FC2ブログ

クロール -凶暴領域-

クロール -凶暴領域-2019年/アメリカ

アニマルモンスターパニックといえば、
・サメ
 「MEG ザ・モンスター」「ロスト・バケーション」「シャーク・ナイト
・ワニ
 「マンイーター」「ブラック・ウォーター」「カニング・キラー 殺戮の沼
・ヘビ
 「スネーク・フライト

巨匠サム・ライミが製作を務め、
フランスが誇るホラー職人アレクサンドル・アジャが監督を務める、
ハリケーンの襲来でワニが入り込んだ家からの脱出劇を描くサバイバルスリラー。

家族の失われた絆を取り戻していくベタなストーリーを基軸に、
ワニワニパニック + ハリケーンディザスター
ただそれだけなのに演出だけで終始緊迫感保つ90分。
ドッキリ音や死亡フラグ回収、
何度襲われようと立ち向かうヒロインなど王道を押さえつつ、
ボーン露出、肢体引き裂き、腕ぱっくんなど(PG12)
きっちりゴアファンの期待に応えるアジャ監督。

ツッコミ所も多いものの、それほど違和感なく飽きさせない進行。
肝心のワニのCGも出来栄え良く、大画面での見応え十分。
変な薬物で巨大化する事は無く、ボスワニ退治が目的でもない。
ハリケーンでワニが家の地下に入り込んで来たワンシチュエーションもの。
この手のモンスターパニック系が好きならば、
期待した通りの、期待した分だけ楽しめるだろう。
また地下や水中など薄暗いシーンが多いものの、
コントラストが高く非常に高精細・高画質で観易い点も◎。

【DTS-HD MA 7.1ch】
 久しぶりのDTS 7.1ch。
 空間表現も高く雨風や迫り来るワニや水音など、
 サラウンドとして聞き応えたっぷり。
 特に地下に閉じ込められている分、
 1階の人の気配や足音など頭上を回るサラウンドは、
 アトモスじゃなくても十分表現可能。
 流石にドッキリ音には何度か肝を冷やしたし、
 終盤の重低音もハンパ無い。



テーマ:ホラー映画 - ジャンル:映画

2020.08.29 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 か

コーヒーが冷めないうちに

コーヒーが冷めないうちに2018年/日本

・別れた恋人に―
・痴呆症の妻に―
・事故で無くなった妹に―
・置き去りにした母に―
過去に戻れる席がある喫茶店を舞台に、
来店する人々が体験する出来事が描かれるオムニバス。

 ”4回泣ける”

起きてしまった過去は変えられない。
しかし、まだ決まっていない未来は自分自身で変えられる。
なんともまぁ有り勝ちなテーマですこと…。

前半3つのエピソードは有り勝ちな話ではあるが、
恋人・夫婦・姉妹、どれか一つくらいは感じるものがあるかもしれない。
個人的に痴呆症の妻がちょっとぐっと来たかも。
ただメインの有村架純の話はいただけない。
安易というかオチも含めて何ら捻りなくそのまんま…。
前振りの3つに完全に押し負けちゃってますがな―。

ちなみに、
ポスタービジュアルがブロッコリーみたい
だと邦画ポスターあるあるで話題に。
 ↓こういうことですか、わかりません><

 (オンマウスで画像変更)

【DTS-HD MA 5.1ch】
 タイムスリップの演出など大袈裟なサラウンド。
 また劇伴も此れ見よがしに場を盛り上げるものだがら、
 逆に白けちゃう・・・





ちなみに、
「コーヒーは熱いうちに飲むもの」だの、
「コーヒーは苦い」だの不本意なイメージを持たれ勝ちですが、
本当に美味しいコーヒーは冷めても美味しいんです。
コーヒーが冷める過程の味の変化を楽しむのが、
本来のコーヒーの味わい方だと思います。



テーマ:邦画 - ジャンル:映画

2020.08.01 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 か

君の膵臓をたべたい

君の膵臓をたべたい(アニメ版)」2018年/日本

以前、実写版を先に視聴済み。
それを踏まえた上で、
アニメ版の出来の良さ。
これに尽きるだろう。
メディアの違いを理解しろ?
と言うより、
製作陣の思惑の違いなんじゃ?

原作は未読ですが、
このアニメ版を観る限り、または評判を聞く限り、
おおよそ原作通り割りと忠実なアニメ化だったんじゃなかろうか。

ただ劇場アニメ作品って、
やっぱり素人キャストしなきゃいけない決まりかなんかあるのか?
いや宣伝やらスポンサーの事情なのは分っているけど、
主役の棒は気になるよね...
良い意味で素人っぽくて悪くは無い…とは思うんだけど、
肝心のシーン(泣く演技)でボロが出ちゃうというか。

それはさておき、
アニメ版の良かった点。
・一つ一つのエピソードが丁寧だった。
・良くも悪くもアニメっぽい作画と綺麗な背景
・余計なことはせず、ちゃんとテーマを簡潔に描いてる。
・泣かせの演出が過度になっていないので少々物足りない気も?

実写版は余計な事したのが邪魔だったね(小栗旬)
こっち観ちゃうとどう考えたって後付け感満載だし。

逆に実写版にあって、アニメ版にない点。
浜辺美波の存在感。
アニメ版観ていても浜辺美波の顔がチラチラ脳裏を過ぎってしまう。
アニメには表現出来ない現実感ってのかな。
表情ひとつ、仕草ひとつとっても、実写なら圧倒的情報量の多さ。
そういう意味では実写版の方が感情移入しやすいだろうし、
泣けるのも実写版の方なんじゃなかろうか。



テーマ:アニメ - ジャンル:映画

2020.07.25 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 か

コンジアム

コンジアム2018年/韓国

若者男女7人のYouTuberが有名心霊スポットである、
コンジアム廃病院に潜入ライブ配信。
まさに今時のPOVホラーだが、
何が一番怖いかって、
CNNが選出した世界7大心霊スポットにも数えられた、
実在の廃病院「コンジアム精神病院」をガチ舞台撮影している点。

よって伝わる雰囲気は本物!!
そん所そこらのロケ地やセット撮影とは訳が違う!

内容的にはまんま「グレイヴ・エンカウンターズ
なのだが、怖さ・巧さは段違い。
一時のPOVブームからネタ尽き下火になったものの、
だいぶ後発なだけあってPOVスタイルは洗礼されており、
過去POV累々の美味しいどこ取り。
無駄なく恐怖演出をPOV独特の臨場感に繋げてくる。

特に良かった点。
・画角の狭さ、画面の暗さを利用した見えない部分への恐怖扇動。
・顔面どアップのライブカメラで恐怖顔芸リアクション。
・綺麗所を揃えた韓国美女3人。

【リニアPCM 5.1ch】
 今時ほんと珍しいリニアPCM 5.1chサラウンド。
 なぜノン圧縮なのか分らないが、
 音質はかなり明瞭で、腰高バランスでやや硬めの音質。
 中盤まではステレオ音声か?と疑問に感じるくらいリアスピーカーは大人しい。
 が、終盤の畳みかけるような心霊現象で一気にサラウンドされる。
 面白いのが、中盤のやらせ心霊現象シーン。
 天井あちらこちらに張り巡らされた鈴の音が鳴り響くのだが、
 普通ならそこでサラウンドさせ後方からも鈴の音を出すはず。
 なににうんともすんとも鳴らない。
 なのに後半の霊が現れてからの何気ない物音一つに後方スピーカーが活用されてる。
 ようはフェイクはあくまでフェイクなのでステレオ。
 逆に実際の心霊現象はカメラ映像関係なく当たり一面サラウンド。
 なるほど~、こりゃサラウンドで観るかどうかで大分印象違ってくるな。



テーマ:韓国映画 - ジャンル:映画

2020.06.20 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 か

コンテイジョン

コンテイジョン2011年/アメリカ

東京五輪の延期を予言していた!?
と話題になった「AKIRA」に続いて、
新型コロナウイルスのパンデミックと、
あまりに酷似しているとSNS上でバズった本作。
前者はこうなってるかもしれないという”想像”で描かれた作品だが、
後者は綿密な調査の上でのこうなるかもしれない”可能性”を描いている。

内容は接触によって感染する
新種のウイルスが世界各地に拡大していく中で、
社会が混乱し人々が異常なパニックに陥っていく様子を映し出す。

WHO、発生源の調査、感染経路、コウモリ、
飛沫感染、接触感染、手洗い、ソーシャルディスタンス、
医療従事者、クラスター、ロックダウン、
隔離、経過観察、自宅待機、食料の買い占め、略奪、
マスク、ネット上に出回るデマ、ホメオパシー、ワクチン...etc.
今年に入って良く耳にしたワードばかり。

パニックパンデミックものとしての面白味よりも、
日を追うごとに感染状況悪化していく様を淡々と描き、
気付いた時には手遅れ・・・といった感じに、
現実で起こったらゾッとするだろうなぁと思わせる作り。
そして今現在でそれが起こった事に未来予見的な魅力を感じる。

ただ豪華なキャスト陣に対して地味な内容。
公開当時もそれほど話題に上らなかった記憶が。
もしも論だが、
本作の警鐘を受け対処や心構えを前もって知っていれば、
新型コロナの感染ももしかしたらここまで被害拡大しなかった...?
と思わずにはいられない。
タイムリーと言うか、
現実に起こった今だから再注目された作品って事が何だかもどかしい。

【DTS-HD 5.1ch】
 目に見えないウィルス相手に音響も繊細。
 咳き込む、荒い呼吸、触れる指先、擦れる衣服など、
 些細な音が目に見えない恐怖に繋がる。
 音数は少ないものの、劇伴だけはやたら耳に残る。



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

2020.05.23 | Comments(2) | Trackback(0) | 映画 か

累 -かさね-

累 -かさね-2018年/日本

「キスをすると顔が入れ替わる」
松浦だるまの人気漫画を実写映画化。
朝ドラヒロイン土屋太鳳と芳根京子によるダブル主演。

入れ替わりモノとして有り勝ちな嫉妬と欲望を、
劇中劇によってクロストークさせる愛憎劇。
良くも悪くも過不足なく、
朝ドラならぬ昼ドラのそれっぽい感じ。
原作(未読)では、
もっとおどろおどろしい狂気染みた内容らしいが、
そこまでホラーサスペンスに徹しきれていない印象。

たぶんこれは土屋太鳳のスター性があるからに違いない。
どんなに醜く狂った役柄であっても、
突き抜けた明るさとどこまでも前向きさみたいなものが滲み出てしまっており、
どんなに迫力ある演技をしたとしても、
土屋太鳳土屋太鳳。

よって、
その土屋太鳳がクライマックスで披露するダンスに圧巻。
それだけでも観る価値あるかもしれなくもない。

【DTS-HD MA 5.1ch】
 やはり洋画のそれとは別物の音響。
 どうしてもステレオベースの音響であり、
 シーンによってサラウンドチャンネルを、
 後から付加させさような作りがどうしても気になる。
 サラウンドしているにもかかわらず、空間がすごく平面的。



テーマ:邦画 - ジャンル:映画

2020.04.11 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 か

クワイエット・プレイス

クワイエット・プレイス2018年/アメリカ

音を立てたら、即死。※即死しません。
音を立てると“何か”に殺される世界で、
生き残った家族の姿を描くサバイバルホラー。

着想は完全に「ドント・ブリーズ」だろうけど、
こちらはワンシチュエーション特化型なので、
設定がかなりザル。
もちろん脚本になんら捻りも無い。
音を立ててはいけないシチュエーションは緊張感を煽る。

この手のご都合ホラーに突っ込みは野暮。
それでもやっぱりツッコミ所が勝る。
 ・音を立てたら即死の世界で妊娠はないだろう。
 ・あんな安易な撃退法で世界が滅びる訳なかろう。
 ・音を立てる→寄って来る→静かに待機→セーフ!の
  ワンパターンに辟易。
細かい所まで挙げたら文字通りキリが無いくらい。

そういうものと割り切って楽しむシチュエーションホラー。
前半はほとんどセリフ無くモンスターの登場も控えめで退屈。
こけおどし音と奴等のテーマ劇伴に頼り過ぎ。
もっとじっくり練り込めばかなり面白くなりそうなんだけど。

【ドルビーAtomos】
 ”音”がメインの映画なので、やはり音響が命。
 音を忍ばせたシーンでも常に5Mbpsを超す情報量。
 鳥・虫の鳴き声や木々の葉が擦れる音、
 砂を踏みしめる音、床にそっと足を着ける音など、
 とにかく些細な音すら敏感に感じ取れる。
 そこへビックリドッキリ音、
 モンスターが上下前後左右に闊歩する全方位サラウンド。
 静と動の落差、ダイナミックレンジの激しいサウンド。



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

2020.02.15 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 か

グリーン・インフェルノ

今日のレンタルDVDは
グリーン・インフェルノ
2013年 1:41 8.30Mb/s 448kbps(DD)

ホステル』シリーズなどで知られる、
イーライ・ロス監督がメガホンを取って放つ衝撃の食人ホラー。
きもだめし大会、二本目。
この監督さんは、ホステルもそうですが、
人間の本質的な要素を上手くホラー設定に落とし込んでいるので、
猟奇グロ描写だけではなく、
サスペンス作品としても成立しているから高評価を得やすい。

なんたって本作品では、
やれ環境だ、やれ人権だと訴える”意識高い系”の学生たちが、
資本主義から守ったハズの原住民に逆に喰われちゃう皮肉さ。
そりゃSEALDsも真っ青になる”自己責任”だからしょうがないw


内容は不正なアマゾンの森林伐採の実態を世に訴えるため、
学生たちの活動家から成るグループは現地に赴くが、
その途中で搭乗機がエンジントラブルを起こしてしまう。
熱帯雨林に墜落した飛行機の生存者たちは救助を求めるが、
そこにいたヤハ族とは、人間を食べる習慣をもつ食人族だった…。

食人族だか人喰族のオマージュ的な作品らしいが、
果たして現代の今なお存在しているのだろうか?
人間を食う事はまだしも、犬や鯨は今でも食されている。
いや、牛や豚といった家畜も文化圏が違えば異質な目に留まるだろうし、
カニバリズムだから野蛮だと切り捨ててしまうのは一方的なエゴなのか。


それはさておき、如何せん前置きが長すぎる。
学生たちの抗議デモを、
序盤40分もかけてじっくり描いているのでテンポが悪い。
普通ならそこで感情移入し、中盤以降の阿鼻叫喚だし、
ホラー通ならば、意識高い系がしっぺ返しを喰う痛快展開なのだろうが、
もう少し簡潔にまとめられなかったのだろうか。
テーマとしては面白くても前半が足を引っ張り説教臭く感じてしまう。

グロ描写や生理的にイヤな部分など、
割りと容赦なく見せてくれるも、ややインパクトに欠ける印象。
また喰人族の背景などもボヤかされている点も含め、
展開としては強烈ではあるものの、
人間のドス黒い部分だとか、
恐怖心を煽るような物はホステルほどでもなかった。

画質は良好。
引きのショットや暗いシーンでは厳しいものの、
それ以外はSD画質とは思わない良好な映像。


音質も良好。
ドンシャリ傾向な音響バランス。
派手さは無いが低音も頻繁になる。
またジャングルが舞台とあって、
鳥や獣たちの鳴き声など、環境サラウンドが割りと充実している。
怖さに直結するようなサラウンドではないものの、
音響としては不満ない。
ちなみに、DTS HEADPHONE:Xを収録。
通常のヘッドフォン(イヤホン)にて視聴するだけでサラウンドして聴こえる優れもの。

ホステル」シリーズのイーライ・ロス監督が放つ食人ホラー。
社会問題を訴える意識高い系の学生が、
逆に原住民に食べられてしまうというお話。
巻き込まれ型の監禁・拷問(カンニバル)スプラッター系だが、
メッセージ性はもちろん、
伏線回収、裏切り展開など一貫性のあるサスペンスは安心感がある。
ただ前置きが長く、人喰族に襲われ&追走劇が割愛気味。
グロ描写等の見所はあるも、トラウマになる程でもないかも。
またラストのオチからの、エンドロールで続編を臭わす幕切れ。
たぶん監督の遊び心なのでしょう、続編は無いと思われ。


      



テーマ:ホラー映画 - ジャンル:映画

2016.08.23 | Comments(2) | Trackback(0) | 映画 か

エターナル・サンシャイン

今日のレンタルDVDは
エターナル・サンシャイン(初見)
2004年 1:47 7.64Mb/s 768bps(DTS 5.1ch)

ブログ DE ロードショー」にお誘い頂いた作品になります。

内容は別れた恋人が自分との思い出を消すために記憶除去手術を受けたことを知り、
自分もその手術を受けて失恋の記憶を消そうとするも、
彼女との幸せだった日々を思い出し、心変わりをする。
しかし消去作業は止める事は出来ず、
記憶の中のまだ愛し合っていた頃の彼女と一緒に、
大切な思い出守ろうと奔走するスパイラル・ラブストーリー。

”もし失恋の記憶を消せるとしたら、あなたはどうしますか?”


そんなSF的な設定で、
思い出の記憶の中を飛び交い、交錯するパラノイアな展開なのだが、
ストーリーの流れとしては、
別れたところから、過去へと逆行して二人の馴れ初めが徐々に明かされ、
時間軸や空想と現実が交錯していくので、多少頭の整理が必要かも。
 (クレメンタインの髪の色がヒントになっているらしい)
物語構成としてはクリストファー・ ノーラン監督の「メメント」と似た物を感じる。

アイディアとしては面白いのだが、魅力的な恋愛要素が無い。
どうしても二人の恋に落ちる説得力に欠け、感情移入し辛い
記憶を無くしても再び二人は結ばれる運命・・・
みたいなロマンスにするなら、なおさら説得力が必要だ。


むしろ同じ過ちを再び繰り返そうとしている・・・
なんて成長しない二人なんだ!と思ってしまったw

これはつい先日観た「バタフライ・エフェクト」の結末が、
本作とは真逆だったので尚更そう感じてしまった。
だって何度でも同じ事を繰り返す無限ループ怖くね?
せめて不毛なループから抜け出す道標でも提示していれば、
あるいは多少なりとも納得出来たかもしれないけど。

画質は悪い。
本来ならBlu-rayで観たかった所だがレンタル扱い無し。
しょうがなくDVDでの視聴となったのだが、
マスターの状態が良くないのか画質のバラつきが若干あり、
一部のシーンで白飛びや黒潰れが引き起こって大変観難い事もしばしば。
FUJIフィルム撮影なのでX70Rのフィルムモード2を選択するも、
全体的に沈んだ映像に見えてしまうので、
JVCオリジナルのシネマモード1が相性良さそう。


音質は普通。
セリフ中心の作品なので、
あまり目立った音響ではなく空間も狭め。
劇伴や環境音などもフロントに偏りがちなので、
サラウンド感はあまり感じられなかった。

失恋の思い出を消して人生再スタート。
・・・したつもりだったのに、
バグで無限ループしちゃってるよ、このクソゲー。
冗談はさておき、
失恋の記憶だけを消すというアイディアで、
想い出遡行の旅の果てに、
恋愛の切なさと人間臭さを見出すスパイラルラブストーリー。

ぶっちゃけ、
人は良く記憶の美化してしまう生き物(思い出補正
思い出は綺麗なままそっとして置くべきだよね!
特に過去の名作とか呼ばれる作品なんて、
今観たらチープさ以外の何も感じないなんて事も往々にしてあること。


      



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

2016.03.20 | Comments(4) | Trackback(0) | 映画 か

«  | HOME |  次へ»

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販