FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



--.--.-- | スポンサー広告

2018年夏季開始の新作アニメ

正直なところ、夏アニメは微妙過ぎて、
わざわざブログで紹介するほどじゃない気がして・・・
水辺スポーツ系、ヤンデレ胸糞系、異世界転生、アイドル系、
百合営業、ホモ営業、オタク・リア充恋愛系。
もうどれも似たりよったり。
お好みでどうぞとしか言えない。

その代わりに、秋アニメが激熱激戦なもよう。
禁書3期、SAO3期、ジョジョ5部、転生スラ、ゴブスレ、
進撃(2クール目)、ブギーポップ、他。


~~~本命~~~
進撃の巨人 Season 3

説明不要だろうけど、いちおう。
2期で謎が色々明かされたけど、3期は内政編。
アクション少な目、壁の内での人間ドラマ?
スタッフ変更なし、2クール予定。
そしてなぜかNHK総合!w


~~~対抗~~~
少女☆歌劇 レヴュー・スタァライト

バンドリに次ぐ新プロジェクト舞台少女もの。
キャスト自ら舞台、ソシャゲ、アニメのメディアミックス展開。
ブシロードが力を入れたコンテンツ。

はたらく細胞

体内細胞擬人化もの。
アニプレが一番賭けてる作品。


~~~連下~~~
オーバーロードIII

オバロ3期、
っていうより冬アニメからの分割ですよね・・・

ヤマノススメ サードシーズン

2期から4年・・・
ゆるキャン△が流行った今だからこそ・・・
なんだかキャラデザが更にロリ化したような?

~~~大穴~~~
・・・なし。


~~~その他~~~
ぐらんぶる
 人気ギャグ漫画のアニメ化。ヒナまつり枠?
ハイスコアガール
 2013年にアニメ化が発表されるも(既に製作途中だった模様)
 その直後に権利問題でポシャってお蔵入りアニメ。
 あれから5年、ようやく日の目を見る事が出来る。
殺戮の天使
 100万ダウンロード突破のホラゲ原作、
 関連動画2500万回再生越えの大人気()
はるかなレシーブ
 きらら系では珍しいスポーツ物。 エロ・ブヒ・スポ根?
異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術
 エロいオバロ?
暦物語
 全12話を地上波放送版として全6話に再編集。
Fate/EXTRA Last Encore イルステリアス天動説
 冬アニメ放送中に落した、実質11話、12話、13話。



なお、その他の夏季アニメの詳しいチェックはコチラ
または放送・配信スケジュールはコチラでどうぞ。



スポンサーサイト

テーマ:2018年新作アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

2018.06.29 | Comments(6) | Trackback(0) | .アニメ関連 2018年

一言映画感想

せめて月1くらいは更新したい。
やっぱり性分なのか、
ぜんぜん一言感想じゃなくなっていつも通りの感想に。
ご愛嬌。ご愛嬌。
だったら個別の記事にすれば更新回数もふやs・・・・



アウトレイジ
大杉漣さんの急死のニュースで観たくなった。
でも出てるの3作目だった・・・
昔、それこそリアル中二の頃にヤクザ映画やドラマにハマった事があった。
香川照之の静かなるドンとかw
ただもう時代的に反社会勢力を描く映画は流行らんて。
「なんだこのやろー」「ぶち殺すぞ」「ばかやろー」
豪華俳優人による怒号合戦。
ある意味、ヤクザ会社(有)のトップダウンの苦労話。
3作中、もっともヤクザ映画してたかも。

アウトレイジ ビヨンド
前作からの続き。
悪徳刑事(小日向文世)がヤクザ抗争を引っ掻き回す内容。
コメディ色が色濃く、ヤクザにしてはだいぶ緩い。
豪華顔触れの役者陣を見ているだけでも十分か。

アウトレイジ 最終章
ようやくお目当ての大杉漣が登場も完全なギャグ要員。
もう完全にファンサービス映画のノリ。
年齢的になのか?演技がきつい役者も・・・
ここまでくるとヤクザとは別の集団抗争?
ラストはたけしの悪い癖が出てしまったな、
いやむしろ事務所のいざこざあってのあえてなのかな?

バイオハザード ザ・ファイナル
ゲームのシリーズに続き、実写映画のシリーズも付き合います。
もう何作目だったのか忘れたが、
何でもアリの後付け設定の上塗り。
アリスが人間辞めて、
独り放浪の先々で衝撃の事実()が明かされ次回に幕引き。
このワンパターンで続いてきたが、それもついに完結。
案の定、
1作目回帰、物語の原点ラクーンシティにすべての謎がw
うろうろして余計な事せずに、
ずっとその場に居れば最後の扉が開いていたパターン。
せっかくのシリーズお馴染みキャラも無下に、
別作品かと思わせるマッドマックス的な内容。
いちおうシリーズ全ての謎?は回答され(むしろその為だけの映画?)
ファイナルとしてちゃんと締め括ったのは○。
見所のアクションもごちゃごちゃしてヨクワカランかった。
DTS-HD MA 7.1ch:
 ソニピクのBDはいつもコンプレッサーをかけたような音粒を潰したような煩い音響。
 派手さがあって良いんだけど、ダイナミックさに欠ける。
 どうやら16bitの低レートが原因なのか?

アサシン クリード
世界的なヒットを記録したゲーム「アサシン クリード」の実写映画化。
アサクリは4だっけかな?プレイした事がある。
まぁそれっぽくゲームを再現しているとは思うのだが、中途半端。
現代と中世を行ったり来たり、むしろ現代の方に重きを置いてあり、
ジャンルとしてはSFアクションかもしれない。
ゲームのプレイ・未プレイ関係なく、映画としてあまり面白くない。
見所のパルクールも見辛くいまいち迫力不足。
高さ38m、CGなし、ワイヤーやバンジー紐もなしの、
リアルダイブで撮影した”イーグルダイブ”くらいしか。
あとエンドロールがクソ長い(15分)
DTS-HD MA 7.1ch:
 アクションシーンなど非常に空間表現に長けたサラウンド。
 現代と中世、敵と見方が交錯するアクション、
 カメラワークに追従するサラウンドなどかなり立体的。



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

2018.06.04 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 まとめ

一言映画感想

最近ちらほらと映画を観はじめ出したけど、
暫くレンタルショップから足が遠のいていたお陰で、
すっかりチェックしてた作品は旧作コーナーへ。
あまり新作とか気にし無くなってきた。

とりあえずブログに感想レビュー書くほどのモチベ上がらないけど、
ただ備忘録的な感じのでも書いて残して置こうかと。



ドント・ブリーズ
盲目の老人宅に強盗に入った若者たちが、
反撃に遭う恐怖を描くスリラー。
劇場公開当時、SNSでかなり話題になってずっと気になっていた作品。
シチュエーションスリラーとして抜け道を塞ぐ巧さ、
二転三転する物語の飽きなさ、そして音を駆使した抜群の効果演出など、
かなり満足度が高く話題も納得の出来。
ワナオトコをもっと洗礼して完成度を高めたような感じ?
DST-HD MA 5.1ch:
 空間演出を巧く使った聞き応え十分のサラウンド。

シン・ゴジラ
エヴァの庵野秀明版ゴジラ。
かなり賛否両論、どこに視点を置くか、何に期待し観るかで印象が変わってくる。
散々言われているように、
自衛隊全面協力、架空の災害対策シミュレーションに基づく国の対応。
これがすべて。
ゴジラのCGに関して以前TV放送時にチラ見した時はショボく感じたけど、
BDでスクリーンごしにじっくり観たらそこそこだった。
DTS-HD MA 3.1ch:
 老害特撮マニアの拘りなのか。音響効果が微妙に臭い。

エベレスト 3D
今ではすっかり負の遺産となってしまった3D。
それとは知らずに2D版で視聴。
後でそれっぽいシーン多かった事に気が付いた。
実際に起きたベテラン登山家たちの遭難事故の話。
バーティカルリミットを思い起こさせる内容。
ドルビーAtoms:
 やはり音響が主役と思わせる音圧。吹雪雷鳴轟音。

エヴェレスト 神々の山嶺
奇しくも?上記のハリウッド産と上映時期が被った邦画エベレスト登山話。
「そこに山があるから」の、
ジョージ・マロリーの遺品から始まる、とある写真家の登山家生活。
ハリウッド版を観た直後だと映像・音響共にスケールダウン感が否めない。
邦画特有のそれっぽいドラマ仕立てになってるけど、微妙に焦点定まってなく終わる。
DTS-HD MA 5.1ch:
 派手さないがサラウンド感はしっかりしてた。

レヴェナント:蘇えりし者
アカデミー賞と超高精細な映像美が取り沙汰されてた作品。
西部開拓時代の過酷な冬の自然の猛威と人間の争い。
極寒のサバイバル劇といえばTHE GREY 凍える太陽を思い出すけど、
これ観終えた後に再見したくなったのは何故かキングアーサー(笑)
内容は如何にも映画通が好みそうな終始リアルな描写。
ディカプリオの怪演。
UHD-BD草創期の作品としてリファレンスされているようだが、
内容が重苦しいのがネック。
映像・音響目当てでしか見返さなさそう。
DTS-HD MA 7.1ch:
 超高精細の映像に見合う繊細かつ大胆なサラウンド。
 ぞくぞくするほどリアルな音、広大な空間表現など、
 間違いなくトップクラスの音響。



テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

2018.05.15 | Comments(0) | Trackback(0) | 映画 まとめ

2018年春季開始の新作アニメ:途中経過(3話視聴)

一通り出揃った春季開始の新作アニメ。
視聴継続か否かの目安となる3話。
若干前後するが、この辺りでひとまず判断。
つか、放送開始早々既に作画が怪しい作品がチラホラ散見出来てしまうんですが、
そろそろ本気でアニメ製作界隈ヤヴァイのでは??


~視聴継続~
ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン
作者が違ってもSAOに変わりなく。
安心安定の面白さ。
本筋のGGO編よりも面白いと思う。

シュタインズ・ゲート ゼロ
蛇足言ってすいませんでしたー!!
この続きが気になるワクワカク感、1週間が長く感じるこの感じ。
まさしくシュタゲですわ。

ウマ娘 プリティーダービー
正直、ケモ擬人化のイロモノ枠だと侮ってましたが、
いやいや普通におもしれぇえええええw
実在の競走馬の特徴(生い立ちや気性など)
そのままキャラに反映されていたり、
史実通りのレース展開、その実況すら再現される拘りっぷり。
ある程度、競馬に詳しかったりするとニヤニヤが止まらないw
もちろんそれだけでなく、
普通に王道スポ根ものとして成立してるから、
競馬ファンが論争・妄想したif展開など胸熱な盛り上がりも。

ヒナまつり
ヤクザだし、コメディだし...って敬遠してたけど、
意外と面白い、今期の穴かも。
ギャグコメってバランスがホント難しいんだなぁって。
feelのやる気の無さが逆に肩の力抜けて楽しめてるのかもw

ひそねとまそたん
面白いんだか面白くないんだか良く分らないこの感覚。
これは良いボナニー全開のアニメですな。
作画も良いし、
他に代わりが効かない(被らない)アニメって事で、
見ても損は無いかな。


~今後の展開次第~
ゴールデンカムイ
最初は良かったんだけど、
だんだんとギャグが合わなくなってきたかも。
不安定な作画具合とか、妙なテンポ感とか、
既視感あるなーと思ったら刻刻のジェノスタジオ。
あぁなるほど、あんま期待出来ないわ。

こみっくがーるず
うーん、退屈。
いまいちキャラが合わないかも。

フルメタル・パニック! Invisible Victory
初見さんバイバイでした・・・
作画は今期1番の出来栄えなのに、
ストーリーさっぱり分らんわ!
かと言って今更旧作観るのかったるい・・・


~未だ切るかどうか未だ悩み中~
銀河英雄伝説 Die Neue These
スペースファンタジーが好きじゃないから一切見てなかったけど、
なるほど、なんだかみんな似たような内容ですな。
作りは丁寧で見やすいけど、
奇策で俺SUGEEE展開は今も昔も変わらずなのかw
ちな、TV放送1クール+劇場3部作で完結ってマ?
そこまで観たい作品にも思えないかも。

魔法少女サイト
もう散々手垢の着いた設定と内容で、
新鮮味やオリジナリティ皆無だけど、
兄貴のキャラでどうにか今のところまだ見れてる。

東京喰種:re
前作、前々作と比べ、かなり雰囲気違くね?
とくに逆△目のヤツとか引き篭もりのヤツとか、明らかに場違いキャラ。
腐女子に媚び媚び過ぎて作風ぶち壊し気味。
それでなくてもSレートのバーゲンセールでインフレしまくってるのに。


~もう切った~
ヲタクに恋は難しい
なんでこんなにノリがクソ寒く感じるのだろうか。
オタクがどうのこうの関係なく面白くない。
○○が思うオタク像ってこんなでしょ~?で作ったイメージ。

されど罪人は竜と踊る
放送前に散々煽られていたけど、
蓋を開けてみれば10年前のラノベそのもの。
そこまで悪くは無いが、今の時代にこれはちょっと・・・
もう何も盛り上がらない。

重神機パンドーラ
こういうの観ると、
「あぁやっぱりSFロボアニメって合わないわ~」って思っちゃう。
劇中内で勝手に設定に盛り上がって、勝手に自己完結しちゃう系。
ぽかーん or はぁそうですか・・・としか言いよう無い。

LOST SONG
いやいや久しぶりのAパート切り。
歌をテーマにした王道ファンタジーらしいけど、
厳しい。
どの年代層に向けて作ってるんだ?
これ見るならチャギントンの方が面白いぞ・・・w




そういえばたまにネットで良く目にする、
アニメやドラマでの「倍速視聴」論争。
どちらの言い分も理解出来るし、
ぶっちゃけ、
「好きに観りゃいいじゃねーか」で終了なのだが。

私もたまにアニメで倍速視聴をします。
ストーリー性が薄く、会話にあまり意味を成さないものとか。
具体的には「きらら系」や「恋愛物」
倍速視聴してる作品は大抵途中で切ってますけど。
とりあえず3~4話くらいまで見極めに時短感覚。
視聴というより、消化に近いかも。

個人的には倍速視聴よりも、
スマホ・タブレット視聴、
または20インチ程度のPCモニタでの映画を観たり。
こっちの方が有り得ないかも。

あとOP/EDは飛ばさない派ですが、
5話とか6話くらい溜まってしまったアニメの消化の時には飛ばす事も。

まぁ人それぞれ見方や環境が違って良いのだけれど、
好き~・嫌い~の話をする前に、
見方や環境によって、
その好き~・嫌い~を左右している事も忘れてはいけない。
要は「ちゃんと観ずして語るなや」と。



テーマ:2018年新作アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

2018.04.26 | Comments(2) | Trackback(0) | .アニメ関連 2018年

2018年春季開始の新作アニメ

時が過ぎるのが早いよう、
冬アニメが終わったと思ったら、
もう春アニメ始まってるぅうううううう;:

ってことで、
遅ればせながら来季の新作アニメの紹介、
ならびに冬アニメの総括。

冬アニメは誰もが認めるであろう、
よりもいゆるキャンの2トップ状態でした。
まずゆるキャン
久しぶりのきららアニメのスマッシュヒット。
ちょっとしたキャンプブーム・聖地巡礼で人気に。
独特のテンポや空気感、心地良いBGM、絶妙な距離感のキャラの掛け合い。
体感時間が恐ろしく短いアニメでしたw
中盤以降、ちょいちょい作画が崩れ掛けていたのが非常に残念!!!
よりもい
オリジナルアニメで久しぶりの良作!さす花田大先生!
1話から最終13話まで一切の無駄回・無駄シーンなし!
構成・脚本のスムーズな流れとジンとくる演出。
終盤いくどか泣かされましたw
ここまで綺麗なオリジナルはなかなかないかも。
正直、文句の付け所がなかったです。
続いて紫庭
ワンシーンワンシーンが画になるような、
構図やタイミング、作画や演出がもの凄く劇場劇場していた。
構成が悪くて勿体無かったけど、
一つ一つのエピソードは割りと感動的で好み。
スロスタ
きららアニメ枠としてゆるキャンに客を奪われた形だったけど、
とにかく無駄に動きまくってたし、意外としっかり作ってあって、
個人的にきららアニメの中では上位に位置する面白さだったかも。
りゅうおうのおしごと
よくあるラノベ作品かと侮っていたけど、
こちらも意外としっかり将棋(界隈)の話が作りこまれてて、
見てて面白かった。
ただ原作5巻分を1クールに詰込んだのは無謀?
 (普通は2~3巻で1クール。六花の勇者は1巻1クール)
かなり良エピソードをカットしたダイジェスト編集っぽく勿体無い。
ポプテピ
こういう悪ノリアニメ、嫌いじゃない。
嫌いじゃないんだけど、出オチ過ぎてすぐ飽きた。
声優のアドリブもだいぶ臭いし、
大御所声優()にもあまり興味持てなかった。
はいクソーw 的なネタアニメとしては一応の成功か?!
刻刻
序盤はもの凄く惹かれたんだけど、
蓋を開けてみれば内輪もめのこじんまりとした話で、
中盤以降のジャンプ漫画ばりのご都合主義展開にがっくり。
ダリフラ
2クールの余裕か知らないけど、序盤のエヴァっぽさはどこいった?
よくある恋愛がらみのキャラ話ばかりで展開遅い。
後半はじゃんじゃん人が死んでくパターンなんでしょ知ってるw
その他、途中で切った作品群↓。
期待していた巫女刀、BEATLESSはクソ・オブ・クソだし、
デスマ次郎はスマホ太郎の下位互換でしかなかった。
三ツ星、ハクメイは見てて苦痛だった。

久しぶりに冬の当たり年だったんじゃなかろうか。
ゆるキャン・よりもいの2つは外せなかったし、
+紫庭でおおよそ満足。
余裕があればスロスタ、りゅうおう、ダリフラ。
ネタ枠でポプテ。



さて、冬アニメが当たりだった分、
春アニメが微妙に・・・
(いくつか放送が夏以降にずれた作品もあって)
放送本数は過去最多の約80作品らしいが、
腐向けアニメ、ショートアニメ、キッズアニメと、
昨今はやりの恋愛系アニメを抜かせば、かな~り絞られるw
どーでもいいけど、
今期は聞いた事も無いような新興アニメ製作会社が多い気がするけど、
気のせい・・・かな?

~~~大本命~~~
ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン

SAOスピンオフ作品。
製作もA-1からStudio 3Hzに。
原作作者も別物とのことで、
SAOと並ぶ面白さなになるのか、
威を借るアニメになるか、
はたまた泥を塗るアニメになってしまうのか。
PVを見る限りでは安心できそうなクオリティ。


~~~本命~~~
フルメタル・パニック! Invisible Victory

過去に3度、京都アニメーションにてアニメ化された、
実質フルメタ4期。
ただし製作はジーベックに変更。
必然的に京アニと比較されてしまうだろうが、
制作期間5年、ロボットアニメファン垂涎のベテランスタッフが集結、
ジーベックの超絶本気作画オーラがヤヴァイ。
でも4期なので、私も含め新規さんには辛い(; ;)


~~~対抗~~~
シュタインズ・ゲート ゼロ

いちおうシュタゲの正統な続編にあたる、
紅莉栖を助けられなかったβ世界線の話。
1作目の衝撃が凄かっただけに、
続々とシリーズ化?(シュタゲ商法)されるも鳴かず飛ばず。
劇場版も正直蛇足ストーリーだったし、
1作目で綺麗に終わっておけば良かったのでは・・・


~~~連下~~~
ゴールデンカムイ

原作は良く知らないんだが、
ちょくちょく目にする作品だけにちょっと気になる。
ただヤンジャンのアニメって・・・なのでどうなるか。

東京喰種:re

こちらもヤンジャンアニメ。
今作で3期目となるが、
前回作者介入のオリジナル展開が不評だったし、どうなることやら。


~~~大穴~~~
こみっくがーるず

きららアニメを大穴に持ってくる事は無いハズなんだけど、
 (いつもなら連下)
シリーズ構成:高橋ナツコ
脚本:待田堂子横手美智子花田十輝
なんだこのオールスターズwww
こみっくがーるずは果たしてゆるキャンになるか、スロスタになるか。
あ、どっちも当たりだったわw


~~~その他~~~
ウマ娘 プリティーダービー
 時代はバイク?自転車?いやいや馬ですよ!ワラ
 なにを血迷ったのかP.A.WORKSさん...。
ひそねとまそたん
 樋口真嗣監督、メカデザは河森正治、脚本は岡田磨里、BONESオリジナルアニメ。
ヲタクに恋は難しい
 ノイタミナ枠。このマンガがすごい!女性向け1位。それな!で有名の恋愛マンガ。
 ヲタク~と言ってはいるが、あまり関係なく美男美女だから成立する内容らしい。
魔法少女サイト
 魔法少女もの+グロ胸糞系。製作は実質ディオメディアと言われている所。


なお、その他の春季アニメの詳しいチェックはコチラ
または放送・配信スケジュールはコチラでどうぞ。



テーマ:2018年新作アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

2018.04.01 | Comments(4) | Trackback(0) | .アニメ関連 2018年

«  | HOME |  次へ»

FC2Ad

FC2カウンター

ブログ内検索

カテゴリー

rank

にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ 人気ブログランキングへ
ブログランキング

プロフィール

nor

Author:nor
-試聴環境-
LVP-HC3800
DLA-X70R
OS ピュアマット 80inch
CD6002/Applause
PM8004/Studio
BDP-LX71
DMR-BWT660
RX-A2040
-5.1.4ch構成-
B&W CM8 + B&W CMC
+FOSTEX CW250A
IMAGE11/KAI + IMAGE12

月別アーカイブ

DMM

DMM.com DVD通販


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。