スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- | スポンサー広告

2016年度:映画関連

いつもお越しいただきまして、ありがとうござーいますヾ(^。^)ノ
年末に時間が無く更新出来なかったけど、
毎年恒例の回顧録のようなもの。
今年も[映画]・[アニメ]・[オーディオ]の3本柱でお送り致します♪



2016年は、新・旧作問わず初見に限って数えると39作品観ました。
もうだいぶ観る本数が減りすぎて、
本当に映画好きなの?と疑われちゃうレベル。

でもここだけの話。
実は2000年の7月頃から自分が観た(初見)映画を記録し続けていました。
(タイトルと評価点数と見た日付くらいですけど)
途中でデータロスしてしまい、
なるべく復元したつもりですが幾つか消えてしまっている可能性もありつつ、
それでもついに1,000タイトルを越えました!  >>リスト
約16年と半年。
年間平均およそ60本。
月平均5本。
まぁ平均値での計算ではありますが、週一ペースは保たれているようで(^^)


最近ふと思う事があります。
”どうして映画を見るのだろうか?”


初めて見る作品のハズなのに既視感がハンパない。
これは別に映画に限った事ではなく、
漫画やアニメ、はたまた音楽にも共通して言える事なのですが、
クリエイティブな作品群の新鮮味の薄れ。
ハマりだしの頃は、
触れるものすべてが新しく新鮮味を感じられるも、
ある程度の量を超えてくると過去の既存知識と比べるようになってしまう。
微妙な差異や僅かな新鮮味の中でも十分楽しめてはいるのだけれど、
初期の頃とは感じ方や考え方が違ってきているのも事実。
いや、それが悪いとかダメだという話でもないんですけどね!

ちょうどいま劇場で大人気のあの作品。
どこを切り取っても既視感しかない。
それでも歴代興行収入ランキング4位まで上り積めているほど人気。
いやいや君縄ディスじゃないですからね!
ただ普段あまり触れなれていない人にとっては、
新鮮味があって面白く感じるんだろうけど、
映画好き、アニメ好き、新海誠好きの私にとっては、
既視感ばかりで純粋に楽しめなかったというか。
いつも思う、
”記憶を消してまっさらな状態でもう一度見たい!”


面倒くさい話はその辺にして、
”どうして映画を見るのか。”
確かに知識や記憶によって新しく得る情報は減ってゆくかもしれない。
けど、その中にも面白さはいくらでも見出せるだろうし、
また違った見方を発見する事もあると思う。
その時代背景を映す鏡の様なものでもあるし、
とりあえず見ておこう!
だって面白いんだもん!


今年もブログdeロードショーへのお誘いも沢山頂きました。
真冬のファンタジー春のファミリー企画夏恒例のきもだめし大会秋の音楽映画最
気付いたら2016年に見た殆どが、
ブログdeロードショーがキッカケという事実(笑)
本当にお世話になりました!!
今年もまたお誘い下さい♪


というわけで、
2016年度に観た39作品(初見)の紹介です。
個人的主観の元にそれぞれ区分けしてあるので、参考程度になればおkです。
(順不同)

【傑作:とりあえず見とくべき。間違いなく面白。】
心が叫びたがってるんだ。 あの花スタッフが贈るホロ苦青春群像劇
マレフィセント アンジーによる大人なファンタジー

【良作:見とけ。結構良いと思う。】
インターステラー 知的好奇心を震わすSFセンス・オブ・ワンダー
ジュラシック・ワールド 恐竜王者決定戦!
ワイルド・スピード SKY MISSION 車が良く飛ぶシリーズ最大のスケールカーアクション
セッション 狂気染みたジャズドラムレッスン
チャッピー 第9地区に続く社会問題SFふたたび!

【普通:見ても損はない。それなりに楽しめる。】
君の名は。 新海誠っぽくないけど、新海誠臭かった
ガールズ&パンツァー 劇場版 爆音4DXセンシャラウンド
ちはやふる -上の句- 大人気漫画原作の実写映画化?!→
ちはやふる -下の句- →思ったほど悪くないかも!ちはや広瀬すず
ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション トム本人による極限のスタント
オデッセイ マット・デイモン版キャストアフェイ in 火星
ジャージー・ボーイズ 説得力バツグンの音楽伝記物

【佳作:見ても見なくても。やや物足りない。】
フューリー おおよそプライベート・ライアン」の戦車版
イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密 アスペ同性愛のトリビア話
カリフォルニア・ダウン ドウェイン・ジョンソンが活躍する家族愛ヒーロー
ガラスの花と壊す世界 仮想世界の百合百合
メイズ・ランナー 分割ディーンディストピアテンプレ
シンデレラ 見た目も中身もまさにディズニーお姫様映画
ジャックと天空の巨人 ジャックと進撃の巨人
凶悪 法治国家における凶悪とは何か
マエストロ! コレなんてのだめカンタービレ?

【迷作:見るか否かは好みの問題。いや、悪くはないと思うんだが・・・】
ピクセル ピコピコ世代を直撃!
バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) 初代バットマンのセルフブラックジョーク
エターナル・サンシャイン 無限ループのスパイラルラブストーリー
バケモノの子 人間とバケモノのどっちつかず
僕だけがいない街 割りと原作に寄り沿った実写映画化
その夜の侍 賞味期限切れの腐ったプリン
アナベル 死霊館の人形 既視感たっぷりの超常現象ホラー
ポルターガイスト 現代らしいアイテム駆使した都市伝説
グリーン・インフェルノ 意識高い系巻き込まれカンニバリズム
オールド・ボーイ ほぼほぼ全て韓国版を踏襲ハリウッドリメイク
ムカデ人間3 ファンサービス的な下ネタコメディホラー
ザ・ハロウ/侵蝕 北欧民話のダークファンタジーホラー

【駄作:やめとめ。時間・金の無駄。】
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 大人気漫画原作の実写映画化?!→
進撃の巨人 エンド オブ ザ ワールド →どうしようもないレベルの駄作が量産
カイト/KITE 空中分解ギリギリのB級カルトムービー
IT/イット 道化恐怖症(ピエロ恐怖症)SF怪異



スポンサーサイト

テーマ:映画紹介 - ジャンル:映画

2017.01.11 | Comments(4) | Trackback(0) | 映画 2016年度

«  | HOME |  »

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。