない。
決して甘くボケた映像ではないのだが、
薄いフィルターを1~2枚かけたようなヌケの悪い画に見える。
またコントラスト感も低く、かなり淡白な映像。
ただしレートの推移を見る限り、殆ど35Mb/sを下回らない。
とにかく画面が暗く、暗部の見通しの悪さは折り紙付き。
決して暗部の情報量は豊富ではないが、
諧調表現はかなり秀逸かもしれないので、
表示デバイスの限界に挑戦してみるのも面白いかも?
ザ・ロード

音質は良好。
久しぶりにTrueHD収録のソフトを見た気がするw
(相変わらずTrueHDは音圧が低い。DTS-HDと比べ8~10dbくらい落差があるよ)
派手さの無い作品なので、音響が大活躍するシーンは殆ど無い。
一部、激しく木が倒れるシーンで豊富な低音が鳴り響く程度。
本編の殆どが静かな会話のみで、時折静かに流れるBGMが印象的。
空間表現は割りと狭く、音が近くで鳴っている感じだが、
こじんまりとした印象ではなく、部屋に溶け込んだ自然な音響。
サラウンド感は程々。
枯れた木々がメキメキと音をたてたり、遠くで聞こえる雷鳴だったり、
サラウンドの殆どが環境音に徹しており、
とりわけ目立つような後方定位した音は無い。
包囲感・臨場感はある程度感じられるが、基本的に大人しい。

ザ・ウォーカー」と似たような終末世界だが、
こちらは重く淡々と描く父子の絶望。
猟奇的な光景・辛過ぎる選択など、
あまりにリアルで救いが無く、直視したくない事ばかりが続く。
ヴィゴ・モーテンセンの深い演技や裏チ○コを目当てだけでは辛いかもw
父と息子の人間ドラマなのは間違いないのだが、
感性的と言うより理性的に訴えかける系なので、
人を選ぶ感動なのかもしれない。

最後に一つ、どうでも良い事。
今年新作で買って後悔したBDセルソフト。
ハート・ロッカー」「グリーン・ゾーン」「ザ・ウォーカー」「ザ・ロード
2度も視聴しないと言う意味で。
よってレンタルで十分ですよ~?

    



テーマ:洋画 - ジャンル:映画

2010.12.05 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 さ

(HV)ウィッチマウンテン/地図から消された山

今日のWOWOWはご都合主義で展開するアトラクション
ウィッチマウンテン/地図から消された山」(初見)
2009年 1:38 HV・AAC 5.1ch(WOWOW)

タイトルから察するにコテコテのSFカルトムービーかと思いきや、
何ともSFファンタジー色の強いジュブナイル仕立てのファミリー向けアドベンチャーだった。
正直、大人が観るに耐え兼ねない。

内容はタクシードライバー・ジャック(ドウェイン・ジョンソン)が乗せた、
奇妙な兄妹は実は宇宙人でした(><)
政府組織やら謎の暗殺者に追われつつ、地図に載っていないウィッチマウンテンへと向かう。
ファミリー向け・子供向けとあって、底が浅く殆ど何も無い。
ロズウェルやエリア51的なUFO定番のネタもスルーし、
E.T.よろしく未知との遭遇も挨拶無しに成り行きの逃走劇ばかり。
しかもグデグデ過ぎ。
謎解きだとか、宇宙人の侵略だとか、そんなん一切ない。
大した理由なくなし崩しの連続で、最後まで置いてけぼり状態。
一体何がしたかったんだ?
ウィッチマウンテン/地図から消された山

子供向けと言うことで、善と悪の分かり易い構図。
超能力を使う兄妹と、銃を使わず肉弾戦で頑張るドウェイン。
次々とテンポ良く巻き起こる展開など、
ファミリー向けアドベンチャーとしては形になっている。
が、
スケールは小さく、セットやCG合成もショボイ。
アクションも子供に配慮してか、「ドカーン」「うわぁ~やられた~」の繰り返し。
宇宙人の設定も底浅で、謎めいたエピソードも皆無。
ぶっちゃけ、中途半端なB級映画を見ているよう。
ウィッチマウンテン/地図から消された山

画質は程々。
基本的には解像度感や精細感度を高く感じられるも、
かえってそれがCG合成丸分かりに。
発色も自然な色使いだが、
やはりこちらもCGになると途端に薄ボケてしまう。
コントラスト感は十分で、暗部の情報量も多く暗がりでも見通しは良い。
ただ全体的にCG合成のショボさや、セットの狭さなど、粗が目立ち、
どこか狭苦しさを感じてしまう。
ウィッチマウンテン/地図から消された山

音質も程々。
割りと派手な音響設計なのだが、音の一つ一つが薄く平坦。
特に低音は量感・沈み込み共に物足りず。
高音も伸びがイマイチ足らず、ジャカジャカうるさい。
中音域は程々にクリアさを感じるが、厚みは足りず高域にひっぱられ勝ち。
サラウンド感は上々。
アクションシーンの多さに比例して、
移動音や効果音など効率よくサラウンドしているのが良く分かる。
空間の広さや定位感はそれ程でもないが、
聞いていて楽しいサラウンドではあるかも。
ただそれ以外のシーンだと、途端にサラウンドが止まるのが気になった。

SFカルトムービーではなく、
ファミリー向けSFアドベンチャー。
底浅でなし崩しのストーリー、
ワザとらしいアクション、チープな映像など、
大人が観るには耐え兼ねない。
逆に子供向けとしては分かり易い内容も、
地球外生命体や宇宙といった魅力・夢は感じられず、
ご都合主義で展開するアトラクション感覚しか無いだろう。

    



テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

2010.12.04 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 あ

(BD)エイリアンVS. プレデター

本日のBlu-rayは
エイリアンVS. プレデター 完全版
2004年 1:49 26~32Mb/s(MPEG-2) 3.7~5.2Mbps(DTS-HD Master Audio 5.1ch)

せっかくBlu-ray・・・もといDVDを買わされたんだから、
いつものようにチラ観程度で積んでしまうのもアレだったので、
そのまま勢い任せに全て視聴してみましたw

内容は言わずもがなでしょうが、一応おさらい。
20世紀FOXを代表する最強・最悪の宇宙生物、エイリアンとプレデターの両雄対決。
それぞれのモンスターの特徴を巧く掴み、
どちらのファンにも考慮したエンタメ重視のガチンコバトル。
オリジナルをリスペクトしつつも、
クラシカルなSF恐怖ではなく、あくまでモンスター同士が主役。
真面目に観たら「くだらん映画」かもしれないが、
「エイリアン強ぇ~」とか「プレデター無駄にカッコ良い!」とか言いつつ楽しむもの。
エイリアンVS. プレデター
  (オンマウス:DVD アウトマウス:blu-ray)
エイリアンVS. プレデター

画質は流石にBD初期の頃にリリースされたこともあり、
最新作と比べると、ずっと見劣りしてしまうだろう。
フィルムグレインのザラツキが結構残っているが、
ノイジーさを感じるか感じないかのギリギリライン上。
DVDと比べると解像度が高くなった分、映像が細かくなっているも、
あんまし印象は変わらないかも。
元々DVDの画質も相当綺麗に処理されており、
個人的にDVD時代に良くリファレンスディスクとして利用してました。
それでも激しく動くシーンなどでのペグノイズの無さはBDならではで、
特に暗いシーンでの観易さ、スッキリ感は十分BDの価値あり。
ただ最新のBDと比べると、透明感・立体感があまり感じられず、
やや平坦な映像に見えてしまうシーンもあるので、過度の期待は禁物かと。
何と言うかMPEG-2の場合、発色のレンジ幅?みたいなものが狭いような気がする。
映像が伸びきらないと言うか、悪く言えば頭打ち。
またDVDの方は青緑がかなり強く、オドオドしい雰囲気。
BDでは妙に色合いがサッパリ・クールになり過ぎて、
一部シーンで安っぽさが出てしまっているかも。
暗部の情報量も見比べた限り、極端な差は見出せなかった。
どちらかと言うと、BDの方がコントラストが高くなっており、
暗いシーンなりにも明るく見通しが良くなったように感じる。
個人的にはDVDでも十分綺麗で問題なく視聴出来るように思えるが、
ファンとしては少しでも良い画質で楽しみたかな~。
エイリアンVS. プレデター
  (オンマウス:DVD アウトマウス:blu-ray)
エイリアンVS. プレデター

音質はそこそこ。
こちらもDVDのDTSでもかなり良かったので、
改めてDTS-HDのロスレスで聴いても新たな感動って程じゃなかった。
基本的に派手で音数の多い作品なので、
ややドンシャリ気味のケレンミたっぷりの音響。
低音の差は思ったほど感じられず、むしろ大人しく感じられるくらい。
(多分ブーミーにならず、引き締まったのだろうけど)
どちらかと言えば高音のシャープさがBDの方が上回り、
耳に付く金属音が強調されて聞こえてくる。
不思議に思ったのは、
DVDではこれ以上無いと思えた音響だったのだが、
何故かBDだと伸びしろを感じてしまうのだ。
BDだと一つ一つの音がハッキリし、音場や定位がクリアになる分、
そこに隙間のような物を感じ取ってしまうのだ。
同様にレンジ幅も広がった事により、音自体がいま一歩伸び切れていない。
雑味が消えた分、密度感が足らなくなったり、
音の粗さやチープさを感じてしまいやすい。
ただレート推移を見る限り、
平気で5Mbpsとか超えてるし、これが元々の限界なのだろうか。
エイリアンVS. プレデター
 (オンマウス:DVD アウトマウス:blu-ray)

総評。
思わず安さに釣られて買ってしまったが、
期待したほど画質・音質の満足感は無かった。
これはDVDが十分なクオリティだった事が理由であって、
BD単体でみれば、並。中の上、だろうか。
流石に最新タイトルと比べるのは酷。
画質・音質目的ならばお勧めしない。
内容だけ楽しみたければレンタルBlu-rayで十分。
ファンならば所有感という意味で買ってみるのもアリだろう。
ただし、
ブルーレイお試しパックはお勧め出来ないwww

素直に単品を買うなり、AVP ブルーレイディスクBOXを買うなりした方が良い。

    



テーマ:Blu-ray - ジャンル:映画

2010.12.03 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 あ

お、おう・・・

         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|        あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       『ブルーレイお試しパックで、
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ      Blu-rayを買ったと思ったら、DVDを買わされていた』
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人        な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ        おれも何をされたのかわからなかった
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ        頭がどうにかなりそうだった…
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \    BD&DVDセットだとか初回限定生産だとか
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ    そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  }
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ  もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…

FOX ブルーレイお試しパック

Blu-rayが入ったDVDトールケースだった\(^o^)/
ちょうどプレデターズ観たし、割りとこの作品好きだったし、
1,218円と言う安さに釣られて買ってしまったが、
DVD(BD付き)だったとは・・・
さて、棚にどうやって並べようか・・・

604b.jpg
・・・・違和感ばりばりですw



テーマ:Blu-ray - ジャンル:映画

2010.12.03 | Comments(4) | Trackback(0) | 売りネタ

前へ«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販