FC2ブログ

ハッピー・デス・デイ / ハッピー・デス・デイ 2U

ハッピー・デス・デイ2017年/アメリカ

ホラージャンルの割りに評価・評判が良くて気になっていた。
誕生日に殺された主人公が目を覚ますと再びその日の朝に戻り、
自分が殺される誕生日を何度も繰り返すことになる姿を描いた、
新感覚のタイムループホラー

作風的には、
マスクを被った学園スラッシャーはスクリーム
死に戻りループで二転三転と状況が変わる様はバタフライ・エフェクト
ややコミカルでバラエティ豊かな死にループはファイナルデッドシリーズ

これらの良いとこ取りで上手くまとめられており、
B級映画だけどB級臭さを感じさせない構成。
伏線&回収と先読みと解答のタイミングなども小気味良く、
手軽に観るには十分過ぎる満足感。
やはりループ物は脚本が大事!
ホラー要素もあるが、
スプラッタ描写は薄いのでホラー苦手な人にもお勧め。
ホラー好き、ループ物好きは是非!

冒頭のUNIVERSALのロゴからループ演出が面白かった。




ハッピー・デス・デイ 2U2019年/アメリカ

日本では連続公開だった?続編。
1作目がヒットすると大抵は続編で失敗するのだけれど、
何故かヤフー評価では前作を上回る点数。
ちょっとは期待しちゃうじゃないか!

前作ラスト直後から始まりキャストはそのまま。
今度はカーターのルームメイトのライアンがタイムループに巻き込まれ、
すべての原因が、ある研究装置にある事を突き止め・・・。

前作ではスルーされたループの謎が明らかになり、
完全にホラーは薄まりドタバタコメディの様相。
1作目の死に戻りループよりも、
パラレルワールド的なSF展開
どちらの世界を選択するのか、
バタフライエフェクトよろしくな胸熱のお涙ドラマ展開。

当然ながら前作視聴必須。
前作から非常に良く引き継いでおり、
作風を良い意味で変えた事によってホラー苦手層向けにも。
1作目、2作目合わせてより楽しめる作品。
どうやら3作目もあるようだが・・・?

ホラー要素がかなり薄くなってしまった事と、
なんでもありなSF展開がギャグに見えてしまった点が、
個人的マイナスポイントだけど、一般的には評判上々のようで。
こちらも冒頭のUNIVERSALのロゴが分裂(パラレル)演出あり。



テーマ:ホラー映画 - ジャンル:映画

2020.09.12 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 は

ヒメアノ~ル

ヒメアノ~ル2016年/日本

「行け!稲中卓球部」「ヒミズ」の古谷実コミックの実写映画化。
むか~し古谷実のファンだったなぁ~程度の、
かるい気持ちで視聴して衝撃を受けた。

前半は冴えないオタク系男子の恋愛ラブコメ。
色彩豊かに明るく笑える(失笑)ほんわかストーリー。
ちょうど上映時間半分を向かえ、恋愛も成就し・・・・
から暗転!
タイトルコール!!
Img_5939.jpg
耳鳴りのような重低音の太鼓が鳴り響き、
以降、画面が一気にダークな色調に。
ゾクゾクきました!
うわぁ、最悪のタイミングでそれかい!
もうここからは堕ちるだけのジェットコースター。
もちろん安全ベルトなんてありません。

劇中の「森田」を演じる森田剛が強烈。
身勝手な理論で会話の成立しないイライラ具合とか、
行き当たりバッタリの無計画殺人など、
とにかく不快感あるのに何故か彼から目が離せない。
何をしでかすか分からない恐怖と興味の同居。
そして起こした事件はどれも予想を上回る凄惨さ。
こりゃ確かにトラウマになるわ…。
視聴後しばらくは引きずってましたよ。。

多少ネタバレになるけど、
特に殺人シーンのリアリティ?
何かのオマージュも含んでいるのだろうけど、
性行為と殺人行為のクロスオーバーや、
背中を何度も刺殺するも刺さらず、体勢変えて腹部一突きとか、
証拠隠滅で放火するも延焼して上階の家族が焼死とか、
押し入り強姦するも次カットでブルーシートとか、
脳天殴打で全身痙攣とか、二度轢きとか、
取っ組み合い中にずぶりずぶりとゆっくり包丁が入っていくとか、
もう一つ一つのインパクトが凄い。

原作未読で視聴したのですが、
あまりの衝撃具合と、
原作と結末が違うとの事で後日原作コミックを借りてきましたが、
なるほど、これは良改変だと思います。
原作では主人公が割りと空気で、
キモい親友の恋愛がメイン。
森田の殺人衝動(生まれ付きのバグかなにか)など、
その辺りを独白交じりに詳しく掘り下げているが、
映画本編では一切カット。
これが何を考えているのか分らない不気味さ・不穏さに繋がってし、
殺人衝動の言い訳つらつら述べられるのも言い訳がましいと思うので◎。
原作コミックのラストはビックリするくらい呆気なく終わりを迎える。
映画のように主人公と対峙するどころか、警察からの後報告で終える。
実写映画としては明らかな改変だけど、
映画的な盛り上がりもありつつ、オリジナル要素として犬と麦茶。
あれはなかなか良かった。
個人的に実写映画を先に観た事もあり、原作コミックよりも面白かった。

【DTS-HD MA 5.1ch】
 前半はコミカルな内容で殆ど劇伴なく進む。
 後半になって不安を煽る劇伴が文字通り鳴り響く。
 作品が変わったのか?と思うほど低音もしっかり入っており、
 内容と相成った音響による後押し効果も大きいかも。



テーマ:邦画 - ジャンル:映画

2020.08.08 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 は

ベイビー・ドライバー

ベイビー・ドライバー2017年/アメリカ

凄腕の逃がし屋ドライバー・ベイビーを主人公にした、
ラヴ・ロマンス&カー・アクション映画。
往年の名盤をバックに映像と音楽がマッチするスタイリッシュ()な演出。
やたらレビュー評価が高かったのだが...。

子どもの頃の事故の後遺症で耳鳴りするも、
イヤホンで音楽を流すと、
途端に天才的なドライビングテクニックを披露する

なんて中二病全開の設定。
有り勝ちなクライムシーンに、
出会った彼女の為に組織を抜けたいラブロマンス。

内容はどれも有り勝ちなものだが、
ほぼ全編を通して音楽による映像シンクロ(音ハメ)
MVやPVなんかで良くみる手法。
そこが最大の魅力であり、
そもそも楽曲を知らないとイマイチのりきれないかも。
冒頭カーチェイスが少し頑張っているけど、
以降は細切れカットで誤魔化してる感あり残念。

小気味良いテンポとアクション、甘酸っぱいラブロマ、
ちょっと恥かしい音ハメと懐メロ音楽。
メインターゲット層はややティーン向け?
サクッと観て、サクッと忘れるタイプ。

【DTS-HD MA 5.1ch】
 ソニーピクらしいコンプレッサーで持ち上げまくった、
 音圧の高いピークを感じる音。
 その分、パッと聴き細かい音まで良く聞こえ、
 派手さやメリハリの効いた音響。
 サラウンド感もやや強調感ある後方サラウンド。



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

2020.07.04 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 は

バンブルビー

バンブルビー2018年/アメリカ

「トランスフォーマー」シリーズに登場するキャラクター、
バンブルビーにスポットを当てたスピンオフ。
本筋シリーズは「最後の騎士王」が赤字になってしまい以降は無期限延期。
マイケル・ベイ監督は降板し、
スピンオフでシリーズ化を狙っているのだとか。

まず最初に断っておきますが、
私は大のトランスフォーマー好きなのです。
過去にも色々とトランスフォーマー絡みの検証ネタとかやってきましたし、
ある意味、
ウチのホームシアターはトランスフォーマーと共に進化してきた!
と言っても過言ではない。
なので、このスピンオフは過去シリーズと毛色が違うみたいで敬遠してました。

がしかし、
どうしてこれはこれで面白いじゃないですか!
80年代の懐メロに合わせた、
思春期少女と異邦バンブルビーのジュブナイル。


確かに過去シリーズのような、
地球だ宇宙だって大風呂敷ストーリーでもなければ、
ディセプティコンとオートボットと人間が入り乱れるド派手な戦争バトルもない。
そういったものを期待すると肩透かしを食うのは間違いないだろう。
けど、
思春期少女と、ドジで優しいバンブルビーが、
声無くして心通わせ友情を育むストーリーはまるで「E.T.」のようだ。

シリーズで肥大化した設定とVFX、それと火薬(笑)を削ぎ落とし、
狭いガレージで身をかがめて座り込むバンブルビーそのままに、
文字通り等身大のトランスフォーマーに生まれ変わった。
いや何度も言うようだけど、過去シリーズが大好きです。
が、これはこれで面白いんですよ。
まさにスピンオフのお手本の様な出来栄え。
どうやら本シリーズよりもヒットしたようで、
続編ではオプティマスとバンブルビーのバディムービーになるとか何とか。

ちなみに本スピンオフはジュブナイルとあって、
下品な言動やお色気シーンは一切無く、
安心して子供や初心者にもお勧め出来そう。

【ドルビーAtomos】
 いくら等身大になったからといっても、
 そこは最新作のトランスフォーマー。
 期待通りのド派手でダイナミックなサラウンド。
 特に本作では度々バンブルビーを近くから見上げたり、
 部屋の天井に頭をぶつけ前屈むバンブルビーだったり、
 天井スピーカーの活躍所が目立つ。
 まさに天井からビーの存在を感じる等身大サイズのサラウンド。
 ウチのビーはせいぜい2~3Mくらいだけど、
 環境によっては4~5Mになったり、
 劇場で観ていたならば15Mくらいのサイズになってそう。



テーマ:ハリウッド映画 - ジャンル:映画

2020.06.06 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 は

ハクソー・リッジ

ハクソー・リッジ2016年/オーストラリア,アメリカ

“汝、殺すなかれ”
宗教上、武器を一切触れられず、
軍法会議にまでかけられ、それでも信念を曲げずに、
最前線で多くの兵士を救った衛生兵の逸話。

メル・ギブソン監督作。
「パッション」でもお馴染み、
監督自身が敬虔なクリスチャンであり、
まさに信仰を戦争で説いた映画。

前半は主人公の生い立ちと共に、
いかにして信仰・信念が根付いたかを、
丁寧に描かれているためやや退屈な場面も。

後半は、
“ハクソー・リッジ”
沖縄、<ノコギリ崖>と呼ばれる断崖の高地での攻防戦。
銃弾が、肉片が、肢体が飛び散る凄まじい激戦。
「プライベート・ライアン」を彷彿とさせる、いやそれ以上かも。

沖縄戦の日本兵の描かれ方に複雑な気持ちはありますが、
神風バンザイ!のなんちゃって日本兵ではなく、
あくまでアメリカ衛生兵が主人公の映画としては、
公平に描かれていたのではなかろうか。

【ドルビー TrueHD 5.1ch】
 ドルビーアトモスがリファレンスになり、
 久しく見かけなくなってきたドルビートゥルーHD。
 その特徴は空気を震わす厚みのある重低音と繊細な音の表現。
 まさにその両方が合わさった図太く多様に響き渡る砲弾・銃弾の嵐。
 リアルな音像であたり一面に飛び交う銃弾と怒号。
 濃密な包囲感、移動感で部屋そのものが戦場になったのかと錯覚させる。
 久しぶりにもの凄い音響に出会えた気がする。
 音響だけならプライベートライアンの比じゃないかも。



テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

2020.04.04 | Comments(2) | Trackback(0) | 映画 は

運び屋

運び屋2018年/アメリカ

クリント・イーストウッドが監督と主演を務める、
退役軍人90歳の男が麻薬の運び屋となる、
実話をベースにしたヒューマンドラマ。

イーストウッド監督・主演とあって、
公開前はあちこちで話題になっていたものの、
いざ公開後はうんともすんとも話を聞かなくなっていた。
なぜだろう。

内容的には「グラン・トリノ」を彷彿とさせ、
ハマリ役のイーストウッド御大も、齢88とは思えぬ演技に感服しかない。
まさにアメリカを体現したかのような存在であり、
そんな作品でもあるような気がする。
ちと予定調和な印象で大きく盛り上がる事もないけど、
じんわり心に響く作風に安定感あり。

家族を省みず仕事に外に生きてきて、
それも失敗し全てを手放し、最後には犯罪に手を染めてしまう。
決して善行ではない生き方だけれど、
良い意味で憧れると言うか憎めないと言うか、カッコいいなぁって。
やっぱりイーストウッド監督作に外れなし。

【DTS-HD MA 5.1ch】
 派手さ無くドラマ中心の音響。
 カーBGMも歪んだモノラル風に鳴らすなど、
 自然なリアリティを追求した音響。
 サラウンド感も同様、後方の音をあまり意識させない。



テーマ:ハリウッド映画 - ジャンル:映画

2020.03.21 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 は

ホスティル

ホスティル2017年/フランス

映画祭17部門受賞!65部門ノミネート!
世界大絶賛のサバイバルアクションムービー!
ゲオ先行レンタル


ホラー物を借りる際には煽り文句は大事!
もちろん鵜呑みには出来ません。
案の定、聞いた事も無いような映画祭のなんちゃら部門でしたし。

サバイバルアクションムービーとあるが、
ジャンルとしてはサバイバルホラーの方が正確かと。
ポストアポカリプスとクリーチャーの世界。
過去と現在の物語をフラッシュバックで交差させつつ、
あるドラマ仕立てにした感じ。
というか、
低予算版「アイ・アム・レジェンド

作りは非常にシンプルで、情報も必要最低限。
低予算なりの見せ方の工夫も充分。
でもまぁ普通かな、オチも含めて。

視聴後に知って驚いたのが、
登場するクリーチャー。
CG一切無しの特殊メイク役者演技。
身長2m4cmながら体重45キロしかない先天性難病らしい。
REC/レック」にも登場していたとか。

【DD 5.1ch】
ドンシャリ気味のドルデジ。
意外にもサラウンドはしっかり作り込まれており、
後方や上方から襲い来るクリーチャーの恐怖感増し増し。



テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

2019.10.26 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 は

(BD)ヘンゼル&グレーテル 3D

本日のBlu-rayは
ヘンゼル&グレーテル 3D
2013年 1:38 (AVC) (ドルビー TrueHD 5.1ch)

[前置き]
故障したスピーカーが暫く戻って来ないようなので、
少し遅れてしまったけど真冬のファンタジー企画へ参加。
ただサラウンドシステムが本調子ではないので、
音響サラウンドが聴き応えありそうな作品は避けたかった。
そこでまたまたDVDラックに目が留まった未視聴のBDソフト。
しかも3D。
あぁこれは丁度良い。
作品内容ももちろんファンタジーだし、3Dとの相性も良さそう。
なにより3Dだと字幕視聴はキツいんで、いっそ日本語吹き替えで。
今回はあくまで3D映像メインの視聴と割り切れば問題なし。




内容はグリム童話の「ヘンゼルとグレーテル」から15年後。
大人になった兄妹は魔女ハンターとして賞金稼ぎの日々を送っているうちに、
兄妹の出生の秘密を握った魔女と出会い・・・
ヘンゼル&グレーテル

有名な童話だったけど、どんな話だったのか良く覚えていない。
お菓子の家を食べちゃったら、そこが魔女の家だったとか、
道しるべにパン屑を目印にしたとか。
それくらいしか覚えていなかったけど、
どうやら母親に森奥へ捨てられた話らしい。

本作の冒頭でサクッとその辺のお話しが流れ、
そこから大人になった後日談としたオリジナルストーリー展開するもの。
昨今の童話のダークファンタジーアレンジの流行を受けて作られたのだろうけど、
グリム童話とかほとんど関係ないし、
もうヘンゼルとグレーテルじゃなくてもいいよね?

ヘンゼル&グレーテル

中世ヨーロッパの雰囲気漂う世界観。
魔女の恐怖に怯える街の人々。
そこへ流れ者としてやってきた魔女ハンター、兄ヘンゼルと妹グレーテル。
レトロな銃火器やボウガンを駆使して魔女退治。
うーん、もの凄く既視感。
ヴァンパイアを魔女に変えただけの、
まんまヴァン・ヘルシング(2004年)

主人公のやや傲慢な態度やちょいドジっ子なキャラ付けとか、
過去の記憶・出生の秘密を知る敵ラスボスとか、
敵側のモンスターが仲間になるあたりとか、
魔女も人間姿から本性姿に変幻したりとか、
飛び回る魔女に食らい付くも、引き摺りまわされ落下するシーンとか、
永遠の命を得る儀式とか、それに必要なハンター側のある物とか、
最終決戦でそこに乗り込んでいく展開とか、
もうストーリー的にも、映像的にも酷似しすぎ。

個人的にヴァン・ヘルシングは好きな作品なので、
焼き回しの内容でも良かったのだが、
それでも約10年もの歳月が流れ、
さぞVFXの進化しているのかと思いきや、
そうでもなかったw
3Dに特化した映像ではあるものの、
リアル感や見栄え的な物はむしろ劣化してるんじゃないか?
ヘンゼル&グレーテル

それもそのはず。
日本未公開作品の低予算映画だったらしい。

肝心の3D映像だが、
やはりクロストークが著しいのはプロジェクターのせいか。
全体を通して暗いシーンが多く、際立って立体感のある映像ではないが、
飛び道具や魔法エフェクト、
または血飛沫といったCGシーンは良く飛び出してくる。
そう、映像の奥行き感ではなく、
ギミック的な飛び出し3D作品なのだ。
アクションファンタジー作品なので、
飛び出す3Dとの相性も良く見飽きない。
ただ目が疲れる・・・(^^;
ヘンゼル&グレーテル

音響は日本語吹き替えに視聴なのでどうでもいいが、
3Dの飛び出し感に合わせた前後の移動感など、
映像と音響の一体感は楽しめた。

グリム童話のヘンゼルとグレーテルから15年後。
成長し、魔女狩り賞金稼ぎとなったヘンゼルとグレーテル兄妹を描いた物語。
後日談と言えば聞こえは良いが、
中身はグリム童話とはほとんど関係無く、
完全なオリジナルのアクションファンタジー作品となっている。
大部分でヴァン・ヘルシングを彷彿とさせる内容・展開・映像。
小気味良いアクションシーンが多いものの、
やたらと血飛沫や肉片が飛び散るなど、
グロシーンが多く、あまり一般にも勧められない作品。
日本未公開作品の低予算映画なら納得だろうか。


    



テーマ:洋画 - ジャンル:映画

2017.02.07 | Comments(2) | Trackback(0) | 映画 は

(BD)僕だけがいない街

本日のレンタルBlu-rayは
僕だけがいない街
2016 2:00 30~32Mb/s(AVC) 4.2~6.8Mbps(DTS-HD Master Audio 5.1ch)

昨今の漫画・アニメを原作とした実写映画化ラッシュ。
賛否はあれど、話題になれば観る人も増える訳で、
クソ映画だと分かっていても、
つい気になって観ちゃう、私もそんな1人です…。

今年の冬クールでアニメ放送されていた「僕だけがいない街
原作も同時に終了、
そして実写映画版が公開されるというメディアミックス展開で話題に。
相乗効果でそれぞれが盛り上がれば良いのだけど、
逆にどれかひとつ観れば十分!なんて事になる可能性も。
設定・世界観やアイディアが最大のウリで、
特にミステリーの謎解き、サスペンスの犯人探しなんて、
オチが分ってしまうと、魅力半減以下だ。


内容は売れない漫画家の藤沼悟は、
事件や事故を解決するまで時間がループする「リバイバル」が起きるようになる。
何度もリバイバルを経験する中、母が何者かに殺害され彼は突如18年前に戻る。
小学生のころに起きた児童連続誘拐殺人事件と母の死の関連に気付いた悟は、
過去と現在を行き来しながら事件の真相に迫っていく。


漫画・アニメ・映画と、
細かいエピソードのカットはあれど、終盤近くまではほぼ一緒
重要なシーンの取りこぼしも無く、比較的原作に沿った展開
しかしラストの展開がどれも微妙に違うのだが、
この実写映画版はタイトルの意味すら変えてしまっている…。
多少ネタバレになってしまうが、
漫画・アニメ共に「失われた16年間」を指して、
”僕だけがいない街”という意味になっているのに対し、
映画版は本当に”僕だけがいない街”になってしまっているw

まぁ予告トレーラーを観た時点で薄々気付いてはいたが、
もしかするとそこにも意味を持たせているのかも・・・と期待していたけど、
 (タイムループ物で良くある、存在しなければ何事も起きない自己犠牲オチとか)
そんな事も無く、割りとあっけない感じのオチというか。


他にも根本的なツッコミ所が目に付く。
冒頭の現場逃走や、真相が明らかになる瞬間の行動とか、
明らかに強引で不自然なシーンに見受けられる。
更に、原作もしくはアニメを知っていると、
18年前から戻ってきた後の展開は疑問だらけだろう。
そういうのを抜きにしても、終盤はかなり粗っぽい残念な展開だろう。

画質は普通。
ビデオライクな画質と言えば聞こえは良いが、
どうして邦画ってTVドラマとあまり大差ない映像に見えるのだろう。
若干色温度を低めにして、ハイライトを飛ばし気味に白ボカシさせて・・・
いつもの邦画画質。
解像度感は割りと高め。


音質も普通。
ほぼステレオ主体の音響。
サラウンドも環境音などの補助的な役割に終始し、
あまり印象に残らない音響サラウンド。

どうしてもアニメ版を観てしまっていると、
その比較になってしまうものの、
大筋で原作漫画やアニメ版に沿った忠実な内容。
ラストのオチが実写版のみ変わっているが、
2時間尺の中で掘り下げ不十分のままでは、
結末の変更も致し方ないのかもしれない。
 (あのまま原作オチにしても唐突過ぎるだろうし)
そういった意味も踏まえて、
漫画・アニメの実写映画化としては好印象を受ける。
キャスティングも、
藤原竜也は藤原竜也のままだったけどw
その他はイメージとそう掛け離れていないと思う。
特に子役の二人はかなり良演技をしていた。

ただし、原作が漫画なので、
漫画やアニメならではのご都合展開みたいなシーンでも、
実写になった途端に不自然さを感じる事が多々ある。
原作を忠実に再現しようとすればする程、
漫画と実写の違和感を生じやすくなるだろうし、
かと言って、
実写に合わせた内容に変更すると、
逆に原作ファンから改変・改悪だと酷評される。
そのバランス調整はなかなか難しかろうて。

アニメ版を観た私としては、
本映画版の出来はそれなりに良かった気がするが、
原作に沿った展開なので先が分ってしまっている点、
ラストのオチに納得が出来ない事もあり、
原作、またはアニメを知っている人には勧め難いかもしれない。
むしろ初見さんなら、
「リバイバル」のループネタとして、
また犯人探しサスペンスとしても、そこそこ楽しめるんじゃなかろうか。


      



テーマ:邦画 - ジャンル:映画

2016.11.05 | Comments(2) | Trackback(0) | 映画 は

«  | HOME |  次へ»

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販