FC2ブログ

(BD)アンダーワールド

本日のBlu-rayはビギンズ観る前の復習を兼ねて・・・
アンダーワールド
2003年 2:01 35~40Mb/s(AVC) TrueHD/リニアPCM
サラウンド感:★★★★ 音質:★★★★(リニアPCM 4.6Mbps) 画質:8

ゴシックサイバーアクションとでも呼べばよいだろうか。
ヴァンパイア(吸血鬼)vsライカン(狼男)の長年に渡る戦い。
時代が現代とあって、銃(紫外線弾)などを使うので、
ゴシック(中世)でありならがサイバー(近代)。
ヴァンパイアの血統やライカンとの交配など、興味深い設定も面白い。

ゴシックな世界観を保ちつつ、
ガンアクションやワイヤーアクションなどは、
スタイリッシュさはリベリオンあたりを髣髴とさせる。
モンスターなどは予算の関係か?早見せや一部見せで誤魔化している感はあるものの、
時代を考えれば気にならないかと。
アクションなどの魅せ場もさることながら、
意外と真面目?に作られている感があり、ストーリー性が高い。
ヴァンパイアの血統やらライカンとの確執やらと、
細かく考えられた世界観は、中高生が夢中になりそうな面白さがある。
ただその分、2時間尺とやや冗長気味。
続編にあたるエボリューションが完全にアクションにシフトしてしまっている分、
ストーリーの補完は1作目で十二分に為されているので、
2部構成の映画として観るのが理想かと。

またケイト・ベッキンセイルの美しさは、
作品の様式美そのままを具現化したような一致感。
正直、作品自体にインパクトがある訳でも無いのに、
印象深い作品になっているのはケイト・ベッキンセイルのお陰と言っても良いくらいだ。
ちなみに同じようにヴァンパイアやライカンを描いたヴァン・ヘルシングがある。
こちらにもケイトが出ているが、そちらよりも美意識が強い。

画質はすこぶる綺麗。
最新のタイトルと比べると流石に解像度感など劣るものの、
輪郭などは非常にシャープでキリリと引き締った映像。
暗いシーンが多いのだが、黒に引き締りがあり、暗さの中にコントラストを感じる。
暗部の情報量はむしろ少なくバッサリカットされている印象だが、
むしろそれがコントラストを感じさせてくれている要因。
ただフィルムグレインの粒子が大きめで、ややザワついてしまっている部分もあるが、
暗いながらもよく質感が出ており、透明感すら感じてしまうくらいだ。
全体的に作風に合わせた寒色系の色合いで、
青白い画が世界観の雰囲気に一躍かってくれている。
息を呑むような高解像度感、高精細感がある訳ではないが、
レートも常に35Mをキープしている事もあり、高次元で安定した映像が楽しめる。

音質も良好。
高音から低音まで余す事無く再現されており、
銃撃戦などのアクションシーンの派手さは十二分に堪能出来る。
また音キレが非常に良く、耳をつんざくようなシャープな音も感じられる。
その影響か?やや音が硬い。
ただそれが悪いわけではなく、むしろ作風を考えると合っている気もする。
中音域はやや薄いが、不満を感じるレベルではなく、
その分、分厚い低音がカバーしてくれている。
表現は悪いが、ガツガツした低音と言った感じだろうか。
サラウンド感も十分。
移動音、効果音などアクション映画らしい縦横無尽のサラウンド。
序盤は環境音など細かいトコロもサラウンドされているが、
中盤以降はセリフが多く、やや寂しいかも。
常にサラウンドされている訳ではないので、包囲感は薄い。
逆にサラウンドシーンになると派手めの音響で、メリハリ感はある。
下手にセリフにボリュームを合わせていると痛い目に合うかも。
極論になるが、かなりドンシャリな音作りの印象を受けた。

ヴァンパイア(吸血鬼)やライカン(狼男)と言った古典的なゴシックでありながら、
スタイリッシュなアクションで魅せる個性的な作品。
意外なほどにしっかりと作られた世界観は魅力的で、
この手のものが好きならば十二分に楽しめるだろう。
またケイト・ベッキンセイルをはじめ、ビル・ナイなど絶対的な存在感があり、
作風に合った印象的な雰囲気を醸し出してくれている。

    



テーマ:Blu-ray Disc - ジャンル:映画

2009.08.07 | Comments(2) | Trackback(0) | 映画 あ

RCAケーブルで音が変わる?:その2

先日の続きですが、
結論から言ってしまうと、やはり
RCAケーブルによる音質の違いはナシ。

今回はスピーカーにてじっくり聴き比べをしてみたつもりですが、
音質差はヘッドフォンを使った時とほぼ一緒で、
MSU-095WEの方が明るくテンションが高め。
全体的に線がやや細めだけど、空間を満たす広がりがある。
ALFA-SNAKEはMSU-095WEと比べると暗く感じる。
ただ決して沈んでいる訳ではなく、落ち着いている印象。
線は太い訳でもないが、細くも無い。
低音はMSU-095WEに比べると明らかに量感を感じられるが、
ヘッドフォンで聞き比べた時よりも膨らみ感はなく、
むしろパンチのある低音と言った印象。
最後にしばじゅんの曲でじっくり聞き比べてみたが、
どうもヘッドフォンの時よりも差が感じられ難い。
MSU-095WEで聞く方がやや若いキャラクターに感じる気もするが、
何度も交互に聞き比べてしまうと、ALFA-SNAKEで聞いても同じような気もする。
試しに適当に切り替えをして、
自分でも今どちらのケーブルか分らない状態で聞いてみると、
正直どっちのケーブルだか分らなかった。。。

やっぱりプラシーボ効果を否定出来ない。
これと言った明確な差が聞き取れた訳でもなく、
何となく違う気がする。程度だ。
間違いなくブラインドテストなんてやったら当てる自信は無い。
うーむ、これはどうなんだろう。
最初にALFA-SNAKEに入れ替えた際に、
友人Bに
「どう考えても間に合わせ(妥協?)だよね?ここの環境は高音域がキレてナンボでしょ?w」
っと言われ、
自分でも分ってはいたけど、あえてALFA-SNAKEで試してみたいと言う点があった。
もちろん次のケーブルを探す際の良い経験になれれば・・・とも思っていた。
しかし、こうして実際に聞き比べをしてみると差が無い(もしくは非常に小さい)ものだと知って、
果たして高額なRCAケーブルに買い換えても良いものだろうか。
まさにオーディオの泥沼にハマッてしまうのではなかろうか。
確かに1本1万円もするケーブルでも使っていれば、
精神安定剤としては十分効能を発揮してくれるだろうが、
アナログマルチ分となると3万円の出費はかなり痛い。
それだけあればBlu-rayソフトが何本買えるかw

今回、こうして実際に聞き比べをしてみた訳ですが、
オーディオはいかに曖昧なものなのかを実感させられました。
映像と違い、技術の進歩は飽和状態。
最新や高額な商品が必ずしも良いとは限らないだろうし、
その差異を見出すにも限界があるような気がする。

正直、もう少し有意義な結果が出せればと思っていたのですが、
なんだかグダグダな結論しか出せないで申し訳ない・・・・・・

 ※現在ALFA-SNAKEは使用しておらず、余らせています。
   どなたかにお譲りしたいと思いますので、もしご希望があればご一報下さい。


     



テーマ:ホームシアター - ジャンル:映画

2009.08.02 | Comments(0) | Trackback(0) | AV機器関連 検証

前へ«  | HOME |  »

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販